酒井格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

酒井 格(さかい いたる、1970年3月24日 - )は、日本作曲家編曲家

人物・来歴[編集]

大阪府枚方市出身。5歳よりピアノを始め、6歳でピアノ曲を作曲している。大阪府立香里丘高校では吹奏楽部に所属し、3年の時に作曲した『The Seventh Night of July』が大阪音楽大学在学中にオランダのデ・ハスケ社から出版され、作曲家として広く知られるようになった。1996年大阪音楽大学大学院修了。

主な作品[編集]

吹奏楽曲[編集]

  • 1988年『The Seventh Night of July』
    初の吹奏楽作品にして代表作。日本国内においては、当初より「たなばた」と呼ばれることが大多数であるが、作曲者自身の説明では、JASRACに届け出ている正式タイトルは「The Seventh Night of July」である。
  • 1992年『おおみそか』(授業の発表会のための作品)
  • 1996年『ファンファーレ「閃光」』
  • 1996年 第52回国民体育大会なみはや国体」式典音楽
    • 『開会宣言ファンファーレ「期待 (Expectation)」』
    • 『閉式通告ファンファーレ「調和 (Harmony)」』
  • 1998年大仏と鹿』(奈良県吹奏楽連盟創立40周年記念委嘱作品)
  • 1998年『若草山のファンファーレ』(奈良県吹奏楽連盟創立40周年記念委嘱作品)
  • 1999年『賛美歌「天には栄え」「諸人こぞりて」の主題による変奏曲』
  • 2000年『Mi-na-to』(響宴IV委嘱作品)
  • 2001年『風の精』(大阪市音楽団委嘱作品)
  • 2001年『海辺の道』(ホワイタルウインドアンサンブル委嘱作品)
  • 2002年『牡丹の花とねずみ』(大阪市音楽団委嘱作品)
  • 2002年『湖の畔で』(龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部委嘱作品)
  • 2002年『三角の山』(龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部委嘱作品)
  • 2002年『山辺の道』(奈良ウィンドコンサートファミリー委嘱作品)
  • 2003年『森の贈り物』(龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部委嘱作品)
  • 2003年『お花たちのパーティー!』(岐阜県立斐太高等学校吹奏楽部委嘱作品)
  • 2004年『七五三』(龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部委嘱作品)
  • 2004年『ポロヌプ』(アンサンブル・フレンズ・ノ・メール委嘱作品)
  • 2005年『行進曲「剱の光」』(響宴XII 海上自衛隊東京音楽隊演奏)
  • 2005年『雲に架かる橋』(春日部共栄高等学校吹奏楽部委嘱作品)(響宴XI NTT東日本吹奏楽団演奏)
  • 2006年『波の通り道』(龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部委嘱作品)
  • 2007年『ちびクラと吹奏楽の為のちっちゃな協奏曲』(響宴X委嘱作品)
  • 2007年『また一緒(『バルトークの主題による奇想曲』に改称)』(龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部委嘱作品)
  • 2008年『藍色の谷』(龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部委嘱作品)
  • 2008年『行進曲「南を守る鳥」』(奈良県吹奏楽連盟創立50周年記念委嘱作品)
  • 2010年『てぃーだ』(陸上自衛隊第一混成団音楽隊委嘱作品)(響宴XIII 龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部演奏)
  • 2010年『I Love the 207』(大住シンフォニックバンド委嘱作品)
  • 2012年『響瀬(きょうらい)の鹿』(大津シンフォニックバンド委嘱作品)

その他[編集]

選抜高等学校野球大会では、第81回(2009年)より、開閉会式の入場行進曲編曲を担当している。

関連項目[編集]

  • ブラスのひびき - 『The Seventh Night of July』が番組のオープニングテーマ曲として用いられた(番組での楽曲名の呼称は『たなばた』で行われた)

外部リンク[編集]