2016年の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2016年の音楽(2016ねんのおんがく)では、2016年(平成28年)の世界の音楽分野について記述する。

2015年の音楽-2016年の音楽-2017年の音楽

詳細[編集]

1月[編集]

  • 1日 - 2014年12月にAKB48からの卒業を発表していた高橋みなみの卒業日が、3月28日から4月8日の高橋自身の誕生日に変更[1]
  • 3日 - 元THE BOOM宮沢和史が歌手活動を無期限休止することを発表[2]
  • 8日 - 2004年に解散したTHE YELLOW MONKEYが再集結し、5月より全国ツアーを開催することを発表[3]
  • 9日 - 2014年9月に覚醒剤取締法違反罪で有罪判決を受けたCHAGE and ASKAASKAが約9万5000字に及ぶ長文のブログを公開して近況や事件への思いをつづった。しかし、すぐに削除された[4]
  • 11日 - BREAKERZのボーカルDAIGOが、女優北川景子とこの日結婚したことを、両者の公式サイトとブログで発表[5]
  • 12日
    • 2015年のオリコン年間アルバムランキング1位を獲得したの『Japonism』が1月18日付のオリコンチャートで累計売上が100万枚を突破し、ミリオンを記録した[6]
    • 1月18日付の週間オリコンアルバムランキングで『〈物語〉シリーズ』の主題歌集、『歌物語 -〈物語〉シリーズ主題歌集-』が初週6.6万枚を売り上げ、ランキング首位を獲得。アニメのコンピレーション盤がアルバム週間1位を獲得したのは、5年10ヶ月ぶりである[7]
  • 13日 - SMAP木村拓哉を除くメンバー(中居正広稲垣吾郎草彅剛香取慎吾)が、所属事務所のジャニーズ事務所を退社・独立することにより、SMAPが解散する可能性が出てきたことが報道される[8]
  • 15日 - 韓国のグループKARAが解散することが明らかになった[9]
  • 18日 - 同月13日に木村拓哉以外のSMAPのメンバー4人の独立報道が出たことにより、この日フジテレビ系列で放送された『SMAP×SMAP』(関西テレビフジテレビ共同制作)は内容の一部を急遽生放送に差し替えた[10]。放送ではメンバー全員が生出演し、今回の騒動について謝罪した上で、グループの存続を発表した[11]
  • 23日 - 男装ユニット風男塾が、Zepp Tokyoで行われた公演にて新メンバーが加入する事が発表された[12]
  • 24日 - 前年12月にSNH48及びSKE48からの卒業を発表していた宮澤佐江の卒業日が、3月31日のSKE48劇場での卒業公演であることが正式決定[13]
  • 26日 - 同月13日に木村拓哉以外のSMAPのメンバー4人の独立報道が出たことにより、『世界に一つだけの花』が、報道直後からファンたちを中心に広がりを⾒せた「購買運動」の影響で再浮上、この日発表の同年2月1日付オリコン週間シングルランキングで3位にランクイン[14]

2月[編集]

3月[編集]

  • 3月2日 - ロックバンドBase Ball Bearの湯浅将平が脱退。脱退した理由については2018年現在も不明。ちなみに脱退日とはなっているものの、これは公式で発表された脱退日であり、本人は前月中旬頃から失踪状態にあり、結果として発表がこの日になった。
  • 3月5日 - 第39回日本アカデミー賞の授賞式が開催され、映画『バクマン。』の主題歌および劇中音楽を担当したサカナクションが日本のロックバンドでは初となる[20]最優秀音楽賞を受賞した[21]
  • 13日 - SUPER☆GiRLS勝田梨乃荒井玲良が、同年6月25日に行われるイベントを以ってグループを卒業することを発表[22]
  • 25日 - オリコンの週刊雑誌、『オリ★スタ』が同日に発売される刊で休刊。36年連載してきた歴史に幕を閉じ、今後は自社の情報サイト、『ORICON STYLE』で情報を集約する[23]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

  • 3日 - 鈴木亜美が一般人男性とこの日結婚したこと、この時点で妊娠3か月であることを同時に発表[35]
  • 5日 - サザンオールスターズ桑田佳祐が発売したシングル「ヨシ子さん」が7月11日付のオリコン週間シングルランキングで2位を記録し、60歳代以上の男性アーティストのシングルとしては、2008年11月17日付で小田和正(当時61歳)が「今日も どこかで」で記録した4位を上回り、最高位となった[36]
  • 19日 - 半年ぶりとなるASKAによるものとみられる1カ月限定のブログが開設された。2016年1月に事件への思いや近況などをつづった文章をネット上で公開して以来である[37]
  • 23日 - 川島海荷が女優業専念のため、在籍していたアイドルグループ9nineを脱退[38]

8月[編集]

  • 9日 - NMB48渡辺美優紀がNMB48劇場での公演を以ってグループを卒業[39]
  • 14日 - SMAPが年内を以って解散することを発表[40]
  • 20日 - ℃-uteが翌2017年6月末に開催されるさいたまスーパーアリーナでの単独公演を以って解散することを発表[41]
  • 23日 - 日本で音楽業界4団体がチケットの高額転売による取引の防止を求める声明を発表した。団体は適正な価格で売買できるシステム作りやネット上の高額転売を取り締まるための法整備の訴えを行っている。この声明にはその後発表されたのも含めアーティスト196組、国内音楽イベント33組、業界団体5組も賛同している[42]
  • 30日 - SMAPの「世界に一つだけの花」のCDが年内解散の影響による購買運動により、Mr.Childrenの「Tomorrow never knows」(276.6万枚)の売上を上回り、オリコンシングル売上ランキング歴代7位(278.3万枚)を記録した[43]
  • 31日 - EXILE ATSUSHI2018年まで活動拠点を日本国外に移すことを発表[44]

9月[編集]

  • 1日 - 3月にKAT-TUNを脱退した田口淳之介がソロで音楽活動を再開することを発表[45]
  • 5日 - EXILE THE SECONDの新メンバーにEXILEのAKIRAがパフォーマーとして加入したことを発表[46]
  • 10日 - ONE OK ROCK渚園特設会場にて野外ワンマンライブ「ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN」を開催し、10日、11日の2日間で計11万人の観客を動員[47]
  • 13日 - SMAPの「世界に一つだけの花」のCDが年内解散の影響による購買運動により、CHAGE and ASKAの「SAY YES」(282.2万枚)の売上を上回り、オリコンシングル歴代6位(284.6万枚)を記録した[48]
  • 28日 - 男装アイドルユニット風男塾のメンバー・青明寺浦正(浦えりか)と赤園虎次郎(虎南有香)の2人が翌2017年の春にグループを卒業することを公式ホームページならびに自身のブログで発表[49]
  • 29日 - “KinKi Kidsが1994年以来22年ぶりとなる日本武道館から始まった17年ぶりのアリーナツアーを開催[50]

10月[編集]

