早乙女友貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さおとめ ゆうき
早乙女 友貴
本名 西村 友貴
生年月日 (1996-05-14) 1996年5月14日(26歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県北九州市
身長 172 cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル 舞台
活動期間 1997年 -
配偶者 島袋寛子2017年 - )
著名な家族 早乙女太一(兄)
鈴花あゆみ(妹)
葵陽之介(父)
鈴花奈々(母)
公式サイト

プロフィール

早乙女 友貴オフィシャルブログ
テンプレートを表示

早乙女 友貴(さおとめ ゆうき、1996年5月14日 - )は、日本俳優

劇団朱雀(株式会社S.J.K)所属だったが解散後、フリーで活動後にエイベックス・マネジメントに所属していた。妻はSPEED島袋寛子沖縄県出身。

略歴[編集]

1997年、1歳半のときに、父親が劇団員を務める葵劇団の舞台『子連れ狼』の大五郎役で初舞台を踏む。6歳の頃より本格的に舞台に出演[1]

2012年9月、怪我をした兄・太一の代役で舞台『MOON SAGA-義経秘伝-』に急遽出演し、脚光を浴びる[2][3][4][5][6]

2016年9月12日、SPEED島袋寛子との婚約を発表[7]。2017年2月11日の交際1周年記念日に入籍[8]

2016年10月14日-19日に神奈川県、杉田劇場にて『早乙女友貴 20th Anniversary Event Vol.2 in 杉田劇場』を開催。劇団朱雀解散後、初の大衆演劇座長公演となる[9]

2021年4月1日、同年3月31日付で所属先のエイベックス・マネジメントを退社したことを自身の公式ツイッターで報告した[10][11]

人物[編集]

出演[編集]

舞台[編集]

