EXO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
EXO
  • 2016年6月18日「水原 K-POPスーパーコンサート」にて
  • 上段左からベクヒョン、チェン、レイ、セフン、チャンヨル、ディオ、カイ
  • 下段左からスホ、シウミン
基本情報
出身地 大韓民国の旗 大韓民国 ソウル特別市
ジャンル
活動期間 2012年 -
レーベル
事務所 SMエンタテインメント
共同作業者 EXO-CBX
公式サイト
メンバー
旧メンバー
EXO
各種表記
ハングル 엑소
発音 エクソ
日本語読み: えくそ
ローマ字 EXO
日本語表記: エクソ
テンプレートを表示

EXO(エクソ、: 엑소)は、SMエンタテインメント(以下SM)所属の男性アイドルグループ[2]。2012年4月8日韓国と中国でデビュー[2]。2015年11月4日、シングル「Love Me Right 〜romantic universe〜」で日本デビュー[3]。 同グループのユニットEXO-CBXについては個別ページを参照。

概要[編集]

グループ名は、太陽系外惑星を意味するExoplanetからモチーフを得ており「未知の世界から来た新たなスター」というコンセプトのもと[2]、各メンバーは超能力を持っている[4]

EXO-KのKはKorean、EXO-MのMはMandarin(中国標準語)、EXO-LのLはLoveの略[5][6]。アルファベットのKとMの間あるLはEXO-KとEXO-Mを応援する全てのファンを意味する[7]

フルアルバムの売上は7枚全て100万枚を超えており[8]、2017年にクワドラプルミリオンセラーの達成およびゴールデンディスク賞[9]ソウル歌謡大賞[10]Mnet Asian Music Awardsでそれぞれ歴代初の大賞4連覇を記録した[11]

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

顔写真一覧 芸名 本名 生年月日 出身地 ポジション 架空設定能力 背番号 所属ユニット 備考
カナ 英語 韓国語 カナ 韓国語 中国語
シウミン XIUMIN 시우

キム・ミンソク 김민석 金珉錫 (1990-03-26) 1990年3月26日(34歳) 大韓民国の旗 韓国京畿道九里市 サブボーカル、サブラッパー 氷結(frost) 99 EXO-M EXO-CBX 最年長
スホ SUHO 수호 キム・ジュンミョン 김준면 金俊勉 (1991-05-22) 1991年5月22日(32歳) 大韓民国の旗 韓国ソウル特別市 リードボーカル 水(water) 1 EXO-K EXOおよびEXO-Kリーダー[12]
レイ LAY 레이 チャン・イーシン 장이씽 張芸興 (1991-10-07) 1991年10月7日(32歳) 中華人民共和国の旗 中国湖南省長沙市 メインダンサー、リードボーカル 治癒(healing) 10 EXO-M
ベクヒョン BAEKHYUN 백현 ビョン・ベクヒョン 변백현 邊伯賢 (1992-05-06) 1992年5月6日(31歳) 大韓民国の旗 韓国京畿道富川市 メインボーカル 光(light) 4 EXO-K EXO-CBX SuperM
チェン CHEN キム・ジョンデ 김종대 金鐘大 (1992-09-21) 1992年9月21日(31歳) 大韓民国の旗 韓国京畿道始興市 メインボーカル 雷(thunder) 21 EXO-M EXO-CBX
チャンヨル CHANYEOL 찬열 パク・チャンヨル 박찬열 朴찬열 (1992-11-27) 1992年11月27日(31歳) 大韓民国の旗 韓国ソウル特別市 メインラッパー、サブボーカル 火(fire) 61 EXO-K EXO-SC
ディオ D.O. 디오 ド・ギョンス 도경수 都敬秀 (1993-01-12) 1993年1月12日(31歳) 大韓民国の旗 韓国京畿道高陽市 メインボーカル 力(force) 12 EXO-K
カイ KAI 카이 キム・ジョンイン 김종인 金鐘仁 (1994-01-14) 1994年1月14日(30歳) 大韓民国の旗 韓国全羅南道順天市 メインダンサー 瞬間移動(teleportation) 88 EXO-K SuperM
セフン SEHUN 세훈 オ・セフン 오세훈 吳世勳 (1994-04-12) 1994年4月12日(30歳) 大韓民国の旗 韓国ソウル特別市 リードラッパー,リードダンサー 風(wind) 94 EXO-K EXO-SC 最年少

旧メンバー[編集]

顔写真一覧 芸名 本名 生年月日 出身地 ポジション 架空設定能力 背番号 備考
カナ 英語 韓国語 カナ 韓国語 中国語
ルハン LUHAN 루한 ルー・ハン 루한 鹿晗 (1990-04-20) 1990年4月20日(33歳) 中華人民共和国の旗 中国北京市海淀区 メインボーカル、リードダンサー 念力(telekinesis) 7  2014/10/10脱退
クリス KRIS 쿠리스 ウー・イーファン 우이판 呉亦凡 (1990-11-06) 1990年11月6日(33歳) カナダの旗 カナダバンクーバー市 メインラッパー 飛行(flight) 00 EXO-Mリーダー[12][2] 2014/5/15脱退
タオ TAO 타오 ファン・ズータオ 황쯔타오 黄子韜 (1993-05-02) 1993年5月2日(30歳) 中華人民共和国の旗 中国山東省青島市 リードラッパー、サブボーカル 時間操作(time control) 68 2015/4/23脱退

年表[編集]

来歴[編集]

2011年11月、SMから2012年に男性グループがデビューすることが明らかになり、12月22日0時にSM公式サイトにて新人グループの誕生を示唆するロゴとタイマーつきのポップアップウィンドウが登場、100日間プロモーションが開始した[13]。12月23日、0時にカウントダウン終了、カイの予告映像が公開、EXO-KとEXO-Mのメンバー構成は公表されなかった[6]

2012年1月30日、1stプロローグシングル『What is Love』を発表。3月9日、2ndプロローグシングル『History』を発表[14]。3月31日、ソウルでデビュー告知から100日目記念となるショーケースを開催。[15]、4月1日、北京でEXO-KとEXO-Mの合同デビューショーケース開催[16]4月8日、EXO-Kが韓国、EXO-Mが中国でデビューステージを行ない正式デビュー[2]4月9日、デビューミニアルバム『MAMA』を発売[14]

2013年6月14日、『ミュージックバンク』で初の音楽番組1位を獲得[17]。7月、『週刊アイドル』初出演で番組史上最高視聴率を獲得[18]。8月、『週刊アイドル』再出演で番組史上最高視聴率を更新[18]。初の冠番組『EXO's Showtime』が放送開始[19]。12月27日付けで1stフルアルバムが韓国音楽界12年ぶりのミリオンセラーを記録[注釈 1][21]。2013年発売のアルバムの累計売上枚数が144万枚を突破[20]

2014年4月日本初の単独ファンイベント「EXO Greeting Party in Japan "Hello!"」開催[22]。5月15日クリスがSMに対する専属契約効力の不存在確認訴訟を起こし離脱[23]。8月日本の公式ファンクラブEXO-L-JAPANが設立[7]。初単独コンサートツアー「EXO from. EXO Planet #1 - The Lost Planet」を開催[24]。10月10日ルハンがSMに対する専属契約効力の不存在確認訴訟を起こし離脱[25]

