すみれ (モデル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すみれ
本名 松原 すみれ(まつばら すみれ)
別名義 Sumire(歌手名)
生年月日 1990年7月15日(26歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都[1]
身長 175 cm
血液型 A型
職業 女優歌手
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 2006年 - 2009年(モデル)
2011年 - (女優・歌手)
著名な家族 石田純一(父)
松原千明(母)
事務所 スカイコーポレーション[注 1]2011年 - )
公式サイト Sumire Official Site
主な作品
舞台
二都物語
エニシング・ゴーズ
『ボンベイドリームス』
映画
手をつないでかえろうよ 〜シャングリラの向こうで〜
The Shack英語: The Shack (film))』
Sumire
学歴 カーネギーメロン大学演劇学科 在学中
ジャンル J-POP
職業 歌手
活動期間 2011年 -
レーベル EMI RECORDS
公式サイト Sumire - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
すみれ
プロフィール
瞳の色 濃褐色
公称サイズ(2009年時点)
身長 / 体重 cm / kg
スリーサイズ 85 - 63 - 90 cm
靴のサイズ 24.5[1] cm
活動
デビュー 2006年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 女優歌手
事務所 ボン イマージュ2006年 - 2009年
モデル: テンプレート - カテゴリ

すみれSumire Matsubara1990年7月15日 - )は、日本女優歌手。本名、松原 すみれ(まつばら すみれ)[1]。歌手活動時のアーティスト名はSumire(すみれ)。

東京都出身、ハワイ育ち。スカイコーポレーション所属[注 1]。父は俳優の石田純一、母は女優の松原千明

ハワイ・プナホウ・スクール在学中の高校1年の16歳からモデルとしてデビュー。米国カーネギーメロン大学演劇学科へ進学し[注 2]、大学2年終了時に休学して女優歌手としてデビュー。日本で女優、歌手、タレントとして活躍する一方で、近年ではハリウッドTV、映画に進出し活動の場を世界へ広げている。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1990年、父・石田純一と母・松原千明の間に、東京で生まれた。1997年に母・松原千明とともに7歳でハワイへ移住[2]1999年に両親が離婚した後は母・継父[注 3]・異父弟とハワイで育った。日本で暮らしていた頃よりディズニー映画や母が連れて行ってくれたミュージカルを見て育ち、中学の時に友人に誘われて学校のミュージカルの舞台に立つと芝居の面白さに魅せられ、高校時代には毎年2作品ほどミュージカルの舞台に立っていた[3][4]

モデルデビュー[編集]

母の撮影に同行した際にカメラマンから「ちょっとメイクして撮ってみようよ」と声を掛けられたことをきっかけに[5]、高校1年在学中の2006年にモデルとしてデビュー。ボン イマージュに所属して『mina』『25ans』などのファッション雑誌に登場、また2007年には資生堂TSUBAKI」のイメージキャラクターに起用[6]2009年7月にはアシックスとイメージキャラクター契約するなど[7]日本航空「JAL HAWAII」、ユニクロ日本コカ・コーラ爽健美茶」などのテレビCMにも出演。2006年10月には『バニラ気分! マツケン・今ちゃん・オセロのGO!GO!サタ』(フジテレビ系)の「Hawaiiスペシャル」に母・松原千明とともにゲスト出演しテレビデビューも果たした。

高校卒業までハワイで過ごした後、2009年9月にペンシルベニア州ピッツバーグカーネギーメロン大学演劇科に進学する。2000人超の入学志願者の中で1、2を争う成績で合格[8][9]。朝7時からの授業に始まって、昼間のレッスン、夕方からのリハーサル、夜の課題リポートの作成に至るまで連日演劇漬けの日々を過ごし[10]、大学主催のミュージカル公演では常に主演を務めた[5][11]。在学中の芸能活動が認められていなかったため、大学進学に伴いモデル活動は休業することとなった[11]

2009年7月17日、オフィシャルブログ開設。[12]

