夏の恋は虹色に輝く

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夏の恋は虹色に輝く
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2010年7月19日 - 9月20日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 澤田鎌作 ほか
脚本 大森美香
プロデューサー 三竿玲子
出演者 松本潤
竹内結子
沢村一樹
松重豊
伊東四朗
松坂慶子
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 連動データ放送
オープニング 作曲:延近輝之
エンディング Løve Rainbow
外部リンク 番組情報ページ

特記事項:
第1話:15分拡大(21:00 - 22:09)
第9話:20分遅延(21:20 - 22:14)
テンプレートを表示

夏の恋は虹色に輝く』(なつのこいはにじいろにかがやく)は、フジテレビ系列で、2010年(平成22年)7月19日から同年9月20日まで月9枠で放送されたテレビドラマ。放送時間は毎週月曜日の21:00 - 21:54(JST)。初回は21:00 - 22:09の15分拡大。ハイビジョン制作。略称は「夏虹」。

自分の“見え方”を気にするあまり、頭でっかちで理屈っぽい二世俳優が、悩みなど笑って吹き飛ばす元気な女性と出逢い、迷いながらも恋に、仕事に、奮闘する姿を等身大で描くラブストーリー。脚本は大森美香

キャッチコピーは、「その恋は、何色なんだろう。人を好きになるとき、世界は初めて色を持つ。」。

あらすじ[編集]

名優の父親と元女優の母親を持つにも関わらず、全く売れない二世俳優・楠大雅は、世間からは親の七光りと揶揄され、父親にコンプレックスを抱いていた。ある日、友人と気晴らしにスカイダイビングをしていたが、大雅だけ風に流されて雑木林に落下して宙吊り状態になってしまう。困っていたところを偶然通りかかり、助けてくれた美女・北村詩織に一目惚れするが、実は彼女にはある秘密があったのだった。

キャスト[編集]

主人公[編集]

本作の主人公。航太郎と真知子の次男。東京都品川区在住。芸能一家ゆえにマスコミに取り上げられ、小学生の時から虐められていたが、父の背中を見て俳優を志し、高校卒業後、演技を勉強するためにニューヨークに留学。帰国後、父と同じ芸能事務所に所属するが、オーディションにことごとく落ち続け、役柄も端役しか与えられず、親の七光りタレントとしてバラエティー番組に出演する日々が続いている。滑舌が悪く、演技が暑苦しい上に、自分が周りからどう見られているかを気にするあまり理屈っぽいのが玉に瑕だが、一方で悪い部分は直そうと努力したり、ワンシーンだけの出演でも全部の役のセリフを覚え、役作りのために熱心に勉強に励むなど、真面目な一面もある。小さい時からピアノ・英会話・バイオリンを習った他、料理が苦手な真知子に代わり、冷蔵庫のあり合わせで簡単なおもてなし料理も作れる。スカイダイビングでの着地に失敗した際、雑木林で宙吊りになったところを助けた詩織に一目惚れする。詩織との恋愛や、桜や譲たちと接する中で、少しずつ仕事に対する姿勢が変わり、真知子と旅番組『あなたと夢温泉』に出演したり、アイスクリーム屋でアルバイトを始めた。譲の誘いもあり、有栖川のワークショップに参加し、有栖川劇団の舞台『ハムレット』の練習参加メンバーに選ばれ、セリフのある従者役を与えられる。詩織に海の父親になると告白したことで、海に拒否されるが、後に勇樹の墓参りで福岡に行き、そこで出会った春樹に連れられて北村家を訪れ、あいさつを済ませていた。愛車レクサス・RX。腕時計はフランクミュラーのトノーカーベックス 7880 クロノグラフと8080ライジングサン・クロノグラフを愛用。
本作のヒロイン。宙吊りになっていた大雅を助けた美女。シングルマザー。航太郎の大ファンで、6年前に『江戸に咲く風の銀次郎』のロケを見学した時に産気づき、航太郎と青木に助けられる。それ以降、航太郎にファンレターを送っていた。勤めていた缶詰工場が倒産してしまい、楠航太郎事務所で働くことになる。亡き夫・勇樹に未練があり、大雅と出会ってからはその思いが揺らぎ、好きな気持ちを抑えていたが、幸せになってもいいという春樹の後押しもあり、素直に受け入れるようになる。大雅が海の父親になると告白した際、海が拒否したため、海が納得するまでは大雅と会わないようにしたが、大雅が勇樹の墓と北村家を訪れていたことを知り、舞台の稽古中だった大雅に激励の手紙を送った。

