ジャニーズJr.解散グループ (2000年以降)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Noon boyzから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャニーズ事務所 > ジャニーズJr.解散グループ (2000年以降)

ジャニーズJr.解散グループ(ジャニーズジュニアかいさんグループ)では、過去に芸能事務所ジャニーズ事務所に所属するジャニーズJr.内に存在したグループを取り挙げる。

グループ結成順。メンバーの所属状況は活動当時のものとする。

B.B.D.[編集]

2000年5月に7名で結成。その後、次々とメンバーが追加されたが、やがて数名がM.A.D.へと異動した。グループ名は「Best Beat Dancing」や「Bad Boys Dancing」の略。[要出典]

結成メンバー
追加メンバー
追加されたが途中で脱退したメンバー

A.B.C.[編集]

2001年結成[1]。A.B.C-Zの前身。

V.WEST[編集]

2001年3月結成[2]

☆☆I★N★G★進行形[編集]

2001年3月結成。

K.K.Kity[編集]

旧グループ名「J-Support」。2001年10月結成。

Ya-Ya-yah[編集]

2001年冬結成[3]

Four Tops[編集]

2002年結成[4]。「4TOPS」[5]や「FOUR TOPS」[6][7]と表記されることもある。タッキー&翼のバックダンサーを務めるなど[8]、ユニットとして活動したものの、社長のジャニー喜多川からは「このメンツでデビューすることはない。お前らはそれぞれのところで頑張るからFOUR TOPSだ」と言われていたという[7]。2003年、NEWSの結成により解散となった[9]。活動終了後もファンの間では伝説として語り継がれるユニットだったが[10]、2018年、タッキー&翼が『ジャニーズカウントダウンライブ 2018-2019 平成ラストの夢物語!ジャニーズ年越し生放送』でラストステージを踏むことを受け、バックダンサーとして約16年振りに再結成されることが発表された[8]

メンバー[9][10]
出演
オリジナル曲
  • 波(作詞・作曲:田澤智昭) - JASRAC作品コード:106-3290-5[5]

田組[編集]

田んぼ組の前身。ジャニー喜多川の「宮田俊哉を中心としたユニットを作ろう」という提案により結成された[12]

メンバー
  • 俊哉[13]
  • [12]
  • 雄基
  • 和哉
  • 幸誠

Jr.BOYS[編集]

メンバー
出演
  • ジャニーズJr.の大冒険!'07 @メリディアン(2007年8月15日 - 24日、ホテルパシフィックメリディアン)[18]

嵐組[編集]

のコンサートでバックダンサーを勤めるジャニーズJr.[19]の総称。

関西BOYS[編集]

「関西BOY'S」と表記されることもある[20][21]

メンバー
時期不明
『duet』2004年6月号[22]
『Wink up』2006年3月号発売時[23]
  • 山碕薫太、濱田崇裕、中田大智、林真鳥
『POTATO』2006年9月号発売時[24]
  • 山碕薫太、濱田崇裕、中田大智、林真鳥、室龍太、伊藤政氏

BOYS[編集]

ユニット名は「ボクタチ オーサカ ヤンキー ショーネン」の略[25][26]。「B.O.Y.S」と表記されることもある[27][28]。関西Jr.内ユニット・B.A.D.と行動をともにする場合B.A.D.BOYSとして活動。山碕や室龍太はのちにVeteranのメンバーとして活動するようになり、濱田・中田の2人で「BOYS」としての活動を続けた。2011年3月に中田が音信不通となり、その後事務所を退所したため[29]、ユニットとしての活動がみられなくなる。

メンバー
過去のメンバー
出演
コンサート・舞台
  • ファーストWinterコンサート2006(2006年12月16日 - 25日、大阪松竹座)[25][26]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪城ホール FIRST CONCERT2007(2007年5月6日、大阪城ホール[34][35]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 2007(2007年8月6日 - 8月23日、大阪松竹座)[31]
  • JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA(2007年9月23日 - 9月24日、横浜アリーナ)[36]
  • 関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭(2007年12月24日 - 25日、大阪松竹座)[37][38]
  • 関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール(2008年1月3日、大阪城ホール)[39]
  • DREAM BOYS(2008年4月4日 - 16日、梅田芸術劇場メインホール)[40]
  • 関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏(2008年8月19日 - 8月28日、大阪松竹座)[41]
  • バッテリー・ごくせん大阪凱旋コンサート(2008年9月1日 - 2日、梅田芸術劇場)中田・濱田でMC[42]
  • 関西Jr.ユニットコンサート in 大阪松竹座2008〔室3兄弟との合同公演〕(2008年12月7日 - 9日、大阪松竹座)中田・濱田[33][43]
  • 内博貴 年末年始 Rockな仲間たち大集合!(2008年12月19日 - 21日、横浜アリーナ / 2009年1月2日 - 4日、大阪城ホール)中田・濱田[44][45]
  • 関西ジャニーズJr.'08 Merry X'mas Concert(2008年12月23日 - 26日、梅田芸術劇場)中田・濱田[46]
  • 関西ジャニーズJr. UME(ユメ)コン2009(2009年6月18日 - 20日、梅田芸術劇場)[47]
  • Tough Weeds 光の射すほうへ…AND SHOW TIME(2009年8月2日 - 27日、大阪松竹座)[48][49]
  • 関西ジャニーズJr. Xマスやで! 全員集合! @大阪松竹座 '09(2009年12月15日 - 20日、大阪松竹座)[50]
  • 少年たち 〜格子なき牢獄〜(2010年8月3日 - 28日、大阪松竹座)[30]
  • 関西ジャニーズJr. X'Masコンサート2010(2010年12月4日 - 12月25日、大阪松竹座)[51]
ラジオ
オリジナル曲
  • 夢色クロニクル(作詞:MADOKA、作曲:白井裕紀)[53] - JASRAC作品コード:144-5492-1
  • LOVE OR GUILTY(作詞・作曲:宮崎歩) - JASRAC作品コード:134-1055-5

B.A.D.BOYS[編集]

関西Jr.内ユニット・B.A.D.BOYSが共に活動する際に使用されたユニット名。「BAD BOYS」と表記されることもある[54]

メンバー[54]

mint[編集]

メンバー

J.J.Express[編集]

2004年結成。2007年11月、Hey! Say! JUMP結成に伴い、消滅。

Kis-My-Ft.[編集]

2004年4月結成[56]2005年[注釈 1]A.B.C.Jr.と合体し、Kis-My-Ft2が結成された[59]ことにより消滅。

Question?[編集]

2004年結成[60]

田んぼ組[編集]

メンバー

A.B.C.Jr.[編集]

2005年夏[注釈 1]Kis-My-Ft.と合体し、Kis-My-Ft2が結成された[59]ことにより消滅。

メンバー[58]

small but BIG 4[編集]

2006年1月の舞台『DREAM BOYS』でスペシャリスト集団として登場[61]。ユニット名には「小さいけれど偉大な4人」という意味が込められており[62]、特化した能力をもつメンバーが集められている[61]

メンバー[注釈 2]
出演

TOPS[編集]

