Numéro TOKYO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Numéro TOKYO
ジャンル ファッション
読者対象 25 - 35歳女性[1]
刊行頻度 月刊(毎月28日)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 700円
出版社 扶桑社
編集部名 ヌメロ・トウキョウ編集部
発行人 的場正信→坂口明子
編集長 田中杏子
副編集長 水戸美千恵
雑誌名コード 719
刊行期間 2007年2月27日(2007年4月号) - 現在

Numéro TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)は、扶桑社が発行・発売している日本ファッション雑誌で、フランスのファッション雑誌『ヌメロ』の日本版である。

歴史[編集]

2006年9月に東京都内の主要書店でパイロット版の0号が3万部限定で無料配布された[2]2007年2月27日に創刊号(4月号)が扶桑社より発売された。表紙はイギリススーパーモデルケイト・モスが飾った。なお、扶桑社との提携は駆け込み状態で決定した為、印刷が間に合わず、創刊号の発行元は編集長田中杏子らの会社名「ラ カシェット」、発売元は「アシェット婦人画報社」となっている[1]

6・12月以外の毎月28日に発売される。

スタイル[編集]

モード系雑誌の一つに分類され、世界的名門ファッションブランドの商品が多数掲載される。「毒抜きされたモード誌は、もういらない。」というテーマを掲げている[1]

中心読者層は世界中の流行に敏感な25歳から35歳のキャリアウーマン[1]、扶桑社の女性誌では『LUCi』『ESSE』と重なる年齢層であるが、もともと海外発祥ということもあって、両方ともテイストは異なっている[1]

特集・連載のスタートページにページのノンブルが大きく表記されているのが特徴。また、連載を含めて、「注目の芸能人」をモデルに起用した記事が全体の1/3程度を占める。

フジサンケイグループの媒体であることから、巻末にはフジテレビジョンの番組に関する告知などが掲載されている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Numero TOKYO(ヌメロ トウキョウ)” (日本語). 今月のいけにえ[雑誌]. ブック・レビュー・ガイドb (2007年5月31日). 2010年10月19日閲覧。
  2. ^ No.4 - Numéro(フランス)” (日本語). ワイルド・ワールド・マガジン. YOMIURI ONLINE. 2010年10月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]