この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

村上信五

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

むらかみ しんご
村上 信五
別名義 TAKATSU-KING、capitão[1]
生年月日 (1982-01-26) 1982年1月26日(36歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府高槻市[2][3]
身長 170 cm[4]
血液型 AB型[2]
職業 歌手
バラエティータレント
司会者
俳優
キーボーディスト
ジャンル 音楽番組バラエティ番組
活動期間 1996年[3][5] -
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
マイガール
ありがとう、オカン
生きてるだけでなんくるないさ
ハクション大魔王
備考
関ジャニ∞のメンバー

村上 信五(むらかみ しんご[2]1982年1月26日[2] - )は、日本歌手司会者タレントで、アイドルグループ[6]関ジャニ∞キーボーディストである。

大阪府高槻市出身[2][3]ジャニーズ事務所所属。

関ジャニ∞では主にはキーボードピアノを担当。

来歴

  • 中学2年生の時クラスメイトにV6のファンがおり、「オーディションを受けろ」と薦められたが、その時は部活動や学校行事一筋で芸能界には一切興味がなく受け流していた。その後部活を引退した後も誘われたため根負けし、1996年、中学3年生の時に「一人で受けるのが嫌」という理由で前の席の子を誘い履歴書を送付、書類選考による一次審査に合格した。この時点では、母親は反対だったが「約束は守りなさい」と言われオーディションに行き合格し入所した[注 1]。その時のオーディションには横山裕も参加しており、審査員として滝沢秀明がいた。オーディション後すぐにKinKi Kidsのクリスマスライブに横山裕と渋谷すばる[注 2]とともに出演。その後も2人と関西ジュニアの初期メンバーの中心として活躍する[7]
  • 2000年1月より文化放送で『関西ジャニーズJr. 横山裕・村上信五の笑う大捜査線』が開始[10]。その後も番組名やパートナーを変えながら木曜夜のパーソナリティを2018年3月まで続けることになる[10]
  • 2002年関ジャニ∞を結成し、2004年に「浪花いろは節」でCDデビュー。
  • 2006年12月に大阪松竹座でソロコンサートを公演。
  • 2008年1月 - 2月、渋谷との2人舞台『未定「壱」』の公演を行った。この公演は渋谷・村上セルフプロデュース公演であり、2人で作・演出・出演の3役を担った[8]
  • 2009年1月 - 2月、「もし自分が…だったら」をテーマとし、作・演出・出演全てを手掛ける1人舞台『If or...』を上演[11][12]。その後「イフオアシリーズ」[13]として2018年まで毎年上演されていたが、2018年3月18日の300回公演をもってひとつの節目とし、充電期間をおくと発表した[14]

人物

愛称は「ヒナ」。愛称の由来は、事務所に入った当初、「目が雛形あきこに似てる」と先輩にいわれたことである[15][16]

コンサートで、メンバー全員でバンド形式で曲を披露する際はキーボードを担当している。担当に決まったときはキーボード未経験だった[17]

2002年に関ジャニ∞としてデビューするが、すぐには人気が出ず、下積み時期が続く[18]。その中で村上が率先してアイドルらしからぬ暴露トークやお笑い路線を確立し、グループを東京進出へ牽引した[18]。のちにこの下積み時代については「関西にいた俺らは、ある意味グループのお手本がなかった。だから何するにも手探りで。」「苦労というよりはチャレンジでしたね。だから、めっちゃ楽しかったんですよ。思い通りにならないことばっかだったし、かなわんことばっかでした。」と語っている[7]。また、このJr.時代から様々なことを相談してきた人物として国分太一を挙げている[7]

2015年にビートたけしと共演[19]して期待をかけられたことを機に司会というポジションに対して改めて向き合い[18]、次第にトーク力を評価する声も高まる[20][21]。2018年にはグループ出演の4本に加え、ソロでも4本、ソロラジオ番組2本を含めて10本のレギュラー番組を担当[5]。“ポスト中居正広”とも言われる[21]

趣味はサッカー[16]フットサルで、フットサルのチーム「リアル・モリコット」(名付け親は渋谷すばる)を率いている[22]2014年には「FIFAワールドカップ ブラジル大会」のTBS系列のキャスターを加藤浩次とともに務め[23][24]、2018年には「2018 FIFAワールドカップ ロシア」のテレビ朝日サッカー中継のプレゼンターに就任した[25]。また、サッカー日本代表大久保嘉人選手とは10年以上の交流がある友人であり、大久保選手を応援するために自分で作詞した『Forward』というソロ曲も関ジャニのアルバムの中に収録されている[26]

