中野裕太 (タレント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかの ゆうた
中野 裕太
プロフィール
別名 創斗
生年月日 1985年10月9日
現年齢 31歳
血液型 AB[1]
公称サイズ(2009年[2]時点)
身長 / 体重 181 cm / 63 kg
BMI 19.2
スリーサイズ 86 - 65 - 80 cm
靴のサイズ 27.5 cm
活動
備考 俳優
モデル: テンプレート - カテゴリ

中野 裕太(なかの ゆうた、1985年10月9日[2] - )は、日本俳優モデルタレントレプロエンタテインメント所属。当初の芸名創斗(そうと)だったが、2009年に現在の事務所に移籍後、本名[3]中野裕太に改名。

略歴[編集]

公文国際学園中等部・高等部卒業後、早稲田大学第一文学部に入学。高校時代にアメリカ合衆国、大学時代にイタリアミラノ大学に留学していた[4]

大学在学中にモデル事務所オフィス夏に所属[5]。大学4年生の時にアルベール・カミュに出会い、役者を志す[6]。大学卒業前後に『仮面ライダーキバ』のオーディションに合格、同作で俳優デビュー。2009年2月に知人の紹介でレプロエンタテインメントと仮契約[6]9月1日に正式契約[7]。移籍後、芸名を本名の「中野裕太」に改名した。

2010年11月号『Numéro TOKYO』で、篠山紀信撮影によるヘアヌードが掲載された[8]。2009年から2013年頃まで主にバラエティ番組で活動していたが、2014年に事務所と話し合い、俳優業に専念することを決めた[9]2015年に映画『もうしません!』で、初主演[10]2016年、日本と台湾の国際恋愛を描いた映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』で主演を務め、海外作品デビュー[11]。同年、単発ドラマ『脚本家と女刑事』でテレビドラマ初主演[12]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • N.M.L.〜nice mikosiba life〜(2008年[13])クラブ支配人 役
  • 妄想協奏曲(2008年[13])殺し屋 役
  • 汚れたアヒル(2009年)ツアーアテンダント 役
  • パニ☆ホス(2009年)内藤一人 役(近藤貴路とのWキャスト)
  • レンタル彼女(2012年)富岡恵介 役

ラジオ[編集]

配信・インターネット[編集]

ドラマ[編集]

  • 世界の終わりに咲く花(2010年 BeeTV)斉藤歩 役

ラジオ[編集]

CM[編集]

ミュージックビデオ[編集]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BIKKLIBAKO. “中野裕太のプロフィール”. 2010年11月7日閲覧。
  2. ^ a b レプロエンタテインメント (2009年). “Biography”. 2010年7月28日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 早稲田大学 文学学術院 (2006年5月25日). “早稲田ウィークリースクラップ News&Topics 私たちが答えます! 学生留学アドバイザーQ&A”. 2010年5月28日閲覧。
  4. ^ 朝日新聞社 (2010年). “関西の大学力〜真価の証明〜 中野裕太さん×中村編集長特別対談「大学は、自分自身を見つめなおす場所」”. 2010年7月29日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ (株)オフィス夏のモデル・オーディション情報(MODELBA)
  6. ^ a b 有動敦子「篠山紀信が激写する 中野裕太 赤裸々の肖像」、『Numéro TOKYO』第4巻第9号、扶桑社東京都港区、2010年11月、 pp.112-113、2010年11月1日閲覧。
  7. ^ BIKKLIBAKO (2010年9月27日). “27/09/2010”. 2010年9月29日閲覧。
  8. ^ スポーツニッポン (2010年9月25日). ““自称天才”中野裕太が刺激的オールヌード”. 2010年9月29日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ 中野裕太. 『拝啓、民泊様。』中野裕太インタビュー『拝啓、民泊様。』中野裕太が明かす、タレント業をやめた理由「退路を断って、役者一本に絞る」. インタビュアー:戸塚安友奈. Real Sound.. http://realsound.jp/movie/2016/10/post-3041_2.html 2016年10月23日閲覧。 
  10. ^ ““ニーチェ超え”中野裕太が映画初主演”. デイリースポーツ. (2015年1月10日). http://www.daily.co.jp/gossip/2015/01/10/0007646325.shtml 
  11. ^ 中野裕太、主演映画で初の海外デビュー 台湾の人気女優と共演”. ORICON STYLE (2015年10月1日). 2015年10月1日閲覧。
  12. ^ “中野裕太がドラマ初主演! ステージで殺人事件を謎解く脚本家役に”. マイナビ. (2016年7月21日). http://news.mynavi.jp/news/2016/07/21/157/ 
  13. ^ a b c d e f 出演時は「創斗」名義。
  14. ^ 結婚式の前日に(TBS)
  15. ^ “黒木メイサ、新井浩文と夫婦役 恐妻キャラに気合い十分「痛快で愛のある作品に」”. ORICON STYLE. (2016年9月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2078339/full/ 2016年9月13日閲覧。 
  16. ^ 中野裕太主演「もうしません!」秋公開、うだつの上がらないDJが映画作りに奮闘”. 映画ナタリー (2015年8月12日). 2015年10月1日閲覧。
  17. ^ 新連載スタート!” (日本語). News. Numéro.jp (2011年1月28日). 2011年1月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]