サイファーポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サイファーポール(Cipher Pol, 略称:CP)は、漫画ONE PIECE』に登場する架空の諜報機関

概要[編集]

世界政府直下の諜報機関。政府の指令により、あらゆる情報を探り出す。世界の8ヶ所に拠点を置き、「CP1」(サイファーポールNo.1)から「CP8」(サイファーポールNo.8)までの8つの組織がある。だが実際にはこの他に、陰で暗躍する「CP9」、さらに上位の「CP-0」が存在する。普通の役員同様、諜報員の衣服は黒で統一されている。

CP9(シーピーナイン)
世界政府直下暗躍諜報機関「サイファーポールNo.9」。存在しないはずの、9番目のサイファーポール。「闇の正義」の名の下に、非協力的な市民の殺しを世界政府から許可されている。エニエス・ロビーの司法の塔に拠点を置く。
基本的に全員が「六式」(指銃・嵐脚・剃・鉄塊・月歩・紙絵)という特殊体術を会得しており、並外れた身体能力を持ち合わせている。CP9はお互いの体技の力量を「道力(ドウリキ)」という単位で表しており、武器を持った衛兵一人の強さを10道力に換算して使っている。スパンダム曰く、500道力を越した時点で十分に超人とみなされるとのこと。
長官スパンダムの下に、諜報部員7人が所属する(半人前1人を除く)。このうち、ロブ・ルッチ、カク、カリファ、ブルーノの4人は、古代兵器「プルトン」の設計図を入手するため5年間ウォーターセブンで諜報活動を行っていた。エニエス・ロビー編で麦わらの一味らとの戦いに敗れ、組織は崩壊する。その後の様子は表紙連載『CP9の任務外報告』で描かれた。
22年前のオハラへのバスターコールの一件では、長官スパンダインの他2名の所属員が登場している。
CP-0(シーピーゼロ)
「サイファーポール〝イージス〟ゼロ」。サイファーポールの最上級機関であり、世界最強の諜報機関[1]。世界貴族(天竜人)直属の組織[2]。メンバーは他の機関と違い白いスーツを着用している。

人物[編集]

CP9[編集]

現在のメンバー[編集]

