PLAYZONE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

PLAYZONE』(プレゾン)は、日本ミュージカル作品。「プレイゾーン」ではなく「プレゾン」と読ませる。主演は2008年公演まで少年隊、それ以降はジャニーズ事務所の後輩が交代で務めている。ジャニー喜多川監修、プロデューサーは大和剛[1]。略称「PZ」。

概要[編集]

少年隊デビューの翌年1986年夏に青山劇場で初演され、毎年夏に上演し続けているオリジナルミュージカル[2]。2005年の夏で20年、2007年(22年目)の夏で通算上演回数は900回を迎えた。2008年8月31日をもって23年続いた少年隊出演の『PLAYZONE』は終了[1]。少年隊の通算公演は957回、観客動員数は138万人465人となっている[3]

2009年からも『PLAYZONE』の名前は残したまま後輩が受け継いで上演してきたが、2015年、青山劇場の閉館に伴い公演も終了した[2]。通算公演回数は1232回、動員数は173万7450人を記録した[2]

出演者は主にジャニーズ事務所所属のタレント・ジャニーズJr.だが、他に外部のダンスチームや劇団関係者も出演している。

これまでの公演[編集]

主な出演者の所属グループは公演当時のもの。

PLAYZONE MYSTERY[編集]

上演期間は1986年7月5日 - 7月27日、30公演。

キャスト

PLAYZONE'87 TIME-19[編集]

上演期間は1987年7月3日 - 7月26日、30公演。

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清・植草克秀・東山紀之
  • 少年忍者
    • 柳沢超・正木慎也・高木延秀・遠藤直人・志賀泰伸・中村亘利・藤沢裕介
  • ジャニーズJr.

PLAYZONE'88 カプリッチョ -天使と悪魔の狂想曲-[編集]

上演期間は1988年7月4日 - 8月31日、51公演。この年から大阪フェスティバルホールでの大阪公演が始まる。通算100回公演達成。

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清・植草克秀・東山紀之
  • 中村繁之
  • 少年忍者
    • 柳沢超・正木慎也・高木延秀・遠藤直人・志賀泰伸・中村亘利

PLAYZONE'89 Again[編集]

上演期間は1989年7月 - 8月、53公演。この年のみ愛知厚生年金会館での名古屋公演が行われた。

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清・植草克秀・東山紀之
  • 中村繁之
  • 忍者
    • 柳沢超・正木慎也・高木延秀・遠藤直人・志賀泰伸・古川栄司
  • 長野博

PLAYZONE'90 MASK[編集]

上演期間は1990年7月7日 - 8月19日、42公演。この年から東京・大阪の2都市公演が始まる。劇中劇の『ハムレット』は蜷川幸雄が演出している[4]。通算200回公演達成。

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清・植草克秀・東山紀之
  • 忍者
    • 柳沢超・正木慎也・高木延秀・遠藤直人・志賀泰伸・古川栄司

PLAYZONE'91 SHOCK[編集]

上演期間は1991年7月4日 - 8月14日、41公演。堂本光一主演舞台『SHOCK』シリーズの原型。

キャスト

PLAYZONE'92 さらばDiary[編集]

上演期間は1992年7月11日 - 8月16日、39公演。

キャスト

PLAYZONE'93 WINDOW[編集]

上演期間は1993年7月8日 - 8月19日、41公演。通算300回公演達成。

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清・植草克秀・東山紀之
  • TOKIO
    • 城島茂・山口達也・国分太一・松岡昌宏・長瀬智也

PLAYZONE'94 MOON[編集]

上演期間は1994年7月5日 - 8月12日、45公演。通算観客動員数50万人突破。植草は7月24日に結婚を発表した。

キャスト

PLAYZONE'95 KING&JOKER[編集]

上演期間は1995年7月7日 - 8月13日、40公演。脚本・演出を錦織が担当。通算400回公演達成。

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清・植草克秀・東山紀之
  • 忍者
    • 柳沢超・正木慎也・高木延秀・遠藤直人
  • ジャニーズSr.
    • 坂本昌行・長野博・井ノ原快彦