メンバー
出演
  • ジャニーズJr.の大冒険!(2006年8月15日 - 25日、ホテル・グランパシフィック・メリディアン パレ・ロワイヤル)[64]

Veteran[編集]

当初は「通称・チームべてらん」や「通称“ベテラン”」という名前で浜中・室龍規・伊藤・菊岡の4人で活動していたが、2008年12月の大阪松竹座のコンサートで山碕が加入[33](雑誌『POTATO』2009年2月号[65]や『Wink up』2009年3月号[66]では山碕が入って5人での初撮影の様子が綴られている)。その後室龍太も加入し、6人で活動[67]。その後、伊藤が抜けて5人となり、2012年に室龍規がジャニーズ事務所を退所[68]してからは4人で活動した。

メンバー
過去のメンバー
出演
舞台・コンサート
  • ファーストWinterコンサート2006(2006年12月16日 - 25日、大阪松竹座)伊藤・浜中・室龍規・菊岡[注釈 3]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 2007(2007年8月6日 - 8月23日、大阪松竹座)通称・チームべてらんとして(伊藤・浜中・室龍規・菊岡)[31]
  • 関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭(2007年12月24日 - 25日、大阪松竹座)伊藤・浜中・室龍規・菊岡[69]
  • 関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール(2008年1月3日、大阪城ホール)伊藤・浜中・室龍規・菊岡[39]
  • 関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏(2008年8月19日 - 8月28日、大阪松竹座)通称“ベテラン”として(伊藤・浜中・室龍規・菊岡)[70]
  • 関西Jr.ユニットコンサート in 大阪松竹座2008〔Little Gangsとの合同公演〕(2008年12月10日 - 11日、大阪松竹座)伊藤・浜中・室龍規・菊岡・山碕[33][43][71]
  • 関西ジャニーズJr.'08 Merry X'mas Concert(2008年12月23日 - 26日、梅田芸術劇場)[46]
  • Tough Weeds 光の射すほうへ…AND SHOW TIME(2009年8月2日 - 27日、大阪松竹座)伊藤・浜中・室龍規・菊岡・室龍太・山﨑[48][49]
  • 関西ジャニーズJr. UME(ユメ)コン2009(2009年6月18日 - 20日、梅田芸術劇場)[47]
  • 関西ジャニーズJr. Xマスやで! 全員集合! @大阪松竹座 '09(2009年12月1日 - 7日、大阪松竹座)[50]
  • 少年たち 格子無き牢獄(2010年8月3日 - 28日、大阪松竹座)伊藤・浜中・室龍規・菊岡・室龍太・山﨑[30][67]
  • 関西ジャニーズJr. X'Masコンサート2010(2010年12月4日 - 12月25日、大阪松竹座)[51]
  • 少年たち 格子無き牢獄 & SHOW TIME!(2011年8月3日 - 27日、大阪松竹座)濵田崇裕with Veteranとして(浜中・室龍規・菊岡・室龍太・山﨑)[72]
  • 関西ジャニーズJr. X'Masコンサート2011 B.A.D. / 濵田崇裕with Veteranコンサート(2011年12月5日 - 25日、大阪松竹座)濵田崇裕with Veteranとして[73][74]
  • 少年たち 格子無き牢獄& SHOW TIME!(2012年8月4日 - 27日、大阪松竹座)濵田崇裕 with Veteranとして[75]
  • ANOTHER(2013年8月3日 - 27日、大阪松竹座)濵田崇裕 with Veteranとして[76]
  • 関西ジャニーズJr. X’masコンサート2013(2013年12月1日 - 12月25日、大阪松竹座)[77]
ラジオ

Kitty[編集]

2006年7月に初お披露目。

OSSaN[編集]

2006年8月結成[78]。関西ジャニーズJr.内ユニット。2006年夏の大阪松竹座公演『関ジャニ∞エイト サマースペシャル 2006"Another's "ANOTHER"』の楽屋で突如ユニット結成がメンバーに知らされ、その日のうちにステージで関ジャニ∞のメンバーによってファンに発表された[78]。結成時のメンバーは大田(O)・千崎(S)・佐竹(S)・長尾(N)の4人であり、ユニット名はOSSN(読み:オッサン)[注釈 4]。その後9月からの関ジャニ∞のツアーにも同行し、雑誌『POTATO』では2006年11月号に初登場している[78]

2007年12月の『関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭』では4人と一緒に関西ジャニーズJr.の足立匡がパフォーマンスを披露[38]。そして2008年8月の大阪松竹座公演『関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏』を控えてのインタビューでは大田・千崎・佐竹の3人で出演する意気込みを語っていたが[80]、実際の公演には足立が正式にメンバーとして参加し、4人で新生OSSaNが始動した[70]。しかし翌月に開催された『バッテリー・ごくせん大阪凱旋コンサート』では足立の姿は無くなり[42]、雑誌のグラビアも大田・千崎・佐竹の3人のままで掲載されていた[81][82]

メンバー
過去のメンバー
オリジナル曲
  • maze(2007年、作詞:白井裕紀、作曲:加藤裕介) - JASRAC作品コード:144-5469-6。「関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 2007」本番2週間前にもらった初のオリジナル曲[84]
出演
コンサート・舞台
  • 関ジャニ∞エイト サマースペシャル 2006"Another's "ANOTHER"(2006年8月3日 - 27日、大阪松竹座)大田・千崎・佐竹・長尾[78]
  • ファーストWinterコンサート2006(2006年12月16日 - 25日、大阪松竹座)大田・千崎・佐竹・長尾[25][26]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪城ホール FIRST CONCERT2007(2007年5月6日、大阪城ホール[34]大田・千崎・佐竹・長尾[35]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 2007(2007年8月6日 - 8月23日、大阪松竹座)大田・千崎・佐竹・長尾[31][84]
  • JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA(2007年9月23日 - 9月24日、横浜アリーナ)[36]
  • 関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭(2007年12月24日 - 25日、大阪松竹座)[85]大田・千崎・佐竹・長尾+足立(関西ジャニーズJr.として)[38]
  • 関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール(2008年1月3日、大阪城ホール)[39]
  • 関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏(2008年8月19日 - 8月28日、大阪松竹座)大田・千崎・佐竹・足立[70]
  • バッテリー・ごくせん大阪凱旋コンサート(2008年9月1日 - 2日、梅田芸術劇場)大田・千崎・佐竹+林真鳥(キーボード)[42]
ラジオ
バラエティ

Tap Kids[編集]

2006年8月15日から25日に行われたジャニーズJr.のコンサート「ジャニーズJr.の大冒険!」のために結成されたユニット[86]タップダンスを得意とし、2006年の『滝沢演舞城』などにも出演したメンバーを集めて作られた[87]。雑誌『POTATO』では2006年9月号で中島裕翔、神田憲征、森本龍太郎の3人組として初登場しており、当初ユニット名は全て大文字で「TAP KIDS」だった[86]。リーダーは中島[63]

メンバー
結成時(TAP KIDS)[86]
『duet』2007年4月号発売時(Tap Kids)[89]
出演
コンサート
バラエティ

Kitty Jr.[編集]

雑誌『POTATO』で2006年9月号で5人組として初登場している[87]。当初ユニット名は「kitty Jr.」で“K”は小文字だった[91]