女優・歌手デビュー[編集]

大学2年生を終えた2011年の夏に休学手続きを取り帰国、父・石田純一と同じスカイコーポレーションに所属し、女優歌手として、同年9月開催の「FOX bs238 開局記者発表会」で本格的に芸能界デビューを飾った[11][13][14]。デビュー後間もなく歌手としてイル・ディーヴォのアルバム収録に参加[9]、約3年ぶりのオリジナルアルバム『ウィキッド・ゲーム』収録の楽曲「クライング featuring すみれ」[注 4]で共演し、11月9日に発売された[2]

その後日本語を猛勉強し[15]、翌2012年3月の舞台『早乙女太一特別公演 GOEMON 〜孤高の戦士〜』でヒロイン・茶々役を演じて、女優としてデビュー[16]2013年にはオーディションを経てミュージカル2作品(『二都物語』、『エニシング・ゴーズ』)のヒロイン役に相次いで抜擢され、恵まれた容姿にカーネギーメロン大学演劇科で磨いた歌唱力と表現力は「日本ミュージカル史上最大級の大型新人」として注目を浴びた[17]2014年7月にはフジテレビ系『キャビンアテンダント刑事〜ニューヨーク殺人事件〜』でテレビドラマにも進出した[18]のに続き、同年10月には米・CBSの人気ドラマシリーズ『Hawaii Five-0』にゲスト出演して全米ドラマデビュー[19]2016年5月公開の『手をつないでかえろうよ 〜シャングリラの向こうで〜』でハワイ帰りのヒロイン・麗子を演じて映画デビューも果たした[20][21]

一方で、2013年2月にはスリムビューティハウスのイメージキャラクターに起用され、そのCMソングとして英語でカバーしたTUBEの「シーズン・イン・ザ・サン」が広告代理店やレコード会社から高く評価されたことで、同年3月20日に「Sumire」名義[22]ユニバーサルミュージックより歌手としてソロデビュー[9][22]。2014年にかけて「黄昏のビギン」など計4作品をリリースし、2014年2月にはファーストライブ「Voice〜すみれ」をヤマハホールにて開催している[23]

また、2013年10月から2016年3月まで、得意の英語を駆使してNHKの24時間英語チャンネルNHKワールドTVでPR番組『CHOICE OF THE WEEK』のナビゲーターを担当[24]。2013年11月から2015年4月にかけてTBSテレビ新・チューボーですよ!』で6代目アシスタントを務め、火曜日レギュラーを務めたフジテレビ『バイキング』では「すみれのひとりオジさま飯」コーナーを担当するなど、バラエティ番組でも活躍した[25][26]

ハリウッド進出[編集]

2015年6月にはオーディションを勝ち抜いて映画『The Shack英語: The Shack (film))』の精霊サラユー役に抜擢され、Sumire Matsubaraとして2017年3月全米公開予定の同作で念願のハリウッド進出を果たす[27][28][29]。作品公開に先立ち、2015年10月にロサンゼルスで開催された「アジアワールドフィルムフェスティバル英語: Asian World Film Festival)」ではライジング・スター賞(新人賞)を受賞している[30]

2015年7月1日、公式フェイスブック開設。[31]

2016年4月29日、熊本地震の被災地を二日間訪れたと、ブログを更新して公表した。 [32]

2016年6月、熊本地震の被災地訪問の経験から、被災地の復興を支援するために、イタリア語で「希望」を意味する「スペランツァ」という団体を賛同者とともに立ち上げ、6月23日・24日に東京・銀座で開催するチャリティ・イベント(Speranza Charity Concert 2016)からスタートした。 [33]

人物[編集]

