この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

能年玲奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
のうねん れな
能年 玲奈
本名 能年 玲奈
別名義 のん
生年月日 1993年7月13日(23歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県神崎郡神河町
身長 164 cm[1]
血液型 A型[2]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2006年 -
事務所 レプロエンタテインメント2006年 - 2016年[注 1]
non(2016年 - )
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
告白
カラスの親指
グッモーエビアン!
ホットロード
海月姫
この世界の片隅に
テレビドラマ
高校生レストラン
鍵のかかった部屋
あまちゃん

能年 玲奈(のうねん れな、1993年7月13日[3] - )は、日本女優ファッションモデル

'デビューから本名で活動していたが、2016年7月より、芸名をのんとして活動している[4][5][6]。報道などではのん(本名:能年玲奈)などのように表記される場合がある[7]

兵庫県神崎郡神河町出身[8]

略歴

2006年、ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』(新潮社)のモデルだった新垣結衣に憧れて第10回ニコラモデルオーディションに応募し、グランプリを獲得[9][8]レプロエンタテインメントジュニア部「j-class」に所属し、2006年から2010年まで同誌専属モデル(ニコモ)を務めた。

2010年、映画『告白』で生徒役として台詞はなかったものの女優デビュー[3]。オーディション選考の基準としては中学生の話ということもあり15歳以下としていたが、当時16歳の能年が選ばれており、生徒の中では最年長である。中島哲也監督は「彼女は特別だから」と語っている[10]

2012年3月、カルピスカルピスウォーター」の第11代CMキャラクターに起用された[11]。また、同年11月公開の映画『カラスの親指』で第37回報知映画賞新人賞を受賞。本作はオーディションでヒロインを獲得し、能年は役作りのためにロングヘアだった髪を20cm以上切った[12]

2013年2月8日、公式ファンクラブ「くるぶし。」を開設[13]。同年4月、オーディションで1953人の中から選ばれて、NHK連続テレビ小説あまちゃん』のヒロイン・天野アキ役を演じた[14]。同作での演技により東京ドラマアウォード2013主演女優賞[15]、第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞[16]を受賞、また劇中のセリフ「じぇじぇじぇ」は2013年新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した。12月31日に放送された第64回NHK紅白歌合戦では紅白PR大使を務め、「あまちゃん」“特別編”と題した企画ステージに出演した[注 2]

2014年、映画『グッモーエビアン!』および『あまちゃん』によりエランドール賞新人賞を受賞[18]。映画初主演した同年8月公開の『ホットロード』で第6回TAMA映画賞最優秀新進女優賞[19]、第27回日刊スポーツ映画大賞新人賞[20]第38回日本アカデミー賞新人俳優賞[21]を受賞した。

2015年4月、後述の事務所独立騒動が発生し、以降事実上の休業状態となった。

2016年7月より、芸名を「のん」に変更して活動することを表明[4][5]。同月15日には映画『ホットロード』がテレビで放送され、久しぶりのテレビ出演となった[22]。改名後の初仕事として8月8日に岩手県庁へ岩手県知事を表敬訪問[23]、同月18日にはのんとして公式ブログとInstagramをスタートさせ[24][25]、9月18日に行われる『あまちゃん』の舞台となった久慈市のイベント「久慈秋まつり」に3年ぶりにゲストとして参加する事を発表した[7][注 3]。2016年11月12日公開の『この世界の片隅に』では片渕須直監督からの「のんさん以外のすずさんは考えられない」との熱烈なオファーにより主人公・すずの声を演じて劇場アニメ初主演、また改名後初の本格的な出演作品となる[27][28]

事務所独立騒動

2015年4月、所属するレプロエンタテインメントに無断で同年1月に個人事務所「三毛&カリントウ」を設立していたと報道され[6][29]、事務所独立騒動が発生した。同年4月25日の東京スポーツでは、同個人事務所の取締役は能年に演技指導をした劇団「the Misfits」(ザ・ミスフィッツ)主宰の滝沢充子が務め、能年が滝沢に”洗脳”されているとの内容が報道された[30][注 4]。この事務所独立騒動の影響もあってか、レギュラー出演していたラジオ番組やテレビCMも次々に終了し、事実上の休業状態となった。

