サムラ・ママス・マンナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サムラ・ママス・マンナ
Samla Mammas Manna
別名 サムラ、SMM
出身地  スウェーデン ウプサラ
ジャンル プログレッシブ・ロック
ロック・イン・オポジション
アヴァン・プログ
活動期間 1969年 - 1980年1990年 - 2008年
レーベル サイレンス
共同作業者 グレゴリー・アラン・フィッツパトリック
フレッド・フリス
The Objections
Ramlösa Kvällar
ロン・ギーシン
旧メンバー ラーシュ・ホルメル
ラーシュ・クランツ
ハッセ・ブリュニウソン
コステ・アペトレア
吉田達也
ヘンリック・オーベルグ
エイノ・ハーパラ
ヴィルゴット・ハンソン
『ごはんですよ!』のレコード・スリーヴ

サムラ・ママス・マンナ[1]Samla Mammas Manna)は、スウェーデンのプログレッシブ・ロックバンド。多くの点でフランク・ザッパの作詞作曲スタイルに似ており、天才的なミュージシャンシップと、まるでサーカスのようでありつつ、バカっぽいユーモアを特徴としている。1970年代後半に反対派勢力(ロック・イン・オポジション)運動を起こした創設メンバーの一角を担っていた。1979年にフレッド・フリスのソロ・アルバム『グラヴィティー』(1980年)でバック・バンドとして演奏したことでも知られる。音楽的にはカンタベリー・ロックに似ている。

オリジナルのラインナップは、ラーシュ・ホルメル(キーボード)、ハッセ・ブリュニウソン(ドラム)、ラーシュ・クランツ(ベース)、ヘンリック・オーベルグ(パーカッション)。アルバム『ごはんですよ!』には、ジャズ・フュージョン・ギタリストのコステ・アペトレアが参加した。

彼らの歌詞はユーモラスなもので、明確に政治的なものではなかったが、スウェーデンの政治的な「progg」運動(左翼であり反商業音楽運動)の最前線にいた。アルバム『資本主義をぶっ壊せ! -踊る鳥人間- (Klossa Knapitatet)』のタイトルは、スウェーデン語のフレーズ「krossa kapitalet」にかぶせており、これは「資本主義を粉砕せよ」という意味の1970年代共通のスローガンだった。また、それは「Staten och Kapitalet (Den ena handen vet vad den andra gör)」(日本語訳「国家と資本主義(一方の手は他方の行動を知っている)」)という、Blå Tåget(スウェーデンのバンド)による独創的なprogg曲のタイトルにも使われている。「progg」運動を深刻なものととらえる面々からは、この軽薄な感じの態度が面白いものとは思われなかった。

バンドは長年にわたってラインナップと名前の変更を受けた(読みは同じだが「S」を「Z」に変えた「サムラ・ママス・マンナ (Zamla Mammaz Manna)」と、「フォン・サムラ (von Zamla)」としてアルバムをリリースした)。名前を変える度、彼らは新たなサウンドを再発明した。1999年に、『カカ』というタイトルで一度限りのリリースを行うため、サムラ・ママス・マンナという元の名前の下でバンドを再結成した。2002年、彼らは再びパフォーマンスと最終アルバム『ディア・マンマ - 故郷のおかあちゃん』のために、今回はドラムに日本のミュージシャン、吉田達也を迎え、また再結成を行った。バンドは2003年8月に米国のシカゴのSchuba'sで、このラインナップによる最初のコンサートを行った。そして、ノースカロライナで毎年恒例となっている「Progdayフェスティバル」でも演奏した。

2005年、バンドはロシアのモスクワで開催された国際プログレッシブ・ロック・フェスティバル「InProg 2005」のオープニング・アクトを担当した。

ホルメルは、2008年12月に亡くなった。

ディスコグラフィ[編集]

『ディア・マンマ - 故郷のおかあちゃん』のレコード・スリーヴ

サムラ・ママス・マンナ (Samla Mammas Manna)[編集]

  • 『サムラ・ママス・マンナ』 - Samla Mammas Manna (1971年)
  • 『ごはんですよ!』 - Måltid (1973年)
  • 『資本主義をぶっ壊せ! -踊る鳥人間-』 - Klossa Knapitatet (1974年)
  • 『洟垂れ小僧のシンフォニー』 - Snorungarnas symfoni (1976年) ※グレゴリー・アラン・フィッツパトリックと連名
  • 『カカ』 - Kaka (1999年)
  • 『ディア・マンマ - 故郷のおかあちゃん』 - Dear Mamma (2002年)
  • 『ライヴ・1975』 - Live 1975 (2013年) ※ライブ・アルバム。ロン・ギーシンと連名

サムラ・ママス・マンナ (Zamla Mammaz Manna)[編集]

  • 『初老の新来者の為に』 - För äldre nybegynnare (1977年)
  • 『親しみ易いメロディの神秘』 - Schlagerns mystik (1978年)
  • 『家庭のひび割れ』 - Familjesprickor (1980年)

フォン・サムラ (von Zamla)[編集]

  • Zamlaranamma (1982年)
  • No Make Up! (1984年)
  • 1983 (1999年) ※ライブ・アルバム

参考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サムラ・マンマス・マンナ」の表記もある。また「Z」で始まる場合の表記を「ツァムラ・マンマス・マンナ」と変えていた時期もある。

外部リンク[編集]