ホーンテッド・キャンパスシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
櫛木理宇 > ホーンテッド・キャンパスシリーズ
ホーンテッド・キャンパスシリーズ
ジャンル ホラー青春ミステリ
小説
著者 櫛木理宇
イラスト ヤマウチシズ
出版社 角川書店KADOKAWA
レーベル 角川ホラー文庫
巻数 既刊15巻(2019年3月現在)
その他 作者のデビュー作のシリーズ
漫画
原作・原案など 櫛木理宇(原作)
ヤマウチシズ(キャラクター原案)
作画 箸井地図
出版社 朝日新聞出版
掲載誌 Nemuki+
レーベル Nemuki+コミックス
発表期間 2014年[1] - 2016年
巻数 全3巻
漫画
原作・原案など 櫛木理宇(原作)
ヤマウチシズ(キャラクター原案)
作画 吉田宙丸
出版社 KADOKAWA
掲載誌 コミックウォーカー
レーベル 角川コミックス・エース
発表期間 2014年 - 2015年
巻数 全2巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画映画
ポータル 文学漫画

ホーンテッド・キャンパス』シリーズとは、KADOKAWAから刊行されている櫛木理宇小説である。既刊15巻(2019年3月現在)。

2016年、竹本聡志監督により第1作『ホーンテッド・キャンパス』が映画化された。

あらすじ[編集]

八神森司は幼い頃から霊が視える青年。高校時代の後輩で片想いの相手である灘こよみと親しくなるために雪越大学オカルト研究会に入るのだが、持ち込まれてくるのは様々な怪奇事象の解決の依頼。それらの事件をオカルト研究会の先輩方と解決する中、こよみとの仲も徐々に進展していく。

登場人物[編集]

オカルト研究会[編集]

八神森司(やがみ しんじ)
主人公。一浪して雪越大学に入学した学生。大学1回生( - 2巻)→大学2回生(3巻 - 8巻)→大学3回生(9巻 - )。
幼い頃から霊が視えるが特に何かできるわけではない。高校時代からの後輩である灘こよみに片想い中。
こよみの父の指導を受け、簿記2級も取得した。
灘こよみ(なだ こよみ)
ヒロイン。森司の高校時代からの後輩でショートヘアの美少女。大学1回生( - 2巻)→大学2回生(3巻 - 8巻)→大学3回生(9巻 - )。
霊に狙われやすい体質であり、幼なじみの麟太郎の配慮でオカルト研究会に入部している。
森司の事は信頼しており、8巻で村人たちから逃げる時などにその信頼が窺える。
黒沼麟太郎(くろぬま りんたろう)
オカルト研究会部長で、地元の名家・黒沼家の本家長男。大学4回生( - 2巻)→大学院生(3巻 - )。
小柄で眼鏡を掛けており、飄々とした性格。霊が視える力は全くないが、オカルト絡みの知識は専門家顔負けのものがあり、主にオカルト関係の知識の解説役。
名家の息子であるが、幼い頃に母が家を出て、父に数日間誘拐されたこともあるなど不幸な生い立ちも持つ。また、故郷の因習や生家に対して強い反感を抱いている。
黒沼泉水(くろぬま いずみ)
麟太郎の分家の従弟で、身長190cmの偉丈夫。大学3回生( - 2巻)→大学4回生(3巻 - 8巻)→大学院生(9巻 - )。
麟太郎を「本家」と呼び、彼のボディガードをしている。肉体労働系のバイトをしながら大学に通う苦学生でもある。
霊が視えるが、森司同様特に何かできるわけではない。
三田村藍(みたむら あい)
オカルト研究会副部長で、気のさっぱりした姉御肌の女性。大学3回生( - 2巻)→大学4回生(3巻 - 8巻)→社会人(9巻 - )。
オカルト研究会設立時には麟太郎たちに代わって手続きを取りまとめたり、社交性の高さのために彼女の知人から回ってくる依頼も多数あったりと、オカルト研究会の陰の功労者と言える。
9巻から叔父が経営する事務所に就職するも、時々オカルト研究会にやってくる。
鈴木瑠依(すずき るい)
オカルト研究会の新入部員で、森司と同い年の青年。大学1回生(9巻 - )。
幼い頃は父親に虐待され、学校でいじめられていたことから引きこもりになっていたがある霊との出会いで生きる気力を取り戻し、バイトをしながら大学受験を果たす。
最初はオカルト研究会に戸惑っていたが、徐々に馴染んでいく。

