中村蒼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかむら あおい
中村 蒼
生年月日 1991年3月4日(25歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県福岡市[1]
身長 174 cm[2]
血液型 A型[3]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2005年 -
事務所 レプロエンタテインメント
公式サイト レプロエンタテインメントによるプロフィール
主な作品
テレビドラマ
BOYSエステ』(2007年)
学校じゃ教えられない!』(2008年)
Q.E.D. 証明終了』(2009年)
花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』(2011年)
映画
ひゃくはち』(2008年)
BECK』(2010年)
大奥』(2010年)
パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT』(2010年)
キミとボク』(2011年)
舞台
田園に死す』(2006年)
カレーライフ』(2011年)

中村 蒼(なかむら あおい、1991年3月4日 - )は、日本俳優

福岡県福岡市出身[1]レプロエンタテインメント所属。

略歴[編集]

2005年11月に行われた、第18回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考会においてグランプリを受賞し芸能界入り。受賞時は中学3年生の14歳で、中学生のグランプリ受賞はコンテスト史上初であった[4]。同コンテストへ応募したのは父親で、勉強があまり好きでなく人前も苦手である息子を心配していたことと[5]、子供のころから息子が周囲に可愛いと言われていたのを「本当かな?」と思っての行動だったという[6]

2006年10月、舞台『田園に死す』に主演し俳優としてデビュー。寺山少年の役を演じる。

2007年3月末、芸能活動を本格的に始めるため、地元の福岡を一人離れ16歳で上京[5][7]。7月には、連続テレビドラマ『BOYSエステ』でドラマ初主演を務める。9月にアメーバブログにて公式ブログを開設。11月公開の映画『恋空』に出演し、映画初出演を果たす。

2008年7月、連続テレビドラマ『学校じゃ教えられない!』に生徒役としてレギュラー出演。8月には初主演映画『ひゃくはち』が公開。

2009年1月、連続テレビドラマ『Q.E.D. 証明終了』に出演(主演)。3月4日に日出高等学校を卒業[要出典][8]。4月から情報番組『カウントダウン・ドキュメント 秒ヨミ!』に調査員としてレギュラー出演。

2010年1月、連続テレビドラマ『エンゼルバンク〜転職代理人』にレギュラー出演。7月23日から公式ブログをヤプログ!へ移転する。9月以降、『BECK』『大奥』など出演映画が相次いで公開。11月公開の主演映画『パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT』は、世界30か国への配給が決まった[9]

2011年5月から6月にかけて、舞台『カレーライフ』に主演。7月、人気ドラマをリメイクした連続テレビドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』にレギュラー出演。

2012年4月、つかこうへい作の舞台『熱海殺人事件』に出演[10]

2014年10月18日放送の主演ドラマ『マザーズ』(中京テレビ)は、平成26年度(第69回)文化庁芸術祭テレビ・ドラマ部門優秀賞[11]、平成27年日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組部門最優秀賞[12]を受賞した。

2015年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の第2回ニューウェーブアワード賞男優部門を受賞[13]

2015年10月スタートのドラマ『無痛〜診える眼〜』(フジテレビ)では、先天性無痛症で無毛症のキャラクターを演じるため、髪と眉をそり落とした[14]

人物[編集]

  • 本人曰く、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストへの応募は最初は乗り気ではなく、福岡を離れて東京に行くことが嫌だった。グランプリに選ばれた瞬間は、喜びよりも「やってしまった!」という気持ちのほうが大きかったという[5]
  • 趣味はサッカー[15][16]乗馬[15]。サッカーは小学生の頃から熱中し[17]、中学時代にもサッカー部に所属(ポジションはボランチ[4]。乗馬はカレンダー撮影で初めて体験したことがきっかけである[6]
  • 特技は初主演ドラマ『BOYSエステ』で鍛練して修得したリンパマッサージ[6]
  • 最も好きなアーティストはKREVA[16]で、公式ブログでも、コンサートへ行ったこと[18]や新曲を聴いていること[19]を語っている。また主演映画『行け!男子高校演劇部』の初日舞台あいさつで、「大好きなもの」としてKARAを挙げた[20]
  • 週刊少年ジャンプ』を愛読している[21]ほか、ボクシング漫画『はじめの一歩』のファンで、単行本を買い揃えている[22][23]
  • 2007年12月、初出演映画『恋空』で共演した新垣結衣(事務所の先輩)が第20回日刊スポーツ映画大賞新人賞を受賞した際、会場に出向き花束を渡した[24]
  • 初主演映画『ひゃくはち』で共に主演を務めた斎藤嘉樹とは、作品の設定と同様に高校の同級生であった[25]。ほかにも高校の同級生には本郷奏多[26]川原一馬[27]がいる。
  • 2008年秋、一芸入試により都内の大学の経営学部に合格[28]
  • 2009年6月9日放送の『踊る!さんま御殿!!』にゲスト出演した際、番組内でお笑いコンビ麒麟の川島明の物真似をしたところ、明石家さんまや他のゲストら全員にうけ、「踊る!ヒット賞」も獲得した[29]
  • 芸能界での交友関係については、『ひゃくはち』で共演した高良健吾[30]や、『行け!男子高校演劇部』で共演した池松壮亮[31]と仲が良いことを語っている。
  • 好きな女性のタイプは「ご飯を美味しそうにいっぱい食べる人」と答えている[32]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