スパンダム
声 - 小野坂昌也
CP9司令長官。元CP5主官。
小物で間抜けな面が目立ち、自身の出世のためなら卑怯な手段も厭わない小悪党。父・スパンダインの七光りにより、色々なコネを持っている。それを笠に着て威張り散らしているため、CP9メンバーからの信頼は薄い。かつて、フランキーに顔面を殴られ重傷を負い、現在は顔の一部に皮製のギプスの様な物を装着している。また、それ以来彼のことを逆恨みしている。フランキーによる呼び名は「スパンダ」。道力9。39歳→41歳[3]。誕生日は3月11日[4]
CP5主官だった10年前、古代兵器を復活させ政府の戦力にすべきだと五老星に進言。船大工トムから古代兵器プルトンの設計図を入手するために、フランキーがそれまでに造った戦艦「バトルフランキー号」を悪用し、司法船を襲撃。さらにトムズワーカーズにその濡れ衣を着せ、トムを逮捕した。しかし、トムが事前に設計図を弟子のアイスバーグに託していたため、設計図入手は失敗した。父からCP9長官の地位を譲り受けた後も、設計図を狙いルッチらをウォーターセブンに送り込むが、アイスバーグが船大工として世界政府御用達の地位を確立したことで、長年手出しできないでいた。
大将青雉からバスターコールの権限を貸し与えられると、CP9を指揮し古代兵器を入手するため暗躍。ロビンを連行する際、エニエス・ロビーに向けてバスターコールを誤って発動してしまい、その上ロビンとの口論が通信で島中に露見し衛兵達の信頼を失墜。さらに逆上し、必死に抵抗するロビンを虐げ、正義の門を通過しようとするが、そげキング(ウソップ)の狙撃と駆けつけたフランキーによって阻止される。ルッチがルフィに倒された後もなお、メリー号で逃走するルフィ達を抹殺しようと海軍に命令したが、サンジの機転とルフィたちの奮闘によって阻まれた挙句、最後はロビンの「クラッチ」で成敗された。
表紙連載『CP9の任務外報告』では、フランキーとロビンから受けた傷が未だに完治しておらず、病院の集中治療室にいた。自己保身の為にメンバー全員に失態を押し付けた上で、父と共にルッチらの抹殺を企てようとしていた。
ファンクフリード
声 - 福原耕平
スパンダムの剣。動物系悪魔の実「ゾウゾウの実」を食べた「剣」。誕生日は4月28日[4]
象剣状態では鼻が剣に変わる。ためらいの橋でフランキーに倒された。
ロブ・ルッチ
声 - 関智一
CP9諜報部員。CP9の実質的なリーダー格。元ガレーラカンパニー1番ドック木びき・木釘職職長。
常に沈着冷静で、CP9の「闇の正義」に基づき行動し、任務遂行のためならいかなる犠牲もためらわない冷酷な性格。地位や権力には興味がなく、血を見ることを好み、「殺しが正当化される」という理由でCP9に在籍している。上司であるスパンダムに対しても比較的忠実ではあるが、政府が認めた「長官の命令」として割り切っているだけであり、内心では見下している。シルクハットを被っており、肩にはいつもハットリ(声 - 関智一)というを乗せている。ルフィには「ハトの奴」と呼ばれる。道力4000。28歳→30歳[3]。誕生日は6月2日(ロブ=6、2)[5]
動物系悪魔の実「ネコネコの実 モデル"(レオパルド)"」の能力者。CP9最高の道力値4000という体技の実力を持ち、六式の最終奥義「六王銃」を唯一使える。またクマドリ同様「生命帰還」を使え、通常は巨大となる人獣形の姿でも普通の人間の大きさに変わることができる。
幼少期より政府の英才教育を受け、13歳の時には既にCP9に在籍していた。その当時から、ある王国が海賊に襲われて降伏寸前だった時、「海賊から国を守れず簡単に捕まるような、弱い兵士は生きている資格が無い」と言う理由で、人質の兵士500人を皆殺しにするという冷酷さを見せている[6]。この際、海賊の船長の怒りを買い、砲撃を浴びて背中に世界政府のマークに似た5つの傷を負うが、船長の首を取り一件を治めた。その実力から、「闇の正義」を天職とするCP9でも、歴代最強の冷酷な「殺戮兵器」と称されており、海軍上層部からも高い評価を得ている。