PLAYZONE'96 RHYTHM[編集]

上演期間は1996年7月 - 8月、38公演。

キャスト

PLAYZONE'97 RHYTHM II[編集]

上演期間は1997年7月12日 - 8月11日、35公演。

キャスト

PLAYZONE'98 5nights[編集]

上演期間は1998年7月12日 - 8月17日、40公演。通算500回公演達成。

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清・植草克秀・東山紀之
  • 20th Century
    • 坂本昌行・長野博・井ノ原快彦
  • ジャニーズJr.
    • 町田慎吾(長野とダブルキャスト)・浜田一男(井ノ原とダブルキャスト)・三浦勉・秋山純(坂本とダブルキャスト)・植村良侑・鈴木康哲

PLAYZONE'99 Goodbye&Hello[編集]

上演期間は1999年7月11日 - 8月15日、41公演。

キャスト

PLAYZONE'00 THEME PARK[編集]

上演期間は2000年7月16日 - 8月20日、40公演。通算600回公演達成。

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清・植草克秀・東山紀之
  • 20th Century
    • 坂本昌行・長野博・井ノ原快彦
  • Musical Academy
    • 秋山純・町田慎吾(長野とダブルキャスト)・米花剛史(坂本とダブルキャスト)・屋良朝幸(井ノ原とダブルキャスト)
  • M.A.D.
  • B.B.A.
  • 関西ジャニーズJr.

PLAYZONE'01 EMOTION〜新世紀〜[編集]

上演期間は2001年7月14日 - 8月17日、44公演。

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清・植草克秀・東山紀之
  • TOKIO
    • 松岡昌宏
  • V6
    • 井ノ原快彦
    • 大野智
  • Musical Academy
    • 秋山純・町田慎吾・米花剛史・屋良朝幸
  • M.A.D.
  • 関西ジャニーズJr.
    • 錦戸亮
  • MAO
    • 大堀治樹・福原一哉

PLAYZONE'02 愛史[編集]

上演期間は2002年7月13日 - 8月15日、42公演。通算観客動員数100万人突破。

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清・植草克秀・東山紀之
  • 佐藤アツヒロ
  • Four Tops
  • Ya-Ya-yah
  • Musical Academy
    • 秋山純・町田慎吾・米花剛史・屋良朝幸
  • M.A.D.(Musical Academyの代役)
    • 野田優也・島田直樹・萩原幸人・伊藤達哉・石田友一・橋田康

PLAYZONE'03 Vacation[編集]

上演期間は2003年7月14日 - 8月17日、40公演。通算700回公演達成。

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清・植草克秀・東山紀之
  • ジャニーズJr.
  • Musical Academy
    • 秋山純・町田慎吾・米花剛史・屋良朝幸
  • HisH
    • 橋田康・石田友一・島田直樹・萩原幸人

PLAYZONE'04 WEST SIDE STORY[編集]

上演期間は2004年7月2日 - 8月16日、51公演。オリジナル以外の作品『ウェストサイドストーリー』を上演している。オリジナルの内容ではない公演は、この公演のみ。東山はベルナルドの配役を切望していたが、演出家の「意外性があったほうがいい」という意向で、植草がベルナルド役となった。また従来行われていた、公演最後のショータイムやMCは行われず、メンバーが演出家に特別許可をもらい、東京と大阪それぞれの最終公演でのみ公演終了後にMCが行われた。

PLAYZONEシリーズの恒例であるCD化・映像化がなされていない。翌年に上映された『PLAYZONE'05 〜20th Anniversary〜Twenty Years…』の公演パンフレットにも、他の公演は公演中の写真が掲載されていたのに対し、この公演は公演名の記載だけで写真は掲載されず、会場入口で紹介された今までの公演名からも外されていた。宝塚歌劇団劇団四季、同事務所後輩の(大野智・櫻井翔松本潤)も同作品を公演しているが、映像化は行われていない。

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清(リフ)・植草克秀(ベルナルド)・東山紀之(トニー)
  • 佐藤アツヒロ・赤坂晃
  • ジャニーズJr.