2015年1月2日、デビュー1000日目当日にKBS『ミュージックバンク』で『December, 2014 (The Winter's Tale)』が1位を獲得[26]。3月18日、公式アカウント@PathcodeEXOがTwitterとWeiboで開設[27][28]。4月、初の日本公式ファンクラブイベント「EXO-L-JAPAN Fanclub Event 2015 "EXO CHANNEL"」開催[29]。8月24日タオがSMに対する専属契約効力の不存在確認の訴訟を起こし離脱[30]11月4日、シングル『Love Me Right 〜romantic universe〜』で日本デビュー[3]

2016年3月、『non-no』4月号の創刊45周年号にて海外男性グループ初の表紙モデルに起用[31]。7月、3rd単独コンサートツアー「EXO Planet #3 - The EXO'rDIUM」で歌手単独公演史上初の体操競技場6回公演を記録[32]。クリスとルハンの訴訟が終結、専属契約は2022年まで有効存続し中国内活動の売上をSMに一部支給する旨決定した[33]。8月、発売の3rdリパッケージ『Lotto』の同名タイトル曲が特定商品名 (宝くじロト) の言及にあたるとしてKBSとMBCから放送非適格判定を受け、KBSとMBCでの番組出演時は曲名および歌詞を『Louder』に修正[34]。10月31日、チェン、ベクヒョン、シウミンによる初ユニットEXO-CBXが誕生した[35]。12月11日、大阪京セラドーム公演で単独コンサート100回を達成[36]。2016年発売のアルバム累計売上枚数が12月27日基準で213万枚を突破[注釈 2][37]。12月、Mnet Asian Music Awardsで大賞4連覇達成[38]

2017年5月24日、EXO-CBX日本デビュー[39]。第31回ゴールデンディスク賞アルバム部門[40]、第26回ソウル歌謡大賞の両方で歴代初の大賞4連覇を記録[9]。7月8日、Twitter公式アカウント開設[41]。4thフルアルバム『THE WAR』が8月11日基準で101万2021枚の売上を達成、リパッケージアルバム販売前の最短24日でミリオンセラー、過去の3作品含めクワドラプルミリオンを記録[42]。7月11日付けで『Wolf』朝鮮語版MVのYouTube再生回数が1億回突破、『Growl』『Overdose』『Call Me Baby』『Monster』各朝鮮語版MVと合わせ再生回数1億回以上のMVが5曲となった[43]。9月14日付けで韓国音楽番組1位獲得総数が100回に到達、『M COUNTDOWN』で5部門すべて満点の合計11000点満点で100回目の1位を達成[注釈 3][44]。11月、第8回大韓民国大衆文化芸術賞で国務総理から表彰された[45]

2018年2月5日、平昌オリンピックに際し、メンバーのベクヒョンが「IOC総会開会式」にて韓国代表として国歌斉唱をし[46]、25日にEXOが「2018平昌冬季オリンピック閉幕式」で『Growl』や『Power』を披露した[47]。同年2月に『EXO Planet #4 - The Elyxion 』日本公演を開催。5・6月にはEXO-CBXの初となる日本ツアーを行い、7月には4度目の日本ファンクラブイベント『EXO-L JAPAN presents EXO CHANNEL "ADVENTURE"』を開催した。

2023年6月1日にベクヒョン、シウミン、チェンがSMエンタテインメントに専属契約の解除を通知したが[48]、6月19日に和解し契約を維持するとの共同声明を出した[49]。9月12日、ファンコミュニティプラットフォーム「Weverse」に参加した[50]

作品[編集]

韓国[編集]

スタジオアルバム[編集]

ミニアルバム[編集]

ウィンターアルバム[編集]

スペシャルアルバム[編集]

デジタルシングル[編集]

  • What is Love(2012年) -「MAMA」に収録
  • History(2012年) -「MAMA」に収録
  • Lightsaber(2015年) -「Sing For You」に収録
  • Dancing King(2016年、EXO×ユ・ジェソク) - 「S.M. STATION Season1」に収録
  • Monster -LDN Noise Creeper Bass Remix(2016年)
  • Power -Remixes(2017年)
  • Let Me In(2023年)
  • Hear Me Out(2023年)

ライブCD[編集]

  • EXOLOGY Chapter 1: The Lost Planet(2014年)
  • EXO PLANET #3 - The EXO’rDIUM [dot] in Seoul(2017年)
  • EXO PLANET #4 - The EℓXiOn [dot](2019年)
  • EXO PLANET #5 - EXplOration(2020年)

OST[編集]

  • 美好的意外(2016年、スホ×チェン) - 中国映画『美好的意外』OST[51]

映像作品[編集]

  • EXO's First Box(2014年) - DVD
  • EXO from. EXO Planet #1 - The Lost Planet in Seoul(2015年) - DVD
  • EXO's Second Box(2015年) - DVD
  • EXO Planet #2 - The EXO'luXion in Seoul(2016年) - DVD
  • EXO Planet #3 - The EXO'rDIUM in Seoul(2017年) - DVD
  • from happiness(2017年) - DVD
  • EXO planet #4 - The EXO'ElyXion in Seoul(2018年) - DVD
  • EXO planet #5 - EXplOration in JAPAN (2019年)-DVD,Blu-ray
  • EXO planet #5 - EXplOration in Seoul (2020年)-DVD

写真集[編集]

  • dIE JUNGS(2014年)[52]
  • EXOLOGY Chapter 1: On Stage & Off Stage(2014年)[53]
  • EXO Planet #2 The EXO'luXion(2016年)[54]
  • dear happiness(2016年)[55]

日本[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

デジタルシングル[編集]

  • Lightsaber Japanese Ver.(2015年)[57]

OST[編集]

  • Lovin' You Mo'(2018年) - カイ主演ドラマ『春が来た』主題歌、「COUNTDOWN」収録[58]

映像作品[編集]

  • EXO from. EXO Planet #1 - The Lost Planet in Japan(2015年)[57] - DVD、Blu-ray
  • EXO Planet #2 - The EXO'luXion in Japan(2016年) - DVD、Blu-ray
  • EXO Documentary TV Show EXO CHANNEL(2016年) - DVD、Blu-ray[57]
  • EXO NEXT DOOR~私のお隣さんはEXO~(2016年) - 3DVD[59]
  • EXO Planet #3 - The EXO'rDIUM in Japan(2017年) - DVD、Blu-ray
  • EXO Planet #4 - The EXO ElyXion in Japan(2018年) - DVD、Blu-ray

出演[編集]

リアリティ番組[編集]

  • EXO's Showtime(2013年11月28日 - 2月13日、全12回)[60]
  • XOXO EXO/熱い瞬間(2014年5月9日 - 30日、全4回)[61]
  • EXO 90:2014(2014年8月15日 - 10月31日、全11回)[62]
  • EXO CHANNEL(2015年8月7日 - 12月、全21回)[63]

ドラマ[編集]

  • Naver TVcast「EXO Next Door ~私のお隣さんはEXO~」(2015年4月9日 - 5月28日、全16回)[64]

ミュージックビデオ[編集]

広告[編集]

