かなしきデブ猫ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

かなしきデブ猫ちゃん』(かなしきデブねこちゃん)は、小説家・早見和真(文)と絵本作家・かのうかりん(絵)による創作童話シリーズ。

デブ猫「マル」が愛媛を旅し、さまざまな経験を重ねながら成長していく姿を描く。愛媛編は愛媛新聞で3シリーズを展開。2022年4月からは神戸新聞で兵庫編がスタートした。

沿革[編集]

2018年4月、愛媛新聞でファーストシリーズの連載開始[1]

2019年3月25日に愛媛新聞社から絵本が出版された。累計発行部数は1万3000部を記録[2]している。

2019年9月7日、愛媛新聞でセカンドシリーズ『マルの秘密の泉』がスタート(2020年6月、終了)。

2021年3月19日、集英社からファーストシリーズの文庫版が発売[3]

2021年7月18日、愛媛新聞社からセカンドシリーズ『マルの秘密の泉』絵本を出版[4]

2021年9月11日、愛媛新聞でサードシリーズ『マルのラストダンス』がスタート。[5]

2021年12月25日、神戸新聞NEXTなどで配信された「神戸新聞フェス2021」で、2022年4月からの神戸新聞での新シリーズ開始を発表。[6]

2022年1月1日、愛媛新聞でサードシリーズ『マルのラストダンス』の連載終了。愛媛編の完結が発表された。

2022年4月16日、神戸新聞で兵庫編『マルのはじまりの鐘』の連載開始[7]

概要[編集]

  • 「文学のまちづくり」を目的に「二十年後の成人式に出る愛媛の若者が全員知っている物語」を作りたいと、2016年松山市に移り住んだ小説家・早見和真が着想。愛媛県今治市出身の絵本作家・かのうかりん、地元新聞社の愛媛新聞社と童話プロジェクトを立ち上げた[8]
  • 連載中は毎週土曜日の愛媛新聞一面を使って大々的に展開。下段広告欄で地元企業とコラボするなどの試みも行われた。
  • 愛媛県内各地で、物語の世界を表現するおはなし会や小学校への寄贈図書、読書支援活動を行っている[9]

シリーズ[編集]

  • ファーストシリーズ 創作童話『かなしきデブ猫ちゃん』
  • セカンドシリーズ 創作童話『かなしきデブ猫ちゃん マルの秘密の泉』
  • サードシリーズ 創作童話『かなしきデブ猫ちゃん マルのラストダンス』

作品[編集]

  • 「かなしきデブ猫ちゃん」絵本(2019年3月・愛媛新聞社)
  • 「かなしきデブ猫ちゃん」文庫(2021年3月・集英社文庫
  • 「かなしきデブ猫ちゃん マルの秘密の泉」絵本(2021年7月18日・愛媛新聞社)

テレビアニメ版[編集]

NHK松山放送局開局80周年の特別企画としてアニメ化され[10]、2021年12月6日からNHK総合で愛媛県内で先行放送、12月19日から全国放送された[11]。全10話。

監督・脚本は加藤道哉。美術監督は渡邊洋一。キャラクターデザインは竹内進二。アニメーション制作:サイクロングラフィックス

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

  • 【愛媛向け】
    • 通常版 2021年12月6日(月)~10日(金)/13日(月)~17日(金) 午後8時42分~8時45分
    • 特別編 2021年12月28日午後6時10分 - 全10話を1本に編集して放送され、エンディングテーマに「デブ猫ちゃん音頭」が使用された。
  • 【全国放送】2021年12月19日(日)/26日(日)午後11時55分~11時58分、2022年1月10日(月)~2月28日(月)毎週月曜 午前0時30分~0時33分 ※日曜深夜

テレビドラマ版[編集]

2021年5月7日から52回に渡って「大一ガスPresent マルとアンナの愛顔道中!」のタイトルにて、スピンオフ実写のミニドラマを南海放送で放送。

内容は猫から人間に姿を変えたマルと小学生の女の子アンナが愛媛県の20市町を巡って「ステキ」な人と出会う物語。原作者の早見和真が監修を担当し、オーディションで選ばれた愛媛大学の学生小池慈規がマル、松山市内の小学生河野桜希がアンナ役で出演している[14]

スタッフ
  • 脚本:近藤誠二
  • 撮影・演出:伊東秀朗(南海放送)
  • ナレーター:永野彰子
  • 協力:愛媛新聞社

放送時間

  • 20:54〜21:00

脚注[編集]

  1. ^ かなしきデブ猫ちゃん | Debunekochan” (日本語). 創作童話・かなしきデブ猫ちゃん. 2021年4月20日閲覧。
  2. ^ デブ猫が愛媛を旅する物語に込めた思いとは? 『かなしきデブ猫ちゃん』早見和真さん刊行記念エッセイ(Book Bang)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年4月20日閲覧。
  3. ^ かなしきデブ猫ちゃん/早見 和真/かのう かりん | 集英社の本 公式”. 集英社の本 | コミックス~書籍~雑誌の公式情報と試し読み. 2021年4月20日閲覧。
  4. ^ 絵本「かなしきデブ猫ちゃんマルの秘密の泉」 7月18日発売” (日本語). 愛媛新聞社. 2021年6月11日閲覧。
  5. ^ 「かなしきデブ猫ちゃん」 11日から第3弾開始” (日本語). 愛媛新聞社. 2021年9月11日閲覧。
  6. ^ かなしきデブ猫ちゃん マル、兵庫上陸! 来年4月から連載スタート” (Japanese). 神戸新聞NEXT (2021年12月25日). 2022年1月11日閲覧。
  7. ^ いよいよ連載開始♪創作童話「かなしきデブ猫ちゃん」 原作の早見和真さんが本紙来社” (Japanese). 神戸新聞NEXT (2022年4月15日). 2022年6月2日閲覧。
  8. ^ デブ猫が愛媛を旅する物語に込めた思いとは? 『かなしきデブ猫ちゃん』早見和真さん刊行記念エッセイ(Book Bang)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年4月20日閲覧。
  9. ^ 取り組み” (日本語). 創作童話・かなしきデブ猫ちゃん. 2021年4月20日閲覧。
  10. ^ NHK松山放送局開局80年アニメ「かなしきデブ猫ちゃん」ひみつの博覧会NHK 2021年12月11日閲覧
  11. ^ アニメ「かなしきデブ猫ちゃん」|NHK松山放送局” (日本語). アニメ「かなしきデブ猫ちゃん」|NHK松山放送局. 2021年4月20日閲覧。
  12. ^ 主人公マルの声優に滝藤賢一さん NHK12月放送” (日本語). 愛媛新聞社. 2021年9月11日閲覧。
  13. ^ アニメ「かなしきデブ猫ちゃん」|NHK松山放送局” (日本語). アニメ「かなしきデブ猫ちゃん」|NHK松山放送局. 2021年10月25日閲覧。
  14. ^ 南海放送ホームページ(2021年4月15日)

外部リンク[編集]