  • 3日
    • 島崎遥香が同日に東京・秋葉原で行われた「バイトルNEXT」CM発表会で年内を以ってAKB48を卒業することを発表[51]
    • 日本で川谷絵音が未成年者と飲酒をしていた事実により、indigo la Endおよびゲスの極み乙女。の活動を当面の間自粛することを発表。またゲスの極み乙女。はニューアルバムの発売を予定していたが、本件を受けて一時中止することも発表された[52]
  • 4日 - Hi-STANDARDが16年半ぶりにシングル「ANOTHER STARTING LINE」をリリース。発売時に事前告知をせずまた店頭販売のみであったことも話題になった(ネット通販およびダウンロード販売は10月26日から)[53][54]
  • 7日 - ビジュアル系バンド・ギルドが、「今後のバンドの方向性についてメンバー間の意見に相違が生じてしまっている」ことを理由に、年内で活動休止することを公式サイトで発表した[55]
  • 9日 - Psycho le CemuのボーカルDAISHIがタレント時東ぁみとこの日結婚したことを発表[56]
  • 14日 - 小笠原茉由が同日にAKB48劇場で行われたチームA公演で年内を以ってAKB48を卒業することを発表[57]
  • 19日
    • 175Rが6年ぶりに活動を再開させたことを発表[58]
    • indigo la End渋谷CLUB QUATTROで行われた「インディゴラブストーリー vol.1」の最終公演を持って活動自粛に入った[59]
  • 20日 - 乃木坂46橋本奈々未が同日放送のラジオ番組『乃木坂46のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で自身の24歳の誕生日となる翌2017年2月20日をめどにグループを卒業することと芸能界を引退することを同時発表[60]
  • 23日
    • 6月にAKB48からの卒業を発表していた小嶋陽菜の卒業日が、翌2017年2月22日に正式決定[61]
    • EXILE三代目 J Soul Brothersなどが所属する芸能プロダクションLDHが全面的な組織改革を行い、日本のほかアメリカ・ヨーロッパ・アジアに拠点を置き、世界展開することを同社社長でEXILEのリーダーHIROが発表[62]
  • 25日 - 先月28日にリリースした宇多田ヒカルの「Fantôme」が10月31日付のオリコン週間アルバムランキングで初登場から4週連続での1位を達成。4週連続のアルバム1位は三代目 J Soul Brothersの「THE BEST/BLUE IMPACT」以来2年9ヶ月ぶり、オリジナルアルバムとしてはコブクロの「5296」以来8年9ヶ月ぶり、女性アーティストのオリジナルアルバムとしては倖田來未の「Black Cherry」以来で、9年9ヵ月ぶりの快挙[63]
  • 28日
    • E-girlsとしても活動する女性4人組グループ・Dreamのメンバー・Erieが、年内をもってグループを脱退することと芸能界を引退することを公式サイトで同時発表[64]
    • タレントの古坂大魔王が扮するキャラクター“ピコ太郎”の曲「ペンパイナッポーアッポーペン」が「ビルボード全米トップ100にチャートインした曲の中で、1曲の尺が最短」ということで、ギネス記録に認定された。チャートに77位にランクインし、日本人では26年ぶりにランクインした[65]
  • 31日 - Zepp Fukuokaが2018年に再オープンすることを全国の「Zepp」を運営しているZeppホールネットワークが発表。ホークスタウンモールのリニューアルに伴い今年5月に閉館していたがその後三菱地所による再開発計画において再出店することで基本的な合意に至った[66]

11月[編集]

  • 1日 - SMAPの「世界に一つだけの花」のCDが年内解散の影響による購買運動により、米米CLUBの「君がいるだけで/愛してる」(289.5万枚)の売上を上回り、オリコンシングル歴代5位(289.9万枚)を記録した[67]
  • 5日
    • Berryz工房の元メンバーで、のちにカントリー・ガールズのメンバー兼プレイングマネージャーを務め「ももち」の愛称で知られる嗣永桃子が、この日行われたイベントにおいて翌2017年6月30日を以ってカントリー・ガールズおよびハロー!プロジェクトを卒業することと芸能界を引退することを同時発表[68]
    • アニメソング歌手の藍井エイルが、自身の体調不良のため、前日とこの日に、日本武道館で行ったラストライブをもって、無期限活動休止となった[69]
  • 12日 - ビジュアル系バンド・ギルドがこの日、ワンマンライブ「GUILD SEASON1 LAST LIVE- DEPARTURE -」の開催発表と共に、ボーカルのRYUICHIの卒業(脱退)を発表[70][71]
  • 15日 - SMAPの「世界に一つだけの花」のCDが年内解散の影響による購買運動により、速水けんたろう、茂森あゆみ、ひまわりキッズ、だんご合唱団の「だんご三兄弟」(291.8万枚)の売上を上回り、オリコンシングル歴代4位(293.2万枚)を記録した[72]
  • 21日 - 仮面女子の澤田リサと黒木ひなこが同年12月18日と翌2017年1月2日を以ってそれぞれグループを卒業することと芸能界から引退することを同時発表[73]
  • 22日 - SMAPの「世界に一つだけの花」のCDが年内解散の影響による購買運動により、サザンオールスターズの「TSUNAMI」(293.6万枚)の売上を上回り、オリコンシングル歴代3位(294.2万枚)を記録した[74]
  • 24日 - 『第67回NHK紅白歌合戦』の出場全歌手が発表される[75]。10組の初出場が決定した一方、和田アキ子伍代夏子藤あや子などベテラン勢が続々落選[76]
  • 28日 - ASKAが執行猶予中に覚せい剤取締法違反(使用)で再逮捕される(翌月19日に不起訴釈放)[77]
  • 29日
    • V6長野博が、女優白石美帆とこの日結婚したことを、ファンクラブ会報で発表[78][79]
    • 大和田南那が同日にAKB48劇場で行われたチームA公演でAKB48を卒業することを発表[80]。具体的な卒業時期はこの時点で未定とされた。

12月[編集]

  • 1日 - 『第49回日本作詩大賞』が開催[81](テレビ東京系にて19:58 - 21:48放送[注 1])。田久保真見堀内孝雄に提供した「空蝉の家」で受賞。
  • 3日
    • SHAKALABBITSが翌2017年内を以ってバンド活動を無期限休止することを発表[82]
    • ゲスの極み乙女。は、Zepp Tokyoにて『ゲスの極み乙女。 ワンマンツアー「林檎を落としたのは、だーれだ」』最終公演を開催[83]。なおゲス乙女は、この公演を持って活動自粛に入った。
  • 5日
  • 8日
  • 9日
    • EXILEなどが所属する芸能プロダクション「LDH」は、所属アーティストのライブにおいてメンバーのサインが入ったフリスビーを客席に投げ入れる演出を、同日開催分のライブより取りやめることを決定[89]
    • SMAPの「世界に一つだけの花」のCD累計売上が300万枚を突破し、シングルCDとしては初の快挙となった[90]
  • 14日 - 西野未姫が同日にAKB48劇場で行われたチームA公演でAKB48を卒業することを発表[91]。具体的な卒業時期はこの時点で未定とされた。
  • 15日レコチョクの携帯電話向け音楽配信サービス「着うた」「着うたフル」の各種サービスの終了[92]
  • 19日
    • 若田部遥が同日に福岡市中央区天神の西鉄ホールで行われた公演で翌2017年1月12日を以ってHKT48を卒業することを発表[93]
    • 前月28日に執行猶予中に覚せい剤取締法違反(使用)で再逮捕されたASKAが嫌疑不十分で不起訴処分で釈放される[77]
  • 23日 - SMAPが『第67回NHK紅白歌合戦』出場を辞退したこと、および同グループのラストステージが同月26日放送の『SMAP×SMAP』(関西テレビフジテレビ共同制作)最終回スペシャルとなることが発表された[94]
  • 24日
    • 音楽ユニットPKCZがコンサートのため、ワゴン車で七飯町(北海道亀田郡)の国道を移動走行中、交通事故に遭い、メンバー3人を含む7人が病院に搬送。メンバーのMAKIDAIVERBALが肋骨骨折などの重傷、DJ DARUMAが首を負傷する軽傷を負ったことに伴い、3代目J Soul Brothersが24日ならびに翌25日に札幌ドームにて予定していたPKCZが出演する予定だった札幌公演を中止すると発表[95]。なお、後にMAKIDAIとVERBALは全治2 - 3ヵ月、DJDARUMAが全治1カ月と診断される[96]
    • 19日に不起訴処分で釈放されたばかりのASKAが、新曲「FUKUOKA」をYouTubeで公開し、公開2日目で動画再生数70万回を超える反響となる[97]
  • 26日
    • Dream5が年内を以ってこの時点でのメンバーでの活動を終了することを発表[98]
    • フジテレビ系『SMAP×SMAP』(関西テレビ・フジテレビ共同制作)がこの日で終了[99]、番組史上最長となる4時間48分にわたる最終回スペシャル(18:30 - 23:18)をもって、約20年8ヶ月の放送に幕を下ろした[100]。放送回数は920回。最終回SPは名場面集を中心に構成。なお、SMAPはこれがグループとしての最後のテレビ出演となった[101]
  • 30日

洋楽シングル[編集]

洋楽アルバム[編集]

ジャズ[編集]

  • チェリー・ポッピン・ダディーズ - ザ・ブープ・ア・ドゥ[109]
  • チャールズ・ロイド & ザ・マーヴェルズ - アイ・ロング・トゥ・シー・ユー[110]

クラシック[編集]