7年前、古代兵器「プルトン」の設計図を入手するべく、カクらと共にウォーターセブンに潜入。潜伏中は、地声で喋らず、ハットリを使って腹話術で喋っていた。ガレーラの屋敷で正体を明かし、アイスバーグを尋問する。その際、わずかな情報からアイスバーグとフランキーの関係を暴く。さらに同じく屋敷に乗り込んできたルフィ達を「六式」で圧倒し、ルフィとゾロを裏街まで吹き飛ばし、ロビンとフランキーをエニエス・ロビーに連行する。
エニエス・ロビーでは当初スパンダムから護衛に指名されたが、途中でロビンを追って来たルフィと対峙する。激しい死闘を繰り広げ、ルフィを追い詰めたが、ウソップの声援により再び立ち上がったルフィ渾身の「ゴムゴムのJET銃乱打」を受けて敗北する。
表紙連載『CP9の任務外報告』では、セントポプラでの治療の結果、意識を取り戻し退院。そして、他の仲間と共にセントポプラを襲ったキャンディー海賊団を撃破し、故郷に帰還。海軍の追手を退け、電伝虫で「いずれ必ず戻ります」とスパンダムに報告し、船で何処かに消えた。
カク
声 - 置鮎龍太郎
CP9諜報部員。元ガレーラカンパニー1番ドック大工職職長。
ウソップに似た角張った長鼻と、語尾に「じゃ」が付くなど年齢に似合わぬ年寄りのような話し方が特徴。常にキャップを被っている。言動は冷静だが、能力者となってからはコミカルな面が目立つようになった。道力2200。23歳→25歳[3]。誕生日は8月7日(はな=8、7)[5]
動物系悪魔の実「ウシウシの実 モデル"麒麟(ジラフ)"」の能力者。人獣型は長い首に太くなった長鼻が目立つ不格好な姿で、ジャブラやウソップから嘲笑された。ゾロとの戦闘では、最初こそ変身の制御に不慣れだったが、機転を利かせ首を縮める、手足が伸びるといったキリンとは思えない能力を発揮してみせた。また、逆手に持った二本の刀を使った剣術の腕は、CP9随一の実力を誇る。
ウォーターセブンで潜伏任務を遂行していた時は、町を自由に走る身体能力の高さから市民には「山風」の異名をつけられ、フランキーからは「山ザル」と呼ばれていた。船大工としての腕は確かで、メリー号が航海不能な状態であると査定した。ガレーラの屋敷を襲撃した際にゾロと交戦し、一瞬の隙をつき「指銃」で深手を負わせた。その後、フランキーを捕縛するために訪れた橋の下倉庫で、メリー号を海に廃棄した。
エニエス・ロビーでは決戦直前に悪魔の実を食べ、能力者となる。ゾロと再戦し、両刀と両足の「嵐脚」を駆使した「四刀」に加え、キリンの野生の力で互角に渡り合うが、ゾロの新必殺技「阿修羅 弌武銀」の前に敗北。
表紙連載『CP9の任務外報告』では、キリンの体をすべり台として用い、ルッチの医療費稼ぎをした。
ジャブラ
声 - 高塚正也
CP9諜報部員。
中国風の装いをした辮髪の男。左目に大きな傷痕があり、サングラスをかけている。殺し屋らしく、標的はいたぶる事はせずに瞬殺するべきだと考えている。ルッチとカクを何かとライバル視している。かつて給仕職のギャサリンに一目惚れしていたが、フラれた挙げ句にフクロウがこの事を衛兵達に話してしまったため、たちまちこの話題はエニエス・ロビーで広まってしまった。笑い声は「ぎゃはははは」。道力2180。35歳→37歳[3]。誕生日は6月5日[4]
動物系悪魔の実「イヌイヌの実 モデル"(ウルフ)"」の能力者。六式使いで唯一、全身「鉄塊」状態で動くことができ、それを利用した「鉄塊拳法」を駆使する。
ルッチ達がウォーターセブンで潜伏任務についていた間は、クマドリ、フクロウと共に革命軍支部長暗殺計画を実行していた。エニエス・ロビーではそげキング(ウソップ)と対峙し、童話の狼の如く卑怯なウソを使って彼を追い詰めるものの、サンジによって阻まれる。その後サンジと激闘を繰り広げ一時は優位に進めたが、サンジの新技「悪魔風脚」に圧倒され、最後は地面に叩きつけられ敗北した。
表紙連載『CP9の任務外報告』では、セントポプラでルッチの医療費の為に、ブルーノと共に火の輪くぐりなどの芸をして金を稼いだ。
ブルーノ
声 - 佐々木誠二
CP9諜報部員。
牛の角のような髪型をした大柄な体格の男。冷静かつ寡黙な性格で、感情を表に出すことはほとんどない。道力820。30歳→32歳[3]。誕生日は4月20日[4]
超人系悪魔の実「ドアドアの実」の能力者。隔てるものをドアに変えられる「ドア人間」。人体や大気にもドアを作り出すことができる。
