ヒートウェイヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒートウェイヴHEATWAVE)は、1979年福岡で結成された日本のロックバンドである。

バンドのフロントマンはギターボーカル山口洋。高校生時代での結成以来さまざまなメンバーの入れ替わりがあり、山口洋のソロ・プロジェクト的な色合いも強い(結成当時からのオリジナル・メンバーの1人であるベースの渡辺圭一は一時期脱退していたが、ヤポネシアン・ボールズ・ファウンデーション加入を機に復帰している)。

概要[編集]

福岡の高校でのバンド結成後、九州を中心に活動し、そこで人気・実力ともにNo.1の地位を築く。バンド名の由来は、ザ・ジャムがカバーした1960年代モータウンの名曲「ヒート・ウェイヴ」(オリジナルはマーサ&ザ・ヴァンデラス)にちなむ。

1985年の自主制作盤EP『36°5』を嚆矢として4枚のミニアルバム等を発表した後、メジャー・エピックソニーと契約。1990年のフルアルバム『柱』でメジャーデビュー、福岡から全国へと撃って出た。当時のメンバーは山口洋(G&Vo)、渡辺圭一(B)、藤原慶彦(Dr)の3ピースバンドだった。

1991年、アルバム『凡骨の歌』発売。同年ビデオ『凡骨の夏』に収録された代々木公園野外ステージでのフリーライブを最後に藤原が脱退。1995年には、アルバム『1995』発売後「俺はターザンになる」という言葉を残し渡辺が脱退した。

1996年にレーベルをポリドールへ移籍。しかし、セールス的には振るわず1999年のアルバム『日々なる直感』を最後にメジャー・レーベルでの活動を終了する。

2001年3月時点で山口はバンドとしての活動の休止を宣言。休止前の最終ライブに渡辺圭一が脱退後、初めて公の場に現れ、ベースを演奏。その後、山口のソロ活動に渡辺が帯同することが多くなる。

2002年、山口、渡辺、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬、伊藤孝喜とのヤポネシアン・ボールズ・ファウンデーションの活動を経て、新たに2003年山口、渡辺、細海魚(Key)、池畑潤二(Dr)の4人編成でバンド活動を再開。当初はバンド名を新たな物にすることが検討され「ザ・リス」という仮名もあったが、正式にヒートウェイヴをバンド名として現在も継続して活動中である。

山口本人はボブ・ディランニール・ヤングルー・リードヴァン・モリソンらシンガーソングライターを深く敬愛しており、またホットハウス・フラワーズキーラなどのアイルランドのミュージシャンらとも交流がある。また、山口はアイルランドの音楽家を招聘するプロモーター「プランクトン」とも仲が良く、アイルランドの音楽家の来日公演へのゲスト出演が非常に多い。

日本国内では、ザ・ブームの宮沢和史、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬、ザ・グルーヴァーズの藤井一彦、「満月の夕」をカバーしている沢知恵、度々アコースティックで共演するリクオらとの交流が深い。また、加藤和也とも親交がある。

2010年9月21日、メジャー・デビュー20周年記念企画として6枚組ボックス・セット『EPIC YEARS 1990-1995 ~20th Anniversary Edition~』をSony Music ShopとArtist-Direct Shop 405のウェブ限定で発売。その内容は、エピック・ソニー期の5枚のアルバム(最新リマスター、ボーナス・トラック追加)と、ライヴ・ビデオ『凡骨の夏』にビデオ・クリップを加えたDVDからなる。

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

  • 大島正嗣 ドラム(元THE KIDS)[メジャーデビュー前] (1995年頃よりPerとしてメンバーに復帰。友田真吾の離脱後、伴慶充加入までドラムとして活動し、再び脱退)
  • 藤原慶彦 ドラム [メジャーデビュー前後~1991]
  • 友田真吾(現:ともだしんご) ドラム(元SHI-SHONEN) [1992~1995] - 数多くのバンドサポートを経て、1997年ビクターエンタテインメントに入社。現在は株式会社ハイリーズ代表取締役[1]
  • 伴慶充 ドラム(THE SHAKES)[1998~2001]
  • 山川浩正 ベース(THE BOOM) [1997~2001]
  • モーガン・フィッシャー ピアノ・キーボード(元モット・ザ・フープル) [1997~1999]

主なサポート[編集]

  • 藤井一彦(グルーバーズ)
  • 小野田清文
  • 佐野元春
  • 寺岡信芳(元アナーキー・現ジライヤ)
  • 玉城宏志(元ローザ・ルクセンブルグ)
  • 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)
  • 伊丹英子(ソウル・フラワー・ユニオン)
  • ドーナル・ラニー
  • 三沢泉
  • HONZI

作品リスト[編集]

シングル[編集]