出演

グループでの出演は関ジャニ∞参照。個人での出演のみ記載。

テレビ

バラエティ番組

特別番組

  • 春まで待てない!関ジャニ一生懸命スペシャル大人への階段(1999年2月21日、関西テレビ)
  • 島田紳助の想い出オークション(2008年12月29日、2009年9月26日、テレビ朝日)
  • 相葉雅紀のバーテンダー大作戦(2011年1月11日、テレビ朝日)
  • 日本人が知りたい数字の謎!ヒミツの数字くん!!(2011年1月16日、フジテレビ) - MC
  • 開運少年!ミラクルJ (2011年3月26日、朝日放送) - MC
  • クイズ!新明解国語辞典(2011年12月28日、TBS) - MC
  • マイフェアボーイ〜極上男子のつくりかた〜(2013年3月30日、フジテレビ)- MC
  • 日本テレビ+ルーヴル美術館特別番組 世界極限アーティストBEST20(2015年3月9日、日本テレビ) - MC[19][30]
    • 世界!極限アーティストBEST20(2016年3月15日、日本テレビ) - MC[31]
  • FNS27時間テレビ(2017年、フジテレビ)

音楽番組

スポーツ番組

ドラマ

  • ママチャリ刑事(1999年1月7日 - 3月18日、TBS)- 小泉信太郎 役
  • 熱血恋愛道 case10:山羊座のB型BOY(1999年3月14日、日本テレビ)
  • 七人のサムライ J家の反乱(1999年4月9日 - 2000年9月30日、テレビ朝日)- 城之内信五 役
  • 熱血恋愛道 case16:射手座のA型BOY(1999年4月25日、日本テレビ)
  • 怖い日曜日 第2回:病院に来た子供(1999年7月11日、日本テレビ)
  • 行け行けイケメン!(2000年1月9日 - 3月26日、日本テレビ)- リュウイチ 役
  • 怖い日曜日〜2000〜 第3回:かおりちゃん〜夢の中の少女(2000年7月16日、日本テレビ)
  • 史上最悪のデート the 7th Dates:トイレがない!(2001年1月21日、日本テレビ)
  • 史上最悪のデート the 17th Dates:恋のバトルロワイヤル(2001年4月1日、日本テレビ)
  • ネバーランド(2001年7月6日 - 9月14日、TBS)- 篠原寛司 役
  • 演技者。 第11弾 狂うがまま(2003年6月17日 - 7月15日、フジテレビ)- 博 役
  • はぐれ刑事純情派
    • PART17(2004年7月7日 - 9月21日・1月1日)
    • ファイナル(2005年4月20日 - 6月29日・12月21日・2006年12月30日、テレビ朝日)- 真木大輔 役
  • ありがとう、オカン(2008年10月7日、関西テレビ)- 主演 葉山虎太郎 役
  • マイガール (2009年10月9日 - 12月11日、テレビ朝日)- 柴田友哉 役
  • 0号室の客 Fourth Story 「追い詰められた男」(2010年1月8日 - 29日、フジテレビ)- 主演 嵐山 役
  • 犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜 最終話(2011年6月10日、テレビ朝日)- シャイニーストア店員役(友情出演)
  • 24時間テレビスペシャルドラマ 生きてるだけでなんくるないさ(2011年8月20日、日本テレビ)- 主演 石嶺栄作 役[40]
  • パパドル!(2012年4月19日 - 6月28日、TBS)- 村上信五(本人) 役
  • フジテレビ開局55周年記念スペシャルドラマ ハクション大魔王(2013年11月17日、フジテレビ)- 主演 ハクション大魔王 役・小茂茶太郎 役(2役)

