Share The World/ウィーアー!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東方神起 > 楽曲 > Share The World/ウィーアー!
東方神起 > ディスコグラフィ > Share The World/ウィーアー!
Share The World/ウィーアー!
東方神起シングル
初出アルバム『BEST SELECTION 2010(#1)』『The Secret Code(#2)』
A面
B面 明日は来るから
リリース
規格
ジャンル
時間
レーベル rhythm zone
作詞・作曲
プロデュース Avex Entertainment
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン[4]
  • 週間1位 (Top Singles Sales)[5]
  • 週間4位 (Japan Hot 100、#1)[6]
  • 2009年5月度月間2位(オリコン)
  • 2009年度上半期15位(オリコン)
  • 2009年度年間30位(オリコン)[7]
  • 2009年度年間34位 (Top Singles Sales)[8]
  • 東方神起 日本の旗 日本 年表
    • Share The World/ウィーアー!
    • (2009年)
    ミュージックビデオ
    「Share The World」 - YouTube
    テンプレートを表示

    Share The World/ウィーアー!』(シェア・ザ・ワールド/ウィーアー)は、東方神起日本での27枚目のシングルである。2009年4月22日にrhythm zoneから発売された。

    解説[編集]

    前作『Survivor』から約1か月後のシングルで、2008年発売の『Beautiful you/千年恋歌』以来の両A面シングルである。

    [CD](品番 : RZCD - 46211)、[CD+DVD] (品番 : RZCD-46210)仕様の2形態でリリースされたほか、[Bigeast盤](品番 : RZC1-46212)も制作された。なお本作に収録の3曲は、いずれもテレビアニメ『ONE PIECE』の主題歌である[9]

    4月8日に後楽園ホールで本作の発売記念イベントを開催し、「Share The World」を含む2曲を披露[10]

    チャート成績[編集]

    4月21日付けのオリコンデイリーランキングで売上枚数5.9万枚を記録して1位を獲得[11]し、5月4日付のオリコン週間ランキングでも1位を獲得。これにより、通算首位獲得数を6作に伸ばした[12]台湾のG-Music風雲榜チャート(4月24日 - 5月7日連続2週)総合で週間4位(インターナショナルで週間1位)。

    「Share The World」が4月15日付けの有線リクエストチャート(J-POP)で1位[13]

    2009年のオリコン年間ランキングでは30位にランクイン。アニメ部門で年間1位を獲得した。テレビアニメ『ONE PIECE』の主題歌としては歴代1位の売上を記録している。

    収録内容[編集]

    [CD][編集]

    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「Share The World」H.U.B.前山田健一AKIRA
    2.ウィーアー!藤林聖子田中公平AKIRA
    3.明日は来るから(ボーナス・トラック)妹尾武K-Muto
    4.「Share The World」(Save A Remix)H.U.B.前山田健一井上慎二郎リミックス
    5.「Share The World」(Less Vocal)   
    6.「ウィーアー!」(Less Vocal)   
    合計時間:

    [CD+DVD][編集]

    [Bigeast盤][編集]

    曲の解説[編集]

    1. Share The World
      フジテレビ系アニメ『ONE PIECE』第11期オープニングテーマ
    2. ウィーアー!
      フジテレビ系アニメ『ONE PIECE』第10期オープニングテーマで、曲名は「ウィーアー! 〜10周年Ver.〜」と表記されることもある[14]
      アルバム『The Secret Code』からのリカットで、きただにひろしのカバー曲。
    3. 明日は来るから
      フジテレビ系アニメ『ONE PIECE』第17期エンディングテーマ
      4thシングルA面曲をボーナス・トラックとして再収録[9]
    4. Share The World -Save A Remix-
      井上慎二郎によるリミックスバージョン。

    収録アルバム[編集]

    「明日は来るから」については、該当する項目を参照。

    Share The World

    ウィーアー!

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    出典[編集]

    1. ^ GOLD DISC 2009年4月度」『The Record』第595巻、日本レコード協会、2009年6月10日、 13頁。
    2. ^ “レコ協、2009年10月度着うた等有料音楽配信認定を公表”. Musicman (エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社). (2009年11月20日). https://www.musicman.co.jp/business/11631 2020年4月1日閲覧。 
    3. ^ “レコ協、10月度着うた等有料音楽配信認定を公表”. Musicman (エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社). (2009年11月20日). https://www.musicman.co.jp/business/13337 2020年4月1日閲覧。 
    4. ^ Share The World/ウィーアー!|東方神起”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年4月1日閲覧。
    5. ^ Billboard Japan Top Singles Sales|Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2009年5月4日). 2020年4月1日閲覧。
    6. ^ Billboard Japan Hot 100|Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2009年5月4日). 2020年4月1日閲覧。
    7. ^ 年間ランキング特集『オリコン2009年年間ランキング大発表!』”. ORICON STYLE ミュージック. オリコン (2009年12月18日). 2009年12月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年1月11日閲覧。
    8. ^ Billboard Japan Top Singles Sales Year End|Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2009年). 2020年4月1日閲覧。
    9. ^ a b “東方神起ニューシングルは「ONE PIECE」三昧な内容”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2009年4月15日). https://natalie.mu/music/news/15489 2020年3月22日閲覧。 
    10. ^ “東方神起:初の東京ドーム公演決定 発表会場にアントキの猪木乱入「1、2、3、ダァー!」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2009年4月8日). オリジナルの2009年4月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090409041750/http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200904/08/ 2020年3月22日閲覧。 
    11. ^ “東方神起、シングル首位へ好スタート”. ORICON NEWS (オリコン). (2009年4月23日). https://www.oricon.co.jp/news/65510/full/ 2011年2月21日閲覧。 
    12. ^ “東方神起、6作目のオリコンシングル1位で新記録”. 中央日報 (中央グループ). (2009年4月28日). https://japanese.joins.com/JArticle/114708 2020年4月1日閲覧。 
    13. ^ “東方神起の『ONE PIECE』主題、有線リクエスト第1位”. BARKS. (2009年4月16日). http://www.barks.jp/news/?id=1000048705 2011年2月21日閲覧。 
    14. ^ ONE PIECE(ワンピース) : 作品情報”. アニメハック. カブシキガイシャエイガ・ドット・コム (2019年8月6日). 2020年3月22日閲覧。

    外部リンク[編集]

    • 前作:
    • 5050
    • 「Jungle P」
    • 次作:
    • 東方神起
    • 「Share The World」
    • テレビアニメ『ONE PIECE』オープニングテーマ
    • 2009年4月5日 - 11月8日
    • 前作:
    • 東方神起
    • 「ウィーアー! 〜10周年Ver.〜」
    • 東方神起
    • Share The World