  • Wolfgang Rihm – Two Other Movements; Abkehr; Schattenstück[111]

総合シングル (日本)[編集]

  • AKB48が、1位から4位まで全てミリオンセラーを達成し、年間TOP4を独占した。
  • 乃木坂46の「サヨナラの意味」がグループとして初の出荷枚数100万枚を突破した。
  • SMAP解散騒動の影響で「世界に一つだけの花」が40万枚以上を売り上げ、2016年12月19日付でオリコン調べによる累積売上枚数が302.2万枚、最終的には313.1万枚となり、CDシングルとしては史上初のトリプルミリオンを達成した。
  • アイドルLDHK-POP以外で年間TOP50にチャートインしたアーティストは、Hi-STANDARD、星野源、氷川きよし、桑田佳祐、THE YELLOW MONKEYのみとなっている。

年間TOP50[編集]

※提供:オリコン(2015年12月14日 - 2016年12月11日集計)[112][113]

インディーズシングル年間10[編集]

演歌・歌謡年間10[編集]

Billboard Japan 年間TOP10[編集]

Billboard JAPAN 集計期間: 2015年12月 - 2016年11月

[114]

アルバム (日本)[編集]

年間TOP50[編集]

※提供:オリコン(2015年12月14日 - 2016年12月11日集計)[115][116]

インディーズアルバム年間10[編集]

音楽配信 (日本)[編集]

※集計:レコチョク(着うたフル+インターネット配信)[117]

楽曲別年間TOP10[編集]

アルバム別年間TOP10[編集]

配信ゴールド認定[編集]

作品名 認定
ダブル・ミリオン
星野源 2019年1月
ミリオン
RADWIMPS前前前世 (movie ver.) 2017年2月
トリプル・プラチナ
安室奈美恵Hero 2018年4月
RADWIMPS「なんでもないや (movie ver.) 2018年12月
米津玄師LOSER 2019年7月
宇多田ヒカル花束を君に 2019年10月
ダブル・プラチナ
back numberハッピーエンド 2018年1月
欅坂46サイレントマジョリティー 2019年1月
RADWIMPS「スパークル (movie ver.) 2019年5月
プラチナ
AIみんながみんな英雄 2016年3月
ケツメイシ友よ 〜 この先もずっと… 2016年10月
JY好きな人がいること
安室奈美恵「Mint 2016年12月
宇多田ヒカル「真夏の通り雨 2017年1月
手嶌葵明日への手紙(ドラマバージョン)
PerfumeFLASH
RADWIMPS「夢灯籠
宇多田ヒカル「 2017年2月
藤原さくらSoup 2017年7月
SuchmosSTAY TUNE 2017年12月
平井堅魔法って言っていいかな?
WANIMAともに 2018年1月
Flowerやさしさで溢れるように 2018年3月
西野カナDear Bride 2020年11月
SPYAIRRAGE OF DUST 2022年1月
ゴールド
AI「みんながみんな英雄 (フルバージョン) 2016年4月
aikoもっと 2016年5月
三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEFeel So Alive
西野カナ「あなたの好きなところ
BIGBANGBANG BANG BANG
西野カナ「Have a nice day 2016年7月
藤原さくら「好きよ 好きよ 好きよ
ポルノグラフィティTHE DAY
back number「僕の名前を 2016年8月
藍井エイル 2016年8月
EGOISTKABANERI OF THE IRON FORTRESS
ケツメイシ「さらば涙 2016年9月
Dream Amiトライ・エヴリシング
ナオト・インティライミOverflows 〜言葉にできなくて〜 2016年10月
ジャスティン・ビーバー「Sorry」
西野カナ「君が好き 2016年11月
宇多田ヒカル「Fantome
RADWIMPS「君の名は。
EXILE ATSUSHI 2016年12月
中田ヤスタカNANIMONO feat.米津玄師」
乃木坂46今、話したい誰かがいる
清水翔太My Boo 2017年1月
BUMP OF CHICKENアンサー
BLUE ENCOUNTSurvivor
Aimer蝶々結び 2017年2月
三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE「Welcome to TOKYO
ワルキューレ一度だけの恋なら
欅坂46「二人セゾン 2017年3月
乃木坂46「サヨナラの意味
A応P全力バタンキュー 2017年4月
ピコ太郎PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)
スピッツスターゲイザー 2017年5月
DREAMS COME TRUEあなたのように
綾野ましろideal white 2017年6月
三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE「MUGEN ROAD 2017年8月
RADWIMPS「前前前世 (original ver.)
RADWIMPS「棒人間
一青窈他人の関係 2017年11月
ブルーノ・マーズ24K・マジック
家入レオ僕たちの未来 2018年2月
back number「アンコール
松田聖子薔薇のように咲いて 桜のように散って 2018年6月
安室奈美恵「Dear Diary 2018年9月
三浦大知(RE)PLAY
Nissyまだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL 2019年2月
欅坂46「世界には愛しかない 2019年4月
乃木坂46「裸足でSummer 2019年6月
Aimer「カタオモイ 2019年8月
Aimer「茜さす 2019年9月
Aimer「ninelie with chelly (EGOIST)
TrySailHigh Free Spirits
サカナクション多分、風。 2020年2月
aiko「カブトムシ 2020年3月
宇多田ヒカル「二時間だけのバカンス feat.椎名林檎 2021年2月

ストリーミング認定[編集]

作品名 認定
プラチナ
back number「ハッピーエンド」 2021年6月
Aimer「カタオモイ」 2021年8月
清水翔太「My Boo」 2021年9月
ザ・チェインスモーカーズクローザー
ゴールド
欅坂46「サイレントマジョリティー」 2020年4月
ジャスティン・ビーバー「Sorry」 2020年12月
Aimer「蝶々結び」 2021年8月
星野源「恋」 2021年9月
あいみょん生きていたんだよな 2021年10月
フィフス・ハーモニーワーク・フロム・ホーム 2022年1月
ブルーノ・マーズ「24K・マジック」
シルバー
JY「好きな人がいること」 2020年5月
ケツメイシ「友よ 〜 この先もずっと…」 2020年7月
BIGBANG「BANG BANG BANG」 2020年10月
欅坂46「二人セゾン」 2020年11月
乃木坂46「サヨナラの意味」
Suchmos「STAY TUNE」 2020年12月
ブルーノ・マーズザッツ・ホワット・アイ・ライク 2021年5月
チャーリー・プースウィー・ドント・トーク・エニモア 2021年6月
平井大Life is Beautiful 2021年7月
indigo la End夏夜のマジック 2021年8月
平井大tonight
カーリー・レイ・ジェプセンアイ・リアリー・ライク・ユー
DJスネークレット・ミー・ラヴ・ユー
米津玄師「LOSER」 2021年9月
宇多田ヒカル「花束を君に」 2021年10月
Nissyまだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL
BiSHオーケストラ 2021年11月
Flowerやさしさで溢れるように

日本のDVD・Blu-ray[編集]

Category:2016年のライブ・ビデオを参照

Billboard Hot 100 年間TOP10[編集]

Billboard 集計期間: 2015年12月5日 - 2016年11月26日

[118]

各チャート[編集]

イベント[編集]