父は俳優の石田純一、母は女優の松原千明、母方の祖父は俳優の原健策、母方の祖母は元タカラジェンヌ宝塚歌劇団卒業生乙女松子という芸能一家に誕生した。祖父が広島出身のため、母方の実家は京都広島風お好み焼き屋を経営していた[34]。すみれの父方の祖父はNHKアナウンサーだった石田武(石田純一の父)、伯母に音楽家の石田桃子、異母兄に俳優・ミュージシャン・タレントのいしだ壱成(純一と純一の最初の妻・星川まりとの子)がいる。また、石田純一と再婚相手・東尾理子との間に2人の異母弟・妹がいる[20]。父の義父・東尾修のことを「おさむちゃん」と呼んでいる[35]

父・石田純一の世間を騒がせた「不倫がきっかけで生まれた文化もある」発言の影響から、私立小学校の受験に失敗し入学した公立小学校でも「不倫は文化の子なんだろ」「文化の子」などといじめを受けた。母・松原千明はすみれを守るために、すみれが7歳の時にハワイへの移住を決意。移住先のハワイでも当初言葉が通じないためいじめを受けたが、英語を猛勉強して克服した[36]。父・石田純一とは離れて暮らしていたが、大学進学を控えた17歳の時に「ちゃんと話を聞いてみたい」と手紙を書き、10年ぶりに再会[注 5]。以来、石田の再婚相手・東尾理子や2人の異母弟・妹を交え家族ぐるみで交流するなど、良好な父娘関係を築いている[20]

7歳から19歳までハワイで生活していたためか英語が堪能である一方、漢字は苦手[15]のよう[38]で、私生活においても読めない漢字が多くて困っているという[39]。ハワイ暮らしが長かったため日本に戻ってきた時には日本語は全く話せなくなってしまっており、言葉の壁とカルチャーショックから孤独感に苦しんだ時期もあったが、帰国子女やハーフのタレント・モデルたちと知り合い似たようなコンプレックスを共有することで、個性として肯定的に受け止め前向きに活かしていけるようになった[4]

日本国籍でアメリカのグリーンカードを所持している。

歌唱力がかなり高く、お笑い芸人やタレントが参加した2012年8月の『お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』において初出場で優勝を果たした。

左利き

出演[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

カーネギーメロン大学主催ミュージカル[編集]

  • Strange Snow(2010年) - 主演[1]
  • Danny and the Deep Blue Sea(2010年) - 主演[1]
  • Hunter Gatherers(2010年) - 主演[1]
  • 十二夜(2011年) - 主演[1]

その他の公演[編集]

コンサート[編集]

CM[編集]

MV[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

※いずれも「Sumire」名義
発売日 タイトル レーベル 品番 備考
1st 2013年3月20日 シーズン・イン・ザ・サン EMI RECORDS UPCH-80314 スリムビューティハウスTVCMソング
2nd 2013年5月22日 黄昏のビギン EMI RECORDS UPCH-80322
2014年2月19日 Flower of Love NAYUTAWAVE RECORDS 配信限定 スリムビューティハウスTVCMソング
3rd 2014年11月12日 Promise 〜forever〜 avex trax AVCD-83128(CD)
AVCD-83127/B(CD+DVD)
自身がMVに出演した平井大「Promise」のアンサーソング
平井大プロデュース[52]

参加作品[編集]

