早見和真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
早見 和真
(はやみ かずまさ)
誕生 (1977-07-15) 1977年7月15日(42歳)
日本の旗 神奈川県横浜市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
主な受賞歴 日本推理作家協会賞(2015)
デビュー作ひゃくはち
テンプレートを表示

早見 和真(はやみ かずまさ、1977年7月15日[1] - )は、日本の小説家

経歴[編集]

神奈川県横浜市出身[1][2]桐蔭学園高等学校硬式野球部に所属[1][2]。2年先輩に高橋由伸がいる[1]國學院大學文学部在学中の[2]20歳の時、あらゆる出版社に飛び込み営業した末[3]、ライターとして雑誌『AERA』の「現代の肖像」や、『Sportiva』『月刊PLAYBOY』『SPA!』などで活動する。

2003年入社予定で全国紙の新聞社への内定が決まっていたが、3年留年した末に退学したため取り消しとなってしまう[2]。自暴自棄に陥るが、旧知の出版社の編集者から小説の執筆を薦められ[3]2008年、自らの経験を基に書き上げた名門高校野球部の補欠部員を主人公とした『ひゃくはち』にて小説デビューを果たす[2]。『月刊ヤングジャンプ』にて、山本隆之により漫画化もされた。

2015年、『イノセント・デイズ』で第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞[2]、第28回山本周五郎賞候補。執筆活動に専念するために都会から離れ、2010年1月から静岡県河津町で妻と娘と暮らす[2]。2016年3月、愛媛県松山市に移住[4]

2018年4月、小説家として街にコミットしたいとの思いから、愛媛県を舞台に飼い猫「マル」の冒険譚を描いた創作童話『かなしきデブ猫ちゃん』を、絵本作家のかのうかりんとのコンビで愛媛新聞にて連載開始[5]。ラジオ番組『早見和真のリトルトーキョーはいらない』がFM愛媛でスタートする[6]

著書[編集]

単著[編集]

アンソロジー[編集]

「」内が早見和真の作品

  • ノスタルジー1972(2016年11月 講談社)「永遠!チェンジ・ザ・ワールド」
  • マウンドの神様(2017年6月 実業之日本社)「あの日、監督がうなずいていれば、僕は―」

メディア・ミックス[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

漫画[編集]

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • 早見和真のリトルトーキョーはいらない(2018年4月1日 -、FM愛媛) - レギュラーパーソナリティ

ドキュメンタリー番組[編集]

  • 小説家というものをやっておりまして…。(2018年4月15日、あいテレビ[14]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “【フレー フレー ヨシノブ】桐蔭学園野球部後輩の作家・早見和真さん「優しすぎる監督が球界を席巻する」”. スポーツ報知. (2016年1月23日). オリジナルの2016年2月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160213162916/http://www.hochi.co.jp/giants/20160122-OHT1T50152.html 2017年8月17日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g 梁川淑広 (2015年8月23日). “ひと・しずおか 日本推理作家協会賞受賞、早見和真さん/静岡”. 毎日新聞. オリジナルの2016年2月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160217140137/http://mainichi.jp/articles/20150823/ddl/k22/070/117000c 2017年8月17日閲覧。 
  3. ^ a b “母の闘病支えた実体験の小説が映画化 小説家の早見和真さん(36)”. msn産経ニュース. (2014年2月2日). オリジナルの2014年2月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140202220856/http://sankei.jp.msn.com/region/news/140202/kng14020222070004-n2.htm 
  4. ^ 【著者に訊け】早見和真氏 文芸界を舞台にした『小説王』”. NEWSポストセブン (2016年5月26日). 2018年1月20日閲覧。
  5. ^ 「かなしきデブ猫ちゃん」小説家・早見和真さんインタビュー 絵本作家・かのうかりんさん手記」『愛媛新聞ONLINE』愛媛新聞社。2018年5月12日閲覧。
  6. ^ 作家・早見和真(松山在住)、4月から冠ラジオ番組」『愛媛新聞ONLINE』愛媛新聞社。2018年5月12日閲覧。
  7. ^ a b 石井裕也監督「ぼくたちの家族」映画化にあわせ原作タイトル変更”. 映画.com (2014年3月6日). 2014年3月15日閲覧。
  8. ^ a b 妻夫木聡、3年半ぶり連続ドラマ出演 『イノセント・デイズ』実写化”. oricon (2017年12月20日). 2018年3月1日閲覧。
  9. ^ 太賀主演で早見和真の小説を映画化、男子3人が高校生活最後の旅に出る青春ドラマ”. 映画ナタリー (2017年3月15日). 2017年3月15日閲覧。
  10. ^ 連続ドラマW イノセント・デイズ”. WOWOW. 2018年3月1日閲覧。
  11. ^ 連続ドラマW イノセント・デイズ(全6話)”. WOWOW. 2018年3月1日閲覧。
  12. ^ 早見和真; 庄野樹(小学館) (2019年3月26日). 『小説王』早見和真×編集者インタビュー 作家の心を動かした「作品が向かうべき読者」とは. インタビュアー:ほんのひきだし編集部 猪越. 日本出版販売.. ほんのひきだし.. https://hon-hikidashi.jp/enjoy/78928/ 2019年7月9日閲覧。 
  13. ^ “ドラマ化決定「小説王」1巻、本当に書くべき物語のため闘う編集者と小説家”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年3月6日). https://natalie.mu/comic/news/322709 2019年7月9日閲覧。 
  14. ^ 小説家というものをやっておりまして...。〜愛媛在住・早見和真〜 4月15日(日)午後4時から放送!” (日本語). ろっくんからのお知らせ. あいテレビ. 2018年5月12日閲覧。