TENSE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TENSE
東方神起スタジオ・アルバム
リリース
録音 2011年 - 2013年
ジャンル K-POP
R&B
ダンス
ネオ・ソウル
時間
レーベル SMエンターテインメント
チャート最高順位
大韓民国の旗 韓国 アルバム 年表
CATCH ME
(2012年)
TENSE
(2014年)
RISE AS GOD
(2015年)
テンプレートを表示

TENSE』は、東方神起の韓国における通算8枚目のオリジナル・アルバムであり、デビュー10周年の記念アルバム。正規集としては7枚目(正規7集)。2014年1月6日SMエンターテインメントより発売された。

2014年2月27日には本作のリパッケージ・アルバム『Spellbound』が発売されている。

概要[編集]

TENSE[編集]

6集リパッケージ・アルバム『HUMANOIDS』から約1年1カ月ぶりのリリースとなる作品。デビュー10周年を記念したアルバム[1]で、タイトルの「TENSE」は「10th Anniversary」 の 「10th」と発音が似ていることに由来する。また"TENSE"には「緊張した、張り詰めた」 という意味があり、「1ステージごとに緊張を緩めず、最善をつくす」といった2人の意思も表現している[2]
2人でリリースした5集及び6集を踏襲した、大衆性をより強めた作品となっている。特にこれまでの東方神起にはなかった"ジャズ"という分野を意識して作られており、ビッグバンドのサウンドを用いている。これについて2人は「日本でライブバンドと共に公演を行ってきた経験が大きな影響を与えた。こうした経験を生かした新しいスタイルの親しみやすいアルバムを作ってみようという気持ちが芽生えた。」と話している[3]

「Red ver.」と「Black ver.」の2種類が発売されている。収録曲とブックレットの内容はどちらも同じである。

2013年に公開されたティーザー映像にて「Something」が本作からのリード・シングルであることが発表され[4]2014年1月1日ミュージック・ビデオが公開された後、同6日に配信限定でリリースされた。ガオンシングルチャートで初登場4位を獲得し[5]2月1日時点で38万3960ダウンロードを達成した。

本作を起点に、東方神起は往来のSMP(SMミュージック・パフォーマンス)やEDMなどのK-POPスタイルから脱却し、ジャズやレトロ系の洋楽スタイルへと方針を転換させた。この方向性はその後に発売された『Spellbound』や『RISE AS GOD』、兵役終了後にリリースされた『NEW CHAPTER#1:THE CHANCE OF LOVE』『NEW CHAPTER#2:THE TRUTH OF LOVE』においても引き継がれている。

アルバムはガオンアルバムチャートで初登場1位を獲得し[6]、3作品連続での首位獲得となった。

Spellbound〈リパッケージ〉[編集]

『TENSE』から約2カ月後のリリースとなったリパッケージ・アルバム。タイトルの"SURISURI"とは韓国の呪文のセリフであり、「その魔法によって観る者・聴く者を東方神起の魅力に引き込む」といった意味が込められている[7]

『TENSE』からの方向性を維持しつつ、本作ではさらにトランプカードをアイテムとして使用している。アルバムのパッケージやタイトル曲「수리수리[スリスリ] (Spellbound)」のミュージック・ビデオなど随所にその要素がちりばめられている。

トランプを模した形にデザインされた1種類のみ発売されている。2人の10年間の歴史を感じられる53枚のトランプが同封されている。

リパッケージ盤は、2日間で出荷枚数6万1405枚を記録し、ガオンアルバムチャートで初登場2位を獲得[8]。年間で11万566枚を売り上げ、東方神起のリパッケージ盤で最もヒットした作品となった。

公式映像[編集]