  • イル・ディーヴォ「クライング featuring すみれ」(2011年) - アルバム『ウィキッド・ゲーム』収録(日本盤ボーナストラック)[53]
  • Jazztronik「Now」(2016年) - アルバム『Keystone』収録[54]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 米国での活動のマネージメントはCAMINO REAL(カミノレアル)。
  2. ^ 現在は休学中。
  3. ^ すみれの元家庭教師。後に離婚。
  4. ^ 日本盤ボーナストラック曲。
  5. ^ ハワイで週刊誌に写真を撮られ、石田の「新しい彼女」と誤って報道されかけたという[37]
  6. ^ 日本では2015年6月に放送。
  7. ^ 音楽も自身の歌唱曲。TUBEの「シーズン・イン・ザ・サン」を英語バージョンでカバー。
  8. ^ 高橋ユウと共演。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k プロフィール”. スカイコーポレーション. 2014年1月26日閲覧。
  2. ^ a b 『universal music』
  3. ^ すみれ (2015年1月28日). <その2>【2/14(土)・15(日)、梅田芸術劇場で】話題のマサラ・ミュージカルが日本で初の舞台化!「ボンベイドリームス」のヒロイン・すみれにインタビュー!. インタビュアー:ドルフィン・コミュニケーション. KADOKAWA.. ウォーカープラス.. http://news.walkerplus.com/article/54775/ 2016年6月2日閲覧。 
  4. ^ a b すみれ (2016年1月25日). すみれ流、夢の叶え方【Interview】. インタビュアー:若山あや. ハースト婦人画報社.. コスモポリタン.. http://www.cosmopolitan-jp.com/entertainment/entertainment-news/interviews/a349/sumire-vol1/ 2016年6月2日閲覧。 
  5. ^ a b すみれ (2015年1月11日). 気になる新星インタビューvol.11 すみれ (全文). インタビュアー:松島まり乃. All About.. http://allabout.co.jp/gm/gc/450384/all/ 2016年3月17日閲覧。 
  6. ^ “松原すみれ「夢はブロードウェー」”. 日刊スポーツ. (2007年9月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070919-258296.html 2016年3月17日閲覧。 
  7. ^ “モデル・すみれがアシックスとイメージキャラクター契約”. ORICON STYLE (オリコン). (2009年7月16日). http://www.oricon.co.jp/news/67733/full/ 2016年3月13日閲覧。 
  8. ^ “石田純一の愛娘・すみれ、米名門大学演劇科に合格”. zakzak (産経デジタル). (2009年7月7日). http://www.zakzak.co.jp/gei/200907/g2009070702_all.html 2016年3月17日閲覧。 
  9. ^ a b c “石田純一長女すみれ、3月にCDデビュー TUBE代表曲を英語カバー”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年2月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2021222/full/ 2014年6月30日閲覧。 
  10. ^ 永瀬白虎 (2016年5月25日). “【すみれ】海外で揉まれた“大型女優” 米名門大学時代は朝から夜まで演劇漬けの日々”. zakzak (産経デジタル): p. 2. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20160525/peo1605251140001-n2.htm 2016年6月19日閲覧。 
  11. ^ a b c “石田純一&松原千明の長女すみれ、芸能活動を本格化”. ORICON STYLE (オリコン). (2011年9月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2001503/full/ 2016年3月17日閲覧。 
  12. ^ すみれ、公式ブログ 皆さん初めまして!すみれで~す!!!” (2009年7月17日). 2015年10月4日閲覧。
  13. ^ “石田純一長女すみれ 名門大学演劇科トップクラスで合格 休学し芸能界へ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年9月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/09/06/kiji/K20110906001565800.html 2016年3月13日閲覧。 
  14. ^ “石田純一の長女すみれ、芸能界デビューを23.8カラットのダイアで飾る アカペラも披露”. ORICON STYLE (オリコン). (2011年9月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2002239/full/ 2016年3月17日閲覧。 
  15. ^ a b “石田純一の長女・すみれ、歌手&女優デビューに向け“日本語”勉強中”. eltha by ORICON STYLE (オリコン). (2011年11月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2002239/full/ 2016年3月17日閲覧。 
  16. ^ “石田&松原愛娘のすみれ 舞台ヒロインで女優デビュー”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年1月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/01/14/kiji/K20120114002426300.html 2016年3月13日閲覧。 