携帯ドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • Clown Love (Short Movie)(2012年)- leccaのアルバム『ZOOLANDER』同梱DVDに収録[55]

舞台[編集]

ラジオドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

イベント[編集]

ネット配信[編集]

  • アメーバスタジオ「太陽のメッサ○○しゃべり太陽〜ニチゴジ〜 #5」ゲスト(2008年9月28日、Ameba Studio)
  • goomo「ちょいと股旅MODE〜大山詣り篇〜」(2009年9月、goomo)
  • アメーバスタジオ「IMALU&"JxJx"の超超超!!!自由時間 #24」ゲスト(2009年12月4日、Ameba Studio)

作品[編集]

写真集[編集]

書籍[編集]

  • 北村栄基と中村蒼のLet's lovinglish!―イケメンに口説かれながら学ぶ! 恋愛英会話(笑って覚える英会話シリーズ、DVD付き)(2007年10月、大阪書籍ISBN 9784754850197

雑誌連載[編集]

映像作品[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第3夜は主演として出演。
  2. ^ 特別出演。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “補欠が主役の高校野球映画 「ひゃくはち」主演中村蒼”. 西日本新聞. (2008年8月11日). オリジナル2012年7月30日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120730063525/http://qnet.nishinippon.co.jp/entertainment/showbiz/20080811/20080811_0001.shtml 2016年3月14日閲覧。 
  2. ^ アーティスト > 中村蒼”. レプロエンタテインメント. 2014年1月18日閲覧。
  3. ^ “中村蒼「八重の桜」抜てき…まさか大河に”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年8月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130803-1167259.html 2014年1月18日閲覧。 
  4. ^ a b “中学生がグランプリ”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2005年11月28日). オリジナル2005年12月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20051201012611/http://www.daily.co.jp/gossip/2005/11/28/196030.shtml 
  5. ^ a b c 中村蒼. 【中村蒼】自分を知り身の丈を知る 芸能界へ後押ししてくれた父に感謝. インタビュアー:斉藤蓮. zakzak.. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20140221/peo1402210730000-n1.htm 2015年2月10日閲覧。 
  6. ^ a b c 中村蒼. スペシャルレポート:第41回 藍澤麻衣 藍澤麻衣が行く! WEB版「オトコマエ研究所」(不定期連載)最終回. インタビュアー:藍澤麻衣. Cheese!Net.. オリジナルの2008-09-14時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080914125159/http://cheese.shogakukan.co.jp/special/report/report041.html 2015年9月28日閲覧。 
  7. ^ 春休み[リンク切れ]」 中村蒼オフィシャルブログ、2008年3月23日(間もなく上京から1年との記述)より。
  8. ^ 感謝」 中村蒼オフィシャルブログ、2007年11月14日(「新垣結衣(日出高校卒)が学校の先輩」との記述)より。
  9. ^ 中村蒼が快気炎をあげる『ハリウッドを喰ってやります!』、日本版『パラノーマル』初日」、ハリウッドチャンネル、2010年11月20日。
  10. ^ 中村蒼がつか舞台「熱海殺人事件」に!」 日刊スポーツ、2011年12月27日。
  11. ^ “平成26年度(第69回)文化庁芸術祭賞 テレビ・ドラマ部門 優秀賞 受賞「マザーズ」” (プレスリリース), 中京テレビ, (2014年12月25日), http://www.ctv.co.jp/company/press/2014/20141225.pdf#search='%E6%96%87%E5%8C%96%E5%BA%81%E8%8A%B8%E8%A1%93%E7%A5%AD+%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%BA' 2015年9月25日閲覧。 
  12. ^ 中村蒼、主演ドラマが最優秀賞を受賞 日本民間放送連盟賞・テレビドラマ番組部門”. ORICON STYLE (2015年9月25日). 2015年9月25日閲覧。
  13. ^ “中村蒼 ゆうばり国際映画祭でニューウェーブ賞受賞”. Sponichi Annex. (2015年2月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/02/10/kiji/K20150210009784290.html 2015年2月10日閲覧。 
  14. ^ a b 中村蒼、髪と眉を“ガチそり”好青年から一転「インパクトがありすぎ」”. スポーツ報知 (2015年9月22日). 2015年9月22日閲覧。