翌2016年7月にレプロエンタテインメントとの契約が終了すると報じられ[33]、同月15日発売の『FRIDAY』の取材で久しぶりにメディアの取材を受け、芸名を「のん」に改名する事を発表[4]。同月21日発売の『週刊文春』では、自身が代表取締役を務める個人事務所「株式会社non」を設立したと報じられた[34]

これに対しレプロエンタテインメントは、契約満了直前の2016年6月下旬に文書を送付して「昨年4月から能年との話し合いが進まず、仕事を入れられなかった」として15か月分の契約延長を求め、あわせて契約満了後も「能年玲奈」を芸名として使用するには同事務所の許可が必要であると警告していたと『週刊文春』誌上で報じられた[6][35]。7月1日以降も同事務所から退所に関する正式な発表はなく[36]、専属芸術家契約等の履行及び更新をめぐる諸問題について一部東京地方裁判所において係争中であり引き続き協議中である旨の声明を同月14日付で正式に発表し、契約問題は未解決であるとしている[37]

人物

  • 人見知りな性格で[38][39]、特技は絵を描くこと、趣味はギター演奏、読書、アニメ鑑賞[3]。1歳下の妹がいる[39]
  • 能年のうねん)」という名字は珍しく、「お寺の子?」と聞かれることがよくある[40]。「玲奈」という名前は「お母さんが『れな』の音の響きが好きで」とのこと[41]。姓氏研究家の森岡浩は、この「能年」という名字について、播磨国飾東郡にあって、江戸時代姫路の城下町に組み込まれた「南畝(のうねん)村」、現在の「兵庫県姫路市南畝町」[注 5]が由来と推定している[42]
  • 好きな漫画家は、漫画『カッコカワイイ宣言!』の地獄のミサワ[43]で、ラジオFM東京SCHOOL OF LOCK』内「GIRLS LOCKS!」において、彼の連載「地獄のミサワの女に惚れさす名言集」を元にしたゲーム「惚れさせ男子ごっこ」を行っている。
  • 大川藍(アイドリング!!!20号)と、寮で同部屋であった[44]。また、三吉彩花[45][46]村上友梨[45][47]と仲が良い。
  • ショッピング中は鏡の前で服を見たり着たりしながら色々妄想し、一緒に買い物に行く友人が困るらしい[48]
  • ヒゲが好きで、「『世界ヒゲ選手権』に行きたい」「家で、付けヒゲを付けたりしている」と発言している[49]

エピソード

  • 子供の頃にはお笑いタレントになりたいと思った時期もあり、ダンディ坂野にハマっていた。小学校5年から6年生の頃、ダンディのギャグ「ゲッツ&ターン&リバース&ステップステップ」を何秒でやれるかを友達と競っていた。能年本人曰く「全盛期の頃は1秒で出来た」とのこと。
  • 演技指導の講師を務めた滝沢充子に「あなたは女優をやらないと生ゴミね」と言われ、妹にも「普通に働いても生きていけへんな」と言われたことがあり、ショックだったが納得したと語っている[12]。滝沢によると、その発言をしたのは能年が演技レッスンを開始した頃で、中学卒業を期にした上京と共にレッスンを何度も見学をしたものの、モデルを目指していたので女優になる決心が出来ずに居た。しかし、ある時不意に芝居の面白さに目覚めたという。当時の能年は台詞覚えもよく本番ではしっかり出来るものの稽古中にあまりにも悩み、出来ない時があまりに極端だったため前述の「生ゴミ」発言をしたと語る。しかし、その後「この業界(芸能界)だと宝石に変わるかもね。」という言葉を投げかけたところ、能年の演技レッスンへの取り組み方が熱が入ったものに変わり、他の生徒が帰ってもその後2時間、滝沢に対して質問を延々としていたという[50]
  • 『あまちゃん』ヒロイン合格発表はオーディションの最終審査としてNHKに呼ばれ、合格通知の入った封筒を渡されるというサプライズだった。しかし能年は封筒に入った紙に書かれた『ヒロインは能年さんに決定しました。』という文字を最終審査の台本だと勘違いし、声にだして読むも気づかずスタッフから「もう一度読んでください。」と言われ、何度も読んでしまった。最終的にはプロデューサーから「能年さんに決定しましたよ。」と言われ、そこで初めて気づいた[51]
  • 泳ぎが苦手だったが、潜水の練習を行った末に素潜りができるようになったという[52]
  • 演技指導として薬師丸ひろ子の映像を見るように指示され、能年は薬師丸の出演作品をほぼ視聴している[50]。『あまちゃん』オーディションの際、「憧れのアイドル」欄に薬師丸の名前を記載。当時はキャストは誰一人公開されていなかったが、偶然にも本作で薬師丸演じる「大女優・鈴鹿ひろ美」に憧れ、芸能界に飛び込み付き人になる役として共演を果たした[53]
  • 『あまちゃん』放送当時、同作と同作直後に生放送される『あさイチ』を視聴、『あさイチ』のキャスターである井ノ原快彦V6)・有働由美子(NHKアナウンサー)が行う「あま受け」を楽しんでいた[54]
  • 2014年7月29日放送の『SCHOOL OF LOCK』で「水着・・・けっこう着てないなぁ。中学生以来、着てない。ってことは、5~6年着てないのかな、多分」と語った[55][56]