ウォーターセブンでは、ガレーラカンパニーに直接潜入した3人とは違い、中心街の酒場の店主として諜報活動を行っていた。ロビンと最初に接触し、アイスバーグを襲撃した。ガレーラの屋敷を襲撃した際は、タイルストンを圧倒した。
エニエス・ロビーでは衛兵の被害数に唯一疑問を感じ、裁判所屋上でルフィと対峙する。最初は互角に渡り合ったが、「ギア2」でパワーアップしたルフィには歯が立たず、六式使いの中で最初に敗北した。
表紙連載『CP9の任務外報告』では、敗北した仲間達を能力でバスターコールから救いだし、ルッチのために医療費興行を行った。
クマドリ
声 - 吉田裕秋
CP9諜報部員。
顔に隈取を入れた大男。「よよいっ」という口癖を持ち、常に歌舞伎役者のような言動をとる。普段は右目を閉じているが、本気になると開き、獅子のような雄叫びをあげながら暴れ回る。事あるごとに「天国のおっかさん」と口にするが、実は母親はまだ健在である。母親の名前は「クマドリヤマンバ子」で、職業は息子同様殺し屋(ただし、CP9のメンバーではない)[7]。道力810。34歳→36歳[3]。誕生日は2月20日[4]
錫杖を武器とする。「生命帰還」という技で、自分の体の隅々まで意識を届かせ、髪の毛などを操ることができる。
エニエス・ロビーでは最初にナミと戦い、彼女を全く寄せ付けないほどの実力を見せつける。さらにチョッパーと交戦し、彼との戦闘でも圧倒したが、ランブルボールを3つ服用し怪物と化したチョッパーには全く敵わず惨敗した。
表紙連載『CP9の任務外報告』では、ルッチのために医療費興行を行った。
フクロウ
声 - 渡辺久美子
CP9諜報部員。
クマドリ並に大きく、丸っこい体つきの男。異名は「音無しのフクロウ」。噂好きで口が軽いため、口におしゃべり防止用のチャックが付いているが、事あるごとに口を開けて何でも喋ってしまう。そのため、作戦が外部に漏れることも珍しくない模様。笑い声は「チャパパ」。道力800。29歳→31歳[3]。誕生日は6月29日[4]
六式使いの中でも「剃」の達人と自称し、のように無音で近づき任務を遂行する。また、六式遊技「手合」によって仲間の道力値を測ることができる。
エニエス・ロビーではフランキーと交戦。六式使いに有利な空中戦に持ち込んだが、最後は動きを封じられ、地面に叩きつけられ敗北した。
表紙連載『CP9の任務外報告』では、カクの能力を用いた有料滑り台の会計兼階段を務め、医療費稼ぎをした。
カリファ
声 - 進藤尚美
CP9諜報部員。元アイスバーグの秘書
CP9の紅一点。ロングヘアーに眼鏡をかけた美女。一見クールな雰囲気だが、天然ボケな一面がある。単刀直入な発言が多く、よく口にする言葉は「セクハラです」「無礼者」。父親もかつてCP9のメンバーであった[8]。道力630。25歳→27歳[3]。誕生日は4月23日(秘書の日)[5]
超人系悪魔の実「アワアワの実」の能力者。体からを出すことができる「石鹸人間」。出した泡は自在に操ることができ、汚れやくすみはおろか、力や体の起伏すらそぎ落とす。全身を泡で覆うことで防御も可能。能力者になる前はイバラのを武器としていた。
ウォーターセブンでの潜伏任務中は、アイスバーグの秘書を務めていた。秘書としては有能で、アイスバーグから高い評価を得ていた。ガレーラの屋敷を襲撃した際は、職人たちを圧倒し、ルルを倒した。
エニエス・ロビーでの決戦直前に悪魔の実を食べ、能力者となる。部屋に訪れたサンジと交戦し、実力的には及ばなかったが、サンジが女性を攻撃できないため勝利を収める。その後、ナミと頭脳戦を繰り広げるが、完全版"天候棒"の性能に翻弄され敗北した[注 1]
表紙連載『CP9の任務外報告』では、自身の能力を生かして屋根掃除を手伝い、医療費稼ぎをした。
ネロ
声 - 木内秀信
CP9の新入り。
異名は「海イタチのネロ」。「四式使い」であり、嵐脚「線」が使えるが、「指銃」と「鉄塊」は体得していない。戦闘では拳銃も使用する。口癖は「○○っしょ」「シャウ!」。誕生日は1月26日[4]
ロビンとフランキーを連行する際、海列車の第三車両を守っていた。屋根の上でフランキーと対峙。フランキーの弱点を突き追い込んでいくが、油断して動きを封じられ敗北した。逆上して任務を忘れ、生け捕りにすべきフランキーを殺そうとしたことから、ルッチに見限られ、「指銃」を喰らって海へと投げ落とされた。

