中村隼人 (歌舞伎役者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しょだいなかむらはやと
初代中村隼人
屋号 萬屋
定紋 桐蝶 Kiri chō inverted.png
生年月日 (1993-11-30) 1993年11月30日(26歳)
襲名歴 1. 中村隼人
出身地 東京都
二代目中村錦之助

初代 中村 隼人(なかむら はやと、1993年平成5年)11月30日 - )は日本俳優歌舞伎役者)。屋号萬屋定紋は桐蝶。東京都出身。松竹エンタテインメント所属。身長177cm。

来歴・人物[編集]

中村信二郎(現、二代目中村錦之助)の長男として、母の実家である鹿児島県で生まれる。名前は薩摩隼人の隼人から。祖父は四代目中村時蔵2002年(平成14年)2月歌舞伎座寺子屋』にて松王一子小太郎役で初舞台。2007年(平成19年)12月、国立劇場『堀部彌兵衛』のさち役で国立劇場特別賞。

主な出演[編集]

歌舞伎[編集]

上記以外のものについて記す。

  • 勧進帳』 - 太刀持
  • 新口村』 - 遠見の忠兵衛
  • 『日向嶋景清』 - 娘糸滝
  • 加賀見山旧錦絵』 - 大姫
  • 籠釣瓶』 - 八ッ橋付茶屋廻り
  • 元禄忠臣蔵』 - 井関紋左衛門
  • 『菊畑』 - 腰元白菊
  • 奴道成寺』 - 所化
  • 『隅田川花御所染―女清玄―』- 吉田松若丸 (2013年3月 国立劇場) 
  • 宇野信夫作 - おちくぼ物語』- 左近少将 (2015年8月 歌舞伎座)
  • 仮名手本忠臣蔵』二段目・四段目・七段目 - 大星力弥 2016年10月、七段目 - 竹森喜多八 同年11月、十段目・十一段目 - 矢間重太郎 同年12月(国立劇場)
  • 隅田川続俤(法界坊)』 - 手代要助実は松若丸(2018年11月 歌舞伎座)
  • 『輝虎配膳』- 直江山城守 『釣女』- 大名某 『越後獅子』- 越後獅子 『仮名手本忠臣蔵祇園一力茶屋の場』- 富森助右衛門(2019年12月南座)
  • 歌舞伎鑑賞教室

新春浅草歌舞伎(浅草公会堂)[編集]

  • 『南総里見八犬伝』- 犬江親兵衛(2012年)
  • 『寿曽我対面』- 八幡三郎、『極付幡随院長兵衛』 - 小仏小平(2013年)
  • 『石橋』- 獅子の精(2014年)
  • 『春調娘七種』- 曽我十郎、『仮名手本忠臣蔵-五段目六段目』- 千崎弥五郎、『猩々』酒売り(2015年)
  • 『三人吉三巴白波-大川端庚申塚場』お嬢吉三、『毛抜き』- 秦民部、『義経千本桜-川連法眼館の場』源義経(2016年)
  • 『傾城反魂香』- 狩野雅楽之助、『双蝶々曲輪日記‐角力場』- 山崎屋与五郎、『鈴ヶ森』- 白井権八 『棒しばり』- 曽根松兵衛(2017年)
  • 『義経千本桜-鳥居前』- 佐藤忠信実は源九郎狐、『操り三番叟』- 千歳、『双蝶々曲輪日記-引窓』- 三原伝造(2018年)
  • 『義賢最期』- 下部折平実は多田蔵人行綱、『寿曽我対面』-鬼王新左エ門、『岡本綺堂作-番町皿屋敷』- 青山播磨、『乗合船恵方萬歳』- 大工(2019年)
  • 『菅原伝授手習鑑-寺子屋』- 武部源蔵、『絵本太功記』- 武智十次郎、『仮名手本忠臣蔵-祇園一力茶屋の場』-富森助右衛門(2020年)

新作歌舞伎[編集]

  再演2019年(令和元年)6月 南座 ※本公演は2020年4月にも御園座で公演予定だったが新型コロナウイルスの影響により全公演中止となった

  • 『東海道中膝栗毛』 - 河内屋与三郎(2019年8月、歌舞伎座)
  • スーパー歌舞伎Ⅱ〔新版〕『オグリ』 - 藤原正清後に小栗判官/遊行上人 ※市川猿之助との交互出演(2019年10-11月新橋演舞場、2020年2月博多座)

  ※本公演は2020年3月にも南座で公演予定だったが新型コロナウイルスの影響により最終的に全公演中止となった

  • スーパー歌舞伎Ⅱ『ヤマトタケル』 - 小碓命後にヤマトタケル 市川猿之助との交互出演 ※本公演は2020年7月-9月にIHIステージアラウンド東京で公演予定だったが新型コロナウイルスの影響により全公演中止となった

テレビドラマ[編集]

バラエティ・他[編集]

ラジオ[編集]

広告[編集]

  • SHOCHIKU CINEMA SELECTION(2016年、松竹系映画館用映画紹介番組) - ナビゲーター [5]

CM[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “キスマイ玉森主演の歌舞伎ドラマ『ぴんとこな』初回8.7%”. ORICON STYLE. (2013年7月19日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2026763/full/ 2013年7月20日閲覧。 
  2. ^ “中村隼人、民放ドラマ初レギュラー出演 武井咲主演『せいせいするほど、愛してる』”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年5月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2072426/full/ 2019年1月31日閲覧。 
  3. ^ “イケメン歌舞伎俳優・中村隼人が時代劇でドラマ初主演!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年1月31日). https://thetv.jp/news/detail/177764/ 2019年1月31日閲覧。 
  4. ^ 歌舞伎俳優初!?中村隼人が料理トーク番組「メンズキッチン」のMCに挑戦”. ステージナタリー (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  5. ^ 歌舞伎俳優・中村隼人、松竹映画の紹介番組でナビゲーターに”. ステージナタリー (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  6. ^ 歌舞伎俳優・中村隼人、初の写真集が発売”. シアターガイド (2015年12月11日). 2015年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]