  • 葵劇団「子連れ狼」(1997年) - 大五郎 役
  • 劇団朱雀公演
    • ハワイ公演(2007年6月)
    • 早乙女太一最年少座長公演 大阪 新歌舞伎座(2008年2月)
    • 「早乙女太一〜千年の祈り〜」ハワイ公演(2008年9月)
    • 「早乙女太一」特別公演 東京 明治座、名古屋 御園座(2010年4月)
    • 早乙女友貴舞踊ショー(2010年6月6日、アムラックス東京)
    • 「早乙女太一」特別公演 明治座(2010年10月・2011年4月)
    • 劇団朱雀〜2011早乙女太一all Japan tour〜(2011年5月)
    • 「早乙女太一」特別公演 GOEMON〜孤高の戦士〜(2012年3月、名古屋 御園座/ 2012年5月、東京 明治座)
    • 日本橋公会堂公演(2012年9月、東京 日本橋公会堂)
    • 早乙女太一新春公演『龍と牡丹2013 真田幸村〜結ばれし魂〜』(2013年1月、天王洲銀河劇場、シアターBRAVA!、名鉄ホール) - 服部半蔵/伊達綱宗 役[14]
    • ぎふ葵劇場公演(2013年5月1日-15日、ぎふ葵劇場)
    • 早乙女太一 〜All Japan Tour 2013〜(2013年7月、神奈川県民ホール 大ホール、東京 THEATRE1010)
    • 早乙女太一 新春特別公演2014「BUMP」(2014年1月7日-13日、東京 天王洲銀河劇場/ 2014年1月17日-20日、名古屋 名鉄ホール)
    • 早乙女太一 〜All Japan Tour 2014〜(2014年10月27日-12月21日、東京 中野サンプラザホール 他)
    • 劇団朱雀解散公演「FINAL」(2015年2月5日-22日、岐阜 ぎふ葵劇場/ 2015年2月24日-27日、東京 かめありリリオホール)
  • 眠狂四郎無頼控(NEMURI×GACKT PROJECT)』(2010年5月、東京国際フォーラム ほか)
  • ミュージカル『ドリームハイ』演出:増田哲治(2012年7月3日 - 20日、東京・新国立劇場 中劇場) - テソン 役
  • 『大江戸緋鳥808』演出:岡村俊一(2012年8月4日 - 27日、明治座) - ツチノコ 役
  • 『MOON SAGA-義経秘伝-』演出:Gackt(2012年9月26日 - 10月2日、東京国際フォーラム) - 陰 役(早乙女太一と二人一役)
  • 里見八犬伝』演出:深作健太(2012年11月16日 - 26日、東京・新国立劇場 中劇場 / 29日・30日、大阪・NHK大阪ホール) - 犬江親兵衛
  • 神州天馬侠』演出:岡村俊一(2013年4月10日 - 27日、東京・明治座 / 6月29日 - 7月15日、名古屋・中日劇場) - 燕作(えんさく) 役
  • 早乙女太一 “原点進化” 演出:岡村俊一(2013年6月18日 - 24日、PARCO劇場
  • 『巴御前』演出:岡村俊一(2013年8月4日 - 25日、明治座) - 楯親忠 役
  • 『大和三銃士』(2013年10月3日 - 27日、新橋演舞場)(演出:きだつよし) - 春千代 役
  • 『THE SHINSENGUMI』Sword Dance 〜剣、烈風の如く、真空に舞う〜(2013年12月4日 - 10日、東京・天王洲銀河劇場 / 21日、大阪・サンケイホールブリーゼ)(作演出:荻田浩一) - 藤堂平助 役
  • 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『蒼の乱』(2014年3月27日 - 4月26日、東京・東急シアターオーブ / 5月8日 - 27日、大阪・梅田芸術劇場)(演出:いのうえひでのり) - 太刀影 役
  • ベッド&メイキングス 第3回公演 野外劇『南の島に雪が降る』(2014年6月12日 - 22日、お台場潮風公園内「太陽の広場」特設会場)(脚本・演出:福原充則) - 前川 役
  • つかこうへいダブルス2014『新・幕末純情伝』『広島に原爆を落とす日』(2014年8月29日 - 9月14日、シアタートラム) - 岡田以蔵
  • 30-DELUX+劇団朱雀MIX『オレノカタワレ〜早天の章〜』(2014年12月10日 - 14日、東京・シアターサンモール / 2015年1月22日 - 25日、大阪・ABCホール / 1月31日 - 2月1日、名古屋・名鉄ホール)(脚本:米山和仁、演出:伊勢直弘) - 主演・時枝三四郎 / 風祭ジョー 役
  • 劇団BRATS公演
    • 第7回公演『熱血!不良総選挙』(2015年3月12日 - 15日、すみだパークスタジオ「倉」) - 新井一矢 役
    • 第8回公演『椿説 おくのほそ道』(2015年12月22日 - 27日、すみだパークスタジオ「倉」) - 河合曾良
    • 第10回記念公演 第1弾『戦闘改造学園Z』(2016年12月1日 - 4日、すみだパークスタジオ「倉」) - マーシャル元帥 役
  • 舞台『AZUMI 幕末編』(2015年9月11日 - 24日、新国立劇場 中劇場) - 壮太 役
  • CLASSICAL NEO FANTAZY SHOW『THE SHINSENGUMI 2015』(2015年9月30日 - 10月4日、東京・天王洲銀河劇場 / 10月11日、大阪・サンケイホールブリーゼ) - 藤堂平助 役
  • TRUMP(2015年11月19日 - 29日、東京・Zeppブルーシアター六本木 / 12月4日 - 6日、大阪・サンケイホールブリーゼ)(脚本・演出:末満健一) - 主演・ソフィ・アンダーソン/ウル・デリコ 役 ※高杉真宙とダブルキャスト[15]
  • 劇団EXILE松組 旗揚げ公演『刀舞鬼 -KABUKI-』(2016年2月19日 - 28日、東京・天王洲銀河劇場 / 3月4日 - 6日、大阪・森ノ宮ピロティホール) - 雉田 役
  • つかこうへい七回忌特別公演『新・幕末純情伝』(2016年6月23日 - 7月3日、東京・天王洲銀河劇場 / 7月6日-17日、東京・紀伊國屋ホール / 7月22日 - 24日、大阪・梅田芸術劇場 メインホール) - 岡田以蔵 役
  • もののふシリーズ『瞑るおおかみ黒き鴨』(2016年9月1日 - 11日、東京・天王洲銀河劇場 / 19日・20日、大阪・森ノ宮ピロティホール / 22日、福岡・北九州芸術劇場 大ホール) - 山川浩[16]
  • 舞台『AZUMI 戦国編』(2016年11月11日 - 27日、東京・Zeppブルーシアター六本木) - 最上美女丸 役