PLAYZONE'05 〜20th Anniversary〜Twenty Years…[編集]

上演期間は2005年7月6日 - 8月17日、44公演。20周年記念作品、通算800回公演達成。

キャスト

PLAYZONE'06 Change[編集]

上演期間は2006年7月9日 - 8月5日、40公演。

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清・植草克秀・東山紀之
  • 佐藤アツヒロ・赤坂晃
  • ジャニーズJr.
    • 長谷川純
  • A.B.C.
    • 塚田僚一・戸塚祥太・五関晃一・河合郁人
  • M.A.D.

PLAYZONE'07 Change2Chance[編集]

上演期間は2007年7月9日 - 9月7日、40公演。この年から、大阪公演は梅田芸術劇場で行われる。通算900回公演達成。この作品で、研修生であった内博貴草野博紀が復帰し、植草の息子・植草裕太が俳優デビューした[5]

当初はDVDの発売予定があったが、出演した赤坂晃が公演終了後事務所から解雇されたため、発売は中止された[6]

キャスト

PLAYZONE FINAL 1986-2008〜SHOW TIME Hit Series〜 Change[編集]

上演期間は2008年7月6日 - 8月8日(青山劇場)、8月26日 - 8月31日(梅田芸術劇場)[1]の全45公演、5万5335人動員[3]。少年隊主演としては最後のPLAYZONE[3]。今までのプレゾンで使用された楽曲をオムニバス形式で披露するもので、ミュージカルというよりはコンサートに近い内容である。青山劇場千秋楽公演の終演後はメンバー発案で劇場入り口前で史上初の“ファンお見送りイベント”が開催され、「仮面舞踏会」など2曲が披露された[7]

キャスト

  • 少年隊
    • 錦織一清・植草克秀・東山紀之
  • Musical Academy
    • 屋良朝幸
  • M.A.D.
    • 山本亮太・加藤幸宏・川村陵・武内幸太朗・前田紘利T.J.
  • MADE
    • 秋山大河・稲葉光・今井龍世・高橋竜・冨岡健翔・山下拓海
  • Jr.BOYS

特別出演(第1幕のみ出演、メンバーは日替わり)

PLAYZONE 2009 〜太陽からの手紙〜[編集]

上演期間は2009年7月11日 - 8月9日(青山劇場)、8月21日 - 8月26日(梅田芸術劇場)の全48公演。

少年隊主演のPLAYZONEが終わって初めてのジャニーズJr.主演によるPLAYZONEである。作・演出は錦織一清が務める。

主演

キャスト

  • Kis-My-Ft2
  • FiⅤeQuestion?
    • 石垣大祐
  • Question?
    • 淀川由浩・伊郷アクン・藤家和依・後藤泰観
  • They武道
    • 高橋竜・林翔太・江田剛・山本亮太
  • M.A.D.
    • 池田優・小野寺一希・加藤幸宏・川村陵・武内幸太朗・野田優也・前田紘利T.J.・松本幸大
  • ジャニーズJr.
    • 内博貴
    • アンダーソン・ケイシー・植草裕太・川島如恵留・京本大我 ほか
  • Musical Academy
    • 屋良朝幸

PLAYZONE 2010 〜ROAD TO PLAYZONE〜[編集]

上演期間は2010年7月9日 - 8月1日(青山劇場)33公演、8月14日 - 8月22日(梅田芸術劇場)11公演の全44公演。

マイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』の振り付けで知られる振付師トラヴィス・ペインがダンスの振付を手掛けている。

主演

キャスト

  • Musical Academy
    • 屋良朝幸
  • A.B.C-Z
    • 五関晃一・戸塚祥太・塚田僚一・河合郁人・橋本良亮
  • They武道
    • 高橋竜・林翔太・江田剛・山本亮太
  • M.A.D.
    • 池田優・加藤幸宏・松本幸大・野田優也
  • NYC
    • 中山優馬(特別出演)
  • S.A.D.
    • 仲田拡輝・川島如恵留・森田美勇人・七五三掛龍也
  • ジャニーズJr.
    • 森本慎太郎