年度 広告名 参加メンバー 参考
2012 カルバン・クラインジーンズ EXO-K [65]
LG生活健康The Face Shop [66]
コカ・コーラSunny 10 Blast [67]
現代自動車 ルハン、カイ、ウニョク、ヒョヨン、テミン、ヘンリー
サムスン電子スマートPC EXO-K [68]
2012 - 2013 アイビークラブ制服 EXO-K、キム・ユジョン
2013 Trugen スーツ 2013 F/W Fall/Winter EXO
SKテレコム EXO、ソルリ、ユナ [69]
Kolon Sportダウンジャケット EXO-K
CJ E&M Mobile Game EXO
2013 - 2020 NATURE REPUBLIC EXO、テヨン [70]
2014 ロッテクランキーチョコレート EXO [71]
ロッテ免税店 EXO、イ・ミンホ [72]
Kolon Sport - EXO'S MOVE XO EXO
コカ・コーラSunny 10 Blast
Beautiful Talk EXO-M
クールスピード EXO
ロッテワールドコンアイスクリーム EXO-K
オールピープルファイティングモンスターズ EXO
バスキン・ロビンス EXO-K [73]
中国KFCコーポレーション EXO [74]
2014 - 2015 MCM
2014 - 2016 アイビークラブ学生服 EXO、アイリーン
2014 - 現在 ロッテペペロ EXO-K [75]
2015 SPAO EXO、AOA
マスターコングアイスブラックティー EXO
ロッテワールド
2016 ハットズ・オン
Goobneフライドチキン [76]
スケッチャーズ
AWA [77]
セブンイレブン [78]
ポテトチップスLays レイ
Laiya Group
Mentos
2017 ソウル旅行 EXO
コンバース レイ
Ray-Ban
2018 MLBベースボールキャップ EXO
エルメネジルド ゼニア セフン、ウィリアム・チャン
MAC レイ
春と夏
2019 リトル・ボス セフン
2020 TIR TIR ベクヒョン
BURBERRY
ヴァレンティノ レイ
PRADA チャンヨル
Dr.Jart+ セフン
カルティエ セフン、ジス
SOME BY ME セフン
Dior メンズ
ナシフィック チャンヨル
2021 GUCCI カイ [79]
ライフファーム ベクヒョン
2021 - 現在 Dior セフン
2022 - 現在 ANUA スホ [80]
ホワイトラボ セフン

広報大使[編集]

  • 青少年赤十字広報大使※EXO-K(2012年)[82]
  • 江南区観光広報大使(2014年)[83]
  • ファッションコード2014広報大使(2014年)[84]
  • Samsung南京ユースオリンピックキャンペーン広報大使(2014年)[85]
  • Cフェスティバル広報大使(2014年)[86]

受賞歴[編集]

表彰[編集]

表彰日 式名 内容
2014 1月9日 大韓赤十字社表彰式[87] RCY広報大使表彰※EXO-K
11月17日 第5回大韓民国大衆文化芸術賞[45] 文化体育観光部長官表彰
2017 11月3日 第8回大韓民国大衆文化芸術賞[45] 国務総理表彰

受賞[編集]

ゴールデンディスク賞[88]
2013 1月15日 第27回アルバム部門 新人賞※EXO-K
2014 1月16日 第28回アルバム部門 大賞
本賞
2015 1月15日 第29回アルバム部門 大賞
本賞
2016 1月21日 第30回アルバム部門 大賞
本賞
グローバル人気賞
2017 1月14日 第31回アルバム部門 大賞(4連覇)
本賞
CeCiアジアアイコン賞
2018 1月11日 第32回アルバム部門 本賞
geineミュージック人気賞
CeCiアジアアイコン賞
グローバル人気賞
2019 1月6日 第33回アルバム部門 本賞
2021 1月10日 第35回アルバム部門 本賞
ソウル歌謡大賞[89]
2013 1月31日 第22回 新人賞※EXO-K
2014 1月23日 第23回 大賞
本賞
デジタル音源賞
2015 1月22日 第24回 大賞
本賞
iQIYI人気賞
2016 1月14日 第25回 大賞
本賞
韓流特別賞
2017 1月19日 第26回 大賞(4連覇)
本賞
ファンダムスクール賞
2018 1月25日 第27回 本賞
韓流特別賞
ファンダムスクール賞
2019 1月15日 第28回 本賞
韓流特別賞
2020 1月30日 第29回 本賞
韓流特別賞
人気賞
QQミュージック人気賞
2022 1月23日 第31回 韓流特別賞
Mnet Asian Music Awards(MAMA)
2012 11月30日[90] ニューアジアンアーティストグループ賞
2013 11月22日[91] 今年のアルバム賞
2014 12月3日[92] 今年のアルバム賞
今年の歌手賞
ベスト男性グループ賞
ベストアジアンスタイル賞
2015 12月2日[93] 今年のアルバム賞
ベスト男性グループ賞
ベストアジアンスタイル賞
グローバルファンチョイス賞
2016 12月2日[38] 今年のアルバム賞
ベスト男性グループ賞
ベストアジアンスタイル賞
2017 11月29日 今年のアルバム賞(5連覇)
2019 12月4日 グローバルファンチョイス賞
Melon Music Awards[94]
2013 11月14日 ベストソング賞
トップ10賞
ネットユーザー人気賞
2014 11月13日 トップ10賞
2015 11月7日 アルバム賞
トップ10賞
2016 11月19日 アーティスト賞
トップ10賞
ネットユーザー人気賞
カカオホットスター賞
ミュージックスタイル賞ダンス男性部門
2017 12月2日 アーティスト賞(5年連続大賞受賞)
トップ10賞
ネットユーザー人気賞
ベストダンス男性賞
ガオンチャートミュージックアワード[95]
2014 2月12日 第3回 今年の歌手賞アルバム部門 第3四半期
第4四半期
今年の人気賞
2015 1月28日 第4回 今年の歌手賞アルバム部門 第2四半期
ファン投票人気賞
2016 2月17日 第5回 今年の歌手賞アルバム部門 第1四半期
第2四半期
第4四半期
ファン投票人気賞
2017 2月22日 第6回 今年の歌手賞アルバム部門 第2四半期
第3四半期
ファン投票人気賞
2018 2月14日 第7回 デジタルアルバム部門 7月
2019 1月23日 第8回 今年の歌手賞アルバム部門 第4四半期
Asia Artist Awards[96]
2016 11月16日 第1回歌手部門 大賞
アジアスター賞
バイドゥスター賞
人気賞
2017 11月15日 第2回歌手部門 大賞
ファビュラス賞
人気賞
Soribada Best K-Music Award
2017 9月20日 第1回[97] 大賞
本賞
新韓流人気賞
韓国大衆音楽賞[98]
2014 3月28日 第11回 ダンス&エレクトロニック曲賞
ネットユーザーが選んだ今年の音楽家グループ部門賞
大韓民国芸能芸術賞[99][100]
2012 11月28日 第19回 新人歌手賞※EXO-K
2014 2月8日 第20回 グループ歌手賞
歌謡祭・放送大賞
2013 12月27日 KBS歌謡祭[101] 今年の歌賞
2014 12月21日 SBS歌謡大祭典[102] アルバム賞
男性グループ賞
トップ10賞
12月29日 MBC放送芸能大賞 歌手部門人気賞[103]
2015 9月3日 第42回韓国放送大賞 歌手賞[104]
12月29日 MBC放送芸能大賞 歌手部門人気賞[105]
日本ゴールドディスク大賞[106]
2016 2月27日 第30回 アジアニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー
アジアベスト3ニュー・アーティスト
音悦台Vチャートアワード
2013 4月13日 第1回[107] 投票部門 中国最高人気歌手賞※EXO-M
データ部門 中国最高新人グループ賞※EXO-M
2014 4月15日 第2回[108] 選考委員部門 韓国年間アルバム賞
2015 4月11日 第3回[109] 作品部門 韓国年間アルバム賞
2016 4月10日 第4回[110] 作品部門 韓国年間アルバム賞
2017 4月8日 第5回[111] アーティスト部門 アジア最高影響力グループ賞
音楽風雲榜
2012 9月17日 第5回新人盛典[112][113] 今年の最高人気グループ賞※EXO-M
ベストドレッサー賞
2013 4月14日 第13回年度盛典[114] 最高人気グループ賞※EXO-M
12月6日 第6回新人盛典[115] 今年の最高人気グループ賞※EXO-M
最高グループ賞
2016 4月9日 第16回年度盛典[116] 今年の人気グループ賞
今年最高の海外グループ賞
中国の授賞式
2014 12月13日 第8回中国モバイル無線音楽授賞式[117] アジア最高人気グループ賞
最高パフォーマンス賞
2015 1月8日 第14回華鼎奨音楽授賞式[118] グローバル最高人気グループ賞
1月16日 全視頻之夜[119] アジア最高グループ賞
アジア最高パフォーマンス賞
Annual Soompi Awards
2013 9th[120] 今年の歌賞
2014 10th[121] 今年のアーティスト賞
ベストボーイズグループ賞
2015 11th[122] 今年の歌賞
2016 12th[123] 今年のアーティスト賞
ベストボーイズグループ賞