  17. ^ “すみれ ミュージカル2作品でヒロインに「史上最大級の大型新人」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年12月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/12/04/kiji/K20121204004702290.html 2016年3月13日閲覧。 
  18. ^ “すみれがドラマデビュー 深田恭子とCA役で共演”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年5月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2037746/full/ 2016年3月13日閲覧。 
  19. ^ “すみれ、金髪&SEXYビキニで全米ドラマデビュー 今後についても言及 モデルプレスインタビュー”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年5月30日). http://mdpr.jp/interview/detail/1490658 2016年3月13日閲覧。 
  20. ^ a b c “映画『手をつないでかえろうよ』出演 すみれ、結婚相手は「パパに似た人はNO!NO!NO!」”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2016年5月28日). http://www.jprime.jp/column/woman/27660 2016年5月27日閲覧。 
  21. ^ 永瀬白虎 (2016年5月25日). “【すみれ】海外で揉まれた“大型女優” 米名門大学時代は朝から夜まで演劇漬けの日々”. zakzak (産経デジタル). http://www.zakzak.co.jp/people/news/20160525/peo1605251140001-n1.htm 2016年6月19日閲覧。 
  22. ^ a b “すみれ、ソロデビュー曲を生声で初披露 TGCに父・石田純一駆けつける”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年3月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2022243/full/ 2014年6月30日閲覧。 
  23. ^ Sumire ヤマハホールでのファーストライブ決定!”. ユニバーサルミュージック (2014年1月9日). 2016年3月13日閲覧。
  24. ^ a b “『CHOICE OF THE WEEK』ナビゲーターにすみれ” (PDF) (プレスリリース), 日本放送協会, (2013年9月18日), http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2013/09/006.pdf 2016年3月13日閲覧。 
  25. ^ “すみれ「新チューボーですよ!」卒業 後任は森星&ノブコブ吉村”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年3月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/23/kiji/K20150323010035800.html 2016年3月13日閲覧。 
  26. ^ 酒井政利 (2014年12月17日). “【時代のサカイ目】すみれと杏 親の冠がはずれる2015年”. zakzak (産経デジタル): p. 1. http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20141217/enn1412171140007-n1.htm 2016年3月18日閲覧。 
  27. ^ a b “すみれ、ハリウッドデビューで新たに決意 「アバター」主演俳優と共演”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年6月30日). http://mdpr.jp/news/1498112 2016年3月16日閲覧。 
  28. ^ “すみれ ハリウッド映画の大役射止めた理由とは”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年7月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/07/04/kiji/K20150704010662370.html 2016年3月16日閲覧。 
  29. ^ a b すみれ、ハリウッド大役!デビュー作で「アバター」主演俳優と共演”. Sponichi Annex (2015年6月29日). 2015年6月29日閲覧。
  30. ^ “すみれ、号泣エピソードを明かす「周りも泣いちゃった」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年11月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1539845 2016年3月13日閲覧。 
  31. ^ すみれ、公式フェイスブック開設” (2015年7月1日). 2015年9月14日閲覧。
  32. ^ 頑張ろう日本♥︎” (2016-04-029). 2015年5月3日閲覧。
  33. ^ Speranza Charity Concert 2016 by SUMIRE 6/23” (2016年6月23日). 2016年6月4日閲覧。
  34. ^ 新チューボーですよ!』(TBS)2014年10月18日放送より(チューボーですよ!|2014/10/18(土)放送 | TVでた蔵」
  35. ^ “すみれ、石田夫妻の長男は「修ちゃん似」”. 日刊スポーツ. (2013年3月12日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130312-1096708.html 2016年6月19日閲覧。 
  36. ^ “すみれ告白「文化の子」といじめられた”. デイリースポーツ online. (2013年12月20日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/12/20/0006586022.shtml 2016年5月27日閲覧。 