準レギュラー[編集]

小山内陣(おさない じん)
こよみの元同級生で、歯学部に通うイケメンの青年。大学1回生( - 2巻)→大学2回生(3巻 - 8巻)→大学3回生(9巻 - )。
こよみに片想いしているが本人にうまく気持ちを伝えられない。森司にとっては恋のライバル的存在だが、いつの間にか気の合う悪友のように(自分たちを棚に上げて)こよみ目当ての新入生にむくれるという間柄にもなる。
実家は地元の歯科医院。
板垣果那(いたがき かな)
森司の元同級生で、現在は1学年上。大学3回生(5巻 - 8巻)→大学4回生(9巻 - )
恋愛に不得手な森司にアドバイスをすることも多い。
矢田(やだ)
雪越大学の非常勤講師。ツーリングと名所巡り、学生の家でただで泊まることを趣味とする。
明るい性格のためか大学関係者関係に顔が広く、時折オカルト研究会を助ける事も。
片貝璃子(かたがい りこ)
雪越大学の学生。幽霊が出る物件で親友の結花とルームシェアしている。森司を気に入っている様子。
五十嵐結花(いがらし ゆか)
雪越大学の学生で璃子の親友。璃子と共にオカ研の合宿等に参加した。泉水を気に入っている描写がある。

依頼人たち[編集]

人外の者[編集]

絹江
こよみの大叔母で、かつてムカサリ絵馬に勝手に姿を描かれたために不幸な人生を歩んだ女性。
死後は守護霊としてこよみを守っている。

既刊リスト[編集]

漫画[編集]

ラジオドラマ[編集]

オトバンクのwebサイト「新刊JP」内の「新刊ラジオ」にて2014年1月28日に配信[2]

キャスト

映画[編集]

ホーンテッド・キャンパス
監督 竹本聡志
脚本 徳尾浩司
原作 櫛木理宇
製作 田中総一郎、横澤良雄、高橋敏弘
出演者 中山優馬
島崎遥香
音楽 濱田貴司
主題歌 「Feeling Me Softly」中山優馬
撮影 青木一弘
編集 渋谷陽一
製作会社 メディアプルポ関西テレビ放送松竹(制作プロダクション:メディアプルポ、企画協力:KADOKAWA
配給 松竹
公開 日本の旗 2016年7月2日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3300万円[3]
テンプレートを表示

第1作『ホーンテッド・キャンパス』の映画化で、2016年7月2日に公開された。竹本聡志監督、中山優馬主演。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:竹本聡志
  • 原作:櫛木理宇
  • 脚本:徳尾浩司
  • 音楽:濱田貴司
  • 主題歌:「Feeling Me Softly」中山優馬
  • 撮影:青木一弘
  • 照明:田村廣人
  • 録音:田中靖志
  • 美術:津留啓亮
  • 編集:渋谷陽一
  • 音響効果:大塚智子
  • VFXプロデューサー:小坂一順
  • 衣装:星野和美
  • ヘアメイク:小出みさ
  • 助監督:大畑拓也
  • 制作担当:牧野内知行
  • 特殊造型:土肥良成
  • 特殊メイク:岡野正広、池田真希
  • スタント:SEALS
  • ロケ協力:埼玉工業大学帝京大学宇都宮キャンパス ほか
  • 製作者:田中総一郎、横澤良雄、高橋敏弘
  • エグゼクティブプロデューサー:貝津幸典、重松圭一
  • プロデューサー:神山明子、中畠義之、宮内貴子
  • アソシエイトプロデューサー:野田利昌

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Nemuki+、「闇の守り人」など人気小説4作を続々マンガ化”. コミックナタリー (2014年4月13日). 2017年3月12日閲覧。
  2. ^ 新刊ラジオ第1690回 「ホーンテッド・キャンパス (角川ホラー文庫)」”. 新刊JP 新刊ラジオ (2014年1月28日). 2018年10月6日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報』2017年3月下旬映画業界決算特別号 66頁

外部リンク[編集]