クラリーノ美脚大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クラリーノ美脚大賞
受賞対象女性有名人
日本の旗 日本
主催クラリーノ美脚大賞実行委員会
初回2003年
最新回2022年
公式サイトhttp://www.kuraray.co.jp/parcassio/bikyaku.html

クラリーノ美脚大賞(クラリーノびきゃくたいしょう)は、女性有名人に対して贈られる日本の。主催はクラリーノ美脚大賞実行委員会。

概略[編集]

2003年に「パッカーシオ美脚大賞」として創設。第4回から『スポーツ部門』が設けられ、女性スポーツ選手が対象になった。第5回から『40代部門』を『オーバーフォーティー部門』にあらため、50代以上の女性有名人も受賞の対象になった。第9回から「クラリーノ美脚大賞」へ名称変更となり、ティーン部門が新設された。

新型コロナウイルス感染症流行の影響で2019年~2021年の開催が見送られ、2022年は3年ぶりの開催となった[1]

受賞者一覧[編集]

ティーン部門[注 1] 20代部門 30代部門 オーバーフォーティー部門
(第4回までは40代部門)
その他[注 2]
第1回 2003年 釈由美子 中村江里子 黒田知永子
第2回 2004年 相沢紗世 飯島直子 高樹沙耶
第3回 2005年 佐藤江梨子 神田うの 未唯
第4回 2006年 ほしのあき 杉本彩 秋本奈緒美 浅越しのぶ(スポーツ部門)
第5回 2007年 田丸麻紀 観月ありさ 秋吉久美子 武田美保(スポーツ部門)
第6回 2008年 広末涼子 瀬戸朝香 真矢みき 菅山かおる(スポーツ部門)
第7回 2009年 長澤まさみ 釈由美子 真琴つばさ 浦田聖子(スポーツ部門)
第8回 2010年 黒木メイサ 優香 高島礼子 福西崇史(メンズ部門)
第9回 2011年 忽那汐里 石原さとみ 米倉涼子 とよた真帆
第10回 2012年 宮﨑香蓮 上戸彩 吉瀬美智子 賀来千香子
第11回 2013年 吉本実憂 栗山千明 黒谷友香 浅田美代子
第12回 2014年 大野いと 武井咲 吹石一恵 萬田久子
第13回 2015年 すみれ 土屋アンナ 早見優 沢口靖子(特別賞)[2]
第14回 2016年 松井愛莉 菜々緒 水川あさみ 草刈民代
第15回 2017年 平祐奈 土屋太鳳 シャーロット・ケイト・フォックス 観月ありさ
第16回 2018年 岡田結実 有村架純 中村アン 浅野ゆう子
第17回 2019年 髙橋ひかる 山本美月 榮倉奈々 木村多江
第18回 2022年 桜田ひより 池田美優 前田敦子 吉瀬美智子

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 第9回からティーン部門を創設。
  2. ^ 第4回から第7回にスポーツ部門、第8回にメンズ部門、第13回に特別賞の表彰が行われた。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]