映像 説明
'Something' MV Teaser タイトル曲の「Something」のMV予告映像
'Something' MV タイトル曲の「Something」のMV。
'수리수리 (Spellbound)' MV Teaser 後続タイトル曲「수리수리[スリスリ] (Spellbound)」のMV予告映像。
'수리수리 (Spellbound)' MV 後続タイトル曲「수리수리[スリスリ] (Spellbound)」のMV。ワンテイク技法を使用して撮影されている。
'수리수리 (Spellbound)' MV 2nd Version 後続タイトル曲「수리수리[スリスリ] (Spellbound)」のMV。既に公開されているMVには無いシーンが付け加えられている。

収録内容[編集]

これまでの東方神起とは異なった大人の魅力を感じられる12曲が収録されている。リパッケージには後続新曲の「Spellbound」の他、ユンホとチャンミンそれぞれのソロ曲も加えられている。

TENSE[編集]

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「TEN (10 YEARS)」유영진유영진유한진
2.「Something」유영진유한진
유영진
유한진
3.「너의 남자[君の男] (Your Man)」켄지켄지
김정배
켄지
4.「오늘밤[今宵] (Moonlight Fantasy)」전간디Coach & Sendo
Alexander Holmgren
Coach & Sendo
Alexander Holmgren
5.「그 대신 내가[彼の代わりに僕が] (Beside)」JQRicky Hanley
Albi Albertsson
Stephan Elfgren
Mussashi
6.「Double Trouble」김부민hitchhikerhitchhiker
7.「Off-Road」서지음Peter Habib
Marc Joseph
Adam Nierow
Yaroslav Vynnytsky
Mr. Fantastic
Mysto & Pizzi
8.「갈증[渇き] (Smoky Heart)」서지음Brian Kennedy
Dewain Whitmore
Brian Kennedy
Dewain Whitmore
9.「Love Again」장연정김태성
앤드류 최
SKY BEATZ
SKY BEATZ
10.「뒷모습[後ろ姿] (Steppin')」전간디임광욱
Andrew Jackson
Martin Hedegaard
임광욱
Andrew Jackson
Martin Hedegaard
11.「Rise...」최강창민Jarkko Ehnqvist
Pessi Levanto
Martin Mulholland
Deez
이재명
12.「항상 곁에 있을게[いつもそばにいるよ] (Always With You)」황현
신아녜스
황현황현
合計時間:

Spellbound(リパッケージ)[編集]

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「수리수리[スリスリ] (Spellbound)」유영진유영진유한진
2.「TEN (10 YEARS)」유한진유영진유한진
3.「Something」유영진유한진
유영진
유한진
4.「너의 남자[君の男] (Your Man)」켄지켄지
김정배
켄지
5.「오늘밤[今宵] (Moonlight Fantasy)」전간디Coach & Sendo
Alexander Holmgren
Coach & Sendo
Alexander Holmgren
6.「그 대신 내가[彼の代わりに僕が] (Beside)」JQRicky Hanley
Albi Albertsson
Stephan Elfgren
Mussashi
7.「Double Trouble」김부민hitchhikerhitchhiker
8.「Off-Road」서지음Peter Habib
Marc Joseph
Adam Nierow
Yaroslav Vynnytsky
Mr. Fantastic
Mysto & Pizzi
9.「Heaven's Day」(Sung by Max)최강창민DK
신혁
Re:One
Sean Fenton
Re:One 
10.「갈증[渇き] (Smoky Heart)」서지음Brian Kennedy
Dewain Whitmore
Brian Kennedy
Dewain Whitmore
11.「Love Again」장연정김태성
앤드류 최
SKY BEATZ
SKY BEATZ
12.「뒷모습[後ろ姿] (Steppin')」전간디임광욱
Andrew Jackson
Martin Hedegaard
임광욱
Andrew Jackson
Martin Hedegaard
13.「Rise...」최강창민Jarkko Ehnqvist
Pessi Levanto
Martin Mulholland
Deez
이재명
14.「11월...그리고[11月...そして] (November With Love)」(Sung by U-Know)유노윤호
김우주
유노윤호
진짜사나이
유노윤호
B.O.K
진짜사나이
 
15.「항상 곁에 있을게[いつもそばにいるよ] (Always With You)」황현
신아녜스
황현황현
合計時間:

曲の解説[編集]

  1. 수리수리[スリスリ] (Spellbound)
    リパッケージ盤『Spellbound』のタイトル曲。
    日本での7thアルバム『WITH』には、「SURISURI [Spellbound]」というタイトルで日本語バージョンが収録されている。
  2. TEN (10 YEARS)
    ユンホ曰く「ファンのための曲」であり、歌詞にはファンに伝えたいメッセージが込められている。また、歌詞の中には「바보(バカ)」「믿어요(信じて)」「HUG」「My little princess」「Destiny」「The way U are」「PURPLE LINE」「Hey! Girl」「RISING SUN」「주문(呪文)」「Humanoids」「Catch Me」「믿기싫은 이야기(信じたくない話)」「Something」の計14タイトルが組み込まれている[9]
  3. Something
    『TENSE』のタイトル曲。
    2月5日に日本で発売された40thシングルに「Hide & Seek」との両A面シングルとして日本語バージョンがリリースされた[10]
  4. 너의 남자[君の男] (Your Man)
  5. 오늘밤[今宵] (Moonlight Fantasy)
  6. 그 대신 내가[彼の代わりに僕が] (Beside)
  7. Double Trouble
  8. Off-Road
  9. Heaven's Day
    チャンミンのソロ曲。
  10. 갈증[渇き] (Smoky Heart)
  11. Love Again
  12. 뒷모습[後ろ姿] (Steppin')
  13. Rise...
  14. 11월...그리고[11月...そして] (November With Love)
    ユンホのソロ曲。
  15. 항상 곁에 있을게[いつもそばにいるよ] (Always With You)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “TVXQ to release 10th anniversary album” (Korean). Naver. (2013年11月22日). http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&oid=241&aid=0002167986&sid1=001 2019年9月29日閲覧。 
  2. ^ “東方神起、10周年記念アルバム 『7集: TENSE』&リパッケージ『Spellbound』”. https://www.hmv.co.jp/fl/58/160/1/ 2018年12月26日閲覧。 
  3. ^ “アルバム「TENSE」をリリースした「東方神起」”. wowKorea (エイアイエスイー). http://www.wowkorea.jp/section/interview/read.asp?narticleid=120762 2018年12月26日閲覧。 
  4. ^ “TVXQ teases comeback with 'Something'” (Korean). Osen via Newsen. (2013年12月26日). http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=109&aid=0002682159 2019年9月29日閲覧。 
  5. ^ Gaon Digital Chart(2014.01.05〜2014.01.11)”. Gaon Chart. 2014年2月5日閲覧。
  6. ^ “gaon Album Chart(2014.01.05〜2014.01.11)”. Gaon Chart. http://www.gaonchart.co.kr/main/section/chart/album.gaon?nationGbn=T&serviceGbn=&targetTime=03&hitYear=2014&termGbn=week 2019年9月29日閲覧。 
  7. ^ “米ビルボード、東方神起を激賛「『Spellbound』の振付け、2014年最高”. Kstyle (LINE). (2014年3月1日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1989678 2018年12月26日閲覧。 
  8. ^ “gaon Album Chart(2014.02.23〜2014.03.01)”. Gaon Chart. http://gaonchart.co.kr/main/section/chart/album.gaon?nationGbn=T&serviceGbn=&targetTime=10&hitYear=2014&termGbn=week 2019年9月29日閲覧。 
  9. ^ “東方神起、7thアルバム『TENSE』でファンに向けたタイトル曲が話題に”. KpopStarz. (2014年1月4日). http://japanese.kpopstarz.com/articles/11701/20140104/tvxq-tense-ten-something.htm 2019年9月29日閲覧。 
  10. ^ “東方神起、新シングル『Hide & Seek/Something』の収録曲&ジャケ解禁! 韓国アルバム『Tense』も登場”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2013年12月27日). https://tower.jp/article/news/2013/12/27/n03 2019年9月29日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]