亀渕友香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
亀渕 友香
生誕 (1944-11-03) 1944年11月3日
出身地 日本の旗 日本,北海道札幌市
死没 (2017-10-22) 2017年10月22日(72歳没)
ジャンル ゴスペル
職業 歌手,女優
活動期間 1968年 - 2017年

亀渕 友香(かめぶち ゆか、本名:亀淵 捷子(かめぶち かつこ)、1944年11月3日 - 2017年10月22日[1])は、日本ゴスペル歌手、ボイストレーナー女優

略歴[編集]

北海道札幌市生まれ、その後東京都で育つ。実兄はニッポン放送の名物DJで後に同社社長・相談役を歴任した亀渕昭信。叔母はジャズシンガーだったという[2]

小学校の時、マヘリア・ジャクソン出演映画『真夏の夜のジャズ』を観て彼女の歌声に衝撃を受け涙を流す。以来サッチモ、ゴールデン・ゲイト・カルテット、アレサ・フランクリンなど、ゴスペルミュージシャンをヒーロー&ヒロインとし、ブルース、ジャズ、アフリカン音楽に至るまでの黒人音楽を聴きながら成長。

1968年、R&Bグループ「リッキー&960ポンド」のボーカルとしてデビュー。1980年、米国人と結婚のため渡米。1987年に帰国し離婚後、音楽活動を再開。ジャズライブ、ミュージカル、映画音楽、テレビ出演などの活動をしながら、ボイストレーナーとしても多くのミュージシャンを手がける。1993年、ゴスペルを主とするコーラスグループ「亀渕友香&VOJA(The Voices of Japan)」を結成。現在もライヴ、コンサート活動、アーティスト楽曲コーラス、TVバックコーラス、小中高校での芸術鑑賞会、特別支援学校(養護学校)でのライヴなど、幅広く活動中。2008年には「第1回・野口英世アフリカ賞」の授賞式および記念晩餐会で、今上天皇皇后美智子夫妻や歴代の内閣総理大臣、アフリカ各国の大統領や国王の前で演奏。2009年より、ソロライヴ活動を再開。ジャズスタンダードや、アコースティック編成など様々なジャンルでライヴ活動中。

1998年から2006年まで「VOJAコーラスアカデミー」の学長を務めた。2007年には名称を変え、「VOJA Voice Art College」を開校。学長を務める。

2004年12月にはJ-POPグループの「DEEN」とのコラボレーション楽曲を完成させ、ヒットとなる。2007年3月には、1974年3月に発売されたファースト・ソロ・アルバム「Touch Me, Yuka」が紙ジャケットCDにて限定生産ながら復刻された。

ボイストレーナーとして指導したミュージシャンには杏里山下久美子久保田利伸大黒摩季MISIASPEED倖田來未MAX小沢健二和田アキ子平松愛理研ナオコ平井堅持田香織和央ようか米倉涼子観月ありさ田中ロウマらがいる。

2014年頃に肝細胞がんを患い、闘病中に腰椎や胸椎を骨折しつつも活動を続けてきたが、2017年10月22日、神奈川県川崎市内の病院で死去。72歳没[1][3]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 亀渕友香についてお知らせ - タートル・ミュージック・プラント 2017年10月24日
  2. ^ 徹子の部屋』より
  3. ^ ゴスペル歌手の亀渕友香さん死去 - 時事ドットコム 2017年10月24日

外部リンク[編集]