とよた真帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とよた まほ
とよた 真帆
生年月日 (1967-07-06) 1967年7月6日(54歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 173cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1980年代中期 - 現在
活動内容 1984年頃:モデルとしてデビュー
1989年:『愛しあってるかい!』で女優に転向
配偶者 青山真治(2002年 - 2022年、死別[1]
事務所 SPICA
グローバルプロモーション(業務提携)
公式サイト https://www.spicainc.net/
主な作品
テレビドラマ
愛しあってるかい!
すてきな片想い
パパとなっちゃん
テンプレートを表示

とよた 真帆(とよた まほ、1967年(昭和42年)7月6日 - )は、東京都出身[2]女優モデルタレントオフィス・メイを経て、トップコートへ移籍。2022年2月より株式会社SPICA 所属。

人物・来歴[編集]

1983年学習院女子高等科在学中の17歳の頃からモデルを始め[2][3]、1984年に文化学院美術科へ転校[4]1986年アニエス・ベーの日本人モデルとしてパリコレクションへ出演した[2]1989年から女優業を開始[2][5]

2002年7月9日に映画監督の青山真治と結婚[6]。2013年3月、青山が脚本および演出を担当した舞台「私のなかの悪魔」に主演、佐戸井けん太髙橋洋と共演[7]

趣味の絵画では個展も開催している[4]。テレビ収録で訪問したベルギーが縁となり、2009年11月からブリュッセル・ワロン地域親観光大使に就任[8][9]

得意の料理をテレビ番組で披露する機会も多く、特に豆料理が好物であるという[10]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

TBS系[編集]

フジテレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

テレビ東京系[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ・教養番組[編集]

ラジオ[編集]

著作[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 映画監督・青山真治氏死去、57歳 食道がんで闘病 妻のとよた真帆「最後は眠るように」”. デイリースポーツ online (2022年3月25日). 2022年3月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 未来を照らす(18)女優 とよた 真帆” (日本語). UR都市機構. 2022年1月29日閲覧。
  3. ^ "とよた真帆語る大瀧詠一の偉大さ「『君は天然色』のイントロ聴くだけで"いいことありそう"と思えた」". 女性自身. 光文社. 13 March 2022. 2022年2月13日閲覧
  4. ^ a b プロフィール Archived 2016年1月21日, at the Wayback Machine. - オフィス・メイ
  5. ^ NHK. “とよた真帆|NHK人物録” (日本語). NHK人物録 | NHKアーカイブス. 2022年1月29日閲覧。
  6. ^ とよた真帆さんが結婚 映画監督の青山真治さんと”. 47NEWS (2002年7月12日). 2014年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月8日閲覧。
  7. ^ とよた真帆、夫婦初タッグも「2年に1回」”. 日テレNEWS24 (2013年3月25日). 2013年6月8日閲覧。
  8. ^ ベルギー観光局
  9. ^ 「とよた真帆さん ベルギー・ブリュッセルとワロン地方の観光大使任命式」記者会見のお知らせ”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年1月29日閲覧。
  10. ^ 2014年放送「趣味Do楽 いただきます 〜お寺のごはん心と体が潤うレシピ〜」において精進料理を紹介する際に発言。他にも食に関するトーク番組でも時折述べている。
  11. ^ 七人の秘書:都知事役に萬田久子 リリー・フランキー、永瀬莉子も出演 キャスト12人一挙公開” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2020年10月8日閲覧。
  12. ^ ザテレビジョン. “<七人の秘書>豪華追加キャスト12人が一挙解禁!萬田久子、大和田伸也らが物語を左右する重要人物に | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2020年10月8日閲覧。
  13. ^ 新キャストを迎えヒット作を13年ぶりに再演 風間トオル&音無美紀子&とよた真帆出演『嫁も姑も皆幽霊』が開幕”. シアターガイド (2015年8月21日). 2017年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月24日閲覧。
  14. ^ “浦島太郎がミュージカルに!木村了主演「TARO URASHIMA」脚本は池田鉄洋”. ステージナタリー. (2016年5月1日). https://natalie.mu/stage/news/185708 2016年5月2日閲覧。 

外部リンク[編集]