デッド・オア・アライヴ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デッド・オア・アライヴ
Dead or Alive
出身地 イングランドの旗 イングランド リヴァプール
ジャンル Hi-NRG
ディスコ
ニューロマンティック
Hi-NRG
ユーロビート
活動期間 1980年 - 2011年
レーベル エピック
共同作業者 ストック・エイトキン・ウォーターマン
公式サイト Official Dead Or Alive Website
旧メンバー ピート・バーンズ
スティーヴ・コイ
ジェイソン・オーブリー
ウェイン・ハッセイ
ティモシー・リーヴァー
マイク・パーシー
Nightmares In Wax (March 1980)

デッド・オア・アライヴDead or Alive)は、ピート・バーンズを中心としたディスコ、ニューロマンティックHi-NRGユーロビートを演奏するイギリスのバンドである。

経歴[編集]

1980年リヴァプール出身のピート・バーンズをリーダーに結成された。前身のバンド時代も含め、デビュー当初はゴシック・ロックとして扱われていたが、ストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースを受けるようになり、Hi-NRGと、それを基盤として生まれたユーロビートと称されるダンス・ミュージックに音楽性をシフトさせた1980年代に「ユー・スピン・ミー・ラウンド」が全米チャートに入るヒットとなった[1]

1985年ストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースの下で、Hi-NRGの音を高密度化しポピュラーに進化させた2ndアルバムである『ユースクエイク』をリリースした。世界的には人気のピークを過ぎた1990年代中盤以降も、日本のみでリリースされるアルバムがあった。また、エレクトロ、テクノをサウンドの中核に据え、打ち込み中心で音楽制作を行っていた。

しかし、1990年代後半に入るとピート・バーンズが過剰な整形手術が原因で体調を悪化させ、治療のために自作の著作権まで売り払ったことなどが原因で活動は停滞。2000年の『フラジャイル』がスタジオ・アルバムとして事実上ラスト・アルバムとなった。2011年に公式のFacebookページ上で実施されたファンとの質疑応答で、ピートが「デッド・オア・アライヴの再結成はない」ことを明言し、既にバンドとしては解散状態であることが明らかとなった[2]。ピート・バーンズは2016年に死去した。なお、2011年時点でもう一人のメンバーであったスティーヴ・コイも2018年に死去している。

日本公演[編集]

10月3日 大阪城ホール、4日 名古屋レインボーホール、8日 日本武道館

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『美醜の館』 - Sophisticated Boom Boom (1984年)
  • 『ユースクエイク』 - Youthquake (1985年)
  • 『ブランド・ニュー・ラヴァー』 - Mad, Bad, and Dangerous to Know (1986年)
  • 『ヌード』 - Nude (1988年) ※日本ではオリコン洋楽アルバムチャートで1988年12月26日付から通算6週1位を獲得[3]
  • 『ファン・ザ・フレイム・パート1』 - Fan the Flame (Part 1) (1990年)
  • 『ファン・ザ・フレイム・パート2・ザ・リザレクション』 - Fan the Flame (Part 2) The Resurrection (2021年) ※正式に発売される2021年より以前に、ピート・バーンズ個人名義で1992年の米国ツアー中にレーベルを介さず発売された「Love Pete」と呼ばれる別企画のアルバムが「Fan the Flame (Part 2) "Love Pete" The Acoustic Session」と改題された上で海賊盤として出回っており、それに対してピート・バーンズは2006年に発売された自叙伝「Freak Unique」の中で非難していた。[4]
  • 『クレオパトラ』 - Nukleopatra (1995年)
  • 『フラジャイル』 - Fragile (2000年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 『リップ・イット・アップ』 - Rip It Up (1987年)
  • 『スター・ボックス』 - Star Box (1993年)
  • 『エヴォリューション グレイテスト・ヒッツ』 - Evolution: The Hits (2003年)
  • 『ベスト・オブ・デッド・オア・アライヴ』 - That's the Way I Like It:The Best of Dead or Alive (2010年)
  • Sophisticated Boom Box MMXVI (2016年)
  • Invincible (2020年)

リミックス・アルバム[編集]

  • 『ヌード - リメイド・リモデルド』 - Nude - Remade Remodelled - (1989年)
  • 『アンブレイカブル -ザ・フラジャイル・リミキシーズ-』 - Unbreakable – The Fragile Remixes (2001年)

シングル[編集]

  • "I'm Falling" (1980年)
  • "Number Eleven" (1981年)
  • "It's Been Hours Now" (1982年)
  • "The Stranger" (1982年)
  • "I'd Do Anything" (1983年)
  • "What I Want" (1983年)
  • "Misty Circles" (1983年)
  • "That's The Way [I Like It]" (1984年)
KC&ザ・サンシャイン・バンド」のカヴァー曲である。
  • 「ユー・スピン・ミー・ラウンド 」 - "You Spin Me Round [Like A Record]" (1984年)
バンド最大のヒットシングルであり、1996年、1997年、2003年にもリミックス・バージョンがシングルカットされている。
2006年には、ピートのTV番組出演後にUKチャート5位まで上昇する再ヒットとなった。[5]
  • ラヴァー・カムバック・トゥ・ミー」 - "Lover Come Back To Me " (1985年)
  • "In Too Deep" (1985年)
  • "My Heart Goes Bang [Get Me To The Doctor]" (1986年)
  • "Brand New Lover" (1986年)
  • "Something In My House" (1987年)
  • "Hooked On Love" (1987年)
  • "I'll Save You All My Kisses" (1987年)
  • "Son Of A Gun" (1987年、日本のみ)
  • "Turn Around And Count 2 Ten" (1988年)
  • "Come Home With Me Baby" (1989年)
  • "Baby Don't Say Goodbye" (1989年、日本、米でシングルカット)
  • "I Cannnot Carry On" (1989年、日本でのプロモーションシングルのみ)
  • "Your Sweetness [Is Your Weakness]" (1990年、日本のみ)
  • "Been Gone 2 Long" (1991年、日本のみ)
  • "Unhappy Birthday" (1991年、日本のみ)
  • "Rebel Rebel" (1994年)
International Chrysis名義でのリリース。デヴィッド・ボウイのカヴァー。
  • "Sex Drive" (1994年)
イタリアのダンスミュージック・ユニット「Glam」の作品にピートが参加したもの。
「Rebel Rebel」とともに、後にデッド・オア・アライヴ名義のアルバム『クレオパトラ』にも収録された。
  • "Hit And Run Lover" (2000年、日本でのプロモーションシングルのみ)
  • "Tonight...." (2021年、配信のみ)
  • "Hurt Me [Did U Have 2 Hurt Me]" (2021年、配信のみ)

脚注[編集]

  1. ^ You Spin Me Round”. 2021年9月1日閲覧。
  2. ^ http://www.deadoralive.net/newsite/QA_with_Pete.pdf
  3. ^ オリコンのデータ協力による “全曲、80年代の週間オリコンチャートNo.1” の洋楽コンピが登場!、ソニーミュージック、2017年8月8日。
  4. ^ Burns, Pete (2007-08-01) (英語). Freak Unique: My Autobiography - Pete Burns. Kings Road Publishing. ISBN 978-1-78606-410-3. https://books.google.co.jp/books?id=nTmtDwAAQBAJ&pg=PT108&hl=ja&source=gbs_toc_r&cad=3#v=onepage&q&f=false 
  5. ^ Inside The Hit Factory: Dead Or Alive - You Spin Me Round (Like a Record)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]