メンバー
結成時[91]
『duet』2007年4月号発売時(Kitty Jr.)[89]
出演
コンサート
バラエティ

TOP Kids[編集]

2006年11月結成[92]。結成時のメンバーは中山優馬、バッケス健人、神山智洋の3人で、当初は「TOP3」というユニット名で『ファーストWinterコンサート2006』への出演が予定されていたが[93]、結局出演時には「TOP Kids」とユニット名が変更された[25][26]。雑誌『POTATO』では2007年3月号で初登場[94]。のちにバッケスが脱退し、藤井流星が加入。2007年5月6日の『関西ジャニーズJr. 大阪城ホール FIRST CONCERT2007』には中山・神山・藤井の3人で出演している[35]

メンバー
過去のメンバー
  • バッケス健人[26]
出演
  • ファーストWinterコンサート2006(2006年12月16日 - 25日、大阪松竹座)中山・バッケス・神山[25][26]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪城ホール FIRST CONCERT2007(2007年5月6日、大阪城ホール[34][35]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 2007(2007年8月6日 - 8月23日、大阪松竹座)[31]
  • JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA(2007年9月23日 - 9月24日、横浜アリーナ)[36]
  • 関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭(2007年12月24日 - 25日、大阪松竹座)[38][98]
  • 関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール(2008年1月3日、大阪城ホール)[99]

Little Gangs[編集]

関西ジャニーズJr.内のユニット。

メンバー
2006年12月時点(13人編成[25][26]
  • 林真鳥 楠本幸登 上村雅哉 藤原丈一郎 福野麗生馬 掛川悠哉 新矢悠貴 山下颯 横山京平 山口健太 餅田貴大 小野美勇士 吉田涼也
2007年5月時点(14人編成)[100]
  • 林真鳥、小野美勇士、山下颯、掛川悠哉、バッケス健人、楠本幸登、藤原丈一郎、石田英剛、新矢悠貴、横山京平、吉田涼也、福野麗生馬、山口健太、上村雅哉
2008年10月時点(9人編成)[101]
  • 楠本幸登、フューガルショーン悟空、バッケス健人、竜田昴征、山下颯、古謝那伊留、岡崎拓弥、向井康二、藤原丈一郎
出演
  • ファーストWinterコンサート2006(2006年12月16日 - 25日、大阪松竹座)[25][26]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪城ホール FIRST CONCERT2007(2007年5月6日、大阪城ホール)[35]
  • 関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏(2008年8月19日 - 8月28日、大阪松竹座)[70]
  • 関西Jr.ユニットコンサート in 大阪松竹座2008〔Veteranとの合同公演〕(2008年12月10日 - 11日、大阪松竹座)楠本・フューガルショーン・バッケス・竜田・山下・古謝・岡崎・向井・藤原[33][71]
  • 関西ジャニーズJr.'08 Merry X'mas Concert(2008年12月23日 - 26日、梅田芸術劇場)[46]
  • 関西ジャニーズJr. UME(ユメ)コン2009(2009年6月18日 - 20日、梅田芸術劇場)[47]
  • Tough Weeds 光の射すほうへ…AND SHOW TIME(2009年8月2日 - 27日、大阪松竹座)[49]
  • 少年たち 〜格子なき牢獄〜(2010年8月3日 - 28日、大阪松竹座)藤原・岡崎・竜田・中田・今江[30]
  • 少年たち 格子無き牢獄& SHOW TIME!(2012年8月4日 - 27日、大阪松竹座)[75]
  • ANOTHER(2013年8月3日 - 27日、大阪松竹座)[76]

ムエタイ向井ブラザーズ[編集]

2006年冬頃結成。関西ジャニーズJr.内の兄弟ユニット。2009年頃に自然消滅。

メンバー
出演
  • ファーストWinterコンサート2006(2006年12月16日 - 25日、大阪松竹座)[25][26]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪城ホール FIRST CONCERT2007(2007年5月6日、大阪城ホール)[35]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 2007(2007年8月6日 - 8月23日、大阪松竹座)[31]
  • 関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭(2007年12月24日 - 25日、大阪松竹座)[85]
  • 関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏(2008年8月19日 - 8月28日、大阪松竹座)[70]

7 WEST[編集]

Hey! Say! 7 WEST」として結成され、2007年9月にお披露目された[102]。のちに「7 WEST」に改称。2014年4月に重岡大毅、神山智洋、藤井流星、小瀧望のメンバー4人が、ジャニーズWESTとしてデビューしたため、消滅。

舞闘冠[編集]

2007年[103]NHK BSプレミアムザ少年倶楽部』内にて滝沢秀明プロジェクトで結成されたユニット。タッキー&翼がゲスト出演した10月14日放送分の収録後に滝沢秀明と屋良朝幸が会見を行い、屋良を中心とするダンスユニットの結成が発表された(この時点で他のメンバーは発表されず、後日発表)[104]。『ザ少年倶楽部』でのパフォーマンスが中心。

メンバー
オリジナル曲
2007年
  • Now and forever(作詞:白井裕紀・新美香、作曲:ha-j)- JASRAC作品コード:147-7200-1
2008年
  • C=Normal(作詞:TAKESHI、作曲:Erik Lewander / Douglas Carr / Jones) - JASRAC作品コード:0Y6-4246-0
  • Sweet Butterfly(作詞:大上豪、作曲:Davor Vulama / Moneca Delain、編曲:大西省吾) - JASRAC作品コード:0Y6-4260-5
  • Grateful World(作詞・作曲:葉山拓亮) - JASRAC作品コード:153-0583-0
2009年
  • 雪の降る日(曲:葉山拓亮、ラップ詞:塚田僚一) - JASRAC作品コード:157-5102-3
  • G To The Heaven('09 金鳥コンバットCMソング)(作曲・編曲:横山克
CM

室3兄弟[編集]

関西ジャニーズJr.内の兄弟ユニット。2007年12月の関西ジャニーズJr.大阪松竹座公演で三男の室将也を含めて初お披露目された[105]。雑誌『Wink up』では2008年3月号でグラビア初登場[106]。「室三兄弟」と表記されることもある[47]

メンバー
出演
  • 関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭(2007年12月24日 - 25日、大阪松竹座)[85][105]
  • 関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏(2008年8月19日 - 8月28日、大阪松竹座)[70]
  • バッテリー・ごくせん大阪凱旋コンサート(2008年9月1日 - 2日、梅田芸術劇場)[42]
  • 関西Jr.ユニットコンサート in 大阪松竹座2008〔BOYSとの合同公演〕(2008年12月7日 - 9日、大阪松竹座)[33]
  • 関西ジャニーズJr.'08 Merry X'mas Concert(2008年12月23日 - 26日、梅田芸術劇場)[46]
  • 関西ジャニーズJr. UME(ユメ)コン2009(2009年6月18日 - 20日、梅田芸術劇場)[47]

TOP3[編集]

メンバー
出演

中山優馬 w/7 WEST[編集]

2008年8月、『関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏』にて「Hey! Say! 7 WEST w/優馬」として結成[70]。「Hey! Say! 7 WEST」が「7 WEST」へ改称したため、本ユニット名も「中山優馬 w/7 WEST」に変わった。