その他の受賞[編集]

受賞年 式名 賞名
2012 - Arirang's Simply K-Pop Awards Super Idol Rookie of the Year※EXO-K[124]
- タワーレコードK-Pop Lovers! Awards 新人部門大賞[125]
2016 - 重慶K-POPフェスティバル 最優秀賞大賞
2017 - ギネス世界記録2018 Mnet Asian Music Awards大賞最多受賞者[126]
11月2日 ELLE Style Awards スーパーK-POPグループ賞[127]
ランキング1位
ランキング名 内容
KBSミュージックバンク 2015年1月2日『December, 2014 (The Winter's Tale)』[128]
経済誌フォーブスコリアパワーセレブリティ 2015年[129]、2016年[130]
ボーイズグループブランド評判ランキング 2016年11月[131]、2017年8月[132]
韓流スターバズ量調査 2017年10月1週まで13週連続1位など[133]
MelOn週間人気賞トップ20 2016年9月4週、10月1週『Dancing King』[134]
オリコンチャート1位[135]
2015 週間Blu-ray総合3月30日付
2016 第48回年間ランキング2015新人部門アーティスト別売上金額[136]
週間DVD音楽、週間DVD総合、週間Blu-ray総合※3月21日付
総合ミュージック映像
2017 週間DVD音楽、週間DVD総合※3月20日付

コンサート[編集]

単独ツアー[編集]

EXO from. EXO Planet #1 - The Lost Planet[137][138]
2014 5月23~25日 オリンピック公園体操競技場[24]
6月1、2日 アジアワールド・エキスポ
6月14日 武漢体育中心
6月28日 重慶市奥林匹克体育中心
7月5日 成都市体育中心
7月11、12日 台北アリーナ
7月18、19日 メルセデス・ベンツアリーナ
7月27日 賀竜体育中心
8月2日 陝西省体育場
8月23日 シンガポール・インドア・スタジアム[139]
8月30日 広州国際体育演芸中心
9月6日 ジャカルタ ラパンガンDスナヤン[140]
9月13、14日 インパクト・ムアントーンターニー
9月20、21日 五棵松体育館
11月11~13日 マリンメッセ福岡
11月18~20日 国立代々木競技場
12月22~24日 大阪城ホール
EXO Planet #2 - The EXO'luXion[141]
2015 3月7、8日、13~15日 オリンピック公園体操競技場[142]
5月30、31日 メルセデス・ベンツ・アリーナ
6月12、13日 台北アリーナ
6月20、21日 インパクト・ムアントーンターニー
7月18、19日 マスターカード・センター
8月1日 成都スポーツセンター・スタジアム
8月16、17日 アジアワールドエキスポアリーナ
8月22日 陝西省体育場
9月12日 オリンピックスポーツセンター
10月17日 広州国際スポーツアリーナ
10月31日、11月1日 マリンメッセ福岡
11月6~8日 東京ドーム
11月13~15日 大阪ドーム
(京セラドーム大阪)
11月21日 ザ・ベネチアン・マカオ・コタイ・アリーナ
12月12日 南京オリンピックスポーツセンター
1月9、10日 シンガポール・インドア・スタジアム
1月23、24日 モール・オブ・アジア
2016 3月18~20日 オリンピック公園体操競技場[143]
EXO Planet #3 - The EXO'rDIUM[144]
2016 9月13、14日 広島県立総合体育館
(広島グリーンアリーナ)
10月2~4日 マリンメッセ福岡
10月12、13日 北海道立真駒内公園屋内競技場
(真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)
11月7~9日 名古屋市総合体育館
(日本ガイシホール)
11月30日、12月1日 東京ドーム
12月9~11日 大阪ドーム
(京セラドーム大阪)
EXO Planet #4 - The EℓyXiOn[145]
2017 11月24~26日 高尺スカイドーム[146]
12月22~24日 マリンメッセ福岡
2018 1月27、28日 さいたまスーパーアリーナ
2月10、11日 台北アリーナ
2月23、24日 大阪ドーム
(京セラドーム大阪)
3月3日 シンガポール・インドア・スタジアム
3月16、17、18日 インパクトアリーナ
4月28日 SMモールオブアジアアリーナ
6月2、3日 アジアワールドエキスポ
7月7日 アクシアタアリーナ
7月13〜15日 高尺スカイドーム
8月10、11日 ザ・ベネチアン・マカオ・コタイ・アリーナ

単独コンサート[編集]

開催日 公演名 会場
2015 10月10日 EXO-Love Concert in DOME[147] 高尺スカイドーム

ショーケース[編集]

開催日 会場
2012 3月31日 ソウル[15]
4月1日 北京[16]
2014 4月15日 蚕室体育館[148]
2016 6月8日 オリンピック公園オリンピックホール[149]

ファンミーティング[編集]

開催日 公演名 会場
2014 4月11~13日 EXO Greeting Party in Japan "Hello!"[150] さいたまスーパーアリーナ
2015 4月17~19日 EXO-L-JAPAN Fanclub Event 2015 "EXO CHANNEL"[151] 横浜アリーナ
2016 5月1~3日 EXO-L-JAPAN presents EXO CHANNEL "E.X.O"[152] 日本武道館
2017 5月12~14日 EXO-L-JAPAN presents EXO CHANNEL "EXO CUP"[153] 幕張メッセ
2018 6月29~7月1日 EXO-L-JAPAN presents EXO CHANNEL“ADVENTURE”[154] 幕張メッセ
2023 4月15~16日 EXO-L-JAPAN presents EXO CHANNEL “THE BEST”[155] ベルーナドーム

その他のコンサート[編集]

開催日 公演名
2012 4月8日 第12回音楽風雲榜年度盛典※EXO-Mのみ[156]
2014 7月1日 香港ドームフェスティバル※EXO-Kのみ[157]
8月17~18日 Samsung Galaxy南京音楽節[158]
2017 11月1日 平昌オリンピックG-100コンサート[159]
開催日 公演名
2013年~2017年[160] アジア・ソング・フェスティバル
2012年※EXO-Mのみ[161]、2013年[162]、2017年[163] KCON
2013年3月※EXO-Kのみ[164]、2013年9月[165]、2014年[166]、2016年[167] MBC Korean Music Wave
2015年[168]、2017年[169] a-nation

