ひゃくはち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ひゃくはち』は、早見和真による日本の小説。2008年6月28日集英社から発売された。

今作を原作とした映画が2008年8月9日に公開された。

あらすじ[編集]

神奈川県の強豪京浜高校野球部の補欠部員に重点を当てた物語 三年生最後の夏決勝で惜しくも負けてしまった京浜野球部。夏が終わってしまったということは新チームの開始、応援席で応援していた補欠部員、ノブとまさとのベンチ入りをかけた争いが始まる。 途中、部員の退部や、寮生活のあるある、喫煙、合コンなど一般的な野球映画では描かれていないリアルが描かれている。 部員だけではなく、新米記者の相馬も絡み合って真の野球とは何なのかを見つめていく。 県外内から集まって来た野球留学生に囲まれ実力の差を感じる中主人公たちがどう生きていくのか 送り出してくれた親の応援の中自分の中で葛藤する姿が印象的だ

登場人物[編集]

映画[編集]

ひゃくはち
監督 森義隆
脚本 森義隆
原作 早見和真
出演者 斎藤嘉樹
中村蒼
市川由衣
高良健吾
北条隆博
桐谷健太
音楽 和泉剛
主題歌 湘南乃風晴伝説
撮影 上野彰吾
編集 森義隆
製作会社 オフィス・ハタノ
プラスミック・シーエフピー
RIKIプロジェクト
ファントム・フィルム
ジェネオン・エンタテインメント
アークエンタテイメント
配給 ファントム・フィルム
公開 日本の旗 2008年8月9日
上映時間 126分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2008年8月9日公開。主演は斎藤嘉樹及び中村蒼。監督・脚本は森義隆、プロデュースは永井拓郎。 

甲子園常連の名門校である京浜高校の補欠部員・雅人とノブが高校最後の夏、ベンチ入りを目指し奮闘する姿を描く青春映画。タイトルは硬式球の縫い目の数と人間の煩悩の数をあらわしている。

受賞[編集]

キャスト[編集]

主なロケ地[編集]

外部リンク[編集]