開催日 タイトル
1月9日 エレクトロックス 2016
1月10日 ミソフェス2016
1月28日 PMC presents MUSIC COMPLEX 2016,winter
2月6日 BAYCAMP 201602
2月6日・7日 でらロックフェスティバル 2016(初回)
2月7日 machioto2016(初回)
2月14日 ビクターロック祭り2016
3月5日 見放題東京2016(初回)
3月17日 PMC presents MUSIC COMPLEX 2016,spring
3月19日 OTO TO TABI 2016
3月12日・13日 TENJIN ONTAQ 2016
3月19日・20日 HAPPY JACK 2016
3月20日・21日 SANUKI ROCK COLOSSEUM 2016 〜BUSTA CUP 7th round〜
3月26日 飯坂温泉ミュージックフェスティバル おと酔いウォーク2016
3月26日 IMAIKE GO NOW 2016
4月2日・3日 PUNKSPRING 2016
4月2日・3日 YON FES 2016
4月24日 SYNCHRONICITY'16 -After Hours-
4月17日 トアロード・アコースティック・フェスティバル 2016
4月29日・30日 ARABAKI ROCK FEST.2016
4月29日・30日 ニコニコ超会議16
5月1日 LOUD∞OUT FEST 2016
5月4日 NIIGATA RAINBOW ROCK 2016
5月3日・4日・5日 JAPAN JAM 2016
5月7日 COMIN'KOBE16
5月8日 Don't Stop Music Fes. TOCHIGI 2016
5月13日・14日・15日 森、道、市場 2016 ~つながる空と色を探しに海へ~
5月14日 RUSH BALL★R
5月14日・15日 CIRCLE'16
5月14日・15日・21日・22日 METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016
5月28日 Shimokitazawa SOUND CRUISING 2016
5月28日 hoshioto'16
5月28日・29日 VIVA LA ROCK 2016
6月4日 SATANIC CARNIVAL'16
6月4日・5日 TAICOCLUB'16
6月4日・5日 百万石音楽祭2016〜ミリオンロックフェスティバル〜
6月8日・9日 SAKAE SP-RING 2016
6月18日・19日 YATSUI FESTIVAL! 2016
6月25日 FREEDOM NAGOYA2016
6月26日 ネコフェス2016 くだけねこロックフェスティバル
6月30日・7月1日・9日・10日 ロックロックこんにちは! 20th Anniversary! Special 〜R² need U, I need U〜
7月2日 見放題2016
7月2日・3日 京都大作戦2016 〜吸収年!栄養満点!音のお野祭!〜 Take it! Fully nutritious! Sound vege festival!
7月9日・10日 第33回 PEACEFUL LOVE ROCK FESTIVAL 2016
7月16日・17日 JOIN ALIVE 2016
7月17日 MEET THE WORLD BEAT 2016
7月22日・23日・24日 フジロックフェスティバル'16
7月23日・24日 NUMBER SHOT 2016
7月29日〜8月4日 a-nation island 2016
7月31日 MURO FESTIVAL 2016
7月30日・31日 OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL.7
8月5日・6日・7日 TOKYO IDOL FESTIVAL 2016
8月6日 EAT THE ROCK 2016
8月6日・7日・13日・14日 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016
8月12日・13日 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO
8月13日 Exciting Summer in WAJIKI'16
8月20日・21日 SUMMER SONIC 2016
8月20日・21日 MONSTER baSH 2016
8月20日・21日 八食サマーフリーライブ 2016
8月20日・21日 WILD BUNCH FEST.2016
8月20日・21日 J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016
8月21日 Sky Jamboree 2016 〜one pray in nagasaki〜
8月22日〜28日 RADIO BERRY ベリテンライブ 2016 〜HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2〜
8月26日・27日・28日 Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-
8月26日・27日・28日 SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016
8月27日 音楽と髭達 2016 -C'mon OTOHIGE-
8月27日 未確認フェスティバル2016
8月27日・28日 TRIANGLE'16
8月27日・28日 RUSH BALL 2016
8月27日・28日 a-nation stadium fes. 2016
8月28日・29日 宗像フェス 〜World Heritage Munakata〜
9月3日 OTODAMA'16〜音泉魂〜
9月3日・4日 秋田CARAVAN MUSIC FES 2016(初回)
9月3日・4日 24th Sunset Live 2016 -Love & Unity-
9月6日 黒フェス 2016
9月3日 BAYCAMP 2016
9月4日 RADIO BERRY ベリテンライブ2016 Special
9月10日・11日 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016
9月17日 Augusta Camp 2016 〜produced by 秦 基博〜
9月17日・18日 氣志團万博2016〜房総ロックンロール★チャンピオン★カーニバル〜
9月17日・18日 イナズマロックフェス2016
9月17日・18日 TOKYO CALLING 2016(初回)
9月17日・18日 New Acoustic Camp 2016
9月17日・18日・19日 風とロック芋煮会2016 KAZETOROCK IMONY WORLD
9月18日 いしがきミュージックフェスティバル 2016
9月18日 京都音楽博覧会 2016
9月24日 山人音楽祭 2016
9月24日・25日 りんご音楽祭 2016
10月1日 MEGA☆ROCKS 2016
10月1日・16日 HAWAIIAN6 presents ECHOES 2016
10月2日 マグロック 2016
10月8日・9日 朝霧JAM 2016
10月8日・9日 LOUD PARK 16
10月8日・9日・10日 MINAMI WHEEL 2016
10月9日 騎馬武者ロックフェス 2016
10月14・15・16日 VISUAL JAPAN SUMMIT(幕張メッセ)
10月28日・29日・30日 ボロフェスタ 2016
10月22日・23日 テレビ朝日ドリームフェスティバル 2016
11月5日・6日 MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!! 2016
11月4日・5日 バズリズムLIVE2016
12月3日 下北沢にて'16
12月22日・23日・24日・25日 年末調整GIG 2016
12月24日・25日 ポルノ超特急 2016
12月24日・25日 MERRY ROCK PARADE 2016
12月27日・28日 FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2016
12月28日・29日・30日・31日 O-Crest YEAR END PARTY 2016 Special 4DAYS!
12月28日・29日・30日・31日 COUNTDOWN JAPAN16/17
12月30日・31日 LIVE DI:GA JUDGEMENT 2017
12月31日 第67回NHK紅白歌合戦

日本武道館公演[編集]

東京ドーム公演[編集]

  • 1月1日 - KinKi Kids
  • 2月23日・24日 - BIGBANG
  • 3月31日・4月1日 - μ's
  • 4月9日・10日 - 水樹奈々
  • 4月29日・30日・5月1日 - KAT-TUN
  • 5月18日・19日 - SHINee
  • 5月21日・22日23・日 - 氷室京介
  • 6月11日・12日 - NEWS
  • 6月25日・26日 - 嵐
  • 8月4日・5日・6日・7日 - Kis-My-Ft2
  • 8月27日・28日 - EXILE ATSUSHI
  • 9月19日・20日 - BABYMETAL
  • 9月25日・26日 - 福山雅治
  • 10月26日・27日 - 2PM
  • 11月5日・6日 - BIGBANG
  • 11月15日・16日 - AAA
  • 11月19日・20日・21日 - 嵐
  • 11月26日・27日 - ゆず
  • 11月30日・12月1日 - EXO
  • 12月9日・10日 - 三代目 J Soul Brothers
  • 12月15日・16日・17日・18日 - 関ジャニ∞
  • 12月22日・23日 - KinKi Kids
  • 12月26日・27日・28日 - 嵐
  • 12月31日 - Hey! Say! JUMP

リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックテーマソング[編集]

主要な賞[編集]