楠家[編集]

航太郎と真知子の長男。大崎第一小学校1年1組担任。大雅とは対照的に、楠航太郎の息子としてではなく、地に足をついた仕事をしたくて、小さい時から公務員を志していた。女性に惚れっぽく、佳奈にアプローチをしていたが、自分が担任を受け持つクラスに転入してきた海の母親である詩織に一目惚れし、彼女との結婚を考えるあまり、妄想が先走りすぎていた。しかし、詩織に再婚の意思がなく、恋愛対象にされていないことを知り、自身の浮気以外の原因で初めて失恋する。傷心を癒すために、大雅と真知子が出演する旅番組『あなたと夢温泉』のロケに同行するも、立ち直るや否や女性たちに声をかけていた。その後、大雅が詩織を好きだと知り、潔く身を引くが、大雅と詩織の仲にやきもきする。
  • 山本とし子(やまもと としこ) - 猫田直
楠家の家政婦。
大雅と大貴の父親。日本を代表する名俳優で『江戸に咲く風の銀次郎』シリーズなどの代表作がある。捻挫で入院していたが、くも膜下出血で亡くなる。6年前、『江戸に咲く風の銀次郎』のロケ見学中に産気づいて倒れた詩織を病院に運んだ。その後、青木と見舞いに訪れた際、詩織から頼まれて、生まれてきた子に海と命名する。
大雅と大貴の母親。姫島真知子の芸名で「お嫁さんにしたい女優No.1」だったが、20歳で結婚して家庭に入るも、一人では家事全般を何もできず、経済観念もない。少し天然な所もある。航太郎が生前詩織と文通を続けていることを気にかけていたが、青木から真相を聞き、胸を撫で下ろす。

北村家[編集]

詩織の一人娘で小学1年生。8月生まれで、名前は航太郎が命名した。詩織が楠航太郎事務所で働くことになったため、大崎第一小学校に転校してくる。転校早々、声をかけてきた三池蒼空にほのかな想いを寄せている。大貴の紹介で学童保育「大崎ひまわりクラブ」に入る。滑舌は良いものの、運動は苦手で、水に顔をつけるのも怖がっていたが、大貴が夏休みに開いた親子水泳教室で克服した。海の父親になるという大雅の告白に驚き、父親はいらないと拒絶するが、それは詩織が勇樹のことも自分のことも忘れてしまうのではないかと心配したためで、後に詩織とわだかまりを解き、大雅とも和解した。
  • 北村勇樹(きたむら ゆうき)
詩織の夫。海の父親。商社勤務で、社内では出世頭で人気があり、フットサルチームにも入っていた。海が生まれる前の2002年12月に、出張先のボリビアで起きた大地震で亡くなっている。
  • 北村春樹(きたむら はるき) - 塚本高史(第6 - 8、最終話)
福岡に住む詩織の義弟で税理士。海の叔父。詩織と海の帰郷時には出張で入れ違いになってしまうが、君江に頼まれて、詩織の様子を見に上京。勇樹のことは気にせず、幸せになってほしいと詩織の背中を押した。墓参りに訪れた大雅を家に招き、詩織の好きな相手が大雅だと知る。勇樹と声が似ている。
  • 北村君江(きたむら きみえ) - 市毛良枝(第5 - 7、最終話)※第5話は声のみ
福岡に住む詩織の義母。海の祖母。詩織・海が福岡で一緒に暮らしてくれることを望んでいる。春樹が連れてきた大雅を気に入る。
  • 北村雄三(きたむら ゆうぞう) - でんでん(第6話)
福岡に住む詩織の義父。海の祖父。
  • 北村真弓(きたむら まゆみ) - 肘井美佳(第6話)
福岡に住む詩織の義妹。海の叔母。
  • 北村ユキ(きたむら ユキ) - 小野敦子(第6話)
福岡に住む雄三の母親。勇樹・春樹・真弓の祖母。海の曾祖母。