22年前のメンバー[編集]

スパンダイン
声 - 小野坂昌也
22年前のCP9司令長官。スパンダムの父親。
冷徹かつ極めて下劣な性格。息子同様無能で、自分が出世できるような仕事しかやりたがらない。誕生日は1月19日[4]
22年前、五老星の命でオハラに派遣され、「歴史の本文」研究の決定的証拠をつかんだ後、バスターコールを発動させた。また、オハラから脱出したロビンを目撃し、ロビンに懸賞金を懸けた。その後、CP9長官の座を息子に譲った。
現在では髭を生やして白髪になり、息子と共にCP9抹殺を企てている。
ラスキー[4]
カリファの父[8]。22年前のCP9に所属していた。「剃」や「指銃」と思われる技を使用。

CP7[編集]

ワンゼ
声 - 高戸靖広
CP7諜報部員。
お料理格闘家。自称「マッドなワンゼ」。CP7の(自称)エース。頭につけているのは「ポップアップゴーグル」と呼ばれるもので、タマネギを切るときにしか使わない[9] [注 2]。笑い声は「さっさっさーっ」。誕生日は9月4日[4]
食物を駆使した体技「ラーメン拳法」の使い手。練り上げると金属並の硬度になる「合金小麦粉」で作った麺を自在に操る。鼻毛が網目状に交差していて、それを利用して鼻の穴から生麺を作ることができる。
ロビンを護送する海列車で給仕長を務めていた。ラーメン拳法でサンジを翻弄したが、包丁で麺ズ正装スーツを斬られた上に「食物を粗末に扱った」「目の前で料理人を名乗った」「仲間を侮辱した」という理由でサンジの怒りを買い、敗北した。

CP6[編集]

ジェリー
声 - 楠見尚己
CP6諜報部員。
「南の海」にある「カラテの島」出身のボクシングチャンピオン。非常に長身で、海列車の中では腰を曲げた状態で乗るのが精一杯だった。誕生日は2月22日[4]
海列車に侵入したサンジを迎え撃つが、あっさり倒された。

CP5[編集]

スパンダム
10年前のCP5主官。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 手錠の鍵を体に隠し持っていたため、倒れた後ナミに衣服を剥ぎ取られてしまった。作者曰く、とても恥ずかしくて言えない場所に隠していたらしい[7]。戦いの後は白い布を巻いており、逃走の際はジャブラの服を借りていた。
  2. ^ 玉ねぎの涙を出す成分は鼻から入ってくるので、間違った使い方である。これはSBS内で読者に指摘されており、作者はこれを知らなかった模様[10]

出典[編集]

  1. ^ 第705話
  2. ^ 第712話
  3. ^ a b c d e f g h 第47巻SBS
  4. ^ a b c d e f g h i j k 『ONE PIECE BLUE DEEP』より。
  5. ^ a b c 第43巻SBS
  6. ^ 第45巻SBS
  7. ^ a b 第44巻SBS
  8. ^ a b 第54巻SBS
  9. ^ 第41巻SBS
  10. ^ 第42巻SBS