カイリー・ミノーグ (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カイリー・ミノーグ (Kylie Minogue)
カイリー・ミノーグスタジオ・アルバム
リリース
録音 1993年~1994年
ジャンル ポップ、ダンス、ハウスR&Bアシッドジャズアダルト・コンテンポラリー
時間
レーベル デコンストラクションマッシュルーム・レコードアリスタ・レコード
プロデュース Steve Anderson
Dave Seaman
M People
Pete Haller
Terry Farley
Jimmy Harry
カイリー・ミノーグ 年表
あなたも、M?
(1991年)
カイリー・ミノーグ
(1994年)
インポッシブル・プリンセス
(1997年)
テンプレートを表示

カイリー・ミノーグ』(Kylie Minogue)は、1994年にリリースされたカイリー・ミノーグの5枚目のスタジオ・アルバムである。

概要[編集]

自身の名前を冠したこの5枚目のスタジオ・アルバムはストック・エイトキン・ウォーターマンの手を離れ製作された初めてのアルバムである。プロデューサーにはブラザーズ・イン・リズムM Peopleを起用。このアルバムは全英で4位、オーストラリアで3位をマークした。

日本盤 (BVCP-751) はスリーブケース仕様となっており、8枚折のフォトカードが同梱されていた。なお、カードの写真はフォトグラファーのエレン・ヴォン・アンワースによるものである。

2003年にはボーナス・ディスクを同梱した再発盤がリリースされた。

楽曲[編集]

このアルバムからは3枚のシングルが生まれた(『コンファイド・イン・ミー』『プット・ユアセルフ・イン・マイ・プレイス』『ホエア・イズ・ザ・フィーリング』)。当初『タイム・ウィル・パス・ユー・バイ』が第4弾シングルとしてカットされる計画があったが、ニック・ケイヴとの『野薔薇』をリリースすることになったためキャンセルされた。なお、イギリス、オーストラリア等では『コンファイド・イン・ミー』が本アルバムからのファースト・シングルであったが、日本のみ『ホエア・イズ・ザ・フィーリング』がファースト・シングルとして1994年10月21日に発売された[1]

『ホエア・イズ・ザ・フィーリング』は、作曲者であるJayn Hannahがヴォーカルを務めていたユニット、WITHIN A DREAM1993年に発表した楽曲のカヴァーである。

『フォーリング』はペット・ショップ・ボーイズがソングライティングを手掛けているが、アレンジは彼らが制作したデモと大幅に異なっており、それについてメンバーのニール・テナントは「彼女のために、アップテンポのディスコソングを書いたのに、出来上がったのは何かさめた雰囲気の曲で、メロディーも取り除かれていて・・・だからあまり気を良くしていなくてね」と語っている[2]。なお、ペット・ショップ・ボーイズのデモ・ヴァージョンは彼らのアルバム『Very』の、2001年にリリースされた再発盤に『Falling (Demo for Kylie)』として収録されている[3]

『ナッシング・キャン・ストップ・アス』は、イギリスの音楽ユニット、セイント・エティエンヌのカヴァー曲である。セイント・エティエンヌのメンバーとは本アルバムに向けてオリジナル楽曲も制作したが、発表はされなかった[4]

『ラヴ・イズ・ウェイティング』は、日本盤ボーナストラックとして収録されたバージョンと、2003年リリースのスペシャル・エディションに収録されたバージョンとではヴォーカル・トラックが異なり、CDには記載されていないものの、2003年度版は"(Alternate Vocal)"とサブバージョン名が記されている[5]

収録曲[編集]

  1. コンファイド・イン・ミー - Confide in Me
  2. サレンダー - Surrender
  3. イフ・アイ・ワズ・ユア・ラヴァー - If I Was Your Lover
  4. ホエア・イズ・ザ・フィーリング - Where Is the Feeling?
  5. プット・ユアセルフ・イン・マイ・プレイス - Put Yourself in My Place
  6. デンジャラス・ゲーム - Dangerlous Game
  7. オートマチック・ラヴ - Automatic Love
  8. ホエア・ハズ・ザ・ラヴ・ゴーン - Where Has the Love Gone?
  9. フォーリング - Falling
  10. タイム・ウィル・パス・ユー・バイ - Time Will Pass You By

日本盤ボーナス・トラック[編集]

  1. ラヴ・イズ・ウェイティング - Love Is Waiting
  2. ナッシング・キャン・ストップ・アス - Nothing Can Stop Us

2003年再発盤のボーナス・ディスク[編集]

  1. デンジャラス・オーヴァーチュア - Dangerlous Overture
  2. コンファイド・イン・ミー (Justin Warfield mix) - Confide in Me (Justin Warfield mix)
  3. プット・ユアセルフ・イン・マイ・プレイス (Dan's Old School mix) - Put Yourself in My Place (Dan's Old School mix)
  4. ホエア・イズ・ザ・フィーリング (アコースティック・バージョン) - Where Is the Feeling? (Acoustic version)
  5. ナッシング・キャン・ストップ・アス - Nothing Can Stop Us
  6. ラヴ・イズ・ウェイティング - Love Is Waiting
  7. タイム・ウィル・パス・ユー・バイ (Paul Masterson mix) - Time Will Pass You By (Paul Masterson mix)
  8. ホエア・イズ・フィーリング (West End TKO mix) - Where Is the Feeling? (West End TKO mix)
  9. フォーリング (Alternative mix) - Falling (Alternative mix)
  10. コンファイド・イン・ミー (Big Brothers mix) - Confide in Me (Big Brothers mix)
  11. サレンダー (Talking Soul mix) - Surrender (Talking Soul mix)
  12. プット・ユアセルフ・イン・マイ・プレイス (アコースティック・バージョン) - Put Yourself in My Place (Acoustic version)
  13. イフ・ユー・ドント・ラヴ・ミー (アコースティック・バージョン) - If You Don't Love Me (Acoustic version)
  14. コンファイド・イン・ミー (フランス語バージョン) - Confide in Me (French version)

脚注[編集]