JR東日本アートセンター自由劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR東日本アートセンター自由劇場
The Shiki Theatre, JIYU
(in the JR EAST Performing Arts Center)
自由劇場 全景
情報
開館 2003年11月11日
開館公演 オンディーヌ
客席数 約500
用途 劇団四季の公演
(主にストレートプレイ
運営 劇団四季
所在地 105-0022
東京都港区海岸一丁目10番53号
位置 北緯35度39分26.8秒
東経139度45分40.2秒
座標: 北緯35度39分26.8秒 東経139度45分40.2秒
アクセス 該当項目参照
外部リンク 劇団四季 シアター 自由劇場
シンボルマーク

JR東日本アートセンター自由劇場(ジェイアールひがしにほんアートセンターじゆうげきじょう、英語The Shiki Theatre, JIYU)は、東京都港区にある劇団四季の専用劇場である。

一般に自由劇場と呼ばれているが、串田和美の主宰した自由劇場と関係はない。

概要[編集]

劇団四季が主にストレートプレイを上演するための専用劇場で、劇団四季の創立50周年記念事業として四季劇場[春][秋]の隣に2003年(平成15年)11月11日にオープン。こけら落とし公演は、『オンディーヌ』。

客席数は約500席。1階席最後部から舞台まで約15m、2階客席最前列から舞台まで約11mととても近いが、舞台設備は他の四季劇場と同規模である。また、客席の奥行きと舞台の奥行きがほぼ同じである。普段は埋めているが、オーケストラ・ピット英語版も作れる。楽屋は2階・3階にある。

同劇場で初のミュージカル公演は『コーラスライン』である。

2015年からは劇団四季公演の他に、同劇団を退社した浅利慶太が新たに立ち上げた「浅利演出事務所」製作による『浅利慶太プロデュース公演』も行われている。

アクセス[編集]

鉄道

上演記録[編集]

劇団四季公演
  • 2003年(平成15年)
  • 2004年(平成16年)
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)
    • 魔法をすてたマジョリン (1月27日 - 2月18日)
    • はだかの王様 (3月3日 - 3月22日)
    • オンディーヌ (4月15日 - 5月12日)
    • 解ってたまるか! (5月22日 - 6月21日)
    • エクウス 馬 (7月1日 - 8月4日)
    • ふたりのロッテ (8月11日 - 9月9日、12月2日 - 12月15日)
    • この生命誰のもの (9月16日 - 10月7日)
    • 鹿鳴館 (10月20日 - 11月25日)
    • ハムレット (12月24日 - 2008年2月3日)
  • 2008年(平成20年)
  • 2009年(平成21年)
  • 2010年(平成22年)
    • エビータ (1月16日 - 3月14日)
    • エクウス 馬 (3月22日 - 4月10日)
    • 春のめざめ (4月22日 - 5月30日)
    • ハムレット (6月10日 - 7月11日)
    • はだかの王様 (7月18日 - 8月29日)
    • 赤毛のアン (9月7日 - 10月31日)
    • スルース 探偵 (11月9日 - 11月28日)
    • 雪ん子 (12月8日 - 2011年1月4日)※ 人間になりたがった猫との交互上演
    • 人間になりたがった猫 (12月8日 - 2011年1月4日)※ 雪ん子との交互上演
  • 2011年(平成23年)
    • コンタクト(1月16日 - 2月24日)
    • オンディーヌ (3月10日 - 4月2日)
    • ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン(4月13日 - 5月7日、7月5日 - 7月17日)
    • ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスクバージョン(5月14日 - 5月29日)
    • ヴェニスの商人(6月5日 - 6月26日)
    • 魔法をすてたマジョリン(7月24日 - 8月31日)
    • 思い出を売る男(9月10日 - 9月30日)
    • コーラスライン(10月7日 - 12月16日)
    • 王様の耳はロバの耳(12月23日 - 2012年1月14日)
  • 2012年(平成24年)
    • エビータ(1月22日 - 2月26日)
    • 解ってたまるか!(3月3日 - 3月14日)
    • ガンバの大冒険(3月20日 - 4月15日)
    • 間奏曲(4月22日 - 5月10日)
    • アスペクツ オブ ラブ 恋はすべてを変える(5月26日 - 7月7日)
    • ひばり ジャンヌ・ダルク 奇蹟の少女(7月14日 - 7月29日)
    • 桃次郎の冒険(8月4日 - 9月2日)
    • 赤毛のアン(9月15日 - 10月14日)
    • ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン(10月23日 - 11月18日)
    • ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスクバージョン(11月25日 - 12月13日)
    • はだかの王様(12月19日 - 2013年1月13日)
  • 2013年(平成25年)
    • この生命誰のもの(1月20日 - 2月3日)
    • ハムレット(3月17日 - 4月4日)
    • ジョン万次郎の夢(4月14日 - 5月5日)
    • 鹿鳴館(6月2日 - 6月29日)
    • 人間になりたがった猫(7月12日 - 8月25日)
    • コーラスライン(9月1日 - 9月23日)
    • ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン(11月3日 - 12月1日)
    • ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスクバージョン(12月7日 - 12月14日)
    • ふたりのロッテ(12月21日 - 2014年1月12日)
  • 2014年(平成26年)
    • 思い出を売る男(1月19日 - 2月2日)
    • 壁抜け男 モンマルトル恋物語(2月9日 - 3月15日)
    • 魔法をすてたマジョリン(3月22日 - 4月13日)
    • 劇団四季ソング&ダンス 60 感謝の花束(4月24日 - 8月3日)
    • ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン(8月10日 - 8月24日)
    • 赤毛のアン(8月31日 - 9月28日)
    • オンディーヌ(10月13日 - 11月3日)
    • コンタクト(11月16日 - 12月7日)
    • むかしむかしゾウがきた(12月14日 - 2015年1月12日)
  • 2015年(平成27年)
    • 魔法をすてたマジョリン(3月21日 - 4月5日)
    • ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン(5月30日 - 6月21日)
    • 王子とこじき(7月25日 - 8月23日)
    • コーラスライン(9月19日 - 11月23日)
    • エルコスの祈り(12月20日 - 2016年1月11日)
  • 2016年(平成28年)
    • 人間になりたがった猫(3月27日 - 4月10日)
    • コーラスライン(4月17日 - 5月15日)
    • エクウス 馬(6月26日 - 7月10日)
    • ガンバの大冒険(7月23日 - 8月21日)
    • 壁抜け男(9月27日 - 11月13日)
    • 嵐の中の子どもたち(12月23日 - 2017年1月9日)
  • 2017年(平成29年)
    • エルコスの祈り(3月18日 - 4月4日)
    • ブラックコメディ(4月21日 - 5月7日)
    • 嵐の中の子どもたち(7月23日 - 7月31日)
    • ガンバの大冒険(8月6日 - 8月14日)
    • 王様の耳はロバの耳(12月22日 - 2018年1月8日)
  • 2018年(平成30年)
  • 2019年(令和元年)
    • ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン(5月18日 - 6月2日)
    • エビータ(6月17日 - 7月7日)
  • 2020年(令和2年)
  • 2021年(令和3年)
    • ロボット・イン・ザ・ガーデン(1月 - 3月予定)
浅利慶太プロデュース公演[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 新作オリジナルミュージカル『ロボット・イン・ザ・ガーデン』上演決定!2020年10月、東京・自由劇場で開幕 - 劇団四季ニュース、2019年10月25日
  2. ^ 劇団四季の公演ではなく、同劇団を退社した浅利がプロデュースし、浅利が立ち上げた「浅利演出事務所」が主催する公演。劇団四季も上演に協力する。

外部リンク[編集]