歩兵の本領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

歩兵の本領(ほへいのほんりょう)は、1911年明治44年)に発表された日本軍歌歩兵を謳った歌であるため歩兵の歌とも呼称される。

概要[編集]

明治時代当時の陸軍中央幼年学校校舎

作詞は当時の陸軍中央幼年学校(のちの陸軍予科士官学校)第10期生であった加藤明勝作曲(原曲)は永井建子の軍歌『小楠公』の流用である(後述)。加藤が在校時に制作し、1911年に中央幼年学校の百日祭で発表された。秀作であったためのちに同校だけでなく帝国陸軍全体に波及し、日本を代表する軍歌のひとつとして広く愛唱されるようになり、レコード化もされ様々なレーベルから発売された。原詩は全10番から成る。

第二次世界大戦敗戦後の連合軍占領下ではGHQによって演奏、放送等を禁止されたが、旧制中学校旧制高等学校などの流れを汲む学校では、現在も校歌応援歌などのメロディーとして使用され続けている例も少なくない。例えば開成では「決起」と題された替え歌が運動会で歌われている。 陸上自衛隊でも歩兵科相当の普通科において「普通科の本領」と曲名や歌詞の一部を変えて歌われ続けられている。また、多数の戦後音源も制作・発売されている。

なお、日本軍守備部隊の大半が全滅(玉砕)したサイパン島の戦いにおいて、日本軍守備部隊の全滅後もジャングル地帯に立てこもって最後まで米軍部隊に抵抗し続け、敗戦から約3か月半後の1945年(昭和20年)12月1日に正式に投降した大場栄陸軍大尉が指揮する集団の兵士たち(投降時の人数は大場大尉を含めて47人)は、タッポーチョ山を下りて投降式典会場となった米軍基地まで向かう際に、本曲を全員で歌いながら行進した。


原曲[編集]

『歩兵の本領』の原曲は、これまで1901年(明治34年)に製作された旧制第一高等学校寮歌アムール川の流血や』の流用とされていたが、実際の原曲はのちに陸軍戸山学校軍楽隊楽長となる永井建子が、1899年(明治32年)に出版した『鼓笛喇叭軍歌 実用新譜』内で発表されている軍歌『小楠公』である。この真実は2009年(平成21年)に声楽家研究家である藍川由美が発見した[1]。同書の曲譜と歌詞には、「本曲譜は七五調にて作りたる長編の軍歌にして未だ曲なきものには此句節にて謡はしむるの作意なれば爰には小楠公の一編を藉り其名稱となす」との永井の但し書きが付いている。

この発見は、1944年(昭和19年)の『日本の軍歌』における堀内敬三の記述「『アムール河の流血や』の曲が永井建子の作曲であることは同樂長から私に寄せられた書翰で始めて知つた」や、1992年(平成4年)の『向陵』に記載された「(『アムール河の流血や』の)作曲者栗林宇一氏は、軍歌など二、三の既成曲の組合せで作ったと語っておられる」とも合致する。これら本人の談話及び両曲の楽譜とその発表年は旧制一高生(中退)であった栗林宇一が、1901年(明治34年)の第十一回紀念祭寮歌で発表した『アムール川の流血や』は、1899年に発表された軍歌『小楠公』を借用した根拠となり得るが、『日本の唱歌(下)』(金田一春彦安西愛子編。講談社)などにおける「この歌の作曲者は以前、陸軍軍楽隊隊長、永井建子と誤伝されていたが」との記述には根拠が示されていない。

上記二曲と原曲を共有する歌として、1922年(大正11年)に労働歌として製作(替え歌)された「メーデー歌」(聞け万国の労働者)が存在する。

歌詞[編集]

歩兵連隊軍旗
歩騎砲兵

1、2、3、4、7、10番の下段は本歌の発表後に変更された歌詞(上段は原詩)であり、一般的に変更後の歌詞が広く知られているが、10番に関しては原詩が歌われることも多い。また、当時の軍歌の常として歌い手などにより、単語を変更したもの(例、6番:「アルプス山を踏破せし」を「アルプス山を突破せし」など)・読みを変更したもの(例、8番:「退く戦術(ことわ)」を「退く戦術(せんじゅつ)」など)・歌詞自体を変更したもの(例、8番「前進前進また前進 肉弾とどく所まで」を「歩兵の戦は射撃にて 敵を怯ませその隙に」など)など、多種多様な差異がある。