出演

能年玲奈名義(2006年 - 2016年1月)

映画

劇場アニメ

テレビドラマ

CM

広告

WEB

  • nicola©(2009年4月10日 - 2010年2月26日、goomo) - 不定期出演
  • 純子の手帳(2012年4月13日 - 6月18日、YouTube) - 主演・水城里奈 役[注 9]

ラジオ

PV

その他

  • 第64回NHK紅白歌合戦 「毎日PR!紅白」(2013年12月1日 - 31日、NHK) - 紅白PR大使
  • ホットロード×ZIP! 「彼女が恋する25秒前」(2014年7月14日- 8月15日、日本テレビ)

のん名義(2016年7月 - )

書籍

能年玲奈名義の書籍(2006年 - 2016年1月)

写真集

カレンダー

  • 能年玲奈 2013年度カレンダー(2012年11月7日発売、トライエックス)
  • 能年玲奈 2014年度カレンダー(2013年11月2日発売、トライエックス)
  • 能年玲奈 2015年度カレンダー(2014年11月1日発売、トライエックス)

雑誌

  • ニコラ(2006年10月号 - 2010年5月号、新潮社) - 専属モデル
  • B.L.T. 「能年玲奈のポップでアートなうひひ。スタイル♪ぐりぐりぐるみ」(2012年6月号 - 2014年1月号、東京ニュース通信社) - 連載

ムック

  • Ne-net 2012 S/S STYLE BOOK(2012年3月14日、マガジンハウス
  • Ne-net 2012-2013 Autumn/Winter Collection(2012年8月30日、祥伝社
  • Ne-net 2013 Spring/Summer Collection(2013年3月6日、祥伝社)
  • Ne-net 2013-2014 Autumn/Winter Collection(2013年8月29日、祥伝社)

のん名義(2016年7月 - )

写真集

  • のん、へ。2泊3日の旅 〜「この世界の片隅に」すずがいた場所〜(双葉社、2016年12月16日)[81]

雑誌

  • 『FRIDAY』(講談社、2016年7月29日号, pp.5-12、2016年8月5日号, 表紙, pp.8-11)、グラビアおよびインタビュー。前事務所との契約期間終了後、最初のメディア出演。“能年玲奈”から“のん”への芸名変更について公表。
  • 篠山紀信撮影「原色美女図鑑」(『週刊文春』2016年11日3日号, pp.5-9)、グラビア。
  • 「ビッグコミックスペリオール」(小学館、11月11日発売、23号) - 表紙、グラビア[82]
  • 「婦人公論」(中央公論新社、2016年11月22日号) - 表紙、インタビュー[83]

