石田武太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田 武太郎(いしだ たけたろう、1890年 - 1934年)は、日本の新聞記者中外商業新報政治部長[1]、編集局長[2]、参事[3][4]政治家・東京府荏原郡碑衾町会議員、同議長[5]目黒区会議員、同議長。子にNHKアナウンサーの石田武、孫に音楽家の石田桃子や俳優の石田純一がいる。

人物[編集]

現在の大阪府富田林市出身[2]。石田家の分家に生まれた[2]1915年早稲田大学大学部政治経済学科を卒業し[1]、中外商業新報(現・日本経済新聞)に入社した[2]。政治部の記者として働き、まもなく電話交換手の女性と結婚した[2]。31歳の時、ワシントン会議の特派員に抜擢され[2]、会議の後もアメリカ合衆国に残り2年間の特派員生活を送った[2]。その後日本に戻り、中外商業新報の政治部長となり、さらに編集局長まで昇進した[2]

42歳の頃に新聞記者を辞め、出身地の大阪から衆議院議員選挙に立候補した[2]犬養毅が総裁を務めていた与党・立憲政友会(当時)に所属していたが[2]、落選に終わり[2]、このことで財産のほとんどを失った[2]。さらにその2年後、肝硬変を発症して44歳で死去した[2]

家族・親族[編集]

石田家

大阪府南河内郡富田林町、東京府荏原郡碑衾町[1][3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『早稲田大学校友会会員名簿 大正14年11月調』150頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ファミリーヒストリー』(2015年1月16日放送)。
  3. ^ a b 『日本紳士録 第34版』東京イ、ヰの部81頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月8日閲覧。
  4. ^ a b 『日本紳士録 第35版』東京イ、ヰの部80頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月23日閲覧。
  5. ^ 『碑衾町誌 市郡合併記念』150頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年1月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『早稲田大学校友会会員名簿 大正14年11月調』早稲田大学校友会、1915-1925年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第34版』交詢社、1930年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第35版』交詢社、1931年。
  • 東京府荏原郡碑衾町編『碑衾町誌 市郡合併記念』碑衾町、1932年。