JEEP (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
JEEP
長渕剛スタジオ・アルバム
リリース
録音 1990年
Epicurus
Studio z 'd
Sound Inn
Tokyu Fun
ジャンル ポピュラー
フォークソング
時間
レーベル 東芝EMI/エキスプレス
プロデュース 長渕剛
矢島賢
チャート最高順位
長渕剛 年表
長渕剛LIVE'89
1990年
JEEP
(1990年)
JAPAN
1991年
『JEEP』収録のシングル
  1. しょっぱい三日月の夜
    リリース: 1989年12月8日
  2. JEEP
    リリース: 1990年7月25日
テンプレートを表示

JEEP』(ジープ)は、日本のミュージシャンである長渕剛の12枚目のオリジナルアルバムである。

1990年8月25日東芝EMI/エキスプレスよりリリースされた。

解説[編集]

ギタリストの矢島賢と共同でのプロデュース作品となった。

本人自ら出演した映画ウォータームーン』(1989年、東映)の主題歌である、「しょっぱい三日月の夜」を収録している。

後に、10曲目に収録されている「西新宿の親父の唄」が、テレビドラマ『北の国から'92 巣立ち』(1992年、フジテレビ系列)にて挿入歌として使用された。

ミックスダウンが、ASKAの設立したスタジオ「BURNISH STONE(バーニッシュ・ストーン)」で行われている。奇しくも、発売日はCHAGE and ASKAがデビューして11年経過した日でもある。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1990年8月25日 東芝EMI/エキスプレス CDCT TOCT-5800 (CD)・TOTT-5800 (CT) 1位
2 2006年2月8日 東芝EMI/エキスプレス CD TOCT-25955 - 24ビット・デジタルリマスター

収録曲[編集]

A面
全作詞・作曲: 長渕剛。
# タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 時間
1. 女よ、GOMEN 長渕剛 長渕剛 矢島賢
2. 流れもの 長渕剛 長渕剛 矢島賢
3. 友だちが いなくなっちゃった 長渕剛 長渕剛 矢島賢、長渕剛
4. 電信柱にひっかけた夢 長渕剛 長渕剛 矢島賢
5. 長渕剛 長渕剛 瀬尾一三
6. カラス 長渕剛 長渕剛 矢島賢、長渕剛
B面
# タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 時間
7. お家へかえろう     矢島賢
8. しょっぱい三日月の夜     瀬尾一三
9. 浦安の黒ちゃん     矢島賢
10. 西新宿の親父の唄     瀬尾一三
11. JEEP     瀬尾一三、長渕剛
12. Myself     瀬尾一三
合計時間:

曲解説[編集]

A面[編集]

  1. 女よ、GOMEN
    シングル「JEEP」のカップリング曲で『女よ、ごめん』という曲があるが、同じ曲であるにも関わらず、アレンジやメロディーがかなり違う。カップリング曲のバージョンは、アコースティック・ギターでの弾き語り。
  2. 流れもの
  3. 友だちが いなくなっちゃった
    長渕の得意とするレゲエのリズムを取り入れている。
  4. 電信柱にひっかけた夢
  5. カラス

B面[編集]

  1. お家へかえろう
    日本の現状への不快感を露にした曲。桜島オールナイトライブのように、時折歌詞の一部を変えて歌われることもある。
    長渕の楽曲の中では、歌詞の中にアーティスト名(この曲ではミック・ジャガー)が登場する数少ない楽曲のうちのひとつである。
  2. しょっぱい三日月の夜
    22枚目のシングル曲。映画『ウォータームーン』の主題歌として使用された。
  3. 浦安の黒ちゃん
    "黒ちゃん"は、脚本家の黒土三男のことを指す。ドラマや映画などで一緒に仕事をする機会の多かった2人が、新幹線に乗って大阪まで観光に出掛けるストーリーが描かれている。
  4. 西新宿の親父の唄
    やるなら今しかねえ」のフレーズが有名な曲。倉本聰脚本・フジテレビ制作のドラマ『北の国から'92 巣立ち』で使用された。なお、タイトルである西新宿の親父というのはモデルは存在するが、実在しない創作上の人物であることを倉本のラジオ番組内で対談した際に語ったほか。バラエティ番組『SMAP×SMAP』に長渕が出演した回で、木村拓哉のお気に入りの楽曲として紹介された。
  5. JEEP
    23枚目のシングル曲。サビ以外のフレーズが、ラップのような韻を踏んだ歌詞になっている。
  6. Myself

読売ジャイアンツ坂本勇人選手の登場曲として使用している。 ※自身が初心という意味で決めた曲である

参加ミュージシャン[編集]

  • 長谷部徹 - ドラムス(4,9,12曲目)
  • 渡嘉敷祐一 - ドラムス(1,6曲目)
  • 江口信夫 - ドラムス(2,10曲目)
  • 古澤良治郎 - ドラムス(3曲目)
  • 島村英二 - ドラムス(8曲目)
  • 岡沢章 - エレクトリックベース(1,2,4,6,9,10曲目)
  • 美久月千晴 - エレクトリックベース(8,12曲目)
  • 高橋ゲタ夫 - エレクトリックベース(3曲目)
  • 高水健司 - ウッドベース(5曲目)
  • 長渕剛 - アコースティック・ギター(1,2,4,7,9,10,11曲目)、エレクトリックギター(6曲目)、ブルースハープ(6,7,10曲目)
  • 矢島賢 - エレクトリックギター(1,2,3,4,5,8,9曲目)、アコースティック・ギター(1,7曲目)、キーボード(4曲目)
  • 笛吹利明 - アコースティック・ギター(8曲目)、フラットマンドリン(6,9,10曲目)
  • 塩次伸二 - エレクトリックギター(3曲目)
  • 中西康晴 - キーボード(1,2,4,5,6,9,10,11,12曲目)
  • エルトン永田 - キーボード(8曲目)
  • 浜田良美 - バックグラウンドボーカル(1,4,7,10曲目)
  • 土肥二朗 - バックグラウンドボーカル(1,10曲目)
  • 百田忠正 - バックグラウンドボーカル(1,10曲目)
  • 杉並児童合唱団 - バックグラウンドボーカル(3曲目)
  • The Mugifumi - バックグラウンドボーカル(3曲目)
  • EVE - バックグラウンドボーカル(10曲目)
  • 玉木宏樹 - ソロ・ヴァイオリン(10曲目)
  • 中山信彦 - オペレーター(8,11,12曲目)
  • 瀬尾一三 - オペレーター(5,12曲目)
  • 石川鉄男 - オペレーター(5曲目)
  • 浦田恵司 - オペレーター(10,12曲目)

外部リンク[編集]