受賞作・受賞者
第64回尾高賞
  • 権代敦彦「オーケストラのための Vice Versa ─逆も真なり─」
第59回グラミー賞[121]
第58回日本レコード大賞
第49回JBA下谷賞
  • 酒井格「行進曲「南鳥島の光」」
  • 清水大輔「この優しく、暖かい世界 〜アンディ・カフスマンのための音楽〜」
第49回日本作詩大賞
第49回日本有線大賞
第48回サントリー音楽賞
第46回東燃ゼネラル音楽賞
第34回JASRAC賞
第34回咲くやこの花賞 音楽部門
  • 高田泰治
第30回 日本ゴールドディスク大賞
第27回朝日作曲賞 (吹奏楽)
第27回出光音楽賞
第27回日本製鉄音楽賞
第26回芥川作曲賞
  • 渡辺裕紀子『折られた…』
第24回渡邉暁雄音楽基金
第20回SPACE SHOWER MUSIC AWARDS
アーティスト・タイトル
ARTIST OF THE YEAR DREAMS COME TRUE
PEOPLE'S CHOICE BUMP OF CHICKEN
VIDEO OF THE YEAR ゆず終わらない歌」(監督:鎌谷聡次郎
BEST BREAKTHROUGH ARTIST WANIMA
BEST MALE ARTIST 星野源
BEST FEMALE ARTIST 椎名林檎
BEST GROUP ARTIST SEKAI NO OWARI
BEST POP ARTIST DREAMS COME TRUE
BEST ROCK ARTIST [Alexandros]
BEST PUNK/LOUD ROCK ARTIST Ken Yokoyama
BEST ALTERNATIVE ARTIST cero
BEST GROOVE ARTIST tofubeats
BEST HIP HOP ARTIST KOHH
BEST INTERNATIONAL ARTIST アデル
BEST RESPECT ARTIST 矢沢永吉
BEST NEW VISION Mr.Children
BEST ACTIVE OVERSEAS ONE OK ROCK
BEST LIVE PRODUCTION Team Perfume
BEST MUSIC FILM DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-
BEST CONCEPTUAL VIDEO サカナクション新宝島」(監督:田中祐介)
BEST CHOREOGRAPHY VIDEO 水曜日のカンパネラ「ラー」(監督:児玉裕一
BEST ART DIRECTION VIDEO ウルフルズ「ロッキン50肩ブギウギックリ腰」(監督:竹内鉄郎
BEST VIDEO DIRECTOR 東市篤憲
BEST MUSIC FRIENDS THE BAWDIES
BEST COSTUME ARTIST きゃりーぱみゅぱみゅ
第15回MTV Video Music Awards Japan
アーティスト・タイトル 監督
最優秀ビデオ賞
最優秀邦楽女性アーティストビデオ賞
宇多田ヒカル真夏の通り雨 柘植泰人
最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞 高橋優光の破片 山口保幸
最優秀洋楽男性アーティストビデオ賞 ジャスティン・ビーバー「Sorry」 PARRIS GOEBEL
最優秀洋楽女性アーティストビデオ賞 アリアナ・グランデ「Into You」 HANNAH LUX DAVIS
最優秀邦楽グループビデオ賞 EXILE THE SECONDShut up!! Shut up!! Shut up!!
最優秀洋楽グループビデオ賞 フィフス・ハーモニー「Work from Home」 DIRECTOR X
最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞 SuchmosMINT maxilla
最優秀洋楽新人アーティストビデオ賞 DNCE「Cake by the Ocean」 BLACK COFFEE/GIGI HADID
最優秀ロックビデオ賞 [Alexandros]Swan 五十嵐耕平
最優秀ポップビデオ賞 NissyPlaying With Fire 園田俊郎
最優秀R&Bビデオ賞 三浦大知Cry & Fight 塩野大地/富田兼次
最優秀ヒップホップビデオ賞 AK-69Flying B Tomoya Egawa
最優秀ダンスビデオ賞 BOOM BOOM SATELLITESLAY YOUR HANDS ON ME
最優秀振付け賞 GENERATIONS from EXILE TRIBE「AGEHA Yu-ya HARA
最優秀アルバム賞JAPAN部門 BABYMETALMETAL RESISTANCE
最優秀アルバム賞INTERNATIONAL部門 ビヨンセレモネード
Inspiration Award Japan GLAY
Best Teen Choice Artist 藤原さくら
最優秀メタルビデオ賞 BABYMETAL「KARATE 二宮"NINO"大輔
第9回全日本吹奏楽連盟作曲コンクール
  • 川合清裕「メタモルフォーゼ〜吹奏楽のために」
第8回CDショップ大賞[124]
第8回ビルボード・ジャパン・ミュージック・アワード
  • アーティスト・オブ・ザ・イヤー - AKB48
  • Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2016 - AKB48「翼はいらない
  • Billboard JAPAN Hot Album of the Year 2016 - 宇多田ヒカルFantôme
  • Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year 2016 - AKB48「翼はいらない」
  • Billboard JAPAN Radio Songs of the Year 2016 - RADWIMPS前前前世
  • Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2016 - RADWIMPS「前前前世」
  • Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year 2016 - ジャスティン・ビーバー「ソーリー」
  • Billboard JAPAN Top Albums of the Year 2016 - 嵐「Are You Happy?
  • Billboard JAPAN Top Classical Albums of the Year 2016 - 0歳からの育脳クラシック
  • Billboard JAPAN Top Jazz Albums of the Year 2016 - 上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト「SPARK」
第7回岩谷時子賞
第6回MPA賞
第5回アイドル楽曲大賞
第3回アイドルソロクイーンコンテスト

デビュー[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

結成[編集]

アイドル[編集]

バンド・音楽グループ・音楽ユニット[編集]

活動再開[編集]

再結集[編集]

活動休止・解散・引退したアーティスト[編集]

活動休止[編集]

解散[編集]

脱退[編集]

引退[編集]

逮捕[編集]

1月25日 SHINTARO(アイヲロスト 児童福祉法違反容疑
11月22日 明徳lynch. 大麻取締法違反(単純所持)容疑
11月28日 ASKACHAGE and ASKA 覚醒剤取締法違反(使用)容疑 ※不起訴処分
12月9日 Umebo(HER NAME IN BLOOD 大麻所持容疑

改名・表記変更[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ テレビ東京のみ19:57 - 19:58に『日本作詩大賞 みどころ』を別途放送。
  2. ^ 一部系列局を除いて17:30 - 18:30に『第58回輝く!日本レコード大賞 序章』を別途放送(ローカルセールス枠)。

出典[編集]

