南西ドイツ放送交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南西ドイツ放送交響楽団ドイツ語: SWR Sinfonieorchester)は、ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州にある南西ドイツ放送所属のオーケストラ。2012年9月28日、南西ドイツ放送の顧問委員会が財政上の理由から、傘下にあるシュトゥットガルト放送交響楽団南西ドイツ放送交響楽団 バーデン=バーデン・フライブルクの統廃合を決定し誕生した。本拠地はシュトゥットガルト。発足時点での常任指揮者は不在、初代音楽監督にはエッセンのコンツェルトハウス管弦楽団で支配人を務めたヨハネス・ブルトマン[1]が就任した。

2016年9月20日、エトヴェシュ・ペーテルを指揮者に迎え、第1回の公演をシュトゥットガルトで行った。2017年の9月22日まで南西ドイツ放送のオンラインで視聴することができる。

初回公演の演奏曲目と奏者[編集]

第一部[編集]

[1]

  • サーリアホ:オペラ『遥かな愛』より四つのかがやき - ラッセル・ブラウン(バリトン)、ピア・フロイント(ソプラノ)
  • エトヴェシュ:ヴァイオリン協奏曲第2番『ド・レ・ミ』 - パトリシア・コパッチンスカヤ(ヴァイオリン)
  • マーラー交響曲第10番より”アダージョ”

第二部[編集]

[2]

首席指揮者[編集]

  • 2016年9月現在 空席

脚注[編集]

外部リンク[編集]