映画

声優

ラジオ

CM

舞台

  • KYO TO KYO(1997年)
  • MASK(1997年12月)
  • KYO TO KYO(1998年)
  • 翔べ!翔べ!女たち(2001年10月) - 小泉純 役
  • 透明人間の蒸気(2002年11月) - 華岡軍医 役
  • フォーティンブラス(2003年2月) - 岸川和馬/オズリック 役
  • じゃりんこちえ(1999年10月)
  • 未定「壱」(2008年1月19日 - 2月3日、東京グローブ座 / 2月9日 - 15日、シアター・ドラマシティ) - 渋谷すばるとの2人舞台[51]
  • If or・・・(2009年1月10日 - 25日、東京グローブ座 / 1月28日 - 2月3日、シアター・ドラマシティ)[11]
  • 「If or・・・II」F〜M(2010年2月16日 - 3月3日、東京グローブ座)[52]
  • 「If or・・・III」(2011年2月15日 - 3月2日、東京グローブ座)[53]
  • 「If or・・・IV」(2012年2月4月 - 11日、サンケイホールブリーゼ / 2月17日 - 3月4日、東京グローブ座)[54]
  • 「if or・・・V」(2013年2月10日 - 17日、サンケイホールブリーゼ[55] / 2月22日 - 3月10日、東京グローブ座)[12]
  • 「If or・・・VI」(2014年3月21日 - 4月6日、東京グローブ座)[56]
  • 「If or・・・VII」(2015年2月20日 - 3月8日、東京グローブ座)[13]
  • 「If or・・・VIII」(2016年2月21日 - 3月13日、東京グローブ座 / 3月18日 - 23日、サンケイホールブリーゼ)[57][58]
  • 「If or・・・IX」(2017年2月19日 - 26日、サンケイホールブリーゼ / 3月2日 - 20日、東京グローブ座)[59][60]
  • 「If or・・・X」(2018年2月18日 - 25日、サンケイホールブリーゼ / 3月1日 - 18日、東京グローブ座)[61]

ソロコンサート

  • 2006 Winter Special 村上信五ソロLIVE(2006年12月、大阪松竹座

作品

楽曲制作

※capitão=村上信五[62]

曲名 収録CD 作品コード 備考
作詞・作曲
元気が出るSONG 8th Full Album
関ジャニ∞の元気が出るCD!!
713-6625-3 関ジャニ∞として作詞・作曲
作詞
∞SAKAおばちゃんROCK 4th Single
∞SAKAおばちゃんROCK/大阪ロマネスク
2nd Full Album
KJ2 ズッコケ大脱走
132-2489-1 関ジャニ∞として作詞し、久保田洋司と共作
WHO'S FOODS? 未収録 137-0147-9 丸山・安田と共作
ユニット曲
Forward 2nd Full Album
『KJ2 ズッコケ大脱走』
141-2120-4 capitão名義で作詞、ソロ曲
∞o'clock 08 9th Single
無責任ヒーロー
126-6072-8 関ジャニ∞として作詞
fuka-fuka Love the Earth 9th Single
『無責任ヒーロー』
151-1016-8 関ジャニ∞として作詞し、TAKESHIと共作
One's shadow 3rd Full Album
PUZZLE
159-0605-1 capitão名義で作詞、ソロ曲
YOU CAN SEE 3rd Full Album
PUZZLE』(初回限定盤 特典DVD)
158-1298-7 丸山・佐伯youthKと共作
ユニット曲
人生どん詰まり 未収録 167-8019-1 ソロ曲
夜な夜な☆ヨーNIGHT 5th Full Album
FIGHT
181-4604-0 安田・大倉と共作、作曲は安田
ユニット曲
All is well 6th Full Album
JUKE BOX
708-6015-7 関ジャニ∞として作詞
バリンタン 8th Full Album
関ジャニ∞の元気が出るCD!!
713-6559-1 作曲は安田
もしもギターが弾けたなら 未収録 167-8025-6 ソロ曲
Answer 9th Full Album
ジャム
229-0793-9 横山・渋谷と共作
作曲・編曲は渋谷
ユニット曲

ソロ曲

CD収録曲

  • Forward(作詞:capitão、作曲:コモリタミノル) - JASRAC作品コード:141-2120-4(関ジャニ∞名義曲)。『KJ2 ズッコケ大脱走』収録。
  • One's shadow(作詞:capitão、作曲:樽木栄一郎) - JASRAC作品コード:159-0605-1。『PUZZLE』(通常盤のみ)収録。
  • Dear...(作詞:nojo、作曲:nojo・工藤勝洋) - JASRAC作品コード:500-5979-3。『8UPPERS』(通常盤のみ)収録。
  • 『愛 Love You』(作詞・作曲:PEACH) - JASRAC作品コード:205-5671-3。『関ジャニズム』(通常盤のみ)収録。「村上信五 A.K.A KING」名義。
  • 王様クリニック by TAKATSU-KING(作詞・作曲:久保田利伸) - JASRAC作品コード:715-8848-5。『パノラマ』(通常盤のみ)収録。「TAKATSU-KING」名義。

CD未収録曲

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」において、アーティスト名に「村上信五」のみを含む楽曲の検索結果をもとに記述。