PLAYZONE'11 SONG & DANC'N。[編集]

2011年7月8日 - 8月7日(青山劇場)30公演、8月19日 - 8月21日(愛知・中日劇場)4公演、8月28日 - 8月31日(大阪・梅田芸術劇場)6公演上演、全40公演。この年から芝居部分がほぼない、歌とダンス中心の公演になった。振付は昨年と同じくトラヴィス・ペインが担当した[8]。 2011年11月2日発売のDVDが初週1.1万枚を売り上げ、オリコンDVD総合週間ランキング首位を獲得した。総合首位は2000年少年隊主演以来11年ぶりとなる[8]

座長

  • タッキー&翼
    • 今井翼

キャスト

  • 屋良朝幸
  • 中山優馬(NYC)
  • A.B.C-Z
  • ふぉ〜ゆ〜
    • 福田悠太・辰巳雄大・越岡裕貴・松崎祐介
  • They武道
    • 山本亮太・林翔太・江田剛・高橋竜
  • M.A.D.
    • 池田優・松本幸大・加藤幸宏・野田優也
  • JR.A


PLAYZONE'12 SONG & DANC'N。PARTII[編集]

2012年7月9日 - 8月10日上演、全36公演(青山劇場)。

主演

  • タッキー&翼
    • 今井翼

キャスト

  • 屋良朝幸
  • 中山優馬(NYC)
  • ふぉ〜ゆ〜
    • 福田悠太・辰巳雄大・越岡裕貴・松崎祐介
  • They武道
    • 山本亮太・林翔太・江田剛
  • “MAD”
    • 池田優・松本幸大・野田優也
  • Travis Japan
    • 兄組:仲田拡輝・川島如恵留・七五三掛龍也・森田美勇人
    • 弟組:吉澤閑也・中村海人・阿部顕嵐・梶山朝日・宮近海斗
  • 佐藤アツヒロ

PLAYZONE'13 SONG & DANC'N。PARTIII[編集]

2013年7月3日 - 8月10日上演、全40公演(青山劇場)。

座長

  • タッキー&翼
    • 今井翼

キャスト

  • 屋良朝幸
  • 中山優馬
  • ふぉ〜ゆ〜
    • 福田悠太・辰巳雄大・越岡裕貴・松崎祐介
  • They武道
    • 山本亮太・林翔太・江田剛
  • “MAD”
    • 池田優・松本幸大
  • Travis Japan
    • 兄組:仲田拡輝・川島如恵留・七五三掛龍也・森田美勇人
    • 弟組:吉澤閑也・中村海人・阿部顕嵐・梶山朝日

PLAYZONE→IN NISSAY[編集]

PLAYZONE'13 の再演として2014年1月7日 - 1月28日上演、全30公演(日生劇場)。休演日が1日もないという公演だった。

座長

  • タッキー&翼
    • 今井翼

キャスト

  • 屋良朝幸
  • 中山優馬
  • ふぉ〜ゆ〜
    • 福田悠太・辰巳雄大・越岡裕貴・松崎祐介
  • They武道
    • 山本亮太・林翔太・江田剛
  • “MAD”
    • 池田優・松本幸大
  • Travis Japan
    • 兄組:仲田拡輝・川島如恵留・七五三掛龍也・森田美勇人
    • 弟組:吉澤閑也・中村海人・阿部顕嵐・梶山朝日

PLAYZONE 1986・・・2014★ありがとう!〜青山劇場★[編集]

2014年7月6日 - 8月9日上演、全43公演(青山劇場)。

主演

  • タッキー&翼
    • 今井翼

キャスト

  • 屋良朝幸
  • 中山優馬
  • ふぉ〜ゆ〜
    • 福田悠太・辰巳雄大・越岡裕貴・松崎祐介
  • They武道
    • 山本亮太・林翔太・江田剛
  • “MAD”
    • 池田優・松本幸大
  • Travis Japan
    • 兄組:仲田拡輝・川島如恵留・七五三掛龍也・森田美勇人
    • 弟組:宮近海斗・吉澤閑也・中村海人・梶山朝日