楠航太郎事務所[編集]

  • 青木久雄(あおき ひさお) - 松重豊
事務所社長で、航太郎の元付き人。付き人時代に、詩織と産まれたばかりの海と面識がある。航太郎の死後は、事務所社長としてだけでなく、父親代わりとしても大雅を気にかけている。妻に家を出て行かれている。
子役出身の女優で芸歴15年。子役時代に共演経験のある航太郎の事務所に移籍する。わがままで気が強いが、仕事に対するプロ意識は高い。子役時代のことばかり話題にされると不機嫌になる。出演するドラマ『愛の緊急病棟』の台本を読み合わせする中で、大雅のことを好きになるが、大雅からは演技だと思われ、改めて告白するもかわいい妹にしか思われず失恋。譲を呼び出し大泣きする。
事務所スタッフ。足腰が弱くて病院通いしている。航太郎と真知子の結婚に尽力した。
事務所スタッフ。移籍してきた桜の付き人となるが、テレビ局でプロデューサーの名前を間違えたり、陰気な顔がストーカー被害に遭ったトラウマを思い出させるため、桜からは付き人につくことを拒否される。趣味でアングラ演劇の脚本を執筆している。
  • 沖めぐみ(おき めぐみ) - 阿南敦子(第1話)
事務担当だったが、退職する。

大崎第一小学校[編集]

  • 野崎佳奈(のざき かな) - 小松彩夏(第2 - 最終話)
1年1組副担任。幼少の頃の夢はかわいいお嫁さん。赤木俊平のファン。
5年1組の生徒。転校したばかりで一人ぼっちでいた海に声をかける。学童保育「大崎ひまわりクラブ」に入っていて、北村家の近所に住んでいる。両親の離婚により転校することになる。
大崎第一小学校の教師。
1年1組の生徒。授業参観の後、海と友達になる。
  • 太郎(たろう) - 中西龍雅(第3 - 最終話)
1年1組の生徒。12月生まれ。海と同じ学童保育「大崎ひまわりクラブ」にも入っている。海に好意を持っている。

俳優関係[編集]

歌手・メアリー植野の息子で俳優。大雅とは同じ境遇で意気投合し、小学生時代からの親友。6回結婚して6回離婚した、恋愛に自由奔放な母親に苦労している。一般人には、フルネームでは覚えられていないようで、たびたび「メアリー植野の息子」と呼ばれるが、「誰?知らない。」と言われる大雅よりは若干、知名度がある。
熊本県出身の人気若手俳優。自称・熊本一の美男子で熊本パルコの前でスカウトされ、芸能界入りした。かつて俳優としての実力は変わらないはずであったが、親が大物俳優というだけで大雅に「学園ドラマの主人公の友人役」を奪われたことがあったため、二世俳優である大雅を敵視するようになった。その後、新人賞に輝くなど実力をつけて良い役を勝ち取るまでに成長し、大雅と会うたびに嫌味を言う。大雅も挑戦した『愛の緊急病棟』のオーディションで新人医師役に選ばれ、大雅をぶっ潰すことと、大ファンだった桜と共演することの二つの目標を達成した。心を入れ替えた大雅とお互いの心情を吐露して打ち解け、楠家にも遊びに来るようになる。さらなる実力を付けるために参加する有栖川のワークショップに大雅を誘う。メアリー植野に逆ナンパされたことがある。

