下村青

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
下村尊則から転送)
移動先: 案内検索
しもむら あお
下村 青
本名 下村 尊則
別名義 下村 尊則(旧芸名)
生年月日 1964年1月19日(52歳)
出生地 青森県の旗青森県三戸町
国籍 日本の旗 日本
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル ミュージカル
活動期間 1984年 -
所属劇団 株式会社ブルーエール
事務所 アランブルー株式会社
備考
劇団四季

下村 青(しもむら あお、1964年1月19日 -)は、日本俳優青森県三戸町生まれ。血液型B型。ブルーエール所属(業務提携先:エイベックス・ヴァンガード)。本名および旧芸名は下村 尊則(しもむら たかのり)。


来歴・人物[ソースを編集]

元々バトントワリングの選手で、世界選手権第3位、1983年全米オープンバトン優勝という実績がある。1984年劇団四季入団。初舞台の『コーラスライン』や『キャッツ』『エビータ』等では複数の役を演じる。『美女と野獣』ルミエール、『ライオンキング』スカーは日本初演キャストを務め、『ジーザス・クライスト・スーパースター』ロンドン公演のヘロデ王は高く評価された。『ユタと不思議な仲間たち』『ドリーミング』等のオリジナルミュージカルで個性的で華やかな役柄を演じる一方、ストレートプレイでは『ハムレット』タイトルロール等を演じる。2007年、退団後は『ブラッド・ブラザーズ』ナレーター、『サイド・ショウ』テリー(日本初演)、「ビクター・ビクトリア」トディ、映画『魚介類山岡マイコ』等に出演。

2010年10月11日に公式ブログを開設。

2013年 四谷婦人会(四谷シモン、コシノジュンコ等)の金子國義の舞台名、二代目四谷桃子を襲名。

2015年2月 法人個人事務所「アランブルー株式会社」設立。同年3月「株式会社ブルーエール」に所属。名前を本名・下村尊則 から芸名・下村 青(しもむら あお)に改名。

同年5月1日 エイベックス・ヴァンガード株式会社と業務提携開始。 

出演作品[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

劇団四季公演[ソースを編集]

1985年

1986年

1987年

 「キャッツ」1月3日から5月31日-マンゴジェリー役

1988年

 「ブレイキンク・゙サ・゙コードは全国公演も 1989年

1990年

  • キャッツ ( 福岡キャッツシアター) - マンゴジェリー 役
  • ユタと不思議な仲間たち (全国公演) - ヒノデロ 役  1月青山劇場も出演
  • コーラスライン (全国公演、日生劇場) - ポール 役

1991年

 「ジーザス・クライスト・スーパースター」ジャポネスクバージョン、青山劇場ロンドン凱旋公演

 札幌「キャッツ」はマンゴジェリーのみ

1992年

 札幌「キャッツ」2月 スキンブルシャンクス役

1993年  ガラコンサート (大阪 福岡)

  • コーラスライン - ポール・グレッグ 役(全国公演からその後、日生劇場3ヶ月)
  • 思い出を売る男 (パルコ劇場、近鉄小劇場) - 広告屋 役
  • 女房学校 (1993年 テレビアホール) - オラース 役
  • 夢から醒めた夢 (青山劇場) - 夢の配達人 役(暮れに近鉄劇場でも)
  • ユタと不思議な仲間たち (青山劇場) - ヒノデロ 役

1994年

  • 夢から醒めた夢 (青山劇場) - 夢の配達人 役
  • ユタと不思議な仲間たち (青山劇場) - ヒノデロ 役
  • ジーザス・クライスト・スーパースター (日生劇場、近鉄劇場、韓国国立中央劇場) - ヘロデ王 役
  • 魔法をすてたマジョリン (日生劇場) - ニラミンコ 役
  • ドリーミング (青山劇場 愛知芸術劇場大ホール) - 夜の女王/ベリリューヌ/ベランゴー 役

1995年

1996年

  • 美女と野獣 (赤坂ミュージカル劇場、MBS劇場) - ルミエール 役
  • ユタと不思議な仲間たち (JRシアター) - ヒノデロ 役
  • ドリーミング (JRシアター) - 夜の女王/ベリリューヌ/ベランゴー 役
  • エビータ (日生劇場) - マガルディ 役

1997年

  • 美女と野獣 (赤坂ミュージカル劇場) - ルミエール 役
  • ユタと不思議な仲間たち (MBS劇場) - ヒノデロ 役
  • 夢から醒めた夢 (MBS劇場) - 夢の配達人 役
  • エビータ (全国公演、福岡シティ劇場、日生劇場) - マガルディ 役

1998年

  • 美女と野獣 (福岡シティ劇場、名古屋ミュージカル劇場、JRシアター ) - ルミエール 役
  • エビータ (MBS劇場) - マガルディ 役
  • エビータ (JRシアター) - ペロン大佐 役
  • ドリーミング (MBS劇場) - 夜の女王/ベリリューヌ/ベランゴー 役
  • ジーザス・クライスト・スーパースター(ジャポネスク) (四季劇場[秋]) - ヘロデ王 役
  • ライオンキング (四季劇場[春]、MBS劇場) - スカー

