風間俊介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かざま しゅんすけ
風間 俊介
生年月日 1983年6月17日(30歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ映画舞台
アニメバラエティ番組
活動期間 1997年 -
配偶者 既婚(2013年 - )
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品

テレビドラマ
3年B組金八先生 第5シリーズ
アキハバラ@DEEP
それでも、生きてゆく
純と愛
映画
『前橋ヴィジュアル系』
アニメ
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ
コクリコ坂から
舞台
『蒲田行進曲〜城崎非情編〜』
『Believer/ビリーバー』

風間 俊介(かざま しゅんすけ、1983年6月17日 - )は、日本俳優タレントジャニーズJr.

東京都出身。ジャニーズ事務所所属。

経歴[編集]

  • 少年時代にジャニーズ事務所のオーディションを受け、芸能界入り。以降、同事務所に所属している。
  • 1999年TBSテレビドラマ3年B組金八先生 第5シリーズ』に出演、兼末健次郎役を演じ、日刊スポーツドラマ・グランプリ新人賞受賞。 
  • 2011年、『それでも、生きてゆく』で、ザテレビジョン第70回ドラマアカデミー賞・助演男優賞と第66回日本放送映画藝術大賞・優秀助演男優賞を受賞。
  • 2013年5月上旬に一般女性と結婚、同年7月に所属事務所を通じて発表した[1][2]

人物[編集]

  • 学歴は東京都立小岩高等学校卒業亜細亜大学経済学部除籍[3]
  • 入所した当時は先輩の後ろで踊っていることが多かったが、俳優の仕事が増え、コンサートに徐々に参加しなくなった[4]。このことに関連して、映画『前橋ヴィジュアル系』に出演した際のインタビューで「歌を歌うのは6、7年ぶり。ジャニーズ事務所にあるまじきこと」と語っている[5]
  • 趣味は読書など一人で物事に没頭することで、漫画喫茶に行ったり、休みの日は家にこもってゲームをしていることも多い[6]
  • ディズニーランド好きで、毎年年間パスポートを購入している。ディズニーランドに詳しいためナビゲーター役をこなすこともあり、共演した役者やその家族を案内することがある[7]
  • 舞台『蒲田行進曲〜城崎非情編』に出演した際には演出家のつかこうへいに何度怒られても折れなかったため、途中から「褒め殺し」による演技指導を受けた[4]
  • 中学生日記』出演中のインタビューで、「彼らは中学生を演じていない。だったら僕もあいつらの先生にならないと。そのために一生懸命」と語っている[8]
  • 作曲家の吉俣良と交流があり、年齢差はあるが兄弟のような関係である[4]
  • 同じ事務所の二宮和也とは生年月日が同じである[9]

出演[編集]

映画[編集]

劇場版アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 金とく「木のぬくもりを伝えます〜愛とめぐみの北陸・手仕事紀行〜」(2013年4月5日NHK中部7県ブロック) - ナビゲーター

テレビアニメ[編集]

舞台[編集]

ゲーム[編集]

ゲーム内アニメーションの声優として出演

ラジオ[編集]

  • ABC創立60周年記念ラジオ時代劇 元禄・堂島米市場螢舞〜平成に近松の幽霊が甦る (2011年12月30日、ABCラジオ
  • 風間俊介のジミメン・デラックス 2012(2012年1月2日、NHKラジオ第1

コンサート[編集]

CM[編集]

イベント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “風間俊介 5月上旬に一般女性と入籍”. デイリースポーツonline. (2013年7月13日). http://daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/07/13/0006156116.shtml 2013年7月18日閲覧。 
  2. ^ “風間俊介結婚 35歳一般女性と10年愛”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年7月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130714-1157054.html 2013年7月25日閲覧。 
  3. ^ スポニチ2004年4月24日発売
  4. ^ a b c 2011年4月20日放送『CONTACT CAFE C』(メーテレ)より[要高次出典]
  5. ^ “風間俊介 銀幕デビューで“久しぶり”に苦笑”. スポニチ Sponichi Annex. (2010年10月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/10/23/kiji/K20101023Z00001840.html 2012年2月28日閲覧。 
  6. ^ 2010年1月16日『日刊スポーツ saturdayジャニーズ』より
  7. ^ 2010年6月16日放送の『はなまるマーケット』より[要高次出典]
  8. ^ 2011年4月10日『中日新聞』より
  9. ^ “二宮とも共演! ギリギリ生活(?)だった風間俊介がいよいよブレイクか”. サイゾーウーマン. (2009年2月18日). http://www.cyzowoman.com/2009/02/post_327.html 2013年8月2日閲覧。 
  10. ^ シネマトゥデイ (2011年2月28日). “ジャニーズJr.の風間俊介ビジュアル系バンドのボーカルに挑戦!「ダンスのないパフォーマンスで魅せるって……」と困惑?”. 2013年6月12日閲覧。
  11. ^ 映画.com (2012年7月7日). “風間俊介「鈴木先生」で史上最悪の事件を起こすOBに”. 2013年6月12日閲覧。
  12. ^ マッハブイロク特別ドラマ
  13. ^ 一人二役
  14. ^ 読売新聞 (2013年5月13日). “風間俊介が研修医役「人救う役ありがたい」…フジ「救命病棟24時」”. 2013年6月12日閲覧。
  15. ^ マイナビニュース (2013年5月12日). “風間俊介]2年ぶり民放連ドラ「救命病棟24時」で研修医役”. 2013年6月12日閲覧。
  16. ^ 毎日新聞デジタル (2013年12月18日). “マッチング・ラブ:視聴者同士が恋愛マッチング 風間俊介と“運命の人”を探す”. 2013年12月18日閲覧。
  17. ^ スポニチ (2013年12月5日). “演技派・風間俊介“童貞”の三枚目役 フジ「僕のいた時間」出演”. 2013年12月6日閲覧。

外部リンク[編集]