1番の「万朶のか襟の色」・10番原詩の「酒盃に襟の色うつし」の「襟の色」とは、兵科・各部定色兵科色)を配した明治38年戦時服制および明治39年制式で制定された「襟章」を意味し、また歩兵科の定色である「緋色」を桜になぞらえたものである。3番の「軍旗」は旭日旗を意匠化した「歩兵連隊に下賜された帝国陸軍の軍旗」を、「二十万」は当時の「歩兵将兵」の数、「七十余か所/八十余か所」は当時の「歩兵連隊」の数を、「たむろして」はその「衛戍地」を、4番の「海の人」は「海軍」を、5番の「騎兵砲兵協同せよ」は歩騎砲兵の「三兵戦術」を、6番の「アルプス山を踏破せし」は「ハンニバルアルプス超え[2]、「奉天戦」は日露戦争の決戦である「奉天会戦」をそれぞれ意味する。

  1. 万朶(ばんだ)の桜か襟の色 花は隅田に嵐吹く 大和男子(やまとおのこ)と生まれなば 散兵綫(さんぺいせん)の花と散れ
    万朶の桜か襟の色 花は吉野に嵐吹く 大和男子と生まれなば 散兵綫の花と散れ
  2. 尺余の銃は武器ならず 寸余の剣何かせん 知らずやここに二千年 鍛えきたえし武士の魂(たま)
    尺余の銃は武器ならず 寸余の剣何かせん 知らずやここに二千年 鍛えきたえし大和魂(やまとだま)
  3. 軍旗まもる連隊は すべてその数二十万 七十余か所にたむろして 武装は解かじ夢にだも
    軍旗まもる武士(もののふ)は すべてその数二十万 八十余か所にたむろして 武装は解かじ夢にだも
  4. 千里東西波越えて 我に仇なす国あらば 横須賀出でん輸送船 暫し守れや海の人
    千里東西波越えて 我に仇なす国あらば 港を出でん輸送船 暫し守れや海の人
  5. 敵地に一歩我踏めば 軍の主兵はここにあり 最後の決は我が任務 騎兵砲兵協同(ちから)せよ
  6. アルプス山を踏破せし 歴史は古く雪白し 奉天戦の活動は 日本歩兵の粋(すい)と知れ
  7. 携帯口糧あるならば 遠く離れて三日四日 曠野千里にわたるとも 散兵綫に秩序あり
    携帯口糧あるならば 遠く離れていく日露 曠野千里にわたるとも 散兵戦に秩序あり
  8. 退く戦術(ことわ)われ知らず 見よや歩兵の操典を 前進前進また前進 肉弾とどく所まで
  9. わが一軍の勝敗は 吶喊(とっかん)最後の数分時 歩兵の威力はここなるぞ 花散れ勇め時は今
  10. ああ勇ましの我が兵科 会心(えしん)の友よ来たれいざ ともに語らん百日祭 酒盃(しゅはい)に襟の色うつし
    歩兵の本領茲にあり ああ勇ましの我兵科 會心の友よさらばいざ 共に励まん我任務

  昭和七年三月五日発行 最新名曲軍歌集掲載歌詞

  1. 萬朶の櫻か襟の色 花は吉野に嵐吹く 大和男子と生まれなば 散兵線の花と散れ
  2. 尺餘の銃は武器ならず 寸餘の剣何かせん 知らずやここに二千年 鍛へ鍛へし大和魂
  3. 軍旗守る武士は 總てその数(すう)二十万 八十餘ヶ所に屯(たむろ)して 武装は解かじ夢にだも
  4. 千里東西波越へて 我に仇なす國あらば 港を出てん輸送船 暫し守れや海の人
  5. 敵地に一歩我れ踏めば 軍(いくさ)の主兵はここにあり 最後の決は我任務 騎兵砲兵協同(けふどう)せよ
  6. アルプス山を踏破せし 歴史は古く雪白し 奉天戦の活動は 日本歩兵の華と知れ
  7. 携帯口糧あるならば 遠く離れて三日四日 曠野千里に亙るとも 散兵線に秩序あり
  8. 退くことは我知らず 見よや歩兵の操典を 歩兵の戦は射撃にて 敵をひるませ其隙に
  9. 前進前進又前進 肉弾とどく處まで 我が一軍の勝敗は 突撃最後の数分時
  10. 歩兵の本領茲にあり ああ勇ましの我兵科 會心の友よさらばいざ 共に励まん我任務

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞「文化往来」 2009年10月2日
  2. ^ 将来の士官候補生を養成する帝国陸軍の中央幼年学校(予科士官学校)では世界戦史の講義がある。

関連項目[編集]