B.I.Shadow[編集]

2008年10月期のテレビドラマ『スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜』の出演者(中島・髙畑・菊池)の3人で結成[108][109]。雑誌『POTATO』では2008年11月号で初登場している[109]。2009年6月4日に中山優馬 w/B.I.Shadowの結成が発表され[110]、同年7月15日にシングル『悪魔な恋/NYC』でCDデビューを果たした[111]。メンバーは雑誌『duet』2009年7月号(2009年6月6日発売)では中島・菊池・松村北斗の3人組に[112]、中山優馬 w/B.I.Shadow結成時および『duet』2009年8月号(2009年7月7日発売)では髙地優吾が加入し4人組となっている[113]。2011年秋に、Sexy Zoneのデビューに伴い自然消滅。

メンバー
元メンバー
出演

Hip Hop JUMP[編集]

結成時のメンバーは田中・森田・萩谷・カミュー・ジェシーの5人で、初めての出番は2008年10月・11月に行われたA.B.C-ZKis-My-Ft2ファーストコンサートだった[115]。雑誌『Wink up』では2009年2月号でHip Hop Jumpのグループ名で初登場[115]。雑誌『duet』では2009年7月号は同5人で掲載されているが[116]、2009年8月号ではメンバーはカミューを除く4人とされている[117]

メンバー
元メンバー
出演
  • ジャニーズJr.夏休み全員集合1日4公演!!(2009年8月18日、東京国際フォーラムホールA)[118]

They武道[編集]

2008年11月11日結成[119]宇宙Six結成に伴い消滅。

Mis Snow Man[編集]

2009年1月結成[120]Snow Mannoon boyzの前身。

森本慎太郎withスノープリンス合唱団[編集]

2009年6月7日、「森本慎太郎w/スノープリンス合唱団」として初お披露目される[121]スノープリンスの前身ユニット。

メンバー
出演
  • フォーラム新記録!!ジャニーズJr.〔1日4公演やるぞ!〕コンサート(2009年6月7日、東京国際フォーラム) - 「森本慎太郎w/スノープリンス合唱団」として[121]
  • ジャニーズJr.夏休み全員集合1日4公演!!(2009年8月18日、東京国際フォーラムホールA)[118]

Big Gangs[編集]

2009年6月頃結成。関西ジャニーズJr.内ユニット。Gang-Starの前身ユニット。[要出典]

メンバー
出演
  • 関西ジャニーズJr. UME(ユメ)コン2009(2009年6月18日 - 20日、梅田芸術劇場)[47]

Shadow WEST[編集]

関西ジャニーズJr.内ユニット。雑誌『POTATO』では2009年10月号に初登場[122][123]。結成当初のメンバーは向井康二金内柊真、北田和也の3人[123]

メンバー
出演

京男[編集]

関西ジャニーズJr.内ユニット。「Gangs」というユニット名で千崎涼太、渡邉黎哉、平野勇気の3人で結成され、雑誌『POTATO』では2009年10月号に初登場[125]。翌月のグラビアでは「京男」に改名された[126][注釈 5]

メンバー
  • 千崎涼太
  • 渡邉黎哉
  • 平野勇気
  • 室将也
  • 仁田直人
出演

スノープリンス合唱団[編集]

2009年結成。

B.B.V.[編集]

関西Jr.内ユニット・B.A.D.BOYSVeteranの3組が共に活動する際に使用されたユニット名[51]

メンバー

少年邦楽専科[編集]

読み:しょうねんほうがくせんか[129]。舞台『滝沢歌舞伎 -TAKIZAWA KABUKI-』への出演のために結成されたユニット。

メンバー
出演

S.A.D.[編集]

2010年7月にミュージカル『PLAYZONE 2010 〜ROAD TO PLAYZONE〜』への出演のために結成されたユニット[130]JR.ATravis Japanの前身ユニット。

メンバー

"MAD"[編集]

2011年春結成。

JR.A[編集]

2011年7月結成。ミュージカル『PLAYZONE'11 SONG & DANC'N.』への出演のために結成されたユニット。S.A.D.の後継・Travis Japanの前身ユニット。

メンバー
出演

noon boyz[編集]

2011年10月結成[132]。16代目いいとも青年隊。

メンバー
出演
テレビ番組
コンサート・舞台
  • ジャニーズ銀座 Youの前にはMeがいる!〔A.B.C-Z with noon boyz〕(2012年5月11日 - 13日、シアタークリエ[134]
  • Live House ジャニーズ銀座〔noon boyz+ジャニーズJr,〈Part1〉〕(2013年4月29日、30日、5月11日、5月25日、シアタークリエ)[135][136]
  • 銀河英雄伝説 第四章 後篇 激突(2014年2月12日 ‐ 3月2日、青山劇場)[137]
CM

Aぇ少年[編集]

2011年結成。関西ジャニーズJr.内ユニット。

メンバー
出演

Kin Kan[編集]

2012年夏結成。関西ジャニーズJr.内ユニット。「King of Kansai(関西)」の略。

なにわ皇子[編集]

2012年8月に初お披露目[139]。関西ジャニーズJr.内ユニット。当初は「Naniwa Oji」→「ナニワ皇子」を名乗り、最終的に「なにわ皇子」となった。

Sexy Family[編集]

当初はSexy Zone、Sexy Boyz、Sexy 松(Show)、Sexy Girls(=ファン)で構成される[140]と発表されたが、2015年3月11日に発売されたSexy Zoneのアルバム『Sexy Power3』では、Sexy Zone・Sexy Boyz・Sexy 松(Show)に加え、ジャニーズJr.の永瀬廉平野紫耀髙橋海人ジェシー、増田良、半澤暁が「Sexy Family」としてクレジットされている[141]

Sexy Boyz[編集]

以前からジャニーズJr.内のユニットとして存在しており[142]、2013年の「Live House ジャニーズ銀座」などに出演していたが[136]、2014年5月5日、Sexy Zoneコンサートの横浜アリーナ公演で、Sexy 松(Show)とともにSexy Zoneの弟分として結成(再編成)が発表された[140][142]。2015年6月、岩橋と神宮寺がMr.King vs Mr.Princeのメンバーに選ばれ[143]、マリウスも2015年12月16日発売の10thシングル『カラフル Eyes』からSexy Zoneに再び参加したため[144]、事実上消滅。

メンバー
2012年
2013年
2014年5月5日(再編成時)
出演
  • Live House ジャニーズ銀座(2013年5月1日 - 2日・8日 - 9日・15日 - 16日・29日 - 30日、シアタークリエ)[136]
  • 『リアルスコープハイパー』スペシャルイベント Sexy Zone 佐藤勝利 with ジャニーズJr. In お台場合衆国2013(2013年8月21日、合衆国Open Summer スタジアム) - 岩橋・神宮寺・岸・宮近[146]
  • ガムシャラSexy夏祭り!!(2014年7月30日 - 8月10日、EXシアター六本木[147]

Sexy 松(Show)[編集]

2014年5月5日、「Sexy Boyz」と同じくSexy Zoneの弟分として結成が発表された[140][142]。松島が2015年12月16日発売の10thシングル『カラフル Eyes』からSexy Zoneへ再び参加し[144]、実質消滅状態。

