徳尾浩司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳尾 浩司
プロフィール
本名 徳尾 浩司
誕生日 1979年4月2日
出身地 日本の旗 日本大阪府
主な作品
テレビドラマおっさんずラブ
私の家政夫ナギサさん
映画走れ!T校バスケット部
劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜
受賞
ザテレビジョンドラマアカデミー賞
脚本賞
2018年『おっさんずラブ』
テンプレートを表示

徳尾 浩司(とくお こうじ、1979年4月2日 - )は、日本脚本家演出家大阪府出身。慶應義塾大学[1]。sacca所属[2]。とくお組主宰[3]

略歴・人物[編集]

小学生の頃は、流行っていた『ドラゴンボール』を真似て漫画を描き、周囲の評判もよかったことから漫画家になるのが夢であった。桃山学院高等学校に入学後も面白い物語のアイデアはあったものの、絵の上達に限界を感じるようになっていた。高校の担任教師から文化祭で上演する演劇の脚本を頼まれたことをきっかけに脚本作りの楽しさと演劇の面白さに気づくことになる。その後、演劇活動のさかんな早稲田大学を志望し、複数の学部を受験したがすべて失敗。東北大学には合格するも、演劇が盛んではなさそうだったため進学せず、慶應義塾大学に入学。部員15名ほどの演劇研究会に所属し、脚本と演出を手がけた。大学卒業後、自身が主宰する「とくお組」を結成。「とくお組」のメンバーの紹介で脚本家の事務所「sacca」に所属することとなった[4]

2013年のNHKの連続ドラマ「ハードナッツ!」の脚本を1話分手がけたことを転機に、次々と脚本の仕事が舞い込むようになった[4]。近年の作品では、『探検隊の栄光』、『スリル!〜赤の章・黒の章〜』(NHK)、『おっさんずラブ』(テレビ朝日)などがある。

男性同士の同性愛をコミカルに描いた『おっさんずラブ』が放送中にタイトルがTwitterの世界トレンドランキングで1位になったり、2018年12月3日に発表された『2018ユーキャン新語・流行語大賞』ではトップテンに選ばれるといった大きな話題となる[5]

『おっさんずラブ』で第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞を受賞[6]

作品[編集]

特記のないものは脚本のみ担当。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ネット配信ドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 大人計画フェスティバル正名僕蔵一人芝居「正名僕蔵の大運動会」作・演出(2006年)
  • 漂流教室」脚本・演出(2009年、出演:庄司智春川下大洋小野真弓
  • 「PLAYZONE2010 ROAD TO PLAYZONE」構成・演出(2010年、青山劇場ほか、出演:今井翼)
  • 「マイホーム・オン・ザ・ビーチ」脚本(2010年、出演:ラサール石井つるの剛士
  • 「PLAYZONE'11 SONG&DANC’N.」構成・演出(2011年、青山劇場ほか、出演:今井翼
  • 戦国鍋TV 僕たち天正遣欧少年使節」作・演出(2011年、ラフォーレミュージアム原宿)
  • PLAYZONE'12 SONG&DANC’N. PARTII」構成・演出(2012年、青山劇場ほか、出演:今井翼
  • 「合唱ブラボー! 〜ブラボー大作戦〜」脚本(2013年6月、CBGKシブゲキ!!)
  • 「DA2-DANZIN LIVE ASIA TOUR FINAL IN TOKYO」構成・演出(2013年10月、ディファ有明)
  • 劇団スパイスガーデン「移動するプリズン」作・演出(2013年10月)
  • 「僕等の図書室3」(カラマーゾフの兄弟)脚本(2014年5月)
  • 堀内夜あけの会「恐怖 タコ公園のタコ女」演出(2014年5月、出演:堀内健
  • WBB「そして、今夜もニコラシカ!」演出(2014年6月、出演:佐野瑞樹佐野大樹
  • ヴァンパイア騎士」脚本(2015年1月、出演:若月佑美乃木坂46))
  • ドン・ドラキュラ」脚本・演出(2015年4月、出演:橘ケンチEXILE))
  • ヴァンパイア騎士-Revive」脚本(2015年7月、出演:若月佑美(乃木坂46))
  • WBB「殺意は月夜に照らされて」脚本(2015年11月、出演:佐野瑞樹佐野大樹
  • 明後日「日の本一の大悪党」演出補(2016年6月9日 - 、出演:安田顕小泉今日子
  • 松本利夫ワンマンSHOW「MATSUぼっち 04-DOORS-」演出(2016年10月6日 - 、出演:松本利夫
  • 乃木坂463人のプリンシパル」脚本・演出(2017年2月2日 - 12日、出演:乃木坂46三期生)
  • 「GACHI」脚本(2017年8月11日 - 27日、出演:ふぉ〜ゆ〜
  • 松本利夫ワンマンSHOW「MATSUぼっち 05-レコード-」演出(2018年2月2日 - 、出演:松本利夫)
  • 松本利夫ワンマンSHOW「MATSUぼっち 06-STARS-」演出(2019年2月13日 - 、出演:松本利夫)
  • 本多劇場グループPRESENTS ACALINO TOKYO「演劇の街をつくった男」脚本・演出(2020年6月19日-21日)[10][11][12][13]
  • 松本利夫ワンマンSHOW「MATSUぼっち 07-MEDAL RUSH-」演出(延期- 、出演:松本利夫)
  • またはブライアン「完全にそうだけど恋をしようよ」脚本(2020年9月2-6日、出演:加藤啓、佐藤貴史)
  • 「オレたち応援屋!! On Stage」脚本(2020年10月3日-28日、出演:A.B.C-Z
  • asatte FORCE オンライン連動型演劇 とくお組「クッキング!」(2020年10月10日、出演:とくお組)