PLAYZONE2015さよなら!〜青山劇場 PLAYZONE 30YEARS 1232公演[編集]

2015年1月6日 - 1月22日上演、全24公演(青山劇場)。

主演

  • タッキー&翼
    • 今井翼

キャスト

  • 屋良朝幸
  • 中山優馬
  • ふぉ〜ゆ〜
    • 福田悠太・辰巳雄大・越岡裕貴・松崎祐介
  • They武道
    • 山本亮太・林翔太・江田剛
  • “MAD”
    • 池田優・松本幸大
  • Travis Japan
    • 兄組:仲田拡輝・川島如恵留・七五三掛龍也・森田美勇人
    • 弟組:宮近海斗・吉澤閑也・中村海人・梶山朝日

関連作品[編集]

ビデオ[編集]

LDでも販売されたものがある[9][10]

VHS[編集]

  1. PLAYZONE MYSTERY(1986年9月5日)
  2. PLAYZON'87 TIME-19 THE PREVIEW(1987年7月17日)
  3. PLAYZON'87 TIME-19(1987年9月7日)
  4. PLAYZONE'88 カプリッチョ -天使と悪魔の狂想曲-(1988年8月21日)
  5. PLAYZONE'89 Again(1989年9月21日)
  6. PLAYZONE'90 MASK(1990年9月12日)
  7. PLAYZONE'91 SHOCK(1991年9月26日)
  8. PLAYZONE'92 さらばDiary(1992年10月7日)
  9. PLAYZONE'93 WINDOW(1993年10月6日)
  10. PLAYZONE'94 MOON(1994年10月7日)
  11. PLAYZONE'95 KING&JOKER(1995年10月4日)
  12. PLAYZONE'96 RHYTHM(1996年10月2日)
  13. PLAYZONE'97 RHYTHM II(1997年10月22日)
  14. PLAYZONE'98 5nights(1998年10月28日)
  15. PLAYZONE'99 Goodbye&Hello(1999年10月20日)
  16. PLAYZONE'00 THEME PARK(2000年10月25日)
  17. PLAYZONE'01 EMOTION〜新世紀〜(2001年10月24日)
  18. PLAYZONE'02 愛史(2002年10月23日)
  19. PLAYZONE'03 Vacation(2003年10月22日)
  20. PLAYZONE'05 〜20th Anniversary〜Twenty Years…(2005年10月29日)
  21. PLAYZONE'06 Change(2006年10月24日)

DVD[編集]

  1. PLAYZONE'01 EMOTION〜新世紀〜(2001年10月24日)
  2. PLAYZONE'02 愛史(2002年10月23日)
  3. PLAYZONE'03 Vacation(2003年10月22日)
  4. PLAYZONE'05 〜20th Anniversary〜Twenty Years… (2005年、初回限定版、通常版)
  5. PLAYZONE'06 Change(2006年)
  6. PLAYZONE FINAL 1986-2008〜SHOW TIME Hit Series〜 Change (2009年3月4日)
  7. PLAYZONE 2009 〜太陽からの手紙〜(2009年12月2日)
  8. PLAYZONE 2010 ROAD TO PLAYZONE(2010年11月10日)
  9. PLAYZONE’11 SONG & DANC’N。(2011年11月2日)
  10. PLAYZONE’12 SONG & DANC’N。PARTII(2012年10月31日)
  11. PLAYZONE’13 SONG & DANC’N。PARTIII(2013年11月7日)
  12. PLAYZONE 1986・・・・2014 ★ありがとう!〜青山劇場★(2014年11月26日)
  13. ★さよなら!~青山劇場★ PLAYZONE 30YEARS ★1232公演(2015年7月1日)

サウンドトラック[編集]