メンバー
出演
  • ガムシャラSexy夏祭り!!(2014年7月30日 - 8月10日、EXシアター六本木[147]
  • ガムシャラ J's Party!! Vol.7(2015年1月25日・26日、EXシアター六本木)[148]

楽曲[編集]

Sexy Family
Sexy Boyz
  • 雨だって(作詞:伊橋成哉、作曲:Fredrik Samsson・伊橋成哉) - JASRAC作品コード:1D7-9400-4
  • Don't Stop Sexy Boyz!(作詞:Jinny、作曲:Andreas Carlsson, Samuel Waermo) - JASRAC作品コード:1D9-5920-8
Sexy Boyz/Sexy 松(Show)

Gang-Star[編集]

関西ジャニーズJr.のダンスユニット。略称は「ギャンスタ」。2014年頃自然消滅[要出典]

メンバー
出演
  • ANOTHER(2013年8月3日 - 27日、大阪松竹座)[76]

Love-tune[編集]

読みはラブトゥーン。2016年3月結成。2018年11月30日、事務所ホームページでメンバー全員の事務所の退所が発表された[150]

Noisy Guys[編集]

Noisy Guys(ノイジーガイズ) 雑誌『duet』、『POTATO』、『Wink Up』の2016年7月号(6月7日発売)でメンバー初公表。

メンバー
  • 髙橋優斗
  • 五十嵐玲央
  • 藤井直樹
  • 浮所飛貴
  • 佐々木大光

Classmate J[編集]

2016年、『ジャニーズ銀座』に合わせて結成。

天才Genius[編集]

Johnny's5[編集]

2016年の舞台『DREAM BOYS』で結成された公演期間限定ユニット。舞台中では「ジェットボーイズ」[151]

メンバー

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 雑誌『duet』では2005年8月号まで「Kis-My-Ft.」[57]と「A.B.C.Jr」[58]で分かれて載っており、2005年9月号で「Kis-My-Ft2」としてグラビア初登場している[59]
  2. ^ 雑誌『Wink up』2006年3月号ではメンバーは中島裕翔、後藤泰観、ジョーイ ティ冨田真央と表記されている[62]
  3. ^ ユニット名表記は無いが、4人共出演している[26]
  4. ^ WEB上の目次では「OSSaN本誌初登場!」と、最初から「a」が入ったユニット名で紹介されているが[79]、実際の雑誌では「OSSN」と表記されている[78]
  5. ^ 雑誌『Wink up』では2009年11月号[127]から2010年1月号まで「京男3人組」というユニット名で扱われ、2010年2月号のみ「京男」として扱われている[128]
  6. ^ JASRACによれば舞台『JOHNNYS' World -ジャニーズ・ワールド-』と「Sexy Zone」名義曲だが、アルバム『Sexy Power3』では「Sexy Family」が歌っている。
  7. ^ a b JASRACによれば「Sexy Zone」名義曲だが、アルバム『Sexy Power3』では「Sexy Boyz」と「Sexy 松」が歌っている。

出典[編集]

