Somebody To Love

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Somebody To Love
東方神起シングル
初出アルバム『Heart, Mind and Soul
B面 言葉はいらない
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル rhythm zone
プロデュース 松尾潔
チャート最高順位
東方神起 シングル 年表
Stay With Me Tonight
(2005年)
Somebody To Love
(2005年)
My Destiny
(2005年)
ミュージックビデオ
「Somebody To Love」 - YouTube
テンプレートを表示

Somebody To Love」(サムバディー トゥー ラブ)は、東方神起日本の楽曲、2枚目のシングルエイベックスrhythm zoneより2005年7月13日発売。

概要[編集]

前作のメジャーデビューシングル「Stay With Me Tonight」から約3か月ぶりのシングル。前作同様、松尾潔がプロデュースを担当した。

日本と韓国での同時リリースで、日本では[CD]のみと[CD+DVD]の2形態、韓国ではボーナス・トラックとして「Somebody To Love (アカペラver.)」を収録したCDの1形態でのリリース[3]

2005年7月13日付のオリコンデイリーシングルランキングで初登場7位を獲得し[1]、オリコン週間シングルランキングで14位を獲得した[2]

発売形態[編集]

CD+DVD[編集]

CD[編集]

  • 品番: RZCD - 45233
  • 「Somebody To Love (アカペラver.)」を追加収録。

収録曲[編集]

CD+DVD[編集]

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Somebody To Love」澤本嘉光
小山内舞
羽岡佳今井大介
2.「言葉はいらない」立田野純和田昌哉和田昌哉
3.「Somebody To Love (Less Vocal)」   
4.「言葉はいらない (Less Vocal)」   
合計時間:
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「Somebody To Love (Video Clip)」  
2.「Interview」  

CD[編集]

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Somebody To Love」澤本嘉光
小山内舞
羽岡佳今井大介
2.「言葉はいらない」立田野純和田昌哉和田昌哉
3.「Somebody To Love (アカペラver.)」澤本嘉光
小山内舞
羽岡佳今井大介
4.「Somebody To Love (Less Vocal)」   
5.「言葉はいらない (Less Vocal)」   
合計時間:

曲の解説[編集]

  1. Somebody To Love
    テレビ東京系『やりすぎコージー』エンディングテーマ
    本作のレコーディングについて、ジェジュンは「なかなかうまく発音が出来なくて、何時間もかけて同じ箇所を歌い続けたり、自分で納得いかない部分をやり直した。」、チャンミンは「難しい部分は前作同様にスタッフに教えてもらったけど、かなり自分たちで理解できるようになった。いつか大切な人と出逢って、素敵な恋がしたいと願う主人公の切ない思いが描かれた歌詞とどこか切なく感じるメロディとマッチしていたから、主人公の感情になりきって歌うことが出来た。」と語っている[4]
    ミュージック・ビデオは、朝の9時から深夜にかけて行われ、ダンスシーンは6時間かけて撮影された[5]
    2011年に発売された5thアルバム『TONE』に、ユンホチャンミンと2人で歌い直された音源が「Somebody To Love -2011 Version-」というタイトルで収録されている[6]
  2. 言葉はいらない
    ストレートなラブソング。リード・ボーカルはジェジュンとユチョン[7]
  3. Somebody To Love (アカペラver.)
    表題曲のア・カペラバージョン。ユンホによるラップが入っているが、リリックはユチョンによって考案された[4]

収録アルバム[編集]

Somebody To Love

言葉はいらない

Somebody To Love (アカペラver.)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 山川智 (2010). 東方神起の涙. イースト・プレス. p. 49. ISBN 978-4781604244. https://books.google.co.jp/books?id=1tp9DQAAQBAJ&printsec=frontcover&hl=ja&source=gbs_ge_summary_r&cad=0#v=onepage&q&f=false. 
  2. ^ a b My Destiny : 東方神起”. HMV&BOOKS online. ローソンエンタテインメント. 2019年8月6日閲覧。
  3. ^ “東方神起の2ndシングル、韓日同時リリースへ”. Chosun Online (朝鮮日報). (2005年7月11日). http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2005/07/11/2005071163038.html 2019年8月6日閲覧。 
  4. ^ a b “東方神起、切ない心を描いた2ndシングル「Somebody To Love」がいよいよ登場!”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2005年7月15日). https://www.barks.jp/news/?id=1000009836 2019年8月6日閲覧。 
  5. ^ “東方神起、切ない心を描いた2ndシングル「Somebody To Love」がいよいよ登場!(2ページ目)”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2005年7月15日). https://www.barks.jp/news/?id=1000009836&page=2 2019年8月6日閲覧。 
  6. ^ “東方神起、ニュー・アルバムの収録内容が判明! タイトルは『TONE』に”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2011年8月29日). https://tower.jp/article/news/2011/08/29/81587 2019年8月6日閲覧。 
  7. ^ “東方神起、切ない心を描いた2ndシングル「Somebody To Love」がいよいよ登場!(3ページ目)”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2005年7月15日). https://www.barks.jp/news/?id=1000009836&page=3 2019年8月6日閲覧。 

外部リンク[編集]