受賞歴

能年玲奈名義

2006年度
2012年度
2013年度
2014年度

のん名義

2016年度

関連書籍

  • 中森明夫『午前32時の能年玲奈』(2013年10月29日発売、河出書房新社)ISBN 978-4-309-02224-6 - 『あまちゃん』と能年を軸にしたアイドル論の表題作を含む文化批評集。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 2016年6月で契約終了と報道される一方で、事務所側は契約更新について協議中としている。
  2. ^ “GMTスペシャルユニット feat.アメ横女学園芸能コース”にて「暦の上ではディセンバー」を、足立ユイ役を演じた橋本愛と“潮騒のメモリーズ”で「潮騒のメモリー」の1番を歌唱、最後は出演者全員により「地元に帰ろう」を合唱した[17]
  3. ^ 8月30日に東北日本一帯を襲った台風10号により久慈川が氾濫し、久慈市の中心市街地が浸水し大きな被害を受けたため、2016年の「久慈秋まつり」は中止となった[26]
  4. ^ なお、本人および母は『週刊文春』の取材に対し“洗脳”を否定している[31][32]
  5. ^ JR西日本姫路駅の南西側にあたる。
  6. ^ 短編映画。劇場未公開作品。
  7. ^ スピンオフ作品「純子の手帳」では主演を務めている。当該作品はYouTube公式チャンネル「ミトカナイトフジ!」で公開された。
  8. ^ 第64回NHK紅白歌合戦に出演。
  9. ^ 鍵のかかった部屋』スピンオフ企画。
  10. ^ PVとCDジャケットに出演。

