さざんかの宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さざんかの宿
大川栄策シングル
B面 湯の町しぐれ
リリース
ジャンル 演歌
時間
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 吉岡治(作詞)
市川昭介(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン[1]
  • 1983年度年間1位(オリコン)[1]
  • 3位(ザ・ベストテン[1]
  • 1983年度年間3位(ザ・ベストテン)[1]
  • 大川栄策 シングル 年表
    さざんかの宿
    1982年
    恋吹雪
    1983年
    テンプレートを表示

    さざんかの宿」(さざんかのやど)は、日本の演歌歌手大川栄策の楽曲で、33枚目のシングルである。1982年8月1日に発売。累計180万枚[2]の売り上げを記録しており、大川にとって最大のヒットとなった。

    解説[編集]

    • 作曲の市川昭介は作品の出来によほどの自信があったようで、曲を書き上げるとすぐに大川に楽譜を見せたくなり、彼の自宅に行って玄関先で帰りを待ったという[3]
    • 発売から4ヶ月経って、オリコンのトップ10に初登場。3週間2位(1983年1月24日 - 2月7日付)にランクイン[1]
    • TBSザ・ベストテン』では同曲で唯一の登場となり、週間最高で3位(1983年1月27日・2月3日放映)で10位以内には12週間ランクインした[1]
    • 大川にとっては1969年の「目ン無い千鳥」以来、13年ぶりのヒット曲である。この間ずっとヒットに恵まれず、1978年7月には恩師・古賀政男も死去する、という苦しい日々を過ごした。『ザ・ベストテン』で初めてランクインした時、「13年間の苦労は何とも思わないが、古賀先生がお元気な内に、A面でヒット曲を出して先生を喜ばせたかった」と語っている。(「目ン無い千鳥」は古賀門下の兄弟子・アントニオ古賀のレコードのB面だった)。
    • 同曲の大ヒットにより、1983年大晦日放送のTBS『第25回日本レコード大賞』においてロングセラー賞を獲得。さらに同日の「第34回NHK紅白歌合戦」へも、大川自身念願の紅白初出場を果たした。
    • 1983年度の日本音楽著作権協会(JASRAC)発表による楽曲別の著作権使用料分配額では、「氷雨」「矢切の渡し」に続いて年間3位にランクインされた[4]
    • 1998年沢知恵が、アルバム『いいうたいろいろ』の中でカバーしている。

    収録曲[編集]

    • 全作詞:吉岡治 作曲:市川昭介 編曲:竹村次郎
    1. さざんかの宿 (4:33)
    2. 湯の町しぐれ (4:08)

    脚注[編集]

    1. ^ a b c d e f オリコンランキング情報サービス「you大樹」
    2. ^ 大川栄策、スポニチプラザで吉岡さんの思い出語る Archived 2010年5月26日, at the Wayback Machine.、スポニチアネックス、2010年5月21日。
    3. ^ スポーツニッポン2006年9月28日東京版
    4. ^ 「歌謡界『アンコ椿』の夢よ再び──新人づくり四苦八苦(ニュースの周辺)」『日本経済新聞』1985年1月31日付夕刊、3頁。