  1. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'86 「Duet」ミュージカル プレゾン“ミステリー”抜粋(1986年)
  2. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'87 TIME-19 ミュージカル・抜粋(1987年10月28日)
  3. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'88 カプリッチョ -天使と悪魔の狂想曲-(1988年6月10日)
  4. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'89 Again(1989年9月21日)
  5. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'90 MASK(1990年6月30日)
  6. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'94 MOON(1994年6月17日)
  7. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'96 RHYTHM(1997年7月10日)
  8. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'97 RHYTHM II(1997年7月21日)
  9. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'98 5nights(1998年8月5日)
  10. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'99 Good bye&Hello(1999年7月7日)
  11. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'00 THEME PARK(2000年8月2日)
  12. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'01 EMOTION〜新世紀〜(2001年8月1日)
  13. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'02 愛史(2002年7月31日)
  14. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'03 Vacation(2003年8月6日)
  15. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'05 〜20th Anniversary〜 Twenty Years…(2005年8月10日)
  16. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'06 Change(2006年7月26日)
  17. 少年隊ミュージカルPLAYZONE'07 Change2Chance-第1幕-(2007年9月5日)
  18. PLAYZONE 2009 太陽からの手紙(2009年8月26日)
  19. PLAYZONE 2010 ROAD TO PLAYZONE(2010年7月28日)
  20. PLAYZONE'11 SONG & DANC'N。 オリジナル・サウンドトラック(2011年7月20日)
  21. PLAYZONE'12 SONG & DANC'N。PARTII オリジナル・サウンドトラック(2012年7月19日)
  22. PLAYZONE'13 SONG & DANC'N。PARTIII オリジナル・サウンドトラック(2013年7月3日)
  23. PLAYZONE 1986・・・2014★ありがとう!〜青山劇場★ オリジナル・サウンドトラック(2014年7月30日)

脚注[編集]

  1. ^ a b c “少年隊ミュージカル 23年の歴史に幕”. デイリースポーツonline. (2008年4月28日). オリジナル2008年5月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080501112608/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/04/28/0000987602.shtml 2016年4月9日閲覧。 
  2. ^ a b c 小林千穂 (2015年1月23日). “翼歴代ジャニーズ彩った!プレゾン千秋楽”. nikkansports.com. http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20150123-1425096.html 2016年4月9日閲覧。 
  3. ^ a b c “不惑の少年隊がラスト舞踏会…集大成だ”. デイリースポーツonline. (2008年7月7日). オリジナル2008年8月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080803142317/http:/daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/07/07/0001210585.shtml 2016年5月13日閲覧。 
  4. ^ ジャニー喜多川氏、少年隊ら蜷川幸雄さん追悼 木村拓哉「悔しい」”. ORICON STYLE (2016年5月12日). 2016年5月13日閲覧。
  5. ^ “元NEWSメンバーの内&草野が謝罪…少年隊ミュージカル舞台で”. サンケイスポーツ. (2007年7月16日). オリジナル2007年7月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070718102029/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200707/gt2007071601.html 
  6. ^ “赤坂被告起訴…少年隊ミュージカルDVD発売中止”. スポーツ報知. (2007年11月8日). オリジナル2008年5月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080522070801/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20071108-OHT1T00033.htm 2016年5月13日閲覧。 
  7. ^ “少年隊、ファン3000人と“卒業式””. SANSPO.COM. (2008年8月9日). オリジナル2008年10月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081011042152/http:/www.sanspo.com/geino/news/080809/gng0808090436000-n1.htm 2016年5月13日閲覧。 
  8. ^ a b c d “今井翼:主演ミュージカルDVD「PLAYZONE」が総合首位 00年以来11年ぶり”. MANTANWEB. (2011年11月9日). オリジナル2011年11月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111110073437/http://mantan-web.jp/2011/11/09/20111108dog00m200027000c.html 2016年4月9日閲覧。 
  9. ^ 少年隊 > Discography - DVD / Video page2”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2014年8月8日閲覧。
  10. ^ 少年隊 > Discography - DVD / Video page1”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2014年8月8日閲覧。

関連項目[編集]