  • 人生どん詰まり(作詞:村上信五、作曲:古川貴浩) - JASRAC作品コード:167-8019-1。
  • もしもギターが弾けたなら(作詞:村上信五、作曲:HALIFANIE) - JASRAC作品コード:167-8025-6。
  • Babun(作詞・作曲:斉田和典) - JASRAC作品コード:163-2581-8。ライブDVD『COUNTDOWN LIVE 2009-2010 in 京セラドーム大阪』収録。
  • OTTOTTO(作詞・作曲:PEACH) - JASRAC作品コード:228-2161-9。「TAKATSU-KING」名義[47]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 集団面接での質問の際、何を聞いたらいいのか分からなくなり「バック転できなきゃダメですか?」と社長のジャニー喜多川に聞いたところ「大丈夫。僕、できないよ。」と言われ、変なことを聞くヤツだと思われたのか興味を持たれ、いろいろ質問をされたという[7]
  2. ^ 渋谷すばるとはジャニーズJr.時代からずっと一緒で、「すべてにおいて真逆」でありながら「しゃべらんでも分かり合える仲」だという[8]。実家も自転車で10分の距離であり、昔は2人で電車通いをしていた[9]

出典

  1. ^ 関ジャニ∞〔PUZZLE:〕TECI-8007 / TECI-8008”. PRODUCT INFORMATION. テイチクエンタテインメント. 2017年8月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e 村上信五のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. 2014年6月5日閲覧。
  3. ^ a b c 村上信五 プロフィール”. CDJournal. 2016年3月24日閲覧。
  4. ^ PROFILE(関ジャニ∞) - Johnny's web”. 2017年11月15日閲覧。
  5. ^ a b 村上信五 (2018年2月17日). 【ヒューマン】関ジャニ∞村上信五の野望!紅白司会「東京五輪までにやったろ」(2/4ページ). インタビュアー:青森正宣. SANSPO.COM.. http://www.sanspo.com/geino/news/20180217/int18021705040001-n2.html 2018年2月21日閲覧。 
  6. ^ 「大切なお知らせ」がトラウマワード化 “あおりタイトル”に求められる変化とは ORICON NEWS (2018.04.22)
  7. ^ a b c d Myojo』2012年4月号10000字ロングインタビュー「裸の時代〜僕がJr.だったころ〜」より[要ページ番号]
  8. ^ a b “関ジャニ8渋谷&村上 2人舞台初挑戦”. DAILY SPORTS ONLINE. (2007年11月17日). オリジナル2007年12月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071208001532/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2007/11/15/0000742756.shtml 2017年8月19日閲覧。 
  9. ^ 8UPPERS』特典DVDより。
  10. ^ a b c 村上信五が“大人のラジオ”初挑戦!『村上信五くんと経済クン』4月スタート”. TVLIFE Web. 学研プラス (2018年1月11日). 2018年1月26日閲覧。
  11. ^ a b “関ジャニ村上 オレ流一人立ち”. DAILY SPORTS ONLINE. (2008年11月8日). オリジナル2008年12月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081207074724/http://www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/11/08/0001558985.shtml 2017年8月17日閲覧。 
  12. ^ a b 関ジャニ∞村上信五、一人舞台東京公演を前に亀梨和也へのライバル心を剥き出しに!?”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル (2013年2月22日). 2018年2月21日閲覧。
  13. ^ a b 村上信五「一人芝居は素になったら終わり」『If or…VII』東京公演スタート!”. エンタステージ (2015年2月23日). 2018年2月21日閲覧。
  14. ^ 関ジャニ∞村上信五、1人舞台300回公演達成で“充電期間”へ…再始動は?東京オリンピック&紅白司会目指す〈If or…Ⅹ/囲み取材全文〉”. モデルプレス (2018年3月19日). 2018年3月22日閲覧。
  15. ^ 『Jr.名鑑1997 SUMMER Vol.2』(1997年)P105より。
  16. ^ a b 村上信五 (2018年2月17日). 【ヒューマン】関ジャニ∞村上信五の野望!紅白司会「東京五輪までにやったろ」(4/4ページ). インタビュアー:青森正宣. SANSPO.COM.. http://www.sanspo.com/geino/news/20180217/int18021705040001-n4.html 2018年2月21日閲覧。 
  17. ^ 【エンタがビタミン♪】関ジャニ∞が「僕らの転機となった曲」。選んだベストソングは『ズッコケ男道』”. Techinsight (2013年10月14日). 2014年11月22日閲覧。