出典

  1. ^ 能年玲奈、22歳になって身長1センチ伸びた!「目指せもう1センチ、もう2センチ」”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2016年4月27日). 2016年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月27日閲覧。
  2. ^ 【インタビュー】能年玲奈、一転不良少女「自分でも見たことない表情」”. スポーツ報知 (2014年8月3日). 2014年8月5日閲覧。
  3. ^ a b c アーティスト”. レプロエンタテインメント. 2014年1月22日閲覧。
  4. ^ a b c 本人からのメッセージ動画を公開! 能年玲奈が「のん」に改名して再出発”. FRIDAY. 講談社 (2016年7月14日). 2016年7月14日閲覧。
  5. ^ a b “能年玲奈さん改名、「のん」に 「事務所との関係考慮」”. 朝日新聞デジタル. (2016年7月15日). http://www.asahi.com/articles/ASJ7H4QN8J7HUCVL00L.html?iref=com_rnavi_arank_nr01 2016年7月15日閲覧。 
  6. ^ a b c 能年玲奈が「のん」になって得たものと失ったもの”. 講談社・現代ビジネス (2016年11月13日). 2016年12月3日閲覧。
  7. ^ a b “秋まつりにのんさん(本名:能年玲奈)がゲスト出演します!”. 久慈市サイト. (2016年8月18日). http://www.city.kuji.iwate.jp/s/syoukouka/kankoubusan-g/28akimaturi_guest.html 2016年8月27日閲覧。 
  8. ^ a b 能年玲奈“2つの地元”にみる女優開花の秘密 豊かな自然で伸び伸び演技”. ZAKZAK (2013年9月27日). 2013年10月17日閲覧。
  9. ^ a b 「ニコラ」2006年10月号10頁、「第10回ニコラモデルグランプリ大決定!!」
  10. ^ “【緊急座談会】松平定知×碓井広義×中森明夫 じぇじぇじぇ! 連ドラ『あまちゃん』にハマっちゃったべ”. 週刊現代. (2013年6月1日) 
  11. ^ a b “第11代「カルピスウォーター」CMキャラクターに能年玲奈さんを起用” (PDF) (プレスリリース), カルピス, (2012年3月14日), オリジナル2013年5月24日時点によるアーカイブ。, http://megalodon.jp/2013-0524-1228-16/prtimes.jp/data/corp/4819/f19e27174bcfb1c0567b2afcf50b7544.pdf 2013年5月閲覧。 
  12. ^ a b 19歳・能年玲奈、人生初受賞 役作りで髪バッサリ…第37回報知映画賞・新人賞”. シネマ報知. 報知新聞社 (2012年11月27日). 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月30日閲覧。
  13. ^ 2/8(金)能年玲奈オフィシャルファンクラブ「くるぶし」開設のおしらせ”. レプロエンタテインメント (2013年2月8日). 2014年1月22日閲覧。
  14. ^ 能年玲奈、朝ドラの起用理由は「不器用さ」会見でもユニーク発言連発”. オリコンキャリア. オリコン (2012年7月26日). 2013年10月17日閲覧。
  15. ^ 『あまちゃん』7冠! 東京ドラマアウォード2013授賞式”. オリコンスタイル. オリコン (2013年10月22日). 2013年10月22日閲覧。
  16. ^ a b 週刊ザテレビジョン2013 No.47』、角川マガジンズ、 3-10頁、2013年11月20日閲覧。
  17. ^ 「あまちゃん」紅白ジャック! アキ、ユイらが「潮騒のメモリー」”. 産経デジタル (2013年12月31日). 2013年1月5日閲覧。
  18. ^ 2014年 エランドール賞 受賞作品・受賞者”. エランドール. 日本映画テレビプロデューサー協会. 2016年8月27日閲覧。
  19. ^ 第6回 TAMA映画賞”. TAMA CINEMA FORUM (2014年10月9日). 2014年10月9日閲覧。
  20. ^ 能年「100点」受賞スピーチ/映画大賞日刊スポーツ、2015年1月16日閲覧。
  21. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月15日閲覧。
  22. ^ “能年玲奈、久しぶりテレビにネットで歓喜の声続”. オリコンニュース. (2016年7月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2075191/full/ 2016年7月22日閲覧。 
  23. ^ “能年玲奈 岩手県庁を訪問、改名後初仕事か 達増知事「お帰り」と大歓迎”. デイリースポーツ online. (2016年8月9日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/08/08/0009367733.shtml 2016年8月29日閲覧。 
  24. ^ 山田貴子 (2016年8月18日). “能年玲奈“のん”として新ブログをスタート!ハジけまくり写真6枚”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0085391 2016年8月24日閲覧。 
