ふつうが一番 —作家・藤沢周平 父の一言—

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ふつうが一番 —作家・藤沢周平 父の一言—』は2016年7月4日の21:00-22:54に、TBS系列にて放映された、単発スペシャルのテレビドラマ[1]

作家・藤沢周平の、家族愛と自身の夢への歩みを描いたものである。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

小菅留治
演 - 東山紀之
業界紙『食品工業新聞』の記者、兼業作家、筆名は「藤沢周平」。
高澤和子→小菅和子
演 - 松たか子
留治の妻。
小菅展子
演 - 熊坂澪稲垣来泉小林星蘭
留治の娘。
小菅たきゑ
演 - 草笛光子
留治の母。
柿沼健三
演 - 角野卓造
留治の勤める食品工業新聞の社長。
木内松五郎
演 - 佐藤B作
留治の従兄。
高澤庄太郎
演 - 前田吟
和子の父。
竹下医師
演 - 篠田三郎
小菅家の近所の内科医。
いずみ
演 - 熊谷真実
純喫茶「ロダン」のウェイトレス。
敏子
演 - 大方斐紗子
たきゑの友人。
弥生
演 - 市川夏江
たきゑの友人。
田代
演 - 市丸和代
幼稚園の先生。
井上
演 - 湯浅景介
留治の同僚。
ナレーション
演 - 小林綾子

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 視聴室:ふつうが一番”. 毎日新聞 (2016年7月4日). 2016年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]