  1. ^ “「A.B.CZ」が日生公演!ジャニー愛で初座長”. スポーツ報知. (2011年11月7日). オリジナル2011年11月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111123015231/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20111107-OHT1T00031.htm 2018年7月1日閲覧。 
  2. ^ “第6回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 内博貴「関西」初、目標はSMAP”. nikkansports.com. (2003年). http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/drama_gp/2002/dgp-0501shinjin.html 2018年4月20日閲覧。 
  3. ^ 高城龍二 (2015年11月17日). “【ジャニーズ深堀】幻のグループ「Ya-Ya-yah」 Hey!Say!JUMP登場で複雑なファン心理と、メンバーの今”. T-SITEニュース. 2015年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月28日閲覧。
  4. ^ 木下詩織 (2017年7月21日). “山P×生田斗真や、櫻井翔×今井翼の組み合わせも!? ジャニーズの意外なユニットを振り返る”. dmenuTV. NTTドコモ. 2018年8月11日閲覧。
  5. ^ a b 作品詳細表示”. 作品データベース検索サービス. JASRAC. 2018年4月20日閲覧。
  6. ^ TOKIOカケル 山下智久ジャニーズ年表…実は苦労人?懐かしの運動会&(秘)映像”. TVでた蔵 (2017年7月12日). 2018年4月20日閲覧。
  7. ^ a b 風間俊介、TOKIO 城島茂に怒られた過去がある?「山Pと一緒にリーダーをボコボコにした」”. Real Sound (2017年4月27日). 2018年4月20日閲覧。
  8. ^ a b c 山下智久ら“FOUR TOPS”が「ジャニーズカウントダウン」緊急参戦!タッキー&翼のバックダンサーに”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2018年12月13日). 2018年12月13日閲覧。
  9. ^ a b 山田美保子 (2017年10月4日). “要チェック、水戸黄門に長谷川純君が登場(ジャニ担!:129)”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASKB37QN4KB3UCVL032.html 2018年4月20日閲覧。 
  10. ^ a b “FOUR TOPS”生田斗真・山下智久・風間俊介・長谷川純「ジャニーズカウントダウン」緊急参戦 タッキー&翼のバックダンサーに”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年12月13日). 2018年12月13日閲覧。
  11. ^ 長谷川純のプロフィール、出演情報、スケジュール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年4月20日閲覧。
  12. ^ a b 藤ヶ谷太輔×千賀健永×横尾渉×宮田俊哉「僕らの帰る場所」、『Wink up』2016年4月号、ワニブックス2016年3月7日、 37頁。
  13. ^ a b “キスマイ宮田、デビュー前の「田組」時代振り返る 中居もあ然「田組って…」”. デイリースポーツオンライン. (2017年6月13日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/13/0010278609.shtml 2017年6月14日閲覧。 
  14. ^ 髙木雄也(Hey! Say! JUMP) プロフィール”. CDJournal. 2018年5月20日閲覧。
  15. ^ a b 「アルファベットで学ぶKis-My-Ft2"first"入門」、『Myojo』2012年5月号、集英社2012年3月23日、 19-26頁。
  16. ^ 「UP AND COMING!」、『Wink up』2008年3月号、ワニブックス2008年2月7日、 1-4頁。
  17. ^ 野澤祐樹(のざわゆうき)のプロフィール、出演情報、スケジュール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年8月11日閲覧。
  18. ^ 「Johnny's Jr.『ジャニーズJr.の大冒険!'07』」、『duet』2007年10月号、ホーム社2007年9月7日、 52-55頁(前ページから数えて)。
  19. ^ a b c d e 竹上尋子 (2017年5月20日). “嵐が後輩たちに与えた影響は?キスマイ 藤ヶ谷、KAT-TUN 亀梨が語ったJr.時代のエピソード(2/2ページ)”. Real Sound. 2018年4月20日閲覧。
  20. ^ 濱田崇裕”. CDJournal. 2018年4月20日閲覧。
  21. ^ a b 神山智洋 プロフィール”. TOWER RECORDS ONLINE (2014年4月21日). 2018年7月1日閲覧。
  22. ^ 「FACE TO FACE」、『duet』2004年6月号、ホーム社2004年、 52頁。
  23. ^ 「SWEET VALENTINE」、『Wink up』2006年3月号、ワニブックス2006年2月7日、 56頁。
  24. ^ 「DRIVE」、『POTATO』2006年9月号、学研2006年8月7日、 108-109頁。
  25. ^ a b c d e f g h i j 「モノマネ、バンド、ムエタイ。関西Jr.が松竹座ではじけた!」、『ポポロ』2007年3月号、麻布台出版社2007年1月23日、 110-111頁。
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p “関ジャニ∞ソロコンサート2006冬 / BAD・BOYS・OSSaN・TOP Kids・Little Gangs ファーストWinterコンサート2006”. 大阪松竹座. (2006年). オリジナル2006年12月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061221071855/http://www.shochiku.co.jp/play/shochikuza/061213/chirashi.html 
  27. ^ 梅田芸術劇場”. 公演案内. 梅田芸術劇場 (2008年). 2008年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月20日閲覧。
  28. ^ キャスト”. 先生はエライっ!. 日本テレビ (2008年). 2018年5月20日閲覧。
  29. ^ 日刊スポーツ』2011年5月2日付
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ジャニーズJr.出演舞台「少年たち 格子なき牢獄」がDVD化”. TOWER RECORDS ONLINE (2011年4月11日). 2016年8月27日閲覧。
  31. ^ a b c d e f g h i 「完全燃焼夏LIVE!!関西ジャニーズJr.@大阪松竹座2007 夏」、『POTATO』2007年10月号、学研、 91-93頁。
  32. ^ a b 室龍太”. Smartザテレビジョン. 2016年8月27日閲覧。
  33. ^ a b c d e f g 「関西Jr.ユニットコンサート in 大阪松竹座2008」、『POTATO』2009年2月号、学研2009年1月7日、 98-101頁。
  34. ^ a b c “関ジャニJrに1万5000人熱狂!初の大阪城Hライブ”. スポーツニッポン大阪. (2007年5月7日). オリジナル2007年5月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070509013844/http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200705/07/ente205487.html 
  35. ^ a b c d e f g 「ジャニーズJr.もかけつけた、大阪城ホールのアツい夜!「家に帰るまでがコンサートです!」」、『ポポロ』2007年7月号、麻布台出版社2007年5月23日、 104-106頁。
  36. ^ a b c 「ボクらとジャンプ!!」、『duet』2007年11月号、ホーム社2007年10月6日、 170-171頁。
  37. ^ “関ジャニJr.松竹座コンサート1000人熱狂”. DAILY SPORTS ONLINE. (2007年12月25日). オリジナル2008年1月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080103094523/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2007/12/25/0000781551.shtml 2017年7月2日閲覧。 
  38. ^ a b c d 「72人分の愛をプレゼントするで〜!!」、『Myojo』2008年3月号、集英社2008年1月23日、 127頁。
  39. ^ a b c 「関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール」、『Wink up』2008年3月号、ワニブックス2008年2月7日、 111頁。
  40. ^ YOKO NISHIBAYASHI「DREAM BOYS SPECIAL REPORT 4月4日 梅田芸術劇場」、『POTATO』2008年6月号、学研2008年5月7日、 98-99頁。
  41. ^ “「B.A.D.」中間が骨折押して登場”. デイリースポーツonline. (2008年8月20日). オリジナル2008年9月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080917113009/http://www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/08/20/0001357109.shtml 2017年6月15日閲覧。 
  42. ^ a b c d 「中山優馬、中間淳太、桐山照史、髙木雄也『ごくせん』『バッテリー』OSAKA凱旋CONCERT」、『POTATO』2008年11月号、学研2008年10月7日、 80-82頁。
  43. ^ a b “関ジャニJr.夢公演いよいよ開幕!!”. デイリースポーツonline. (2008年12月5日). オリジナル2008年12月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081208074929/http://www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/12/05/0001599106.shtml 2017年9月7日閲覧。 
  44. ^ 「Do you have ROCK SOUL?」、『Wink up』2009年3月号、ワニブックス2009年2月7日、 93-95頁。
  45. ^ Concert/Stage「内 博貴 年末年始 Rockな仲間たち大集合!」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2008年). 2008年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月13日閲覧。
  46. ^ a b c d 「関西ジャニーズJr.'08 Merry X'mas Concert」、『Wink up』2009年3月号、ワニブックス2009年2月7日、 91頁。
  47. ^ a b c d e f 「関西ジャニーズJr. Umeコン2009 2009.6.19 in 大阪・梅田芸術劇場」、『duet』2009年8月号、ホーム社2009年7月7日、 125-127頁。