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 韓国のアルバムミリオンセラーでEXO以前の最後の記録は2001年のgod『Chapter4』180万枚とキム・ゴンモ『Another Days』135万枚。EXOの100万枚突破は1stアルバム47万1570枚とリパッケージ版53万6007枚の総計100万7557枚で、朝鮮語版と中国語版両方の販売数を含む[20]
  2. ^ EXO-CBXとレイのミニアルバムを含む[20]
  3. ^ EXO-Mの中国音楽番組、ベクヒョンとディオとチェンの『December, 2014 (The Winter's Tale)』、EXO-CBX、ベクヒョン&スジ『Dream』の1位獲得は含まれていない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Collar, Matt. EXO | Biography & History - オールミュージック. 2020年11月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e PROFILE”. exo-jp. 2017年8月30日閲覧。
  3. ^ a b 【オリコン】EXO、日本デビュー曲が首位 韓国歌手歴代1位の初週14.7万枚”. oricon (2015年11月10日). 2017年9月10日閲覧。
  4. ^ 트와이스 vs 엑소, '초능력 콘셉트'를 두고 네티즌 설전” (朝鮮語). chosun (2017年5月8日). 2017年9月8日閲覧。
  5. ^ EXOが「EXO-L」を発足!世界中のファンを対象にした公式グローバルFCが遂に誕生”. kstyle (2015年8月5日). 2015年8月5日閲覧。
  6. ^ a b SM 신인 그룹명은 '엑소케이-엑소엠'…멤버 카이 공개” (朝鮮語). joynews (2011年12月23日). 2017年9月9日閲覧。
  7. ^ a b EXO-L JAPAN公式”. Avex. 2018年3月29日閲覧。
  8. ^ EXO、7thフルアルバムが発売初日にミリオンセラーを達成!危機を乗り越え変わらない人気を証明”. Kstyle (2023年7月11日). 2023年7月14日閲覧。
  9. ^ a b Kstyle|EXO「ソウル歌謡大賞」4連覇達成…防弾少年団は4冠王&TWICEは3冠王!(総合)
  10. ^ <MAMA>4冠王の「EXO」が初の4連覇”. wowkorea (2016年12月3日). 2016年12月3日閲覧。
  11. ^ EXO「第31回ゴールデンディスクアワード」アルバム部門で大賞を受賞“この賞はファンの皆さんのもの””. kstyle (2017年1月14日). 2017年1月14日閲覧。
  12. ^ a b spotlight EXO│수호, 레이's story” (朝鮮語). ize (2013年9月24日). 2017年9月10日閲覧。
  13. ^ EXO-K 메인보컬 백현 “아이라인 이제 자제 하려고요”(인터뷰)” (朝鮮語). newsen (2012年5月4日). 2017年9月13日閲覧。
  14. ^ a b EXO” (朝鮮語). ジニーミュージック. 2017年11月3日閲覧。
  15. ^ a b EXO、デビューショーケースに3千人のファンが熱狂”. innolife (2012年4月1日). 2017年9月14日閲覧。
  16. ^ a b EXO-K・EXO-M、初ステージのハイライト映像公開(動画)”. kpopstarz (2012年4月1日). 2017年9月14日閲覧。
  17. ^ “号泣”EXO「ミュージックバンク」でデビュー後初の1位に!言葉をつまらせながら感謝の挨拶”. Kstyle (2013年6月15日). 2017年9月15日閲覧。
  18. ^ a b ““週刊アイドル”EXOの出演で史上最高視聴率を更新”. Mnet. (2013年8月16日). https://mnetjp.com/news/detail/20130816143706/ 2021年8月11日閲覧。 
  19. ^ kpopstarz | EXOチェン、レイ、タオ「メンバーの面白さに気付いた」初冠番組『EXO's SHOWTIME』制作発表会
  20. ^ a b c EXO、アルバム100万枚突破!“絶対ファンダム”の時代到来”. Kstyle (2014年1月5日). 2017年9月10日閲覧。
  21. ^ “快挙”EXO、12年ぶりにミリオンセラーを記録!本日(27日)1stフルアルバム販売数が100万枚を突破”. Kstyle (2013年12月27日). 2017年9月10日閲覧。
  22. ^ EXO、待望の日本初上陸 デビュー前“史上最大規模”10万人動員イベントレポ/セットリスト”. mdpr (2014年4月13日). 2017年9月16日閲覧。
  23. ^ SMの株価が5.82%下落…EXO クリスの専属契約無効申請の影響か”. Kstyle (2014年5月15日). 2017年9月10日閲覧。
  24. ^ a b 現場で確認したEXOの真の威力!初の単独コンサートを取り巻く72時間”. Kstyle (2014年5月26日). 2017年9月17日閲覧。
  25. ^ EXO ルハン、所属事務所SMに専属契約無効訴訟”. Kstyle (2014年10月10日). 2017年9月10日閲覧。
  26. ^ EXO チェン「ミュージックバンク」1位の感想&新年の挨拶…“デビュー千日目の特別なプレゼント””. Kstyle (2015年1月3日). 2017年9月15日閲覧。
  27. ^ PathcodeEXO”. PathcodeEXO (2015年3月18日). 2017年9月17日閲覧。
  28. ^ 2015年,相遇全新的EXO!” (中国語). PathcodeEXO (2015年3月18日). 2017年9月17日閲覧。
  29. ^ EXO初のファンクラブイベントが2015年4月開催決定!!”. exo-jp (2015年1月27日). 2017年9月20日閲覧。
  30. ^ チョン, ジニョン (2015年9月24日). ““EXO脱退”タオ、「SMエンタが中国人メンバーを差別...深刻な被害を受けた」”. THE FACT. http://thefactjp.com/article/read.php?sa_idx=17335 2021年8月11日閲覧。 
  31. ^ EXO、初の日本ファッション誌の表紙に!2つの雑誌で総力特集”. Kstyle (2016年1月20日). 2017年9月21日閲覧。
  32. ^ EXO、7月開催の単独コンサートの追加公演が決定…SM側「1回の追加公演を決めた」”. Kstyle (2016年7月1日). 2017年9月25日閲覧。
  33. ^ EXO元メンバークリス&ルハン、SMとの訴訟が終結…日本と韓国を除く芸能活動が自由に(全文)”. Kstyle (2016年7月22日). 2016年7月22日閲覧。
  34. ^ EXO、新曲のタイトル名を急遽変更…所属事務所がコメント「『LOTTO』ではなく『LOUDER』で活動する予定だ」”. Kstyle (2016年8月17日). 2017年10月2日閲覧。
  35. ^ Kstyle|EXOの初ユニットEXO-CBX、1stミニアルバム「Hey Mama!」様々なアルバムチャートを席巻
  36. ^ Kstyle|EXO、2016年累計アルバム売上213万枚を突破…“驚異的な記録”を打ち立てる
  37. ^ EXO、BIGBANGを押さえ「ミュージックバンク」2016年最後の1位を獲得”. Kstyle (2017年1月2日). 2017年10月31日閲覧。
  38. ^ a b Kstyle|「2016 MAMA」防弾少年団&TWICE&EXO、大賞を受賞(総合)
  39. ^ EXO-CBX ミニアルバム『GIRLS』で5月24日 待望の日本デビュー”. hmv. 2018年1月19日閲覧。