  15. ^ a b 旧公式ブログにおける「中村蒼のプロフィール」の記載より(2011年7月28日閲覧)。
  16. ^ a b c 中村蒼 (2010年). 映画「BECK」中村蒼インタビュー. (インタビュー). Pakila.. オリジナルの2010-11-28時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101128183921/http://pakila.jp/cinema/pc/100830beck/interview.html 2015年9月28日閲覧。 
  17. ^ 金のタマゴ発掘隊_Vol.31『ジュノングランプリ★中村蒼は“かわいい弟”的存在』」 ORICON STYLE、2008年10月15日。
  18. ^ 。。。」 中村蒼オフィシャルブログ、2010年2月6日。
  19. ^ 雑誌」 中村蒼 OFFICIAL BLOG、2011年7月23日。
  20. ^ 中村蒼『KARA、ダイスキー!』と叫び会場がまさかのドン引き状態! 水を打ったように静まり返る」  シネマトゥデイ、2011年8月6日。
  21. ^ 楽しみ」 中村蒼オフィシャルブログ、2009年6月15日。
  22. ^ 私物」 中村蒼オフィシャルブログ、2008年11月3日。
  23. ^ 部屋」 中村蒼 OFFICIAL BLOG、2009年12月19日。
  24. ^ 新人賞・新垣結衣 - 日刊スポーツ映画大賞」 日刊スポーツ、2007年12月29日。
  25. ^ “JUNONボーイ中村蒼&斎藤嘉樹主演で“裏”高校野球”. スポーツ報知. (2007年12月13日). オリジナル2008年2月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080220060427/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/cinema/news/20071213-OHT1T00078.htm 2016年4月28日閲覧。 
  26. ^ JUNON』2009年5月号[要ページ番号]
  27. ^ 『CINEMA SQUARE』 Vol.39(2011年7月)[要ページ番号]。川原とは『行け!男子高校演劇部』『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』で共演。
  28. ^ “中村蒼 都内の大学に合格していた”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2008年12月12日). オリジナル2008年12月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081212191555/http://www.daily.co.jp/gossip/2008/12/12/0001609901.shtml 
  29. ^ おー(゜o ゜;)」 中村蒼オフィシャルブログ、2009年6月9日。
  30. ^ 今まで共演した役者さんの中でもう一度共演したい!という方はいますか? その理由も教えてください。 - 中村蒼 インタビュー」 ザ・インタビューズ、2011年11月4日[リンク切れ]
  31. ^ 『プラスアクト』2011年9月号[要ページ番号]の対談より。池松とは福岡市の同じ区の出身で、実家が近所である。
  32. ^ 男の履歴書 中村蒼編|インライフ
  33. ^ “中村蒼、深キョンドラマ出演で意外な事実!?”. スポーツ報知. (2008年6月14日). オリジナル2008年6月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080616052435/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080614-OHT1T00058.htm 2013年9月14日閲覧。 
  34. ^ 7月フジ火9ドラマは武井咲主演の切ない社会派ラブ&ファミリー・ストーリー”. webザテレビジョン (2012年5月28日). 2015年1月19日閲覧。
  35. ^ “中村蒼、『八重の桜』で大河ドラマ初出演「臆せず芝居したい」”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年8月3日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2027265/full/ 2013年8月3日閲覧。 
  36. ^ 中村蒼、高校生役で「初心に返れた」 ドラマ『なぞの転校生』で初のSF作品に挑戦”. クランクイン!! (2014年1月8日). 2016年4月28日閲覧。
  37. ^ 第37回創作テレビドラマ大賞 希望の花 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  38. ^ 「希望の花」主演・中村蒼がサラリーマンへの憧れを明かす”. Smartザテレビジョン (2014年2月3日). 2015年9月28日閲覧。
  39. ^ “Dlife初の日本ドラマ放送決定! 柳葉敏郎×中村蒼『東京ガードセンター』”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2014年2月24日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/29494 2014年3月15日閲覧。 
  40. ^ 中村蒼、上野樹里主演の新ドラマ『アリスの棘』で心優しい小児科研修医役に挑戦”. テレビドガッチ (2014年3月5日). 2015年9月28日閲覧。
  41. ^ web ザ テレビジョン (2014年7月4日). “本の中の料理を完全再現! おいしそうなドラマ「本棚食堂」で中村蒼と柄本時生がW主演!!”. 2014年7月26日閲覧。