CM[編集]

  • すき家インフォマーシャル「青春の味編」「元彼女編」「実家の母編」(2010年 TBS)

劇団公演[編集]

全作品の作・演出(第24回「光沢のある赤いスイッチ」は同劇団員 篠崎友演出)

  • 第20回「近未来パーク」(2013年4月、吉祥寺シアター
  • 第21回「砂漠の町のレイルボーイズ」(2013年8月、座・高円寺1)
  • 第22回「ブラックホールの出来事」(2014年1月、渋谷ギャラリーLEDECO)
  • 第23回「銀河ホテル 〜たまプラーザ店」(2014年7月、座・高円寺1)
  • 第24回「光沢のある赤いスイッチ」(2015年1月、渋谷ギャラリーLEDECO)
  • 第25回「コロッセオ・ミュージカル'80」(2015年6月、座・高円寺1)
  • 第26回「林檎の軌道」(2021年3月、下北沢 駅前劇場)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 虫ん坊 2015年03月号 特集1:『ドン・ドラキュラ』舞台化! 演出・脚本 徳尾浩司さん インタビュー:TezukaOsamu.net(JP)” (日本語). tezukaosamu.net. 2018年7月30日閲覧。
  2. ^ sacca株式会社
  3. ^ とくお組
  4. ^ a b 「おっさんずラブ」脚本家・徳尾浩司 産みの親が明かす名作の原点とは?” (日本語). 文春オンライン. 2019年10月6日閲覧。
  5. ^ 新語・流行語トップテン入りの「おっさんずラブ」、再加熱で「信じてる…!」【視聴熱TOP3】(ザテレビジョン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年4月2日閲覧。
  6. ^ ザテレビジョン. “脚本賞は「おっさんずラブ」徳尾浩司氏! 田中圭と吉田鋼太郎のやり取りは『もう“無双”という感じ』【ドラマアカデミー賞】 | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2019年4月2日閲覧。
  7. ^ “『都会のトム&ソーヤ』2021年公開決定!マチトム超特報映像も解禁”. SCREEN ONLINE. (2019年12月15日). https://screenonline.jp/_ct/17417002 2020年12月15日閲覧。 
  8. ^ “欅坂46ドラマの要人・徳山大五郎の正体は嶋田久作!”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年6月14日). http://thetv.jp/news_detail/80025/ 2016年6月14日閲覧。 
  9. ^ 石原さとみ×綾野剛のドラマ「恋はDeepに」4月放送スタート、脚本は徳尾浩司”. 映画ナタリー (2021年2月11日). 2021年2月11日閲覧。
  10. ^ 本多一夫「演劇の街をつくった男」徳尾浩司演出で上演、ライブ配信も (2020年6月10日)” (日本語). シアターテイメントNEWS. 2020年11月1日閲覧。
  11. ^ 『演劇の街をつくった男』で下北沢・小劇場B1再始動、脚本・演出に徳尾浩司 (2020年6月17日)” (日本語). シアターテイメントNEWS. 2020年11月1日閲覧。
  12. ^ 本多劇場グループ PRESENTS ACALINO TOKYO 「演劇の街をつくった男」人間が持つエネルギー、夢を、想いを現実に。どんな時代が来ようとも、これだけはなくならない (2020年6月21日)” (日本語). シアターテイメントNEWS. 2020年11月1日閲覧。
  13. ^ 《インタビュー》本多劇場グループ PRESENTS ACALINO TOKYO 「演劇の街をつくった男」 本多劇場グループ総支配人・本多愼一郎 (2020年6月21日)” (日本語). シアターテイメントNEWS. 2020年11月1日閲覧。

外部リンク[編集]