ストック・エイトキン・ウォーターマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピート・ウォーターマン

ストック・エイトキン・ウォーターマン (Stock Aitken Waterman) (頭文字を取ってSAWとも呼ばれる)は、イギリスの音楽プロデューサーチームである。1980年代に流行したハイ・エナジー1985年以降に現れたユーロビートと呼ばれる音楽ジャンルを牽引した。SAWがプロデュースした楽曲は分かりやすく、各国で流行した。

概要[編集]

マイク・ストック (Mike Stock)、マット・エイトキン (Matt Aitken)、ピート・ウォーターマン (Pete Waterman) 三者によりソングライト・プロデュースを行い、プロモーション・プロダクション運営 (A Stock/Aitken/Waterman Production)・レコード会社経営 (PWL Records)、をピート・ウォーターマンが代表者とする80年代プロデューサー・チームである。音楽レーベルは、PWL (Pete Waterman Limited)レコードである。

2008年現在はピート・ウォーターマンの単独プロデュースとなっておりPWE(Pete Waterman Entertainment) に変わっている。マイク・ストックも単独でプロデュース活動をしている。1980年代中期から1990年代初頭を中心にプロデュースした代表的なアーティストには、カイリー・ミノーグリック・アストリー[1]バナナラマデッド・オア・アライヴジェイソン・ドノヴァンソニアシニータ[2]メル&キムディヴァイン、ヘイゼル・ディーン、プリンセス[3]、オーチー・ブラウン、サマンサ・フォックス、マンディ(マンディ・スミス)[4]他がいた。バナナラマは「アイ・ハード・ア・ルーマー」をヒットさせた[5]。 また、日本人歌手のプロデュースも手がけており、その中にはKakko(女優の鈴木杏樹)がいた。

制作する音楽は、ポップなメロディーを取り入れ、打ち込みビートのリズムを使用、分かりやすいサビのあるHi-NRGユーロビートで、一聴してSAWの楽曲であると分かるようになっていた。

経歴[編集]

1980年代[編集]

英米、欧州、日本で流行を見せた1980年代後半の作品で聴くことが出来る、シンセリフなどの「安っぽいハイエナジー・サウンド」は、フィル・ハーディング (Phil Harding) &イアン・カーノウなどのPWL所属のミックスマスター・レコーディング・エンジニアによってSAWに提供されていた。

また、バナナラマの「ヴィーナス」やキャロル・ヒッチコックの「ゲット・レディー」[6]、パット&ミックがカバーした「レッツ・オール・チャント」[7]など、埋もれていた古い楽曲を掘り起こして、80年代的なダンサブルな楽曲に生まれ変わらせた。また、日本ダンス・ミュージック1989年1990年代にSAWをカバーしたJ-POPがヒットした。

1990年代[編集]

1990年代末、ピート・ウォーターマンは、Topham/Twiggらと組みステップス、ストック&エイトキンはSCOOCH(スクーチ)、2007年には再びリユニオンしたストック&ウォーターマンでThe Sheilasをプロデュースしている。

2000年代[編集]

2000年代後半頃以降は、マイク・ストック&ピート・ウォーターマン (Stock&Waterman) でリユニオンした楽曲提供が増えている。 ユーロビジョン・ソング・コンテスト2010で、プロデュースした新人歌手Josh Dubovieの「That Sounds Good To Me」という曲で参加し、演奏後の一般投票では最も票を集めたが、「審査自体は10点で脱落」する。

現在[編集]

ピート・ハモンドは2010年頃より再び多くの歌手のリミックスを精力的に行っており、最近ではカイリー・ミノーグの楽曲を数曲リミックスしている。 また同時期より、PWLのファンでオーストラリアの歌手・プロデューサーである、ピーター・ウイルソン (Peter Wilson) は、PWL (SAW) メンバーからのソングライトを受けたり、共作を行い、リミックスは主にハモンドや、PWLのファンでオランダの新しいリミキサーであるマット・ポップ (Matt Pop) によって、多数の自身の楽曲をリリースし、他の歌手へも楽曲提供している。これらは音楽配信されている。

脚注[編集]

  1. ^ ギヴ・ユー・アップ」などがヒットした
  2. ^ 「トイ・ボーイ」がヒット
  3. ^ ヒット曲「セイ・アイム・ユア・ナンバー1」
  4. ^ 「アイ・ジャスト・キャント・ウェイト」がヒット。ローリング・ストーンズのビル・ワイマンと十代で結婚。後に離婚している
  5. ^ Cash Box Top 100 Singles – Week ending October 10, 1987”. Cash Box. 2021年9月2日閲覧。
  6. ^ テンプテーションズ、65年の名曲。スモーキー・ロビンソン作曲
  7. ^ 78年、マイケル・ゼイガー・バンドの安っぽいディスコ曲

外部リンク[編集]