  18. ^ a b c 村上信五 (2018年2月17日). 【ヒューマン】関ジャニ∞村上信五の野望!紅白司会「東京五輪までにやったろ」(3/4ページ). インタビュアー:青森正宣. SANSPO.COM.. http://www.sanspo.com/geino/news/20180217/int18021705040001-n3.html 2018年2月21日閲覧。 
  19. ^ a b ビートたけし、村上信五をべた褒め!「紅白の司会者になれる」”. TVLIFE web. 学研プラス (2015年3月7日). 2018年2月21日閲覧。
  20. ^ レギュラー10本の関ジャニ・村上信五 アンチ少ない点も魅力”. NEWSポストセブン. 小学館 (2015年5月10日). 2018年2月21日閲覧。
  21. ^ a b “ポスト中居正広”の最右翼 村上信五のMC才量”. ORICON NEWS. オリコン (2016年4月9日). 2017年8月17日閲覧。
  22. ^ 2005年08月10日発売『TVぴあ』「8meets!」より[要ページ番号]
  23. ^ a b “『2014FIFAワールドカップ』ブラジル大会6月12日(木)開幕!TBSの顔は加藤浩次&村上信五!!”. TBSホット情報 (TBS). (2014年4月23日). オリジナル2014年4月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140425133231/http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201404231244.html 
  24. ^ 関ジャニ村上、TBSサッカーW杯キャスター就任「全てのエネルギー応援に使う」”. ORICON NEWS. オリコン (2014年4月23日). 2017年8月17日閲覧。
  25. ^ a b 関ジャニ∞村上信五、テレ朝サッカー中継プレゼンター就任「今から胸がワクワク」”. ORICON NEWS. オリコン (2018年5月10日). 2018年6月21日閲覧。
  26. ^ 村上信五「手越に負けない」サッカー愛
  27. ^ 関ジャニ・村上が『OH!ソレ!み~よ!』卒業 関西Jr.重岡大毅にバトンタッチ”. ORICON NEWS. オリコン (2013年3月21日). 2018年8月14日閲覧。
  28. ^ “関ジャニ・村上信五『ヒルナンデス!』卒業へ 3・31がラスト”. ORICON STYLE. (2016年3月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2069022/full/ 2016年3月24日閲覧。 
  29. ^ 関ジャニ∞村上信五に愚痴が集中!?”. ザテレビジョン (2015年10月1日). 2015年10月20日閲覧。
  30. ^ 日本テレビ+ルーヴル美術館特別番組 世界極限アーティストBEST20(日本テレビ)、2015年3月9日閲覧
  31. ^ “関ジャニ村上:たけしと再タッグで最先端アート紹介 大泉洋、清水富美加、高橋大輔も”. MANTANWEB. (2016年2月22日). http://mantan-web.jp/2016/02/22/20160221dog00m200014000c.html 2016年3月24日閲覧。 
  32. ^ 関ジャニ∞村上信五にビートたけしが“愛のムチ”「上手いから自信を失くさせないと」〈FNS27時間テレビ記者会見〉”. モデルプレス (2018年8月13日). 2018年8月14日閲覧。
  33. ^ 関ジャニ∞村上信五&黒木瞳がタッグ「ここまで追い込む」オーディション番組誕生”. モデルプレス (2017年6月21日). 2017年8月17日閲覧。
  34. ^ 村上信五&黒木瞳『音楽チャンプ』がレギュラー化 -『しくじり先生』終了”. マイナビニュース (2017年8月17日). 2017年8月17日閲覧。
  35. ^ 今夜、誕生!音楽チャンプ(テレビ朝日)、2017年10月6日閲覧
  36. ^ 関ジャニ∞村上信五が“世界進出” 大型音楽番組で司会抜擢〈本人コメント/出演者ラインナップ〉”. モデルプレス (2017年11月12日). 2017年11月15日閲覧。
  37. ^ “関ジャニ村上が女性向けスポーツ番組”. DAILY SPORTS ONLINE. (2014年3月15日). オリジナル2014年3月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140316191214/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2014/03/15/0006780620.shtml 2016年7月19日閲覧。 
  38. ^ “関ジャニ村上 フェアリージャパンとカラオケ行きを約束 リオ五輪に期待”. DAILY SPORTS ONLINE. (2016年7月8日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/08/0009261833.shtml 2016年8月19日閲覧。 
  39. ^ 関ジャニ村上、スポーツ特番でMC ボクシング世界王者・村田と対談も”. ORICON NEWS. オリコン (2017年12月17日). 2018年1月26日閲覧。
  40. ^ 24時間テレビ「SPドラマ」は関ジャニ∞・村上信五主演”. ORICON STYLE (2011年6月20日). 2011年7月9日閲覧。
  41. ^ “関ジャニ村上がスパイに転身!?…「映画クレヨンしんちゃん―」初日舞台あいさつ”. スポーツ報知. (2011年4月17日). オリジナル2012年11月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121101101930/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20110417-OHT1T00009.htm 2016年7月19日閲覧。 
