安井謙太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やすい けんたろう
安井 謙太郎
生年月日 (1991-07-21) 1991年7月21日(28歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県[1]
身長 167 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ舞台
活動期間 2007年夏頃[2] -
活動内容 アイドル
事務所 ジャニーズ事務所
(2007年 - 2019年3月31日[3]
主な作品
テレビドラマ
49
SHARK〜2nd Season〜
映画
『ニート・ニート・ニート』
テンプレートを表示

安井 謙太郎(やすい けんたろう、1991年7月21日[1] - )は、日本タレント俳優。『7ORDER project』のメンバーの一員である。神奈川県出身[1]。愛称はやっすー、けんちゃん[4]

来歴[編集]

2007年7月の舞台『滝沢演舞城2007』を観に行ったとき、友達の母親の知り合いのダンサーへの挨拶についていったところ、ジャニーズ事務所関係者に紹介されたことをきっかけにジャニーズ事務所に入所する。オーディションでの入所では無かったが、気付けばジャニー喜多川社長に、練習や舞台の見学に呼ばれるようになった。そのため、安井本人は「2007年夏頃」に入所したと公言している。またそのときの心境としては、特にジャニーズに興味は無かったが、「めったにない機会だから、やってみようかな。」と思っていた、と語っている[5]

2016年、『ジャニーズ銀座2016』ホームページの更新により、真田佑馬森田美勇人萩谷慧悟らとともに、ユニット・Love-tuneとして公演を行うことが発表される[6]。結成を受けて、「グループを組めたことが嬉しい」と語った[7]。同年4月からは高橋優斗とともに『らじらー! サタデー』9時台のパーソナリティーを務める[8]

2018年11月23日公開の映画『ニート・ニート・ニート』で初主演[9]。同作で「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」人物賞を受賞した[10]

2018年11月30日、有料公式サイト「ジャニーズジュニア情報局」にて、2019年3月31日付でジャニーズ事務所を退所することが発表された[11]

2019年5月22日、『7ODER project』が始動。ジャニーズ時代に結成していたLove-tuneのメンバー、真田佑馬諸星翔希森田美勇人萩谷慧悟阿部顕嵐長妻怜央の6人と合流し、7人揃っての活動を再開[12]

人物[編集]

トークが得意なため、進行役としてトークを回すことが多い。そのため、Jr.時代には全体のリーダー的な存在で、Jr.が多数出演するイベントではメンバーをまとめながら司会・進行を担うことも多かった[13]

出演[編集]

ユニットでの出演はLove-tune#出演を参照。個人での出演のみ記載。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 劇ラヂ!ライブ2017「罪男と罰男」(2017年5月5日、NHKラジオ第1放送)[19]

舞台[編集]

コンサート[編集]