  42. ^ 中村蒼 (2015年7月7日). 中村蒼主演「本棚食堂」開始『常に挑戦していきたい』. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. http://thetv.jp/news_detail/61310/ 2015年9月28日閲覧。 
  43. ^ 毎日新聞デジタル (2014年6月5日). “中村蒼:弁護士役に初挑戦”. 2014年7月1日閲覧。
  44. ^ オリコンスタイル (2014年10月1日). “中村蒼、出自に悩む難役に挑戦 『マザーズ〜母たちの選択』ドラマ化で主演”. 2014年10月17日閲覧。
  45. ^ 歌舞伎俳優・尾上松也、『ウロボロス』小栗×生田と共演! 中村蒼、嶋田久作も出演”. クランクイン!! (2015年1月5日). 2015年1月19日閲覧。
  46. ^ オリコンスタイル (2014年7月26日). “中村蒼も髪バッサリ ドラマ版『永遠の0』「成長みせたい」”. 2014年7月26日閲覧。
  47. ^ 中村蒼:前田慶次の息子役でNHK時代劇に出演 藤竜也主演「かぶき者 慶次」”. 毎日新聞デジタル (2015年1月18日). 2015年1月19日閲覧。
  48. ^ 中村蒼、リリー・フランキーのムチャぶりに満点対応 ほのぼのエピソードで会場なごませる”. TV LIFE (2015年7月19日). 2015年9月28日閲覧。
  49. ^ 中村蒼、黒島結菜の初恋相手役に 戦後70年NHKドラマ『一番電車が走った』”. ORICON (2015年7月2日). 2015年7月2日閲覧。
  50. ^ ドラマ『図書館戦争』今秋放送へ 岡田准一ら映画キャストが集結”. ORICON (2015年5月29日). 2015年9月8日閲覧。
  51. ^ 中村蒼 (2014年10月27日). 【インタビューvol.1】中村蒼、映画『トワイライト ささらさや』で“おバカキャラ”に初挑戦「新垣結衣さんに僕の成長を感じてもらえたら」. (インタビュー). テレビドガッチ.. http://dogatch.jp/news/ntv/29125 2015年9月28日閲覧。 
  52. ^ 中村蒼が心と体を持った“テレビ”に扮する、「春子超常現象研究所」劇場公開決定”. 映画ナタリー (2015年10月1日). 2015年10月1日閲覧。
  53. ^ 佐々木希・中村蒼ら、黒木瞳の初監督作『嫌な女』に出演! ポスターも初公開”. マイナビニュース (2016年3月8日). 2016年3月14日閲覧。
  54. ^ 吉田唯 (2016年4月22日). “橋本愛の初恋の人に中村蒼!ラーメン屋修行にバイクの猛特訓も!”. シネマトゥデイ. 2016年4月28日閲覧。
  55. ^ “lecca原作、中村蒼主演のショートムービーティーザー映像&MVが公開”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ). (2012年11月28日). http://www.musicman-net.com/artist/22113.html 2013年8月27日閲覧。 
  56. ^ 歌舞劇『田園に死す』初日舞台稽古”. シアターガイド (2006年10月6日). 2013年9月14日閲覧。
  57. ^ 上野紀子 (2013年6月1日). “中村蒼・谷村美月が挑む震災テーマの寓話劇「つく、きえる」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). オリジナル2013年6月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130604192521/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/theater/20130531-OYT8T00997.htm 2015年9月28日閲覧。 
  58. ^ “中村勘九郎&松坂桃李の「真田十勇士」に比嘉愛未、福士誠治、中村蒼、村井良大ら出演決定”. TV LIFE (学研パブリッシング). (2013年6月4日). http://www.tvlife.jp/2013/06/04/7615 2013年8月27日閲覧。 
  59. ^ 『アサヒ カクテルパートナー』新TVCM『カラフルタイム篇』放映開始」 アサヒビール株式会社、2012年4月6日。
  60. ^ 中村蒼&夏帆が不思議な世界に迷い込む! 『アサヒ カクテルパートナー』新CMが放映」 東京ウォーカー、2012年4月9日。
  61. ^ “中村蒼、新CMでバリスタに挑戦 会話で女性客を魅了?”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2014年3月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140304/oth14030402220001-n1.html 2014年3月15日閲覧。 
  62. ^ 小栗旬、仕事終わりに「グキッ!」”. Smartザテレビジョン (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  63. ^ 若手有名俳優、2BACKKAの新作ミュージックビデオに初主演」 BARKSニュース、2009年4月20日。
  64. ^ 中村蒼主演映画『東京難民』主題歌、高橋優「旅人」PV公開! 本作映像入り”. マイナビニュース (2014年1月28日). 2015年2月10日閲覧。
  65. ^ 高橋優「アリスの棘」主題歌提供&リリックPVに中村蒼参加”. 音楽ナタリー (2014年3月25日). 2015年2月10日閲覧。
  66. ^ かんさいぃぃ」 中村蒼 OFFICIAL BLOG、2011年2月13日。

外部リンク[編集]