数理科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

数理科学(すうりかがく、英語:mathematical sciences)は、数学・数学の応用分野、数理統計学を含む数学及びその周辺の学術分野を表す[1]。数学は古くからある学術であるが、数理科学は20世紀後半から使われるようになった言葉のようである[1]

概要[編集]

数理科学の研究は計算機による数値実験ということも行われるが、基本的に理論研究である[1]。また、数理科学は「数学と諸科学の出会いの場である」とも言われ、様々な分野と関連する[2]。具体例としては、統計学理論計算機科学暗号理論集団遺伝学計量経済学数理物理学保険数理学(保険数理)航空数理などが挙げられる。

数理科学科を持つ大学[編集]

国立大学[編集]

公立大学[編集]

私立大学[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 楠岡成雄「数理科学の科学・夢ロードマップ」『学術の動向』第20巻第3号、日本学術協力財団、2015年、 3_16-3_19、 doi:10.5363/tits.20.3_162020年6月18日閲覧。
  2. ^ 木上淳. “数理科学について”. 2020年6月14日閲覧。

関連文献[編集]

  • Barry Cipra, What's Happening in the Mathematical Sciences, vol.1(1993), vol.2(1994), vol.3(1995, 1996)...vol.9 [1]
  • 広中平祐代表編集 『数理科学事典第二版』、丸善、2009年。ISBN 978-4-621-08125-9

関連項目[編集]