  • フレッシュジャニーズJr. IN 横浜アリーナ(2012年12月16日、横浜アリーナ
  • ガムシャラ J's Party!! Vol.1(2014年2月1日・2日、EXシアター六本木[29]
  • ガムシャラ J's Party!! Vol.2(2014年3月26日 - 28日、EXシアター六本木)
  • ガムシャラ J's Party!! Vol.3[MC](2014年4月16日、17日、EXシアター六本木)
  • ガムシャラSexy夏祭り!![MC](2014年7月30日 - 8月10日、EXシアター六本木)
  • ガムシャラ J's Party!! Vol.8(2015年2月19日 - 21日、EXシアター六本木)
  • ガムシャラ!サマーステーション[チーム覇](2015年7月23日 - 8月16日、EXシアター六本木)
  • Summer Paradise [風 is a Doll?](2015年8月2日 - 8月5日、東京ドームシティホール[30]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Love-tune”. ジャニーズJr.dex. フジテレビ (2018年1月13日). 2018年1月25日閲覧。
  2. ^ 「ジャニーズJr.51名超名鑑」『ザテレビジョン』2016年9月9日号、角川マガジンズ、 52頁。
  3. ^ ジャニーズJr.安井謙太郎、所属ユニット・Love-tune全員事務所退所&異例の発表理由に言及”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年12月1日). 2019年5月22日閲覧。
  4. ^ Myojo』特別編集「Johnnys' Jr. CALENDAR」2016.4→2017.3付録、「Johnnys' Jr. DATA BOOK」100頁より引用
  5. ^ 読売中高生新聞』内連載、「Jr.の小箱」2015年5月号より一部引用
  6. ^ ジャニーズ銀座2016”. シアタークリエ. 2016年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月26日閲覧。
  7. ^ 女性セブン』(小学館)2016年4月7日号、「ジャニーズJr.のザワつく7人が「ぶらり東京散歩」」195頁より一部引用
  8. ^ a b 「nhk_radirer」3月19日のつぶやきより
  9. ^ 安井謙太郎(ジャニーズJr.)映画初主演『ニート・ニート・ニート』の公開日が決定&コメント到着”. エンタメステーション. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2018年8月29日). 2018年9月6日閲覧。
  10. ^ ゆうばり映画祭2019長編グランプリは「されど青春の端くれ」、監督が入院中に構想”. 映画ナタリー. ナターシャ (2019年3月11日). 2019年8月13日閲覧。
  11. ^ ジャニーズJr.安井謙太郎、所属ユニット・Love-tune全員事務所退所&異例の発表理由に言及”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年12月1日). 2018年12月2日閲覧。
  12. ^ 安井謙太郎ら7人、新プロジェクト「7ORDER project」への意気込みを語る〈インタビュー〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年5月22日). 2019年5月22日閲覧。
  13. ^ a b “Jr.引っ張る安井謙太郎「精いっぱい」映画初主演”. nikkansports.com. (2017年7月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1849791.html 2017年7月4日閲覧。 
  14. ^ ジャニーズJr.安井謙太郎“イジられ放題”で共演者から嫉妬「謙ちゃんに持っていかれる」”. モデルプレス (2016年6月14日). 2016年6月15日閲覧。
  15. ^ 映画「ニート・ニート・ニート」公式サイト” (日本語). neet3.jp. 2018年9月6日閲覧。
  16. ^ ガムシャラ!”. テレビ朝日. 2016年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  17. ^ “田中聖弟らジャニーズJr.がアイスCM”. nikkansports.com. (2012年7月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120719-985868.html 2016年4月7日閲覧。 
  18. ^ 加藤知宏チーフプロデューサー (2017年6月24日). Hey! Say! JUMP・Sexy Zone・ジャニーズJr.…人気者が集まった『らじらー!サタデー』、プロデューサーから見たMCの姿. インタビュアー:佐々木なつみ. マイナビニュース.. https://news.mynavi.jp/article/20170624-radirer2/ 2018年2月25日閲覧。 
  19. ^ “高杉真宙、ジャニーズJr.安井謙太郎のラジオドラマ「劇ラヂ!ライブ」2017年が放送決定 (2/3ページ)”. zakzak. (2017年4月6日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170406/enn1704061500012-n2.htm 2017年4月8日閲覧。 
  20. ^ その他の出演者はこちら (PDF)”. 滝沢歌舞伎. 松竹 (2010年). 2010年3月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年7月4日閲覧。
  21. ^ 少年たち Jail in the Sky (JPEG)”. 松竹 (2012年9月). 2016年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月14日閲覧。
  22. ^ シアタークリエ『Live House ジャニーズ銀座』”. 東宝. 2013年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月15日閲覧。
  23. ^ 2013年 日生劇場9月公演 ANOTHER (PDF)”. 松竹. 2016年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月15日閲覧。
  24. ^ ジャニーズ銀座 2014”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2014年). 2014年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月2日閲覧。
  25. ^ Concert/Stage「ジャニーズ銀座2014」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2014年). 2014年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月2日閲覧。
  26. ^ 香取慎吾「ぜひとも僕の120%を」 Jrの真田、安井、萩谷と舞台『オーシャンズ11』”. NEWS LOUNGE (2014年6月9日). 2016年7月14日閲覧。
  27. ^ ジャニーズJr.がクリエ公演で初座長!”. Smartザテレビジョン (2015年4月26日). 2016年6月15日閲覧。
  28. ^ 三婆(さんばば)”. 松竹. 2016年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  29. ^ “ジャニーズJr.26人投げキスで1700人悩殺!”. スポーツ報知. (2014年2月3日). オリジナルの2014年3月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140315105317/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20140203-OHT1T00056.htm 2016年7月14日閲覧。 
  30. ^ Sexy Zone菊池風磨がソロ公演 「最高! 毎回泣きそうになりました」”. エンタメOVO. 共同通信社 (2015年8月5日). 2017年7月4日閲覧。