黒岩勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

黒岩 勉(くろいわ つとむ、1973年7月19日 - )は日本の構成作家脚本家および小説家である。

来歴[編集]

1973年埼玉県生まれ。青山学院大学経営学部卒業後、ラジオ・テレビ番組の構成作家となる。2008年フジテレビヤングシナリオ大賞で佳作を受賞[1]2009年世にも奇妙な物語』で脚本家デビュー。連続ドラマ『LIAR GAME Season2』映画『LIAR GAME The final stage』の脚本を執筆。2010年『それは、自殺5分前からのパワープレー』(リンダブックス刊)で小説家デビュー[2]。2012年現在は主にフジテレビ系列のテレビドラマを活動拠点として積極的な執筆活動を続けている。ミステリー作品を手掛けることが多く、また、『世にも奇妙な物語』において作品を執筆するときは主に社会派系の作品を手掛けることが多い。2017年、『僕のヤバイ妻』で第3回ASIA RAINBOW TV AWARDS最優秀脚本賞と第5回市川森一脚本賞を受賞。

脚本[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

小説[編集]

  • それは、自殺5分前からのパワープレー(2010年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ヤングシナリオ大賞 - フジテレビ
  2. ^ 著作物での紹介文 - Amazon