岡村俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おかむら しゅんいち
岡村 俊一
本名 岡村 俊一
生年月日 (1962-01-19) 1962年1月19日(55歳)
出生地 日本の旗 日本広島県広島市
国籍 日本
職業 演出家・舞台プロデューサー映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
配偶者 藤谷美和子
主な作品
『広島に原爆を落とす日』
蒲田行進曲

岡村 俊一(おかむら しゅんいち、1962年1月19日[1] - )は、日本の演出家、演劇プロデューサー映画監督。妻は女優の藤谷美和子

人物[編集]

広島県広島市比治山町(現・南区比治山町)出身で、広島修道高校同志社大学を卒業する。

セゾン劇場プロデューサーを経て、1991年演劇制作会社「R・U・P」設立に参加し、以降『蒲田行進曲』、『つかこうへいダブルス』、つかこうへい晩年の作品や、2010年つかこうへい追悼公演『広島に原爆を落とす日』を演出する。つかこうへい作・演出『リングリングリング』では役者(岡村腎一役)として出演する。

演出家として『東亜悲恋』、『あずみ』、『何日君再来』、劇団EXILE公演など話題作品を発表し、『視点・論点』(日本放送協会)に出演する。

2005年12月、女優の藤谷美和子と結婚[2]2008年1月開校の新宿村演技塾で講師を務める。

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 売春捜査官 マイルド(1990年、TBS)
  • 代紋TAKE2(1993年、讀賣テレビ放送)
  • 代紋TAKE2 孤狼の章(1994年、日本テレビ)
  • 代紋TAKE2-PART5- 丈二、木更津に死す!(1995年)
  • 3番テーブルの客
  • 少年タイヤ 名作劇場ドラマシリーズ 青木さん家の奥さん(2002年)

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.535
  2. ^ 藤谷美和子さんが結婚/演出家の岡村俊一氏と 四国新聞 2005年12月29日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]