  1. ^ AKB高橋みなみ、自身の誕生日4月8日に卒業へ”. 日刊スポーツ (2016年1月1日). 2016年2月1日閲覧。
  2. ^ 宮沢和史、歌手活動休止へ「歌う力を持ち続けることができません」”. 音楽ナタリー (2016年1月3日). 2016年2月1日閲覧。
  3. ^ THE YELLOW MONKEY再結成!16年ぶり全国ツアー20公演開催”. 音楽ナタリー (2016年1月8日). 2016年10月31日閲覧。
  4. ^ “ASKA、覚せい剤事件経緯をブログで発表も即削除”. スポニチアネックス. (2016年1月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/10/kiji/K20160110011833860.html 2016年1月15日閲覧。 
  5. ^ 北川景子&DAIGOついに結婚「ロックでうぃっしゅな家庭を」”. ORICON STYLE (2016年1月11日). 2016年1月31日閲覧。
  6. ^ 【オリコン】嵐『Japonism』がミリオン達成 男性歌手3年7ヶ月ぶり快挙”. ORICON STYLE (2016年1月12日). 2016年1月12日閲覧。
  7. ^ 【オリコン】<物語>シリーズ主題歌集が首位 アニメコンピ盤5年10ヶ月ぶり”. ORICON STYLE (2016年1月12日). 2016年1月14日閲覧。
  8. ^ “SMAP解散へ!木村拓哉以外ジャニーズから独立”. 日刊スポーツ. (2016年1月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1591422.html 2016年1月15日閲覧。 
  9. ^ KARA事実上の解散 3人が契約終了”. デイリースポーツ (2016年1月16日). 2016年1月18日閲覧。
  10. ^ “スマスマ きょう一部生放送 分裂回避へ謝罪と経緯説明”. スポニチアネックス. (2016年1月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/18/kiji/K20160118011880510.html 
  11. ^ “SMAP存続!スマスマ生出演で騒動決着 キムタク「前を見て…」”. (2016年1月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/18/kiji/K20160118011882500.html 2016年1月19日閲覧。 
  12. ^ 風男塾ニューシングル詳細発表+春に新メンバー加入&お披露目公演”. 音楽ナタリー. 2016年1月23日閲覧。
  13. ^ 宮澤佐江、3・31SKE卒業決定 デビュー10周年にAKB劇場公演も”. ORICON STYLE (2016年1月24日). 2016年2月1日閲覧。
  14. ^ SMAP、「世界に一つだけの花」12年ぶりオリコン週間TOP3入り”. MUSICMAN-NET (2016年1月26日). 2016年2月8日閲覧。
  15. ^ X JAPAN、PATA緊急入院……YOSHIKI「悲劇が起きないことを祈るばかり」”. RBB TODAY (2016年2月3日). 2016年2月3日閲覧。
  16. ^ モーニング娘。'16・鈴木香音が卒業 「福祉に関わるお仕事をしたい」”. ORICON STYLE (2016年2月7日). 2016年2月8日閲覧。
  17. ^ KAT-TUN田口淳之介「全力で活動してきた」 3月末でグループ脱退&退所”. ORICON STYLE (2016年2月10日). 2016年2月15日閲覧。
  18. ^ KAT-TUN 5月で無期限活動休止”. デイリースポーツ (2016年2月14日). 2016年2月15日閲覧。
  19. ^ HKT48劇場、4月に天神へ移転 現劇場は3・31営業終了”. ORICON STYLE (2016年2月23日). 2016年2月24日閲覧。
  20. ^ 「卒業ソングの卒業感を分析」”. SCHOOL OF LOCK! (2017年3月9日). 2020年12月8日閲覧。
  21. ^ サカナクション「日本アカデミー賞」最優秀音楽賞を受賞”. 音楽ナタリー (2016年3月4日). 2020年12月8日閲覧。
  22. ^ SUPER☆GiRLS勝田梨乃&荒井玲良、6月でグループ卒業”. ORICON STYLE (2016年3月13日). 2016年4月5日閲覧。
  23. ^ オリコン、週刊エンタメ誌「オリ★スタ」休刊 「オリコンWEEKLY」など37年の歴史に幕”. ITmedia (2016年1月28日). 2016年2月1日閲覧。
  24. ^ ナイトメア、年内で一時活動休止 ボーカルYOMI発声障害治療などで”. ORICON STYLE (2016年4月3日). 2016年4月5日閲覧。
  25. ^ “宇多田ヒカル:朝ドラ主題歌は「花束を君に」 4月4日OA解禁で音楽活動再始動”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2016年3月11日). https://mantan-web.jp/article/20160310dog00m200011000c.html 2016年3月11日閲覧。 
  26. ^ 風男塾、緑川狂平卒業公演で「2.5次元から3次元に引っ張ってくれてありがとう!!」
  27. ^ BABYMETALビルボード39位「とても幸せ」”. 日刊スポーツ (2016年4月13日). 2016年5月9日閲覧。
  28. ^ 風男塾、新メンバー藤守怜生が初ステージ 8・31新体制初シングル
  29. ^ クラシック音楽の人気曲「ボレロ」、1日に著作権消滅AFPBB 2016年5月2日
  30. ^ 奥田民生らZepp Fukuoka閉館翌日も“いのこり”、収益は熊本へ寄付”. 音楽ナタリー (2016年4月23日). 2017年3月18日閲覧。
  31. ^ 上野樹里&トライセラ和田唱が結婚「二人にとって、とても自然なことでした」”. ORICON STYLE (2016年5月26日). 2016年6月10日閲覧。
  32. ^ HaKU、8月に解散「好きになってくれてありがとう」”. 音楽ナタリー (2016年6月9日). 2016年12月5日閲覧。
  33. ^ “【第8回AKB総選挙】指原逆転&圧勝で史上初V2! 2位まゆゆに6万7000票差”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年6月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2073654/full/ 2015年6月19日閲覧。 
  34. ^ 小嶋陽菜さん、AKB卒業へ 1期生として人気牽引”. 朝日新聞デジタル (2016年6月18日). 2016年6月19日閲覧。
  35. ^ 鈴木亜美、7歳下会社員と交際半年で結婚&妊娠発表 来年1月に出産予定”. ORICON STYLE (2016年10月12日). 2016年7月3日閲覧。
  36. ^ 【オリコン】桑田佳祐、60歳以上男性歌手のシングル最高位”. オリコン (2016年7月5日). 2016年7月5日閲覧。
  37. ^ ASKA 半年ぶり沈黙破りブログ開設 妻と大げんか、家出か?”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2016年7月19日). 2016年7月28日閲覧。
  38. ^ 音楽ナタリー (2016年4月6日). “9nine川島海荷、7月にグループ卒業”. 2016年4月7日閲覧。
  39. ^ みるきー、涙ぬぐってNMB卒業「最高のアイドル人生、幸せでした」”. ORICON STYLE (2016年8月10日). 2016年8月14日閲覧。
  40. ^ SMAP、12・31解散を発表 メンバーのコメント全文”. ORICON STYLE (2016年8月14日). 2016年8月14日閲覧。
  41. ^ ℃-ute、来年6月で解散 結成12周年“念願”さいたまSA公演で”. ORICON STYLE (2016年8月14日). 2016年8月14日閲覧。
  42. ^ チケット転売問題
  43. ^ 【オリコン】SMAP「世界に一つだけの花」歴代7位に浮上 累積売上278.3万枚”. ORICON STYLE (2016年8月30日). 2016年8月30日閲覧。
  44. ^ EXILE ATSUSHI、活動拠点を海外へ 18年まで国内活動を制限”. ORICON STYLE (2016年8月31日). 2016年9月2日閲覧。
  45. ^ 田口淳之介、活動再開を発表 11月にシングル発売「ずっとついてきてください」”. ORICON STYLE (2016年9月1日). 2016年9月2日閲覧。
  46. ^ “EXILE THE SECONDにAKIRAが加入 6人体制で始動”. ORICON STYLE. (2016年9月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2077954/full/ 2016年9月5日閲覧。 
  47. ^ ONE OK ROCK史上最大規模ワンマンで“世界一大事な”11万人を圧倒”. 音楽ナタリー (2016年9月12日). 2016年11月4日閲覧。
  48. ^ 【オリコン】SMAP、25年越し「SAY YES」超え 「世界に一つ~」が歴代6位に”. ORICON STYLE (2016年9月13日). 2016年9月13日閲覧。
  49. ^ 風男塾の青明寺浦正と赤園虎次郎が来春卒業日テレNEWS24 2016年9月29日
  50. ^ KinKi Kids22年ぶり武道館に帰還 17年ぶりアリーナツアー開始” (2016年9月30日). 2016年9月30日閲覧。
  51. ^ 島崎遥香 AKB48年内卒業を発表 迷った末の決断 女優業に前向き”. スポニチアネックス (2016年10月4日). 2016年10月3日閲覧。
  52. ^ ゲスの極み乙女。ニューアルバム発売も中止”. 音楽ナタリー (2016年10月4日). 2016年10月5日閲覧。
  53. ^ Hi-STANDARD、16年ぶり新作「ANOTHER STARTING LINE」発売”. 音楽ナタリー (2016年10月4日). 2016年11月4日閲覧。
  54. ^ Hi-STANDARD、16年ぶり新作ネット通販&配信開始 メンバーインタビュー&フルMVも公開に”. リアルサウンド (2016年10月26日). 2016年11月4日閲覧。
  55. ^ ギルドが年内で活動休止「バンド方向性の意見に相違」 2016年10月7日 オリコンスタイル
  56. ^ 時東ぁみ、結婚を発表 夫は「サイコ・ル・シェイム」ボーカル・DAISHI”. ORICON STYLE (2016年10月12日). 2016年10月9日閲覧。
  57. ^ AKB小笠原茉由、年内卒業を発表「新しい環境で改めて頑張りたい」”. ORICON STYLE (2016年10月15日). 2016年10月15日閲覧。