  25. ^ ““能年玲奈“改め“のん“さん 『LINEブログ』と『Instagram』開始”. ガジェット通信. (2016年8月18日). http://getnews.jp/archives/1508544 2016年8月22日閲覧。 
  26. ^ “久慈秋まつり中止 台風10号被害を受け”. 岩手日報Webnews. (2016年9月5日). https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20160905_13 2016年9月10日閲覧。 
  27. ^ a b 佐藤美鈴 (2016年8月24日). “のんさん、アニメ映画初主演「地面から浮いちゃいそう」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASJ8R6X8FJ8RUCVL02C.html 2016年8月24日閲覧。 
  28. ^ “女優のん「この世界の片隅に」主人公の声優に決定!本予告完成”. 映画.com. (2016年8月24日). http://eiga.com/news/20160824/1/ 2016年8月27日閲覧。 
  29. ^ “「のん」こと能年玲奈が新事務所「株式会社non」設立、復帰第1弾は“小泉今日子プロデュース舞台”か”. livedoorニュース. (2016年7月21日). http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11791341/ 2016年7月22日閲覧。 
  30. ^ “(本日の紙面・1面)スクープ!能年玲奈“洗脳”騒動”. 東京スポーツ. (2015年4月25日). http://www.tokyo-sports.co.jp/newspaper/%EF%BC%94%E6%9C%88%EF%BC%92%EF%BC%95%E6%97%A5%EF%BC%88%E5%9C%9F%EF%BC%89%E7%99%BA%E8%A1%8C/ 2015年7月26日閲覧。 
  31. ^ “能年玲奈母が独占告白「引退、洗脳報道はウソです」”. 週刊文春WEB (文藝春秋). (2016年6月1日). オリジナル2016年6月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160601121121/http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6207 2016年8月27日閲覧。 
  32. ^ “能年玲奈が独立後初告白「辛いことは削ぎ落とす」”. 週刊文春WEB (文藝春秋). (2016年7月13日). オリジナル2016年7月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160713075656/http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6361 2016年8月27日閲覧。 
  33. ^ “能年玲奈、契約終了でファンが「復活」エール大合唱! 事務所HPにプロフィール掲載されたままで不安も”. biglobeニュース. (2016年7月1日). http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0701/mcz_160701_2296606476.html 2016年7月22日閲覧。 
  34. ^ “「のん」こと能年玲奈が新事務所「株式会社non」設立、復帰第1弾は“小泉今日子プロデュース舞台”か”. 日刊サイゾー (サイゾー). (2016年7月21日). http://www.cyzo.com/2016/07/post_28913_entry.html 2016年8月27日閲覧。 
  35. ^ “能年玲奈 改名の陰に前事務所からの“警告書””. 週刊文春WEB (文藝春秋). (2016年7月20日). http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6387 2016年8月27日閲覧。 
  36. ^ “能年玲奈の元気な姿、篠田麻里子が公開”. 日刊スポーツ. (2016年7月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1671520.html 2016年8月27日閲覧。 
  37. ^ “能年独立騒動 事務所言い分と真っ向対立【レプロ書面の全文】”. デイリースポーツ online. (2016年7月15日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/15/0009287218.shtml 2016年8月27日閲覧。 
  38. ^ グワッ”. オフィシャルブログ「07' no-nen」 (2010年9月10日). 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月12日閲覧。
  39. ^ a b 能年玲奈 (2012年11月15日). 人見知りだけど、心を許した相手にはとことん甘えちゃいます. (インタビュー). web R25.. http://r25.yahoo.co.jp/girl/detail/?id=20121115-00026782-r25 2013年9月26日閲覧。 
  40. ^ 能年玲奈オフィシャルブログ「07' nounen」より(2014年1月21日閲覧)
  41. ^ "能年玲奈 小テスト". 能年玲奈のGIRLS LOCKS!. TOKYO FM. 2013年4月22日放送.
  42. ^ 森岡浩 (2013年4月8日). “森岡浩の人名・地名 おもしろブログ”. 日本実業出版社. 2014年4月17日閲覧。