  37. ^ 永瀬白虎 (2016年5月25日). “【すみれ】海外で揉まれた“大型女優” 米名門大学時代は朝から夜まで演劇漬けの日々”. zakzak (産経デジタル): p. 3. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20160525/peo1605251140001-n3.htm 2016年6月19日閲覧。 
  38. ^ “【エンタがビタミン♪】TBS、石田純一の娘「“すみれ”推し」が加速。秋の『オールスター感謝祭』は島崎和歌子と交代か?”. Techinsight. (2014年3月30日). http://japan.techinsight.jp/2014/03/kanshasai2014_sumire_shimazakiwakako1403301325.html 2014年6月30日閲覧。 
  39. ^ “2012年7月12日放送 22:00 - 22:54 日本テレビ ダウンタウンDX (1/2)”. TV出た蔵 (ワイヤーアクション). http://datazoo.jp/tv/%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3DX/577315 2014年6月30日閲覧。 
  40. ^ 『 石田純一の娘すみれ NHKで大役』 2013年9月18日閲覧
  41. ^ 今井雅之が生前に手がけた脚本を川平慈英主演で映画化、今井が残したメッセージも”. 映画ナタリー (2016年3月4日). 2016年3月7日閲覧。
  42. ^ すみれオフィシャルブログ 9/26ヤマハホールコンサート 2015年10月4日閲覧
  43. ^ 【Speranza Charity Concert 2016】by SUMIRE 6/23 16:00- 2016年6月10日閲覧
  44. ^ “2008年「爽健美茶」新キャンペーン 心の楽園(メンタルリゾート)をテーマとした新TV-CM、新製品、プロモーションを展開 新TV-CM『メンタルリゾート登場』篇(30秒/15秒) 2月4日(月)から全国でオンエア開始” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ, (2008年1月28日), http://j.cocacola.co.jp/corporate/news/news_000323.html 2016年3月16日閲覧。 
  45. ^ “「ワンデー アキュビュー トゥルーアイ」新CM「パティシエ」篇 2013年3月2日(土)より、全国でオンエア開始” (PDF) (プレスリリース), ジョンソン・エンド・ジョンソン, (2013年2月27日), http://acuvue.jnj.co.jp/corp/press/pdf/p0119.pdf 2016年4月29日閲覧。 
  46. ^ 2015年ボートレース新CMが完成〜 エンターテインメント性の高いダンスストーリーでボートレースの魅力を表現 〜 - BOAT RACE振興会 2014年12月24日(2015年1月11日閲覧)
  47. ^ 「リカルデント」新TVCMスタート”. モンデリーズ・ジャパン「プレスリリース」 (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  48. ^ “すみれ:CMで4種類のスポーツに挑戦 「B’z」稲葉が楽曲を担当”. MANTANWEB. (2016年3月16日). http://mantan-web.jp/2016/03/16/20160315dog00m200046000c.html 2016年3月16日閲覧。 
  49. ^ “エアアジア、すみれを日本でのブランドアンバサダーに” (プレスリリース), エアアジア, (2016年4月14日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000018745.html 2016年4月29日閲覧。 
  50. ^ “グローバルな活躍目立つすみれ、エアアジアの国内ブランドアンバサダーに就任”. ORICON STYLE. (2016年4月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2070173/full/ 2016年4月15日閲覧。 
  51. ^ “すみれ、平井 大の新曲「Promise」PVでウェディングドレス姿”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2014年6月3日). http://www.barks.jp/news/?id=1000104155 2016年3月13日閲覧。 
  52. ^ “すみれ、ハワイつながり平井大に結婚アンサーソング”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年11月7日). http://natalie.mu/music/news/130681 2016年3月13日閲覧。 
  53. ^ “イル・ディーヴォも絶賛する、新星ヴォーカリスト・すみれ”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2011年11月6日). http://www.barks.jp/news/?id=1000074684 2016年3月17日閲覧。 
  54. ^ “Jazztronikの5年ぶりアルバムに女優すみれボーカル参加”. 音楽ナタリー. (2016年5月10日). http://natalie.mu/music/news/186599 2016年5月10日閲覧。 
  55. ^ すみれ、土屋アンナら「美脚大賞」受賞 華やか美の競演”. モデルプレス (2015年11月11日). 2015年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
枡田絵理奈
(2009年4月11日 - 2013年11月16日)
新チューボーですよ!
第6代アシスタント
(2013年11月23日 - 2015年4月11日)
次代:
吉村崇(平成ノブシコブシ)
森星
(2015年4月18日 - )