尾崎将也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

尾崎 将也(おざき まさや、1960年4月17日[1] - )は、日本脚本家映画監督。ジャパンクリエイティブマネージメント所属。

人物[編集]

兵庫県西宮市出身。六甲高等学校関西学院大学文学部を卒業後、広告制作会社に就職するも脚本家の夢を諦められず、1992年に『屋根の上の花火』で第5回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞し頭角を現した。

代表作に『アットホーム・ダッド』『結婚できない男』『特命係長 只野仁』『白い春』『梅ちゃん先生』がある。妻は小説家佐伯紅緒

2010年、初監督映画『ランデブー!』で映画監督デビューを果たした。

主な作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]

テレビ出演[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ TVガイド』2008年8月1日号「反町隆史×尾崎将也~挑戦、変革、男の幸せ。」ロト6で3億2千万円当てた男 主演×脚本家特別対談 に記載のプロフィールより
  2. ^ miwa×六角精児×大空祐飛 「紅白が生まれた日」 出演者発表第二弾!”. 日本放送協会 (2015年1月26日). 2015年2月4日閲覧。
  3. ^ 福士蒼汰、日テレドラマ初主演 土屋太鳳と“異色”ラブコメ「型破りな作品になる」”. ORICON STYLE (2016年2月18日). 2016年2月18日閲覧。
  4. ^ “ディーン・フジオカが結婚詐欺師役で主演、井上荒野の小説「結婚」映画化”. 映画ナタリー. (2017年1月12日). http://natalie.mu/eiga/news/216456 2017年1月12日閲覧。 

外部リンク[編集]