 長野冬季五輪記念公演 「ソング&バレエ」司会と歌

1999年

  • ライオンキング (四季劇場[春]、MBS劇場) - スカー 役
  • ジーザス・クライスト・スーパースター(エルサレム) (福岡シティ劇場) - ヘロデ王 役
  • スルース (探偵) (四季劇場[秋]) - ミロ 役

 ディズニーミュージカル 「ノートルダムの鐘」 ドイツ公演世界初日パーティーにライオンキング日本初演キャスト代表として参加

2000年

  • ライオンキング (四季劇場[春]、MBS劇場) - スカー 役
  • スルース (探偵) (福岡シティ劇場、近鉄劇場、テレピアホール) - ミロ 役
  • 夢から醒めた夢 (福岡シティ劇場、四季劇場[秋]) - 夢の配達人 役

2001年

  • ハムレット (四季劇場[秋]、新名古屋ミュージカル劇場、近鉄劇場) - ハムレット 役(Wキャスト)
  • ジーザス・クライスト・スーパースター(エルサレム) (四季劇場[秋]、新名古屋ミュージカル劇場) - ヘロデ王 役
  • ユタと不思議な仲間たち (全国公演) - ヒノデロ 役

2002年

  • アンドロマック (四季劇場[秋]) - ピリュス 役
  • ライオンキング (四季劇場[春]) - スカー 役
  • コンタクト (四季劇場[秋]) - マイケル・ワイリー 役
  • 壁抜け男 (全国公演)- デュティユル役

2003年

  • コンタクト (大阪MBS劇場)
  • ハムレット (全国公演) - ハムレット 役

2004年

  • スルース (探偵) (自由劇場) - ミロ 役
  • ジーザス・クライスト・スーパースター(エルサレム) () - ヘロデ王 役

2005年

  • エビータ (四季劇場[秋])-ペロン大佐役
  • 思い出を売る男 () - 広告屋 役
  • ライオンキング () - スカー 役
  • 異国の丘 (四季劇場[秋]) - 九重秀隆 役

2006年

  • エビータ (四季劇場[秋]) - ペロン大佐 役
  • 異国の丘(地方公演) - 九重秀隆 役

2007年

2010年

  • ライオンキング (四季劇場[春]) - スカー 役
  • スルース (探偵) (自由劇場) - ミロ 役

2012年

  • ライオンキング (四季劇場[春]) - スカー 役
  • 夢から醒めた夢 (大阪四季劇場、四季劇場[秋]) - 夢の配達人 役
  • 青い鳥 (ミュージカル) (四季劇場[秋]) - 夜の女王/ベリリューヌ/ベランゴー 役
  • ジーザス・クライスト・スーパースター(エルサレム)(ジャポネスク) - ヘロデ王 役

2014年

  • ジーザス・クライスト・スーパースター(エルサレム)(自由劇場) - ヘロデ王 役 (8月~12月まで全国ツアー)

劇団四季以外[ソースを編集]

  • アニー1986『アニー』(青山劇場) - アンサンブル
  • PLAYZONE1986『MYSTERY』(青山劇場) - サンデー 役

2009年

2010年

2011年

2013年

  • 魔劇「今日からマ王!」魔王誕生編 (2013年4月25日 -5月 6日、博品館劇場) - フォングランツ・アーダルベルト
  • WORLD(2013年10月18日 - 27日、東京・シアター1010) - 柳原正輝

2014年 「下村尊則の会~道成寺夢幻~」東京會舘90周年記念ディナー・ショー inローズルーム

2015年

藤彩会 歌舞伎「本朝廿四考」~奥庭の段~『狐火』(2015年9月13日、国立大劇場―八重垣姫 「座・花御代コンチェルト」11月6日~19日 (渋谷・シブゲキ)―カリスマ芸奴・ひな菊役

テレビドラマ[ソースを編集]

バトントワリング競技での実績[ソースを編集]

  • 1980年 第1回世界バトントワリング選手権大会 個人男子 5位入賞[2]
  • 1981年 第2回世界バトントワリング選手権大会 個人男子 5位入賞[3]
  • 1982年 第3回世界バトントワリング選手権大会 個人男子 銅メダル[4]
  • 1982年 第3回世界バトントワリング選手権大会 団体 銅メダル(高山アイコバトンスタジオ)[5]
  • 1983年 第4回世界バトントワリング選手権大会 個人男子 銅メダル[6]
  • 1983年7月 USTA全米バトンオープン選手権ボーイズ グランドチャンピオン(日本人初)[7]
  • 1984年 第5回世界バトントワリング選手権大会 個人男子 5位入賞[8]
  • 1985年 第6回世界バトントワリング選手権大会 個人男子 4位入賞[9]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]