  • つかこうへい七回忌特別公演『新・幕末純情伝』(2017年1月3日・4日、愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール※豊橋市制施工110周年記念 豊橋ふるさと大使凱旋公演 / 7日・8日、沖縄・中城城跡特設ステージ※第1回 中城演劇フェスティバル招聘作品) - 岡田以蔵 役
  • 舞台『TOU-JYUKAIDEN-』(2017年1月29日 - 2月7日、東京・全労済ホールスペースゼロ / 2月18日・19日、大阪・近鉄アート館) - 紅緋 役
  • 舞台『ちるらん 新撰組鎮魂歌』(2017年4月7日 - 10日、大阪・森ノ宮ピロティホール / 20日 - 30日、東京・天王洲銀河劇場) - 斉藤一 役
  • オルタナティブシアターこけら落とし公演『アラタ~ALATA~』第一期(2017年7月7日 - 8月31日、オルタナティブシアター) - アラタ 役
  • 舞台『義風堂々!!』(2017年11月17日 - 26日、AiiA 2.5 Theater Tokyo / 12月9日・10日、大阪メルパルクホール) - 中西次郎坊 役
  • 八王子ゾンビーズ(2018年8月5日 - 19日、TBS赤坂ACTシアター[17]
  • 舞台『遙かなる時空の中で3』(2018年12月6日 - 10日、紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA / 14日 - 16日、サンケイホールブリーゼ) - 源九郎義経 役
  • 劇団☆新感線39興行『偽義経冥界歌』(2019年3月8日 - 21日、フェスティバルホール / 4月2日 - 7日、金沢歌劇座 / 4月18日 - 21日、まつもと市民芸術館 / 2020年2月24日 - 3月24日、TBS赤坂ACTシアター) - 遮那王牛若 役
  • 陽だまりの樹(2021年3月5日 - 14日、ヒューリックホール東京 / 27日・28日、梅田芸術劇場 シアタードラマシティ)- 伊武谷万二郎 役
  • 劇団☆新感線『薔薇とサムライ2 ー海賊女王の帰還ー』(2022年 9月 - 11月、新橋演舞場ほか)
  • 舞台「キングダム」(2023年2月5日 - 27日、帝国劇場) - 左慈 役[18]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 舞台『里見八犬伝』パンフレットより。
  2. ^ “全治3か月の早乙女太一、たった8日で舞台復帰!実弟・友貴と二人一役!”. シネマトゥデイ. (2012年9月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0046266 
  3. ^ “骨折の早乙女太一、舞台で弟・友貴と“二人一役””. スポニチAnnex. (2012年9月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/09/26/kiji/K20120926004193950.html 
  4. ^ “早乙女太一 : 全治3カ月のけがで実弟・友貴と二人一役「弟に託す」舞台「MOON SAGA」”. 毎日新聞デジタル. (2012年9月25日). https://mantan-web.jp/article/20120925dog00m200005000c.html 
  5. ^ “弟と二人一役!早乙女太一、強行舞台出演”. サンスポ.コム. (2012年9月26日). http://www.sanspo.com/geino/news/20120926/oth12092605050006-n1.html 
  6. ^ “骨折で全治3か月の早乙女太一、弟と“二人一役””. スポーツ報知. (2012年9月26日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120925-OHT1T00240.htm 
  7. ^ “島袋寛子、早乙女太一の弟・友貴と婚約「出会えたことに心から感謝」”. ORICON STYLE. (2016年9月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2078280/full/ 2016年9月12日閲覧。 
  8. ^ “島袋寛子&早乙女友貴 結婚を正式発表「支え合い、愛と感謝を持ち共に歩む」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年2月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/13/kiji/20170213s00041000188000c.html 2017年2月13日閲覧。 
  9. ^ “公式Twitter”. (2016年8月10日). https://twitter.com/vygvycupR8OGPPv/status/763228476723769345 
  10. ^ "早乙女友貴 3月末で所属事務所退社「新たな目標に向かって」妻は「SPEED」島袋寛子". スポーツ報知. 報知新聞社. 1 April 2021. 2021年4月1日閲覧
  11. ^ “公式Twitter”. (2021年4月1日). https://twitter.com/Yuki_Saotome_5/status/1377455858762715138 
  12. ^ a b 公式プロフィールより(2016年8月)。
  13. ^ a b c d 2013年6月6日放送のアメーバスタジオプレミアム放送より。
  14. ^ “時を超えて巡り合う魂! 早乙女太一新春公演「龍と牡丹 2013」レビュー&囲みインタビュー”. 演劇キック. (2013年1月11日). http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/archives/51848480.html 
  15. ^ 高杉真宙&早乙女友貴2人の19歳が舞台ダブル主演”. 日刊スポーツ (2015年7月13日). 2015年7月13日閲覧。
  16. ^ ““もののふ”新作は「瞑るおおかみ黒き鴨」、鈴木勝吾ら全キャスト発表”. ステージナタリー. (2016年4月7日). http://natalie.mu/stage/news/182583 2016年4月7日閲覧。 
  17. ^ 「八王子ゾンビーズ」”. ネルケプランニング. 2018年6月13日閲覧。
  18. ^ 帝国劇場 舞台『キングダム』”. 東宝演劇サイト. 2022年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]