  58. ^ 175Rが6年ぶり活動再開 SHOGO「全力で楽しみたい」”. ORICON STYLE (2016年10月19日). 2016年10月25日閲覧。
  59. ^ 長田カーティス(indigolaEnd_gt) (2016年10月19日). “本日よりindigo la Endは活動を自粛します。ご迷惑、ご心配をかけてしまい申し訳ありません。自分を見つめ直し、より良い自分、より良いバンドになって行けたらと思います。今夜はどうもありがとうございました。楽しかったです。”. Twitter. 2016年12月7日閲覧。
  60. ^ 乃木坂46橋本奈々未がANNで卒業発表、芸能界も引退へ 24歳誕生日めどに”. ORICON STYLE (2016年10月19日). 2016年10月25日閲覧。
  61. ^ こじはる、AKB卒業は“越年”決定 来年2・22に卒コン『こじまつり』”. ORICON STYLE (2016年10月23日). 2016年10月25日閲覧。
  62. ^ EXILEら所属LDH、全面的組織改革で世界展開 日本・欧米・アジアに活動拠点 ORICON STYLE 2016年10月23日
  63. ^ 宇多田ヒカル、復帰作が4週連続オリコンアルバム首位 女性オリジナル盤では9年9ヵ月ぶり”. Musicman-NET (2016年10月25日). 2016年12月22日閲覧。
  64. ^ E-girls/DreamのErie、年内で芸能界引退「15年目の節目」 ORICON STYLE 2016年10月28日
  65. ^ 綾部がNYへ、T容疑者逮捕/16年10月事件簿 日刊スポーツ 2016年11月4日閲覧
  66. ^ Zepp Fukuoka、2018年に再オープン”. 音楽ナタリー (2016年10月31日). 2017年3月18日閲覧。
  67. ^ 【オリコン】SMAP「世界に一つだけの花」シングル歴代5位に浮上 累積289万枚”. ORICON STYLE (2016年11月1日). 2016年11月1日閲覧。
  68. ^ ぶりっ子「ももち」芸能界引退 幼児教育転身に「ショック」「一番堅実」 J-CASTニュース
  69. ^ 藍井エイル、涙の武道館ラストライブ1万5000人 - 日刊スポーツ
  70. ^ 大切なお知らせ ギルドmobile-ギルド
  71. ^ “金爆の弟分「ギルド」 ボーカル・RYUICHIの“卒業”を発表”. スポーツニッポン. (2016年11月). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/12/kiji/K20161112013709910.html 2016年11月閲覧。 
  72. ^ 【オリコン】SMAP「世界に一つだけの花」シングル歴代4位に 累積293.2万枚”. ORICON STYLE (2016年11月15日). 2016年11月15日閲覧。
  73. ^ 仮面女子メンバー2人、卒業&芸能界引退を発表 シネマトゥディ
  74. ^ 【オリコン】SMAP「世界に一つだけの花」シングル歴代3位に 累積294.2万枚”. ORICON STYLE (2016年11月22日). 2016年11月22日閲覧。
  75. ^ <速報>第67回「紅白歌合戦」出場歌手発表
  76. ^ 【コメント全文】和田アキ子、紅白落選「正直、悔しい」「和田アキ子は歌い続ける」 デイリースポーツ,2016年11月24日
  77. ^ a b ASKAさん不起訴処分で釈放 覚醒剤使用、嫌疑不十分 朝日新聞デジタル
  78. ^ 「V6」の長野博が結婚を発表 ファンクラブ会報で スポーツニッポン
  79. ^ V6長野博と白石美帆が結婚! 井ノ原に続きグループで2人目 サンケイスポーツ
  80. ^ AKB48次世代エース候補 大和田南那が卒業を発表”. ORICON STYLE (2016年11月29日). 2016年11月30日閲覧。
  81. ^ 平成28年度 第49回日本作詩大賞ノミネート作品決定日本作詩家協会
  82. ^ SHAKALABBITS、来年内で無期限の活動休止 サンケイスポーツ
  83. ^ ほないこか(hona_ikoca) (2016年12月5日). “ツアー終了。ここからわたしたちは一旦活動をお休みします。メンバーと、スタッフと、みんながいてくれて良かった。寒い中ありがとう。”. Instagram. 2016年12月5日閲覧。
  84. ^ 「仮面女子」研究生、妊娠発覚で芸能界引退 シネマトゥディ
  85. ^ “『第49回日本有線大賞』 高橋英樹と小島瑠璃子が司会を担当”. TBSホット情報. (2016年11月30日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201611301127.html 2016年11月30日閲覧。 
  86. ^ 日本有線大賞に西野カナ「凄くビックリ」 スポーツニッポン
  87. ^ ケミストリー再始動、来年2月に5年ぶりライブ 日刊スポーツ
  88. ^ YU-A結婚していた 来春ママに!”. ORICON STYLE (2016年12月9日). 2016年12月9日閲覧。
  89. ^ EXILEら所属LDH、ライブのフリスビー演出中止へ オリコンスタイル
  90. ^ SMAP「世界に一つだけの花」300万枚突破 ファンの「購買運動」目標達成 - ORICON STYLE、2016年12月9日
  91. ^ AKB48西野未姫が卒業発表「元気に明るく全力で最後まで頑張る」”. ORICON STYLE (2016年12月14日). 2016年12月20日閲覧。
  92. ^ 15年間ありがとう!「ケータイランキング」発表!アーティスト1位はEXILE、楽曲はGReeeeN「キセキ」~レコチョクのケータイ向け「着うた(R)」「着うたフル(R)」サービス12/15終了”. 時事ドットコム. 2016年12月14日閲覧。
  93. ^ HKT48若田部遥が卒業発表 元ダイエー投手・若田部氏の長女”. ORICON STYLE (2016年12月19日). 2016年12月20日閲覧。
  94. ^ SMAP 紅白正式辞退を発表 26日「スマスマ」がラストステージ スポーツニッポン
  95. ^ MAKIDAIら交通事故で肋骨骨折 札幌公演中止に2016年12月24日 デイリースポーツ
  96. ^ ワゴン車衝突で肋骨骨折のMAKIDAI、全治2〜3か月と診断2016年12月26日 スポーツ報知
  97. ^ ASKA、新曲「FUKUOKA」動画再生数70万回を超える”. MusicVoice. THE VOICE社 (2017年11月13日). 2018年1月13日閲覧。
  98. ^ Dream5、年内で現メンバーでの活動終了へ 今後は「それぞれの目標に向かって精進」”. ORICON STYLE (2016年12月26日). 2016年12月26日閲覧。
  99. ^ [フジ「スマスマ」年内終了を正式発表 「継続不可能と判断」20年の歴史に幕] スポーツニッポン、2016年8月17日
  100. ^ 『SMAP×SMAP』12月26日最終回は5時間特番「すべてを存分にお届けします」 ORICON STYLE、2016年12月5日
  101. ^ “SMAP、紅白出演辞退 ラストはスマスマ、生出演なし”. 朝日新聞. (2016年12月24日). https://www.asahi.com/articles/ASJDR6GVRJDRUCLV008.html 
  102. ^ NGT水沢彩佳「保育士の道に」来年3月で卒業 日刊スポーツ
  103. ^ “天海祐希、安住アナと初のレコ大司会「大変光栄」”. 日刊スポーツ. (2016年12月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1747876.html 2016年12月6日閲覧。 
  104. ^ “『第58回日本レコード大賞』候補10作品決定 宇多田、AKB48、桐谷健太ら”. ORICON STYLE. オリコン. (2016年11月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2081631/full/ 2016年11月18日閲覧。 
  105. ^ ゲスの極み乙女。とindigo la Endが契約満了 音楽ナタリー
  106. ^ “第67回NHK紅白歌合戦司会者” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本放送協会, (2016年11月12日), https://www.nhk.or.jp/kouhaku/mc/ 2016年11月12日閲覧。 
  107. ^ “紅白総合司会は武田真一アナ「情熱と真心を込めて」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. (2016年11月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1742524.html 2016年11月24日閲覧。 
  108. ^ Officiell webbplats Lady Gaga Official 2021-10-1閲覧
  109. ^ Cherry Poppin' Daddies' Steve Perry Plays it Straight”. 2022年1月14日閲覧。
  110. ^ I Long To See You All music hämtdatum=2021-9-18
  111. ^ Template:Tidningsref
  112. ^ 2016年 年間音楽ランキングを発表! 年間シングルランキング1位〜25位 オリコン 2016年12月25日閲覧
  113. ^ 2016年 年間音楽ランキングを発表! 年間シングルランキング26位〜50位 オリコン 2017年4月2日閲覧
  114. ^ https://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=hot100_year&year=2016
  115. ^ 2016年 年間音楽ランキングを発表! 2016年 年間アルバムランキング1位〜25位 オリコン 2016年12月25日閲覧
  116. ^ 2016年 年間音楽ランキングを発表!年間アルバムランキング 26位〜50位 オリコン 2016年12月25日閲覧
  117. ^ 2016 年間ランキング レコチョク 2016年12月9日閲覧
  118. ^ https://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=uhot100_year&year=2016
  119. ^ a b c d e f 2016 リオデジャネイロ五輪 特集 期待の選手ランキングにメダル予想、最強“五輪ソング”を発表! オリコン 2016年8月10日配信。2016年8月10日閲覧。
  120. ^ 星野源 放送テーマソング | リオ2016パラリンピック競技大会 | ココロ動く、未来へ。スカパー!
  121. ^ 59th Annual GRAMMY Awards
  122. ^ 『日本有線大賞』に西野カナ 初受賞に「すごくびっくりしすぎてます」 オリコン 2016年12月5日閲覧。