  • 僕は僕のうたを歌おう/らっぱ(1990年9月21日 ESDB-3137)
  • ON MY WAY HOME/知らない犬(1991年6月1日 ESDB-3219)
  • 明日のために靴を磨こう/月明かりの路(SINGLE VERSION)(1992年7月22日 ESDB-3318)
  • NO FEAR/NORTHERN LIGHTS(1994年3月21日 ESDB-3467)
  • SWEET REVOLUTION/らん・らん・らん(SINGLE VERSION)/灯り(SINGLE VERSION)(1994年10月1日 ESCB-1525)
  • オリオンへの道(SINGLE VERSION)/CARRY ON(1995年5月21日 ESDB-3573)
  • 満月の夕(SINGLE VERSION)/BRAND NEW DAY/WAY(1995年10月1日 ESDB-3615)[2]
  • ボヘミアン・ブルー/トーキョー・シティー・ヒエラルキー/ミスター・ソングライター(1996年12月21日 POCH-1615)
  • ハピネス/不屈の星ハートビート(1997年2月26日 PODH-1348)
  • 新しい風/普通の男/夜の果てへの旅(1997年10月29日 POCH-1654)
  • こんな世の中でナイスガイと呼ばれていったい何の意味がある?/陽はまた昇る(1998年3月1日 PODH-1399)
  • ノーウェアマン(シングル・ヴァージョン)/ボヘミアンブルー(ライヴ・ヴァージョン)/満月の夕(ライヴ・ヴァージョン)/竹田の子守唄(1999年3月10日 POCH-1769)
  • ヒヲウのテーマ(2000年11月1日 VIDL-30486)
    機巧奇傳ヒヲウ戦記』オープニングテーマ。主題歌シングルの2曲目に収録(1曲目は遠藤久美子の「CROSSROAD」)。山口洋名義となっているが演奏はHEATWAVE。
  • HEATWAVE STRIKES BACK SERIES #1「NO FEAR strikes back」(2006.3.18発売、bmcd-5001)
    NO FEAR [strikes back]/CARRY ON/フールとクール [trial version]/Session #1
  • HEATWAVE STRIKES BACK SERIES #2「明日のために靴を磨こう」(2006.7.12発売、bmcd-5002)
    明日のために靴を磨こう [2006 re-recording]/BRAND NEW DAY/WAY [2006 re-recording]/地平 [2006 re-recording]

アルバム[編集]

オリジナル[編集]

  • 36°5 (1985年LP)
  • MY LIFE (1987年LP, 1988年CD)
  • Hello I'm Here (1988年LP, 1991年CD)
  • 歳月の記録 (1989年10月1日) - リマスタリングを細海魚が行い2004年に再発売(bmcd-1008)
  • 柱(1990年10月1日)- メジャーレーベル(Epic/Sony)デビューアルバム
  • 凡骨の歌(1991年6月21日)
  • 陽はまた昇る(1992年8月21日)
収録曲「明日のために靴を磨こう」は、桜井和寿Mr.Children)率いるBank Bandのアルバム『沿志奏逢3』でカヴァーされている。また、2009年のap bank fesでも全日オープニング曲として演奏されている。DVD『ap bank fes '09』にも収録。
収録曲「BRAND NEW DAY/WAY」は佐野元春プロデュース、同「満月の夕」は中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)との共作である。
  • TOKYO CITY MAN(1997年3月26日)
収録曲「ミスター・ソングライター」はTHE BOOMの「手紙」へのアンサーソングであり、藤井一彦(ザ・グルーヴァーズ)との共作。また同「オールド・マン」にも藤井はギターで参加。また、前述の「明日のために靴を磨こう」より以前に、同じくBank Bandのアルバム『沿志奏逢』内で収録曲「トーキョーシティー・ヒエラルキー」がカヴァーされている。Bank Bandの2枚以上のアルバムでカヴァーされたアーティストは、RCサクセションとヒートウェイヴのみである。ジャケットは横尾忠則の手によるもの。
  • 月に吠える(1998年3月1日)
  • 日々なる直感(1999年3月31日)
  • LONG WAY FOR NOTHING(2004年2月6日 XBCD-1007/bmcd-1007)
  • land of music(2007年1月24日)
プロジェクト賛同者から資金を募りアルバムを作成。1,711件の賛同者からの“前金”をもとに自立レーベルより発売。賛同者へは、山口洋誕生日の2006年12月26日に郵送にて届いた。矢井田瞳やノマアキコ(GO!GO!7188)がコーラスにて参加。
  • 夕陽へのファンファーレ (2014年12月3日, HWNR-009)

企画盤[編集]

  • LONG LONG WAY -1990-2001- (2001年6月21日) - 2枚組ベストアルバム
  • NO REGRETS (2001年12月1日) - 5枚組ライブアルバム
  • OFFICIAL BOOTLEG SERIES #001 (2009年9月) - 1995年渋谷公会堂公演を収録した2枚組ライブアルバム
  • OFFICIAL BOOTLEG SERIES #002 (2009年10月) - 1998年福岡公演を収録した2枚組ライブアルバム
  • "MY LIFE IS MY MESSAGE" LIVE FOR SOMA CITY (2011年9月21日, HWNR-007) - 東日本大震災支援ライブアルバム

BOX SET[編集]

  • land of music "the Rising" (2008年2月1日, HWNR-002) - 2CD+2DVD+1BOOKからなる、アルバム『land of music』のドキュメンタリー、及びライブCD/DVD。限定1,500部。
  • EPIC YEARS 1990-1995 ~20th Anniversary Edition~ (2010年9月21日, DYCL-1685~90) - メジャーデビュー20周年記念企画 5CD+1DVD BOX SET, 完全生産限定盤 (『柱』~『1995』の5枚のアルバムにシングル楽曲・未発売音源を収録。またPVが初商品化された。)[3]

VIDEO[編集]

  • 凡骨の夏 (VHS) ライブ
  • OFFICIAL BOOTLEG(2004年10月8日, DVD)ライブCD+ツアーDVD
  • TOUR OF“LOVE”2005(2005年12月10日, DVD)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] - MAC IN TALKS
  2. ^ [2] - SMEによるディスコグラフィ
  3. ^ [3] - アルバム紹介ページ