  42. ^ 関ジャニ∞村上信五、一発OKの連続に「手応えしかない(笑)」”. TV LIFE (2017年3月31日). 2017年4月4日閲覧。
  43. ^ “関ジャニ∞・村上信五『サザエさん』初出演 磯野家と団らん「手応えしかない」” (日本語). ORICON NEWS. https://www.oricon.co.jp/news/2118660/full/ 2018年9月10日閲覧。 
  44. ^ 関ジャニ∞村上信五「レコメン!」卒業発表 来年4月に新番組スタート”. モデルプレス (2017年12月29日). 2018年1月26日閲覧。
  45. ^ 関ジャニ∞・村上信五、プロアクティブCMで美肌を披露!!”. ザテレビジョン (2010年10月2日). 2017年8月17日閲覧。
  46. ^ 関ジャニ∞村上信五が“巨大な顔”に 「実際の僕はドSですけど!」”. TVfanWeb (2015年9月25日). 2015年10月1日閲覧。
  47. ^ a b 謎のラッパー“TAKATSU-KING”に「関ジャニ∞の村上さんですか?」の質問飛ぶ 新曲初披露”. モデルプレス (2017年5月9日). 2017年7月20日閲覧。
  48. ^ おっとっと35周年”. 森永製菓 (2017年7月20日). 2017年3月29日閲覧。
  49. ^ 関ジャニ・村上&横山、新CMで息ピッタリの掛け合い”. ORICON NEWS. オリコン (2018年4月3日). 2018年4月3日閲覧。
  50. ^ 横山裕・村上信五・錦戸亮、宝塚記念で国歌斉唱! CMから大緊張”. マイナビニュース. マイナビ (2018年6月7日). 2018年6月21日閲覧。
  51. ^ “関ジャニの渋谷&村上 アドリブ120分”. DAILY SPORTS ONLINE. (2008年1月20日). オリジナル2008年2月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080203122704/http://www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/01/20/0000807060.shtml 2016年7月19日閲覧。 
  52. ^ “関ジャニ∞・村上 ジャニーズの金メダル狙う!”. スポーツ報知. (2010年2月17日). オリジナル2010年11月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101124110041/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20100217-OHT1T00026.htm 2016年8月19日閲覧。 
  53. ^ “関ジャニ・村上 チョコ「誰もくれない」…1人舞台リハーサル”. スポーツ報知. (2011年2月25日). オリジナル2011年12月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111201162515/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20110214-OHT1T00315.htm 2016年9月8日閲覧。 
  54. ^ 公演概要”. The Globe Tokyo. 東京グローブ座 (2012年). 2012年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月21日閲覧。
  55. ^ 公演概要”. The Globe Tokyo. 東京グローブ座 (2013年). 2013年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月21日閲覧。
  56. ^ 関ジャニ村上信五、一人芝居第6弾は“おかん” デビュー決定のジャニーズWESTに辛口エール”. エンタメOVO. 共同通信社 (2014年3月20日). 2018年2月21日閲覧。
  57. ^ 公演概要”. The Globe Tokyo. 東京グローブ座 (2016年). 2016年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月21日閲覧。
  58. ^ “関ジャニ村上、一人舞台打ち上げ「初めておかんが褒めてくれた」”. スポーツ報知. (2016年3月24日). オリジナル2016年4月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160407105043/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160323-OHT1T50138.html 2017年4月1日閲覧。 
  59. ^ 公演概要”. The Globe Tokyo. 東京グローブ座 (2017年). 2016年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月21日閲覧。
  60. ^ “関ジャニ村上、次は「ベガスかポール」一人芝居270公演完走”. Sponichi Annex. (2017年3月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/21/kiji/20170320s00041000394000c.html 2017年4月1日閲覧。 
  61. ^ 公演概要”. The Globe Tokyo. 東京グローブ座 (2018年). 2018年2月21日閲覧。
  62. ^ 関ジャニ∞KJ2 ズッコケ大脱走

外部リンク