  40. ^ Kstyle|「第31回ゴールデンディスクアワード」アルバム部門の大賞はEXO…新たな歴史を作る(総合)
  41. ^ Kstyle|EXO、Twitter公式アカウントを開設し話題沸騰!世界中で1100万件のツイートが発生
  42. ^ 「驚異の新記録!EXO、ニューアルバムが最短期間でミリオンセラー達成…ファンに感謝を伝える”. kstyle (2017年8月14日). 2017年8月14日閲覧。
  43. ^ Kstyle|EXO「Wolf」MVも再生数1億回突破!5度目の快挙
  44. ^ EXO、100回目の快挙!音楽番組の1位獲得記録を更新…“強大な底力””. Kstyle (2017年9月15日). 2017年9月15日閲覧。
  45. ^ a b c 대중문화예술상” (朝鮮語). Kocca. 2017年11月3日閲覧。
  46. ^ EXO ベクヒョン、IOC総会開会式で国歌斉唱”. Kstyle. 2023年2月16日閲覧。
  47. ^ EXO "trembling" as they performed at Olympics!”. IOC. 2023年2月16日閲覧。
  48. ^ EXO チェン&ベクヒョン&シウミン、SMに専属契約解除を要求「奴隷契約を強制」(公式全文)”. Kstyle (2023年6月1日). 2023年6月2日閲覧。
  49. ^ EXO ベクヒョン&シウミン&チェン、SMと和解へ「円満に合意」(公式全文)”. Kstyle (2023年6月19日). 2023年6月19日閲覧。
  50. ^ EXOコミュニティオープンのお知らせ”. Weverse (2023年9月12日). 2024年4月4日閲覧。
  51. ^ EXO スホ&チェンが歌った中国映画「美好的意外」OSTが公開”. kstyle (2016年7月8日). 2016年7月8日閲覧。
  52. ^ EXO初の公式写真集が発売!”. towerrecords (2014年8月8日). 2014年8月8日閲覧。
  53. ^ EXO、初単独ツアーの全てを盛り込んだ“特大フォトブック”を29日に発売”. Kstyle (2014年12月24日). 2014年12月24日閲覧。
  54. ^ EXO、コンサート写真集を発売…バックステージからインタビューまで多彩な魅力が満載!”. kstyle (2016年7月18日). 2016年7月18日閲覧。
  55. ^ EXO、南の楽園でのナチュラルな姿を収めた写真集を発刊…7日からソウルで展示会開始”. kstyle (2016年9月2日). 2016年9月2日閲覧。
  56. ^ EXO COUNTDOWN”. exo-jp (2017年11月4日). 2017年11月4日閲覧。
  57. ^ a b c d e DISCOGRAPHY”. exo-jp. 2017年11月3日閲覧。
  58. ^ カイ(EXO)日本初主演ドラマ「連続ドラマW 春が来た」の主題歌にEXOが決定!” (朝鮮語). exo-jp (2017年10月20日). 2017年10月20日閲覧。
  59. ^ ドラマ「EXO NEXT DOOR~私のお隣さんはEXO~」DVD公式サイト”. exonextdoor.jp. 2017年9月19日閲覧。
  60. ^ EXOのショーはこれからも続く…12週間に渡り視聴者を魅了した「EXO's SHOWTIME」放送終了”. Kstyle (2014年2月14日). 2017年10月28日閲覧。
  61. ^ 放送終了「xoxo, EXO」EXOの“熱い瞬間”は終わらない”. Kstyle (2014年5月31日). 2017年10月28日閲覧。
  62. ^ EXO、新番組「EXO 90:2014」8月15日放送スタート!“1990年代と2014年をK-POPでつなげる””. Kstyle (2014年7月26日). 2017年11月14日閲覧。
  63. ^ ついに地上波でスタートした『EXO CHANNEL』#01がYoutube&dtvにて放送決定!”. xportsnews (2015年8月11日). 2015年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月11日閲覧。
  64. ^ EXO、ウェブドラマの歴史を塗り替えた!再生回数1000万回突破”. kstyle (2015年5月15日). 2015年5月15日閲覧。
  65. ^ EXO-K, 캘빈클라인진 미공개 컷 공개 “우월한 유전자 입증!”” (朝鮮語). hankyung (2012年3月23日). 2017年9月18日閲覧。
  66. ^ 더페이스샵, 신인 아이돌 'EXO-K' 모델 발탁” (朝鮮語). news1 (2012年6月28日). 2017年9月18日閲覧。
  67. ^ 大人気のEXO-K 飲料水のニューフェイスに抜擢!”. mnet (2012年8月17日). 2017年9月18日閲覧。
  68. ^ EXO-Kがサムソン電子スマートPCの広告モデルに抜擢!”. mnet (2012年11月15日). 2017年9月18日閲覧。
  69. ^ 놀면된다 SKT 눝 눝의 새로운 모델, EXO! 광고촬영 현장 비하인드 컷 전격공개” (朝鮮語). sktinsight (2013年10月8日). 2017年9月18日閲覧。
  70. ^ 少女時代 テヨン&EXO、化粧品ブランド「NATURE REPUBLIC」モデル契約を更新”. Kstyle. 2022年9月2日閲覧。
  71. ^ SHINeeやEXOも避けられなかった…黒歴史CM10選”. Kstyle (2015年10月3日). 2017年9月16日閲覧。
  72. ^ ロッテ免税店 EXOやイ・ミンホらを新イメキャラに”. yonhapnews (2014年2月18日). 2017年9月16日閲覧。
  73. ^ 인기그룹 엑소(EXO), 배스킨라빈스에 뜬 사연은?” (朝鮮語). JTBC (2014年12月21日). 2017年9月18日閲覧。
  74. ^ EXO、中国KFCの新ポスター公開!“可愛かったり、クールだったり””. Kstyle (2015年1月20日). 2017年9月18日閲覧。
  75. ^ ロッテ製菓ペペロ、人気グループ「EXO-K」登場の3Dホログラム映像公開”. wowkorea (2016年6月27日). 2017年9月18日閲覧。
  76. ^ EXOのチキンCMがヤバイ件w”. www.diodeo.jp. 2024年2月5日閲覧。
  77. ^ (日本語) 【AWAテレビCM】EXO - Coming Over篇, https://www.youtube.com/watch?v=tiHhVBJLB5I 2022年9月2日閲覧。 
  78. ^ 「EXO」新曲を使用した「セブン-イレブン」CM放送開始!│韓国音楽K-POP│wowKorea(ワウコリア)”. wowKorea(ワウコリア) (2016年10月6日). 2022年9月2日閲覧。
  79. ^ Nast, Condé (2021年3月3日). “グッチがEXOのKAIとコラボ!広告キャンペーンを公開。”. Vogue Japan. 2022年9月2日閲覧。
  80. ^ スキンケアブランド「ANUA(アヌア)」のアンバサダーになったEXOスホ! – 韓国エンタメ・トレンド情報サイトKOARI(コアリ)” (2022年8月5日). 2022年9月2日閲覧。
  81. ^ 아이비클럽, 엑소와 서예지 하복 화보로 홈페이지 새단장” (朝鮮語). newsjoins (2014年4月8日). 2017年9月18日閲覧。
  82. ^ EXO-K、大韓赤十字RCY広報大使に任命”. cinematoday (2012年12月5日). 2012年12月5日閲覧。
  83. ^ 「SHINee」と「EXO」ソウル・江南区の観光広報大使に”. wowkorea (2014年2月28日). 2017年9月27日閲覧。