  48. ^ a b “関ジャニJr、初の長期公演制作発表…大阪松竹座”. Sponichi Annex. (2009年7月29日). オリジナル2016年8月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160807075331/http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200907/29/ente222606.html 2017年4月11日閲覧。 
  49. ^ a b c 「関西ジャニーズJr./大阪松竹座夏特別公演 Tough Weeds 光の射すほうへ… AND SHOW TIME」、『POTATO』2009年10月号、学研、 127-129頁。
  50. ^ a b “関西ジャニーズJr.豪華コンサートが開幕”. SANSPO.COM. (2009年12月2日). オリジナル2010年2月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100225084850/http://www.sanspo.com/geino/news/091202/gng0912020502000-n1.htm 2017年4月25日閲覧。 
  51. ^ a b c “関ジャニ3組一丸でライブ 大阪でB.B.Vコンサート”. Sponichi Annex. (2010年12月8日). オリジナル2016年8月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160828034619/http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/201012/08/ente224489.html 2017年4月11日閲覧。 
  52. ^ a b c 「関西Jr.初のレギュラー番組」、『POTATO』2007年6月号、学研2007年5月7日、 135頁。
  53. ^ 「meeting」、『POTATO』2007年10月号、学研、 116-117頁。
  54. ^ a b 「BAD BOYS × 関西ジャニーズJr. ボクらの日常Style」、『duet』2005年8月号、ホーム社2005年、 64-65頁。
  55. ^ 伊野尾慧”. CDJournal. 2016年6月6日閲覧。
  56. ^ PROFILE:Kis-My-Ft2 Official Website”. エイベックス. 2013年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月22日閲覧。
  57. ^ 「HAPPY?」、『duet』2005年8月号、ホーム社2005年、 112頁。
  58. ^ a b 「20の元気」、『duet』2005年8月号、ホーム社2005年、 116-117頁。
  59. ^ a b c 「“ありがとう”の気持ちをこめて… Messsage for You!」、『duet』2005年9月号、ホーム社2005年、 116-117頁。
  60. ^ “Question?が初主演舞台”. nikkansports.com. (2007年1月20日). http://www.asahi.com/culture/stage/theater/NIK200701200003.html 2016年8月27日閲覧。 
  61. ^ a b c d e f g 「Specialist」、『POTATO』2006年3月号、学研2006年2月7日、 109-111頁。
  62. ^ a b 「performers」、『Wink up』2006年3月号、ワニブックス2006年2月7日、 68頁。
  63. ^ a b アーティスト詳細 中島裕翔”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2015年4月16日). 2017年9月8日閲覧。
  64. ^ a b c d e 「Fly high!」、『POTATO』2006年11月号、学研2006年10月7日、 121頁。
  65. ^ 「はみだしPOTATOリターンズ」、『POTATO』2009年2月号、学研2009年1月7日、 174-175頁。
  66. ^ 「bond of adhesion」、『Wink up』2009年3月号、ワニブックス2009年2月7日、 86-87頁。
  67. ^ a b キャスト&スタッフ”. 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 夏8月特別公演『少年たち〜格子無き牢獄〜』and SHOW TIME. 松竹 (2010年). 2010年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月14日閲覧。
  68. ^ キャスト・スタッフ”. ポプラの秋 (2015年). 2018年8月11日閲覧。
  69. ^ 「alteration」、『POTATO』2008年3月号、学研2008年2月7日、 134頁。
  70. ^ a b c d e f g h 「関西ジャニーズJr.@大阪松竹座2008夏」、『POTATO』2008年10月号、学研2008年9月6日、 83-85頁。
  71. ^ a b “関ジャニJr.「B.A.D.」セーラー服姿で初単独コンサート”. スポーツ報知. (2008年12月5日). オリジナル2008年12月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081212022125/http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/gossip/entertainment/news/20081205-OHO1T00139.htm 
  72. ^ a b c d e 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座夏8月特別公演 少年たち 格子なき牢獄 & SHOW TIME! (JPEG)”. 松竹 (2011年). 2016年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月27日閲覧。
  73. ^ “関西ジャニーズJr. 浅越ゴエと「事務所超えた共演」”. Sponichi Annex. (2011年12月6日). オリジナル2016年4月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160404045212/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/12/06/kiji/K20111206002182600.html 2017年4月11日閲覧。 
  74. ^ “関ジャニJr.先輩ゆずりのバック転を披露”. SANSPO.COM. (2011年12月6日). オリジナル2012年2月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120205152241/http://www.sanspo.com/geino/news/111206/gng1112061051000-n1.htm 2016年8月27日閲覧。 
  75. ^ a b c d 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 夏 8月特別公演 少年たち 格子なき牢獄 & SHOW TIME! (JPEG)”. 松竹 (2012年8月). 2016年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月16日閲覧。
  76. ^ a b c d 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 夏 8月特別公演「ANOTHER」 (PDF)”. 松竹 (2013年). 2016年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月27日閲覧。
  77. ^ Xmasコンサート開始の関西ジャニーズJr.「デビューさせて!!」”. NEWSポストセブン (2013年12月9日). 2016年8月27日閲覧。
  78. ^ a b c d e 「HOPE」、『POTATO』2006年11月号、学研2006年10月7日、 120頁。
  79. ^ POTATO 2006年11月号”. ポテト web.. 学研プラス (2006年). 2018年3月11日閲覧。
  80. ^ 「ON STAGE!」、『POTATO』2008年10月号、学研2008年9月6日、 110-111頁。
  81. ^ a b 「OSSaN、元気の素」、『POTATO』2008年11月号、学研2008年10月7日、 121頁。
  82. ^ a b c 「ALL関西ジャニーズJr. 20 COLORS」、『duet』2008年11月号、ホーム社2008年10月7日、 96-103頁。
  83. ^ “知ってた? 実はジャニーズ出身だった有名人たち”. めるも (GMOアドマーケティング). (2018年9月30日). https://news.merumo.ne.jp/article/genre/7901028 2018年11月29日閲覧。 
  84. ^ a b 「approach」、『POTATO』2007年10月号、学研、 119頁。
  85. ^ a b c 「関西ジャニーズJr. X'mas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭」、『POTATO』2008年3月号、学研2008年2月7日、 94-95頁。
  86. ^ a b c d 「It's show time!」、『POTATO』2006年9月号、学研2006年8月7日、 116頁。
  87. ^ a b POTATO 2006年9月号”. ポテト web.. 学研プラス (2006年). 2018年3月11日閲覧。
  88. ^ 森本龍太郎 プロフィール”. CDJournal. 2018年1月28日閲覧。
  89. ^ a b 「Happy News! ボクらのビューティフルな日常」、『duet』2007年4月号、ホーム社2007年3月7日、 72-73頁。
  90. ^ a b 「武道館が揺れた!100人分のJr.が歌い踊った、180分!」、『ポポロ』2007年3月号、麻布台出版社2007年1月23日、 108-109頁。
  91. ^ a b 「Sweetness」、『POTATO』2006年9月号、学研2006年8月7日、 117頁。
  92. ^ a b 中山優馬”. CDJournal. 2016年6月12日閲覧。
  93. ^ “関ジャニ∞ソロコンサート2006冬 / BAD・BOYS・OSSaN・TOP3・Little Gangs ファーストWinterコンサート2006”. 大阪松竹座. (2006年). オリジナル2006年11月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061109083547/http://www.shochiku.co.jp/play/shochikuza/061213/chirashi.html 
  94. ^ POTATO 2007年3月号”. ポテト web.. 学研プラス (2007年). 2018年10月25日閲覧。
  95. ^ “関ジャニJr71人が視聴率で応援”. スポーツニッポン. (2007年12月25日). オリジナル2008年1月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080119195331/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/12/25/07.html 
  96. ^ 神山智洋 プロフィール”. CDJournal. 2016年6月12日閲覧。
  97. ^ 藤井流星 プロフィール”. CDJournal. 2016年6月12日閲覧。
