愛が止まらない 〜ターン・イット・イントゥ・ラヴ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛が止まらない 〜ターン・イット・イントゥ・ラヴ〜
カイリー・ミノーグシングル
初出アルバム『ラッキー・ラヴ
B面 Made In Heaven
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル ポップ、フリースタイル
時間
レーベル PWL
作詞・作曲 ストック・エイトキン・ウォーターマン
プロデュース ストック・エイトキン・ウォーターマン
カイリー・ミノーグ シングル 年表
ノー・シークレット
(1988年)
愛が止まらない 〜ターン・イット・イントゥ・ラヴ〜
(1988年)
いつわりのハート
(1989年)
テンプレートを表示

愛が止まらない 〜ターン・イット・イントゥ・ラヴ〜」 (Turn It into Love) は、オーストラリアシンガーソングライターカイリー・ミノーグの楽曲である。

概要[編集]

デビューアルバム『ラッキー・ラヴ』から日本限定でシングルカットされた。Winkによるカバーの効果もあってか、日本の洋楽シングルチャートにて10週にわたり1位になるという記録的な大ヒットとなった。日本でのカイリーの代表曲の一つとして知られている。アルバム収録当初の邦題は「愛に走れ」だったが、後に改題されて今に至る。

1989年度の日本音楽著作権協会(JASRAC)発表による楽曲別の著作権使用料分配額(外国作品)では年間1位にランクインされ、1990年のJASRAC賞(外国作品賞)を受賞した[1]

なお、日本ではヘイゼル・ディーンのヴァージョンが原曲だとされているが誤りである(詳しくは英語版記事en:Turn It into Loveおよびen:Hazell Deanを参照)。

トラック・リスト[編集]

  • レコード/CDシングル
  1. "Turn It into Love" – 3:35
  2. "Made in Heaven" – 3:24

Winkのカバー[編集]

愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜
Winkシングル
B面 DING DING 〜恋から始まるふたりのトレイン〜
リリース
規格 8cmCD
シングルレコード
コンパクトカセット
デジタル・ダウンロード
ジャンル アイドル歌謡
レーベル ポリスター
作詞・作曲 マイク・ストック、マット・エイトキン、ピート・ウォーターマン
及川眠子(日本語詞)
チャート最高順位
Wink シングル 年表
アマリリス
(1988年)
愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜
(1988年)
涙をみせないで 〜Boys Don't Cry〜
1989年
テンプレートを表示

Winkによるカバーは、「愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜」のタイトルで、3枚目のシングルとして1988年11月16日にポリスターより発売された(EP: D07R-1018, 8cmCD: H10R-30011)。

Wink版解説[編集]

Wink版シングルの収録曲[編集]

  1. 愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜
  2. DING DING 〜恋から始まるふたりのトレイン〜
    • 作詞・作曲: Lasse Andersson・Bruno Glenmark、日本語詞: 及川眠子、編曲: 船山基紀
    • アニカ・ブルマン「I en ding ding värld」のカヴァー

Wink版の収録アルバム[編集]

  • DING DING 〜恋から始まるふたりのトレイン〜

Wink版の主なカバー[編集]

西城秀樹のカバー[編集]

愛が止まらない
西城秀樹シングル
初出アルバム『西城秀樹シングル・コレクション-77の軌跡
B面 センチメンタル・モーテル
リリース
規格 8cmCDシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル RCA ⁄ BMGビクター
作詞・作曲 Mike Stock
Matt Aitken
Pete Waterman
日本語詞:及川眠子
チャート最高順位
西城秀樹 シングル 年表
黄昏よ、そばにいて
1995年
愛が止まらない
(1995年)
心の扉
(1995年)
テンプレートを表示

西城秀樹によるカバーは、「愛が止まらない」のタイトルで、72枚目のシングルとして1995年6月7日にリリースされた。オリジナルでなくWink版のカバーである。

西城秀樹版解説[編集]

西城秀樹版シングルの収録曲[編集]

  1. 愛が止まらない
    作詞・作曲:Mike Stock, Matt Aitken, Pete Waterman、日本語詞:及川眠子、編曲:芳野藤丸
  2. センチメンタル・モーテル
    作詞:大津あきら、作曲:鈴木キサブロー、編曲:大谷和夫

その他のカバー[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 「1位で飲む『酒よ』ロック系の作品も善戦 著作権使用料ベスト10」『朝日新聞』1990年6月14日付東京夕刊、17頁。

外部リンク[編集]