  84. ^ EXOと女優ぺ・ドゥナ「ファッションコード2014」広報大使に委嘱”. kdramastars (2014年6月27日). 2017年11月14日閲覧。
  85. ^ 삼성전자, EXO와 함께 난징 유스 올림픽 캠페인 전개” (朝鮮語). samsung (2014年7月21日). 2017年9月27日閲覧。
  86. ^ EXO セフン&カイ&スホ&ベクヒョン「C-フェスティバル」広報大使委嘱式に出席”. Kstyle (2014年10月21日). 2017年11月12日閲覧。
  87. ^ RCY広報大使の「EXO-K」”. wowkorea (2014年1月9日). 2014年1月9日閲覧。
  88. ^ 골든디스크” (朝鮮語). ILGANSPORTS&JTBC PLUS co.LTD. 2017年10月21日閲覧。
  89. ^ SMA - Seoul Music Awards 역대 수상자” (朝鮮語). スポーツソウル. 2017年10月15日閲覧。[リンク切れ]
  90. ^ 2012 Mnet Asian Music Awards in HONG KONG受賞者決定!”. prtimes (2012年11月30日). 2012年11月30日閲覧。
  91. ^ Kstyle|「2013 MAMA」YGとSMの勢いは止まらない!?G-DRAGON&EXO&チョー・ヨンピルが大賞(総合)
  92. ^ Kstyle.com|MAMA EXO&SOLが大賞受賞!G-DRAGONのバトンを受け継いだEXOは4冠に
  93. ^ Kstyle|BIGBANG、EXO、防弾少年団…「2015 MAMA」今年最も輝いたアーティストは?(総合)
  94. ^ Melon Music Awards - Yearly Award” (朝鮮語). LOEN Entertainment. 2017年10月20日閲覧。
  95. ^ 역대 시상식” (朝鮮語). 韓国音楽コンテンツ産業協会. 2017年10月22日閲覧。
  96. ^ AAA History”. AAA. 2017年11月4日閲覧。
  97. ^ 엑소, '제1회 소리바다 어워즈'서 대상 등 3관왕” (朝鮮語). yonhapnews (2017年9月20日). 2017年9月20日閲覧。
  98. ^ 「韓国大衆音楽賞」ユン・ヨンベ3冠、チョー・ヨンピル&EXO2冠の“快挙”(総合)”. kstyle (2014年3月1日). 2014年3月1日閲覧。
  99. ^ 포토엔 주니엘-엑소케이 ‘연예예술상 신인 가수상 수상’” (朝鮮語). newsen (2012年11月28日). 2017年9月18日閲覧。
  100. ^ 「第20回大韓民国芸能芸術賞」授賞式、8日に開催”. wowkorea (2014年2月8日). 2017年9月18日閲覧。
  101. ^ 「KBS歌謡大祝祭」EXOの「Growl」が視聴者が選んだ今年の歌に!”. kstyle (2013年12月28日). 2017年11月8日閲覧。
  102. ^ EXO「SBS歌謡大祭典」大賞を受賞!“2014年は少し立ち止まったが…””. kstyle (2014年12月22日). 2014年12月22日閲覧。
  103. ^ EXO「MBC放送芸能大賞」で今年の人気賞を受賞“イ・スマン先生やファンの皆さんのおかげ””. Kstyle (2014年12月30日). 2017年11月10日閲覧。
  104. ^ EXO「第42回韓国放送大賞」で歌手賞を受賞“チャンヨル&ベクヒョン&スホが登場””. Kstyle (2015年9月3日). 2017年11月11日閲覧。
  105. ^ EXO「2015 MBC放送芸能大賞」歌手部門の人気賞を受賞“バラエティにもとても興味があります””. Kstyle (2015年12月30日). 2017年11月10日閲覧。
  106. ^ EXO、第30回日本ゴールドディスク大賞で2冠に輝く!”. Kstyle (2016年3月1日). 2016年3月1日閲覧。
  107. ^ 第1回音悦V榜年度盛典” (中国語). 音悦台. 2017年11月1日閲覧。
  108. ^ 第2回音悦V榜年度盛典” (中国語). 音悦台. 2017年10月31日閲覧。
  109. ^ 第3回音悦V榜年度盛典” (中国語). 音悦台. 2017年10月31日閲覧。
  110. ^ 第4回音悦V榜年度盛典” (中国語). 音悦台. 2017年10月31日閲覧。
  111. ^ 第5回音悦V榜年度盛典” (中国語). 音悦台. 2017年9月4日閲覧。
  112. ^ 「EXO-M」、中国「音楽風雲榜」で最高人気グループ賞受賞”. wowkorea (2013年4月15日). 2017年9月15日閲覧。
  113. ^ "EXO-M & EXO-K win awards at 5th Mengniu Annual Billboard Music Festival in China"”. allkpop (2012年9月18日). 2017年9月15日閲覧。
  114. ^ 「EXO-M」、中国「音楽風雲榜」で最高人気グループ賞受賞”. wowkorea (2013年4月15日). 2017年9月15日閲覧。
  115. ^ 「EXO」 中国の音楽授賞式で「最高のグループ賞」など2冠” (朝鮮語). wowkorea (2013年12月9日). 2017年9月16日閲覧。
  116. ^ EXO、中国の権威ある授賞式で5冠王の快挙…デビュー4周年を迎え“ファンに改めて感謝””. Kstyle (2016年4月10日). 2017年10月1日閲覧。
  117. ^ EXO、中国の音楽授賞式で大賞を受賞!中韓で冷めない人気”. Kstyle (2014年12月14日). 2017年9月17日閲覧。
  118. ^ EXO、中国授賞式で“グローバル最高人気グループ賞”受賞「今年、さらにカッコイイ姿で帰ってくる」”. Kstyle (2015年1月9日). 2017年9月17日閲覧。
  119. ^ EXO、名実ともに“グローバル人気グループ”に成長…今度は「YOUKU NIGHT」で2冠達成”. Kstyle (2015年1月17日). 2017年9月17日閲覧。
  120. ^ G-Dragon, EXO, 2NE1 and More Thank Fans for Soompi Awards 2013” (英語). Soompi. 2017年11月16日閲覧。
  121. ^ Announcing the Results of the 10th Annual Soompi Awards 2014” (英語). Soompi (2015年2月16日). 2017年11月16日閲覧。
  122. ^ 2015 Soompi Awards Releases Official List of Winners” (英語). MNG (2016年2月23日). 2017年11月16日閲覧。
  123. ^ 韓流ファンから最も愛された“K-POP歌手&俳優”は?「Soompi Awards 2016」受賞者が発表!(総合)”. Kstyle (2017年3月2日). 2017年3月2日閲覧。
  124. ^ Simply K-Pop公式ページ
  125. ^ タワレコ K-POP LOVERS! AWARDS 2012 (アーティスト&新人部門大賞発表)”. kstyle (2012年12月27日). 2012年12月27日閲覧。
  126. ^ EXO make it onto 'The Guinness World Records 2018 Edition'”. allkpop (2017年8月30日). 2017年8月30日閲覧。
  127. ^ 베스트 탑 모델상 수상한 장윤주” (朝鮮語). NewDaily (2017年11月2日). 2017年11月3日閲覧。
  128. ^ K-차트” (朝鮮語). KBS. 2017年10月3日閲覧。