  43. ^ 惚れさせ男子 ぎゃ・く・で・ん♥”. 能年玲奈のGIRLS LOCKS! (2013年5月30日). 2013年6月29日閲覧。
  44. ^ 大川藍 (2013年2月28日). “よいしょ!”. 大川藍オフィシャルブログ「藍 LOVE YOU」. 2013年9月16日閲覧。
  45. ^ a b うおー!”. オフィシャルブログ「07' no-nen」 (2011年4月30日). 2013年9月15日閲覧。
  46. ^ 三吉彩花 (2012年12月15日). 不思議な家族を描いた物語『グッモーエビアン!』。しっかり者の中学生ハツキを演じるのは、期待の若手女優・三吉彩花!!. (インタビュー). プラス アクト.. http://www.wani.co.jp/act/interview/interview.php?id=67 2013年9月26日閲覧。 
  47. ^ 天然清純キャラ能年玲奈の意外な親友”. アサ芸プラス. 徳間書店 (2013年9月4日). 2013年9月4日閲覧。
  48. ^ 誰もついてこれない能年玲奈の不思議ワールド”. アサ芸プラス. 徳間書店 (2013年9月4日). 2013年11月28日閲覧。
  49. ^ “能年玲奈「いいとも」初出演でヒゲトーク 付けヒゲ姿も披露”. スポーツニッポン. (2013年10月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/10/07/kiji/K20131007006765670.html 2013年10月23日閲覧。 
  50. ^ a b 『あまちゃんメモリーズ』(2013年10月31日発売、文藝春秋)インタビュー滝沢充子より。
  51. ^ あさイチ(2013年9月20日放送)
  52. ^ [1],goo
  53. ^ “あまちゃんヒロイン、「宮藤官九郎さんはいじわる」撮影の裏側を明かす”. モデルプレス. (2013年6月11日). http://mdpr.jp/news/detail/1251353 2014年3月19日閲覧。 
  54. ^ 「あまちゃん」ブームで評価を上げたイノッチの“受ける力”, アサ芸プラス, 2013年10月7日
  55. ^ 能年玲奈「水着…ふぅ~」ため息,日刊スポーツ,2014年7月30日
  56. ^ 能年玲奈 あまちゃんワレメあり“スクール水着”撮影,週刊実話,2014年8月18日
  57. ^ 動物の狩り方”. 若手映画作家育成プロジェクト. 2014年2月17日閲覧。
  58. ^ “ホットロード:伝説の少女マンガが「あまちゃん」の能年主演で実写映画化”. 毎日新聞デジタル. (2013年10月17日). http://mantan-web.jp/2013/10/17/20131016dog00m200057000c.html 2013年10月17日閲覧。 
  59. ^ 能年玲奈、“じぇじぇじぇ!”の次は不良少女!「ホットロード」映画化に主演”. 映画.com (2013年10月17日). 2013年10月17日閲覧。
  60. ^ モデルプレス (2014年4月17日). “能年玲奈が“ヲタク女子”に 人気漫画実写化の豪華キャスト発表”. 2014年5月31日閲覧。
  61. ^ とれたてフジテレビ (2014年3月26日). “能年玲奈が空想癖のある歴女を好演!武将姿で初めての殺陣にも挑戦! 土曜プレミアム『世にも奇妙な物語'14春の特別編』”. 2014年3月26日閲覧。
  62. ^ 能年玲奈さんを起用:CMオンエアのお知らせ”. ネ・ネットNEWS. エイ・ネット (2012年9月1日). 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月12日閲覧。
  63. ^ 9/13(木)〜 テレビCMオンエアのお知らせ”. ネ・ネットNEWS. エイ・ネット (2012年9月13日). 2012年12月12日閲覧。
  64. ^ テレビCM第2弾オンエアのお知らせ”. ネ・ネットNEWS. エイ・ネット (2012年10月1日). 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月12日閲覧。
  65. ^ “「Natureve(ナチュレーブ)」果実ドルチェ 新テレビCMを10月23日(水)から放映開始 女優の能年玲奈さんを起用!”. アサヒフードアンドヘルスケア ニュースリリース. (2013年10月21日). http://www.asahi-fh.com/company/newsrelease/2013/131021.html 2013年10月22日閲覧。 
  66. ^ “能年玲奈:試食で食べ過ぎ天然ぶり発揮 「あまちゃん」後初のイベント出演”. 毎日新聞デジタル. (2013年10月21日). http://mantan-web.jp/2013/10/21/20131021dog00m200010000c.html 2013年10月22日閲覧。 
  67. ^ 毎日新聞デジタル (2013年12月19日). “能年玲奈:化粧品CM初出演 コンセプトは普段着”. 2013年12月21日閲覧。
  68. ^ スポニチ (2013年12月20日). “オトナの能年玲奈 圧倒的オーラ、スタッフもびっくり”. 2013年12月21日閲覧。
  69. ^ 毎日新聞デジタル (2014年5月30日). “能年玲奈:もちもち泡でモテモテに? 洗顔料のCMに起用”. 2014年5月31日閲覧。
  70. ^ モデルプレス (2014年5月30日). “能年玲奈、男の子たちから一斉アピール モテっぷりに弾ける笑顔”. 2014年5月31日閲覧。