その他[編集]

学童保育「大崎ひまわりクラブ」の指導員。
  • 有栖川正志(ありすがわ まさし) - 石橋蓮司(第8 - 最終話)
「演劇界の奇才」と呼ばれる演出家で、有栖川劇団の主宰。主宰するワークショップで役者たちを厳しくしごく[3]

ゲスト[編集]

俳優・後藤悟を父に持つ二世俳優。二世の芸能人たちが集う「我らが二世同窓会」の仲間。
デザイナー・神崎瑤子を母に持つ二世タレント。「我らが二世同窓会」に新たに加入。
二世女優。「我らが二世同窓会」の仲間。
二世俳優。「我らが二世同窓会」の仲間。
二世俳優。「我らが二世同窓会」の仲間。
ファッション誌のモデルで、大雅の元彼女。親には大雅を「楠航太郎の息子」と紹介し、大雅の名前を呼ばなかった。箸の使い方が原因で別れる。
大物俳優。『江戸に咲く風の銀次郎』の新シリーズで2代目銀次郎を演じる。
  • 舞台『ハムレット』クローディアス役・森下恵一 - 市村正親(最終話、友情出演)
  • 舞台『ハムレット』ハムレット役・赤木俊平 - 北村有起哉[4](最終話)
  • 舞台『ハムレット』ポローニアス役 - 河内喜一朗(最終話)
  • 舞台『ハムレット』アシスタントプロデューサー・持永アリサ - 深田恭子(最終話、友情出演)
  • 舞台『ハムレット』照明スタッフ - 二宮和也(嵐)(最終話、友情出演)
  • メアリー植野 - 夏木マリ(最終話)
  • メアリー植野と舞台鑑賞に来た男性 - 白石隼也(最終話)

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 備考
第1話 2010年7月19日 君をみつけた 澤田鎌作 15.7% 15分拡大
第2話 2010年7月26日 ライバル出現!? 10.9% -
第3話 2010年8月02日 好きだ…キミが 小原一隆 12.9%
第4話 2010年8月09日 キミの涙の理由 12.1%
第5話 2010年8月16日 行かないで… 澤田鎌作 10.2%
第6話 2010年8月23日 君にキスした… 星野和成 11.8%
第7話 2010年8月30日 涙のバースデー 小原一隆 11.4%
第8話 2010年9月06日 海に誓う約束 澤田鎌作 12.9%
第9話 2010年9月13日 好き…でも嫌い 小原一隆 11.5% 20分遅延
最終話 2010年9月20日 もう会えない 澤田鎌作 13.1% -
平均視聴率 12.3%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

音楽[編集]

CD[編集]

DVD[編集]

  • 夏の恋は虹色に輝く DVD-BOX(ポニーキャニオン、2010年(平成22年)12月15日発売)/19950円(税込)
    • 初回限定特典
      • 豪華限定BOX仕様
      • 特製ポストカード(10枚)
      • 「風の銀次郎」フィギュアストラップ
    • 映像特典
      • 制作発表
      • スペシャルメイキング
      • 放送直前スペシャル
      • 松本 潤vs.リュー・チェン
      • 夏虹キャンペーン限定映像
      • ノンクレジットオープニング
      • 予告集
    • 封入特典
      • スペシャルブックレット(48ページ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同年放送の同局の「わが家の歴史」でも松本が演じた役の幼少期を演じている
  2. ^ 余談だが伊東も、演じている航太郎同様に次男が俳優である。
  3. ^ 演じる石橋も実際に劇団第七病棟の主宰を務めている。
  4. ^ a b c d 主人公の設定と同様に両親が有名人である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 月曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
月の恋人〜Moon Lovers〜
(2010年5月10日 - 7月5日)
夏の恋は虹色に輝く
(2010年7月19日 - 9月20日)
流れ星
(2010年10月18日 - 12月20日)