  129. ^ 「最も影響力のある人物TOP40」でアイドルが1位に!韓国セレブの頂点に立ったグループとは?”. Kstyle (2015年3月4日). 2017年9月23日閲覧。
  130. ^ 1위 지킨 엑소, 단숨에 정상권 오른 유아인·혜리” (朝鮮語). news.joins (2016年2月25日). 2017年9月23日閲覧。
  131. ^ EXO、11月の「ボーイズグループブランド」で1位獲得…10月に続き2ヶ月連続”. Kstyle (2016年11月13日). 2017年9月18日閲覧。
  132. ^ EXO、防弾少年団、NU'EST…8月のボーイズグループブランド評判ランキングが話題”. Kstyle (2017年8月14日). 2017年8月14日閲覧。
  133. ^ 추석 연휴에도 버즈량은 엑소 ‘월드’” (朝鮮語). 韓国スポーツ経済 (2017年10月10日). 2017年9月23日閲覧。
  134. ^ 멜론 주간 인기상 TOP 20” (朝鮮語). melon. 2017年9月18日閲覧。
  135. ^ EXOの止まらない勢い!LIVE DVD&Blu-rayがオリコン週間ランキング1位を独占”. Kstyle (2016年3月16日). 2017年9月17日閲覧。
  136. ^ 【オリコン年間】EXO、新人セールス1位 海外男性初”. オリコン (2015年12月23日). 2017年10月27日閲覧。
  137. ^ EXO FROM. EXOPLANET #1 - THE LOST PLANET”. ESJAPAN. 2017年11月13日閲覧。
  138. ^ EXO FROM. EXOPLANET#1 - THE LOST PLANET開催決定&詳細発表!”. exo-jp (2014年8月21日). 2017年9月17日閲覧。
  139. ^ EXO、初のシンガポール単独コンサート大盛況!”. Kstyle (2014年8月24日). 2017年11月13日閲覧。
  140. ^ EXO(EXO-K & EXO-M) has successfully finished the concert in Jakarta.” (英語). Exo from Exoplanet #1 - The Lost Planet Tour (2014年9月12日). 2017年11月13日閲覧。
  141. ^ EXO PLANET #2 - The EXO'luXion - 福岡公演 追加開催決定!”. exo-jp (2015年7月15日). 2017年9月18日閲覧。
  142. ^ Mnet|EXOが単独コンサートで新曲ステージを初披露、東方神起も手掛けたことのある実力派ディレクターが総演出を担当
  143. ^ EXO、3月にアンコールコンサートの開催が決定!激しいチケット競争を予告”. Kstyle (2016年2月2日). 2017年9月17日閲覧。
  144. ^ 『EXO PLANET #3 – The EXO’rDIUM in JAPAN』開催決定!”. exo-jp (2016年6月21日). 2017年9月18日閲覧。
  145. ^ EXO、12月より日本ツアー開催決定!デビュー以来3年連続となるドーム公演も”. Kstyle (2017年9月8日). 2017年9月9日閲覧。
  146. ^ EXO、11月に韓国で4度目の単独コンサート「EXO PLANET #4-The ElyXion」開催決定!”. kstyle (2017年10月19日). 2017年10月20日閲覧。
  147. ^ EXO、韓国初ドームこけら落とし公演の舞台裏&熱気溢れるステージが公開!”. kpopstarz (2015年11月24日). 2015年11月24日閲覧。
  148. ^ EXO、カムバックショーで見せた新人とは思えぬ完璧なステージ!強烈な成長(総合)”. kstyle (2014年4月16日). 2014年4月16日閲覧。
  149. ^ 【PHOTO】EXO、カムバック記者会見を開催“SUPER JUNIOR イトゥクがMCとして登場””. kstyle (2016年6月8日). 2016年6月8日閲覧。
  150. ^ EXO Greeting Party in Japan "Hello!" 当日引換特別先着販売決定!”. livefans (2014年4月10日). 2017年9月20日閲覧。
  151. ^ EXO@横浜アリーナ (神奈川県)”. livefans. 2017年9月20日閲覧。
  152. ^ 【EXO-L-JAPAN presents EXO CHANNEL "E.X.O"】2次受付決定!”. exo-jp (2016年3月3日). 2017年9月20日閲覧。
  153. ^ ファンクラブイベント『EXO-L-JAPAN presents EXO CHANNEL”EXO CUP”』詳細発表!”. exo-jp (2017年2月7日). 2017年9月20日閲覧。
  154. ^ 『EXO-L-JAPAN FANCLUB EVENT 2018』タイトル決定&2次受付決定!”. EXOL japan. 2023年2月17日閲覧。
  155. ^ EXOが日本にやってくる!『EXO-L-JAPAN presents EXO CHANNEL “THE BEST”』開催決定&ファンクラブチケット先行がスタート!”. EXOL JAPAN. 2023年2月17日閲覧。
  156. ^ EXO-K&EXO-M、8日に韓中で同時デビュー!”. Kstyle (2012年4月3日). 2017年9月14日閲覧。
  157. ^ EXO-K「香港ドームフェスティバル」に出演“みんなでWolf!””. Kstyle (2014年7月2日). 2017年11月13日閲覧。
  158. ^ 【三星南京音乐节】exo参加2014三星南京音乐节” (中国語). mafengwo. 2017年10月1日閲覧。
  159. ^ 평창올림픽 G-100 콘서트, 엑소 방탄소년단 트와이스 출격(공식)” (朝鮮語). newsen (2017年10月23日). 2017年10月24日閲覧。
  160. ^ ASF History” (朝鮮語). ASF. 2017年11月4日閲覧。
  161. ^ 【KCON開催記念】EXO-M、B.A.P、VIXX、NU’ESTら出演「K Con 2012 in America」をステージ写真でおさらい♪(2012年アーバイン開催)”. mnet (2015年3月12日). 2017年9月22日閲覧。
  162. ^ EXO 「MCountdown What's up LA」開催記者会見に出席 I【写真20枚】”. kpopstarz (2013年9月6日). 2017年9月22日閲覧。
  163. ^ 「KCON 2017 オーストラリア×M COUNTDOWN」ライブ・ビューイング実施決定!”. Kstyle (2017年8月28日). 2017年9月22日閲覧。
  164. ^ EXO-K「KOREAN MUSIC WAVE IN BANGKOK」出演のため出国“強烈なオーラ””. kstyle (2013年3月16日). 2017年11月5日閲覧。
  165. ^ 仁川KOREAN MUSIC WAVE 2013”. Konest (2013年8月1日). 2017年11月5日閲覧。
  166. ^ Korean Music Wave”. MBC. 2017年11月5日閲覧。
  167. ^ EXO「コリアンミュージックウェーブ」でステージ披露“圧倒的なオーラ””. kstyle (2016年10月9日). 2017年11月5日閲覧。
  168. ^ EXO、初「a-nation」は雨でびしょ濡れ&笑顔全開!5万人大歓声の発表も”. Kstyle (2015年8月30日). 2015年8月30日閲覧。
  169. ^ YG&SMアーティスト5組参加!「a-nation」EXO、iKONら今年の豪華出演者を発表”. Kstyle (2017年6月5日). 2017年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]