祐真キキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すけざね キキ
祐真 キキ
生年月日 (1989-04-05) 1989年4月5日(28歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府[1]
身長 153 cm[1]
血液型 B型[2]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ舞台
著名な家族 祐真朋樹(叔父)
事務所 スカイコーポレーション
公式サイト 公式サイト
主な作品
テレビドラマ
HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン

祐真 キキ(すけざね キキ、1989年4月5日 - )[1]は、日本女優

京都府出身。スカイコーポレーション所属。叔父はスタイリスト祐真朋樹[3]アメリカNBCテレビドラマHEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン』の主要キャスト・ミコ・オオトモ役に抜擢される[4][5]

経歴[編集]

京都府の家系に生まれた[6]。両親の他、兄、妹が居る。叔父(父の弟)はファッションエディターの祐真朋樹[7]

小学生の頃から目立つことが好きで[7]、子供の頃は『天才てれびくん』(NHK Eテレ)に出られたらいいな、という思いを持っていたことがあったという[8]。その後も中学生の頃からドラマや音楽に憧れ、特にアメリカの映画やドラマに憧れていたこともあって英語が話せるようになりたいと思い続けていた[8][7]。高校はアメリカの高校に進学することを望んでいたが、京都府内の高校に進学。しかしその後もアメリカ行きを強く望み、高校2年の夏から1年間アメリカ・サウスダコタ州の高校に留学[9]、この時に英会話を習得する[7]

高校卒業後は進学せず、アルバイトをしながら、東京へエキストラの仕事をしに行っていたこともあった[7]マザー・テレサアンジェリーナ・ジョリーに憧れて[7]海外のドラマに出たいとの思いも持ち続けており、20歳頃から本気で目指すようになる[8]。ただ、その時は女優か難民支援の仕事か、どちらに就くか迷っていた。そのような中でバックパッカータンザニアに渡り、そこで政府から雇われて国際機関に難民支援の仕事に来ていたアメリカ人に出会い相談したところ、アメリカではボランティア活動をしている女優も多いと聞いて、それなら両方の夢をかなえられることになるので難民支援ボランティアもする女優になろうと思うようになる[8]

21歳の時にアップスアカデミーに入って1年半ほどにわたりアルバイトを掛け持ちしつつ週3回演技の基礎を、また高良隆志のもとで殺陣を学び、その後「演技を学ぶのはニューヨーク、仕事を探すならLAがいい」ということで23歳の時にロサンゼルスに移住[7][10][11]。日本国内での活動だと世界的に有名になる事は難しいと思い、アメリカに拠点を置いて活動することになった[7]。 現在、ロサンゼルスに住んでいる[12]。 本名は外国人にとって発音しにくい名前であることから、外国人が発音し易いように「キキ」という芸名を付けた[8]

自分を売り込むための映像を集めるため小さなオーディションから積極的に参加して、学生映画やウェブCM、新聞広告などへの出演を重ねてプロフィールを作り[10][11]、ロサンゼルスで通っていた殺陣のクラスでできた知人の紹介で受けたオーディションでアメリカNBCテレビドラマHEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン』の主要キャストの1人、“刀ガール”ことミコ・オオトモ役に抜擢されて、世界的人気作への出演により注目を集める[13][14]

2016年2月にはつかこうへいの七回忌を機に舞台制作されたつかの未発表戯曲『引退屋リリー』でヒロイン・リリー役に起用されて初の舞台に立ち[15]、同年12月にはテレビ朝日系の『年の瀬恋愛ドラマ第1夜「緊Q不倫速報」』で日本のテレビドラマに初出演する[16]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Profile”. 祐真キキ公式サイト. 2016年2月28日閲覧。
  2. ^ 祐真 キキ”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年4月8日閲覧。
  3. ^ Takeshi Sato (2016年3月17日). “祐真キキ──私が売れれば、世界は変わる”. GQ JAPAN (コンデナスト・ジャパン). https://gqjapan.jp/woman/muse/20160202/actress-kiki-sukezane 2017年4月8日閲覧。 
  4. ^ Sukezane gets reborn as a Hollywood 'hero'”. 2015年11月22日閲覧。
  5. ^ Kiki Sukezane”. 2015年11月22日閲覧。
  6. ^ Heroes Reborn's Kiki Sukezane Is a Real-Life Samurai” (en-US). 2015年11月22日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 女優の祐真キキさんが語る「HEROES」新作に出演するまでのストーリー”. Yahoo! JAPAN (2015年4月17日). 2016年2月28日閲覧。
  8. ^ a b c d e 宇宙船 2016年冬号(ホビージャパン)p.108 - 109 祐真キキインタビューより。
  9. ^ 祐真キキ (2016年12月23日). 祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.16 祐真キキさん. インタビュアー:祐真朋樹. Web Magazine OPENERS.. http://openers.jp/article/1522098 2017年4月14日閲覧。 
  10. ^ a b 祐真キキ (2016年12月23日). 祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.16 祐真キキさん. インタビュアー:祐真朋樹. p. 2. Web Magazine OPENERS.. http://openers.jp/article/1522098/2 2017年4月14日閲覧。 
  11. ^ a b “祐真キキ 米ドラマのオーディションに合格する方法 国際派女優への道(2)”. NIKKEI STYLE (日本経済新聞社/日経BP社). (2017年1月17日). http://style.nikkei.com/article/DGXMZO09278480Y6A101C1000000 2017年4月14日閲覧。 
  12. ^ Kiki Sukezane”. 2015年11月22日閲覧。
  13. ^ “祐真キキ 米ドラマで“刀ガール”、世界が注目 国際派女優への道(1)”. NIKKEI STYLE (日本経済新聞社/日経BP社). (2016年8月29日). http://style.nikkei.com/article/DGXMZO05850370Z00C16A8000000 2017年4月14日閲覧。 
  14. ^ 祐真キキ (2015年11月27日). 【インタビュー】「やっぱりスケールが大きい」祐真キキインタビュー「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」に出演. (インタビュー). TVLIFE Web学研プラス).. http://www.tvlife.jp/pickup/50905 2017年4月14日閲覧。 
  15. ^ a b 祐真キキ つか氏“幻の戯曲”ヒロイン抜てき!七回忌の来年上演”. スポニチ Sponichi Annex (2015年12月23日). 2016年2月28日閲覧。
  16. ^ “逆輸入女優・祐真キキ、日本のドラマ初出演 安田顕主演の謝罪&愛欲サスペンス”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年12月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2083745/full/ 2017年4月14日閲覧。 

外部リンク[編集]