  123. ^ a b 第30回日本ゴールドディスク大賞 日本ゴールドディスク大賞 2016年8月10日閲覧。
  124. ^ “星野源が「CDショップ大賞」受賞、準大賞は水カン&WANIMA”. 音楽ナタリー. (2016年3月9日). https://natalie.mu/music/news/179177 2016年11月7日閲覧。 
  125. ^ “相坂優歌「アクティヴレイド」ED曲でデビュー”. 音楽ナタリー. (2015年11月8日). https://natalie.mu/music/news/165363 2016年4月10日閲覧。 
  126. ^ “小林麻耶、1・27歌手デビュー 歌&ダンスに初挑戦「夢が実現」”. ORICON STYLE. (2015年11月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2062820/full/ 2015年12月13日閲覧。 
  127. ^ “N.Flying 2016年2月に日本メジャーデビュー決定”. ローチケHMV. (2015年11月27日). https://www.hmv.co.jp/news/article/1511260038/? 2015年12月13日閲覧。 
  128. ^ VALSHEとminatoによるユニット“ViCTiM”、対義語的2曲で始動”. BARKS (2016年1月1日). 2016年1月13日閲覧。
  129. ^ “注目のユニット「ベリーグッドマン」 2016年3月デビュー決定!”. ユニバーサル ミュージック合同会社. (2015年12月2日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001160.000000664.html 2015年12月13日閲覧。 
  130. ^ 現役女子高生バンドЯeaLが来春メジャーデビュー” (2015年12月20日). 2016年1月13日閲覧。
  131. ^ “神奈川発ピアノロックバンドHOWL BE QUIET、来春メジャーデビュー”. CINRA.NET. (2015年11月9日). https://www.cinra.net/news/20151109-howlbequiet 2015年12月13日閲覧。 
  132. ^ 文化放送の新人女子アナがユニット組みCD発売日刊スポーツ 2016年2月16日
  133. ^ [1] - ROZE (ROZEGIRLS) - Facebook - [2]
  134. ^ “個性派揃いの6人組ガールズ・グループ「ROZE」2016年にデビュー”. ガジェット通信. (2015年12月11日). https://getnews.jp/archives/1297289 2015年12月13日閲覧。 
  135. ^ 麻倉ももソロデビュー決定 TrySail公式Twitter (@Trisail_staff) - Twitter 2016年8月28日
  136. ^ ロカビリーのDNAを受け継ぐ青野美沙稀、ミニアルバムをリリース!
  137. ^ 名古屋の新星The Skateboard Kids、toe美濃迎えて描いた「NEWTOPIA」
  138. ^ ピアニスト 進藤麻美 Webサイト
  139. ^ 池上輝彦 (2017年2月2日). “進藤麻美さん デビューのラ・カンパネラ”. 日本経済新聞. 2017年1月14日閲覧。
  140. ^ 新人シンガー東城陽奏「奇異太郎少年の妖怪絵日記」EDテーマでデビュー
  141. ^ 森山直太朗が“小休止”から復活、9曲入りアルバム「嗚呼」発売”. 音楽ナタリー. Natasha (2016年4月20日). 2016年4月27日閲覧。
  142. ^ THE YELLOW MONKEYメンバー集結、 5月から全国アリーナツアー決定!! THE YELLOW MONKEY公式サイト 2016年1月8日。
  143. ^ N'夙川BOYS、2月の東阪ライブを最後に無期限活動休止”. ナタリー. ナターシャ (2015年12月21日). 2015年12月21日閲覧。
  144. ^ 柴田あゆみが千葉ロッテ南投手と入籍、3月ワンマンで芸能活動休止”. 音楽ナタリー. Natasha (2016年1月26日). 2016年2月2日閲覧。
  145. ^ FLiPが活動休止「燃料が底をつき始めている」”. ナタリー. ナターシャ (2016年1月9日). 2016年1月13日閲覧。
  146. ^ KAT-TUN、5月から充電期間へ 亀梨和也「解散ではなく、将来、未来のため」”. オリコン (2016年2月13日). 2017年5月11日閲覧。
  147. ^ [3]
  148. ^ “TRUSTRICKが活動休止発表、神田沙也加「心からの感謝でいっぱい」”. 音楽ナタリー. (2016年11月25日). https://natalie.mu/music/news/210695 2017年5月11日閲覧。 
  149. ^ “WaTが電撃解散発表 来年2月に…ウエンツ涙、小池徹平「前向き」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/06/kiji/K20151206011637750.html 2015年12月13日閲覧。 
  150. ^ “LDHボーカルユニット・BREATHE、活動終了を発表”. ORICON STYLE. (2016年4月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2071020/full/ 2016年4月29日閲覧。 
  151. ^ LAGOONより皆様へ大切なお知らせ
  152. ^ “SMAP 12月31日で解散! 最後までメンバーの意見そろわず…”. スポニチアネックス. (2016年8月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/13/kiji/K20160813013162430.html 2016年8月14日閲覧。 
  153. ^ “ボイメン・若菜が脱退”. 中日スポーツ. (2015年3月18日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2016031802000161.html 2016年3月18日閲覧。 
  154. ^ “KAT-TUN田口淳之介、生放送中に脱退発表”. 日刊スポーツ. (2015年11月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1570840.html 2016年1月8日閲覧。 
  155. ^ “デヴィッド・ボウイさんが死去、69歳 がんで闘病”. AFPBB News. (2016年1月11日). https://www.afpbb.com/articles/-/3072764 2016年1月13日閲覧。 
  156. ^ 「タンスにゴン」「禁煙パイポ」CM作曲家はやし・こばさん逝去”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル株式会社 (2016年1月14日). 2016年11月22日閲覧。
  157. ^ “イーグルスのグレン・フライさんが死去、67歳”. スポーツ報知 (株式会社報知新聞社). (2016年1月19日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160119-OHT1T50006.html 2016年1月19日閲覧。 
  158. ^ “アース・ウインド&ファイアーのモーリス・ホワイトさん死去”. CNN. https://www.cnn.co.jp/showbiz/35077455.html 2016年2月7日閲覧。 
  159. ^ “アニソン歌手・和田光司さん、上咽頭がんで死去 42歳”. ORICON STYLE. https://www.oricon.co.jp/news/2069843/full/ 2016年4月8日閲覧。 
  160. ^ 歌手のプリンス、57歳で急死 YOSHIKI、オバマ大統領、ウィル・スミスら哀悼”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル株式会社 (2016年4月22日). 2016年11月22日閲覧。
  161. ^ スザンヌ、前田健さんに会えたら「叱りながら笑ってほしい」”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル株式会社 (2016年4月27日). 2016年11月22日閲覧。
  162. ^ “冨田勲さん急死…シンセのパイオニア、日本人初グラミー候補”. スポーツニッポン. (2016年5月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/09/kiji/K20160509012550340.html 2016年5月9日閲覧。 
  163. ^ 毎日新聞. “国際的ピアニストの中村紘子さん死去、72歳”. https://mainichi.jp/articles/20160729/k00/00m/040/134000c?fm=mnm 
  164. ^ “ブンブンサテライツ川島道行さんが死去 脳腫瘍 妻・須藤理彩も悲痛”. デイリースポーツ. (2016年10月11日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/10/11/0009571666.shtml 2016年11月15日閲覧。 
  165. ^ デッド・オア・アライヴのピート・バーンズさん死去 57歳”. ORICON STYLE (2016年10月25日). 2016年11月15日閲覧。
  166. ^ “りりィさん死去 64歳 肺がん闘病中だった「私は泣いています」大ヒット”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2016年11月11日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/11/11/0009656865.shtml 2016年11月11日閲覧。 
  167. ^ “音楽プロデューサー・朝本浩文さん死去 53歳”. ORICON STYLE. (2016年12月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2082490/ 2016年12月3日閲覧。 
  168. ^ “「L⇔R」黒沢健一さん死去 48歳早すぎる…10月に脳腫瘍を公表”. スポーツニッポン. (2016年12月7日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/07/kiji/K20161207013863700.html 2016年12月7日閲覧。 
  169. ^ “音楽評論家の伊藤強氏が死去 81歳、レコ大審査委員長も務める”. サンケイスポーツ. (2016年12月16日). https://www.sanspo.com/geino/news/20161216/geo16121618250023-n1.html 2017年3月2日閲覧。