  71. ^ キヤノン「EOS M2」CMに能年玲奈さん起用、春のキャッシュバック”. ITmedia (2014年1月20日). 2014年1月20日閲覧。
  72. ^ 産経ニュース (2014年1月12日). “かんぽ生命、CMキャラクターに能年玲奈さん起用”. 2014年2月1日閲覧。
  73. ^ “新企業広告キャンペーン『人生は、夢だらけ。』能年玲奈さん起用で、近日公開!” (プレスリリース), かんぽ生命, (2014年1月30日), http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/2014/abt_prs_id000700.html 2015年7月27日閲覧。 
  74. ^ “企業広告『人生は、夢だらけ。』第2弾!!新テレビCM「いいこと」篇/「ドジ」篇2014年11月4日(火)から全国で放送開始!” (プレスリリース), かんぽ生命, (2014年10月29日), http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/2014/abt_prs_id000808.html 2015年7月27日閲覧。 
  75. ^ “「企業広告『人生は、夢だらけ。』第3弾!!新テレビCMを2015年7月27日(月)から放送開始短編Webムービーも同日公開!” (プレスリリース), かんぽ生命, (2015年7月23日), http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/2015/abt_prs_id000897.html 2015年7月27日閲覧。 
  76. ^ オリコン (2014年3月28日). “【動画】能年玲奈、高さ60mの煙突ロケ満喫 “絶景”に目輝かせる”. 2014年3月28日閲覧。
  77. ^ 毎日新聞デジタル (2014年6月10日). “能年玲奈:ドラクエCMでスライムに変身 びしょぬれ&半べそで「仲間にしてよ……」”. 2014年6月10日閲覧。
  78. ^ 毎日新聞デジタル (2014年11月21日). “能年玲奈:今度はメタルスライムに変身 「いつもの100倍素早い」”. 2014年12月14日閲覧。
  79. ^ マイナビニュース (2014年12月10日). “能年玲奈、コアラ耳のモテ女子に大変身し「あらー!」と絶叫”. 2014年12月14日閲覧。
  80. ^ “のんがアニメ映画「この世界の片隅に」で主演、「地面からふわっと浮いちゃいそう」”. 映画ナタリー. (2016年8月24日). http://natalie.mu/eiga/news/199167 2016年8月24日閲覧。 
  81. ^ “「この世界の片隅に」のんが広島・呉市を巡る写真集発売”. 映画ナタリー. (2016年11月28日). http://natalie.mu/eiga/news/210784 2016年11月28日閲覧。 
  82. ^ http://www.oricon.co.jp/news/2081305/full/
  83. ^ http://www.excite.co.jp/News/cinema/20161108/Crankin_4644603.html
  84. ^ 吉永小百合「私だけでいいのか…」報知映画賞主演女優賞に恐縮”. シネマカフェ (2012年12月18日). 2015年6月10日閲覧。
  85. ^ 『あまちゃん』7冠! 東京ドラマアウォード2013授賞”. ORICON STYLE (2013年10月22日). 2015年6月10日閲覧。
  86. ^ 発表!2013小学館DIMEトレンド大賞は「東京2020オリンピック・パラリンピック招致」に決定”. 小学館 (2013年11月6日). 2015年6月10日閲覧。
  87. ^ 「半沢直樹」監督“半沢が頭取になるまでやりますよ!”と続編に意欲!!”. walkerplus (2013年11月21日). 2015年6月10日閲覧。
  88. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会. 2014年1月21日閲覧。
  89. ^ 綾野剛&能年玲奈、『第22回橋田賞』新人賞受賞”. ORICON STYLE (2014年4月11日). 2015年6月10日閲覧。
  90. ^ 日刊スポーツ・ドラマグランプリ 第17回年間結果”. nikkansports.com. 2015年6月10日閲覧。
  91. ^ 能年玲奈、妻夫木聡、菅田将暉ら豪華俳優陣が受賞「TAMA映画賞」”. モデルプレス (2014年11月22日). 2015年6月10日閲覧。
  92. ^ 能年玲奈、難役クリアで新人賞/映画大賞 - シネマニュース : nikkansports.com”. nikkansports.com (2014年12月4日). 2015年6月10日閲覧。
  93. ^ 日本アカデミー賞優秀賞発表 『ふしぎな岬の物語』が最多13部門受賞”. ORICON STYLE (2015年1月14日). 2015年6月10日閲覧。
  94. ^ 能年ゲッツ!浅草芸能大賞・新人賞”. デイリースポーツ online (2015年3月22日). 2015年6月10日閲覧。
  95. ^ “のん、「ヨコハマ映画祭」審査員特別賞を受賞、ブログで喜び「すずさんW受賞!すごい!」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年12月3日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161203-OHT1T50138.html 2016年12月3日閲覧。 


外部リンク