モノクロのキス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モノクロのキス
シド(#1)シングル
初出アルバム『hikari
B面 season
and boyfriend(Live at 代々木第一体育館
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロック
J-POP
アニメソング
時間
レーベル キューンレコード
作詞・作曲 マオ(作詞)
Shinji(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間4位オリコン
  • 2008年11月度月間9位(オリコン)
  • 2008年度年間132位(オリコン)
  • シド(#1) シングル 年表
    涙の温度
    2007年
    モノクロのキス
    (2008年)
    2℃目の彼女
    2009年
    hikari 収録曲
    泣き出した女と虚無感
    (5)
    モノクロのキス
    (6)
    罪木崩し
    (7)
    テンプレートを表示

    モノクロのキス」は、日本ロックバンドシドの楽曲。マオが作詞、Shinjiが作曲を手掛けた。シドの通算12作目およびメジャー1作目のシングルとして2008年10月29日キューンレコードから発売された。

    概要[編集]

    本曲は、TBS系アニメ黒執事』(毎日放送制作)のオープニングテーマに起用された。Aタイプには同作品キャラクターのシエル、Bタイプには同じくセバスチャンの原作者枢やな描き下ろしポストカードが封入されている。シドにとって自身の楽曲がアニメのタイアップとなるのはこの作品が初めてである。初回限定盤にはA,Bタイプでそれぞれ異なる映像を収録したDVD及び原作者枢やな書き下ろしポストカードを、Cタイプにはアニメ仕様ワイドキャップステッカーが封入されているが、収録曲は同じである。

    初動売上はこれまでの最高だった「涙の温度」を大きく上回り、順位も自己最高位タイの4位を記録した。本作で第31回アニメグランプリアニメソング部門を受賞した。 2009年1月21日には、「モノクロのキス/黒執事ver.」が新たにリリースされた。ジャケットは原作者枢やな描き下ろしの紙製ジャケットになっている。

    タイトル曲は、第31回アニメグランプリアニメソング部門を受賞。今作からはシングルのM-3にライヴ音源が収録されている。

    収録曲[編集]

    (全作詞:マオ)

    1. モノクロのキス [3:58]
      作曲:Shinji、編曲:シド西平彰
      マニピュレーター :小池敦
      • MBS制作・TBS系アニメ『黒執事』オープニングテーマ
      • 2015年10月現在、『コードギアス 反逆のルルーシュ』(2006年10月 - 2007年3月)以降のMBS木曜深夜アニメ枠及び後継のアニメイズム枠の歴代アニメーション作品のうち、2クールにわたって使用された唯一のオープニング主題歌である[1]
      • 二番のBメロからサビに切り替わる最後の箇所でマオの歌唱途中に、ノイズと思われる音が一瞬入ってしまっている。但し、アルバムに収録した際にはこのミスは改善されている。マオによると「メジャーデビューシングルで力が入りすぎて、自分の歯を一瞬マイクにぶつけてしまった」とのこと。
    2. season [4:20]
      作曲:御恵明希、編曲:シド
    3. and boyfriend(Live at 代々木第一体育館 [4:15]
      作曲:ゆうや、編曲:シド & 西平彰 & Sakura

    黒執事ver.収録曲[編集]

    1. モノクロのキス
    2. モノクロのキス(TVアニメ前期OPver.)
    3. モノクロのキス(TVアニメ後期OPver.)
    4. モノクロのキス(Instrumental

    収録アルバム[編集]

    hikari』 (#1)
    SID ALL SINGLES BEST(#9)
    SID 10th Anniversary BEST(#4)

    脚注[編集]

    1. ^ エンディング主題歌としては、『ガンダム Gのレコンギスタ』(2014年10月 - 2015年3月)の「Gの閃光」(歌唱:ハセガワダイスケ)の26回が最多。

    外部リンク[編集]