  98. ^ “関ジャニJr71人が視聴率で応援”. Sponichi Annex. (2007年12月25日). オリジナル2016年3月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160311130630/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2007jya/KFullNormal20071225094.html 2017年7月2日閲覧。 
  99. ^ 「関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール」、『POTATO』2008年3月号、学研2008年2月7日、 96-97頁。
  100. ^ 「assemble!」、『POTATO』2007年6月号、学研2007年5月7日、 100-101頁。
  101. ^ 「Happy Time」、『POTATO』2008年11月号、学研2008年10月7日、 122-123頁。
  102. ^ 「誕生!!Hey!Say!JUMP」、『Wink up』2007年11月号、ワニブックス2007年10月6日、 6-7頁。
  103. ^ a b 屋良朝幸 (2010年4月26日). 【屋良朝幸】舞人生「ゴールがないことは難しいことだが、やりがいがある」. インタビュアー:栗原智恵子. zakzak.. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20100426/peo1004261345000-n2.htm 2016年8月27日閲覧。 
  104. ^ 「J-Navi vol.10」、『Wink up』2007年11月号、ワニブックス2007年10月6日、 138-139頁。
  105. ^ a b 「関西ジャニーズJr. X'mas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭」、『Wink up』2008年3月号、ワニブックス2008年2月7日、 110頁。
  106. ^ a b c d 「All on one」、『Wink up』2008年3月号、ワニブックス2008年2月7日、 77頁。
  107. ^ a b c d 「永久保存版 サマーなら歌って踊けてJohnnys' SUMMARY 2008 超密着BOOK」、『POTATO』2008年10月号、学研2008年9月6日、 75-81頁。
  108. ^ スクラップ・ティーチャー 教師再生”. 日本テレビ放送網 (2008年). 2017年5月5日閲覧。
  109. ^ a b c d e 「ボクたちの放課後」、『POTATO』2008年11月号、学研、 104頁。
  110. ^ a b c d e “優馬ら5人でジャニーズ最年少グループ”. Sponichi Annex. (2009年6月4日). オリジナル2016年3月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160323123829/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2009jani/KFullNormal20090604025.html 2017年4月11日閲覧。 
  111. ^ a b c d e デビュー作初登場首位の最年少記録更新「中山優馬 w/B.I.Shadow」平均“14.6歳””. ORICON STYLE (2009年7月21日). 2016年11月12日閲覧。
  112. ^ a b 「B.I.Shadow物語 ハラペコ王子の大冒険」、『duet』2009年7月号、ホーム社2009年6月6日、 115-117頁。
  113. ^ a b 「ボクらの離陸 w/Rainbow Dream」、『duet』2009年8月号、ホーム社2009年7月7日、 109-114頁。
  114. ^ a b c d e f g その他の出演者はこちら (PDF)”. 滝沢歌舞伎. 松竹 (2010年). 2010年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月6日閲覧。
  115. ^ a b c d e f g 「Here we go!」、『Wink up』2009年2月号、ワニブックス2009年1月7日、 68頁。
  116. ^ 「ニョキニョキ成長報告」、『duet』2009年7月号、ホーム社2009年6月6日、 108頁。
  117. ^ 「素顔の近況報告」、『duet』2009年8月号、ホーム社2009年7月7日、 44頁。
  118. ^ a b c 「ジャニーズJr.夏休み全員集合1日4公演!!」、『POTATO』2009年10月号、学研、 123-126頁。
  119. ^ 「ジャニーズJr.には皆さんが必要」と安井謙太郎が告白”. NEWSポストセブン. 小学館 (2014年7月24日). 2018年10月25日閲覧。
  120. ^ “ジャニーズ初気象予報士 阿部は上智大生 岸本は明大生”. Sponichi Annex. (2015年10月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/26/kiji/K20151026011392400.html 2017年5月24日閲覧。 
  121. ^ a b 「ジャニーズJr.〔1日4公演やるぞ!〕コンサート 2009.6.7 東京国際フォーラム」、『duet』2009年8月号、ホーム社2009年7月7日、 116-117頁。
  122. ^ POTATO 2009年10月号”. POTATO. 学研 (2009年9月7日). 2017年5月14日閲覧。
  123. ^ a b 「fresh」、『POTATO』2009年10月号、学研2009年9月7日、 151頁。
  124. ^ “関ジャニJr.のX'masコンサート開幕!”. SANSPO.COM. (2011年12月4日). オリジナル2012年3月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120313195810/http://www.sanspo.com/geino/news/111204/gng1112041143001-n1.htm 2016年8月27日閲覧。 
  125. ^ 「go straight!」、『POTATO』2009年10月号、学研2009年9月7日、 150頁。
  126. ^ 「夜の訪問者」、『POTATO』2009年11月号、学研2009年10月7日、 143頁。
  127. ^ Wink Up 2009年11月号”. WiNK UPオフィシャルサイト. ワニブックス (2009年). 2018年2月7日閲覧。
  128. ^ Wink Up 2010年2月号”. WiNK UPオフィシャルサイト. ワニブックス (2010年). 2018年2月7日閲覧。
  129. ^ 少年邦楽専科”. ORICON NEWS. オリコン. 2017年5月6日閲覧。
  130. ^ a b 川島如恵留(かわしまのえる)のプロフィール、出演情報、スケジュール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年7月1日閲覧。
  131. ^ キャスト (PDF)”. 滝沢歌舞伎2012. 松竹 (2012年). 2017年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月14日閲覧。
  132. ^ “ジャニーズJr.が「いいとも青年隊」に”. DAILY SPORTS ONLINE. (2011年10月2日). オリジナル2011年10月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111014102304/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2011/10/02/0004519082.shtml 2016年6月23日閲覧。 
  133. ^ “真田佑馬が舞台初主演「タブー」に挑む”. nikkansports.com. (2015年1月31日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20150131-1428409.html 2016年6月6日閲覧。 
  134. ^ 人気グループが日替わりで登場 「ジャニーズ銀座『Youの前にはMeがいる!』」開幕”. シアターガイド (2012年5月2日). 2017年6月1日閲覧。
  135. ^ “銀座にジャニーズ若手集結!日替わり公演”. nikkansports.com. (2013年4月13日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130413-1111667.html 2016年6月5日閲覧。 
  136. ^ a b c d e f g h i j k l m n シアタークリエ『Live House ジャニーズ銀座』”. 東宝 (2013年). 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月20日閲覧。
  137. ^ Cast”. 舞台 銀河英雄伝説 | 第四章 後篇 激突 オフィシャルサイト. 舞台「銀河英雄伝説」実行委員会 (2014年). 2018年7月1日閲覧。
  138. ^ サーティワンCMでジャニーズJr.が躍動! キャンペーン出演メンバーの近況”. エンタメOVO. 共同通信社 (2013年8月25日). 2016年6月6日閲覧。
  139. ^ “関ジャニJr.新ユニットお披露目”. DAILY SPORTS ONLINE. (2012年8月5日). オリジナル2012年8月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120815104209/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2012/08/05/0005269425.shtml 2016年11月12日閲覧。 
  140. ^ a b c d e f g h i “Sexy Zoneに弟分ユニット誕生”. nikkansports.com. (2014年5月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140506-1296523.html 2016年11月20日閲覧。 
  141. ^ Sexy Power3”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2015年). 2016年11月20日閲覧。
  142. ^ a b c d e f g h i “Sexy Zone新ユニット発表、1万7000人ファン歓喜”. SANSPO.COM. (2014年5月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140505/joh14050514370001-n1.html 2016年11月20日閲覧。 
  143. ^ ジャニーズJr.平野紫耀、永瀬廉ら新ユニット『Mr.King vs Mr.Prince』結成”. オリコン (2015年6月5日). 2017年5月6日閲覧。
  144. ^ a b Sexy Zoneがデビュー5周年 少年から大人への成長、個々のキャラ確立…5人が歩んだ軌跡を辿る”. モデルプレス (2016年11月16日). 2017年5月6日閲覧。
  145. ^ a b c d e f g h Sexy Zone、待望のサード・シングル発売決定”. TOWER RECORDS (2012年8月20日). 2017年5月6日閲覧。
  146. ^ Sexy Zone・佐藤勝利のイベントにマリウス葉と松島聡が特別出演!ジャニーズJr.からは35人が登場!!”. webザテレビジョン (2013年8月22日). 2017年1月5日閲覧。
  147. ^ a b “Sexyファミリー”もガチバトル!? 「ガムシャラSexy夏祭り!!」が開催!”. webザテレビジョン (2014年5月31日). 2017年1月5日閲覧。
  148. ^ 2015年1月スケジュール”. EX THEATER ROPPONGI公式サイト. テレビ朝日 (2015年1月). 2018年2月2日閲覧。
  149. ^ a b c d e f g 『ジャニーズJr. CALENDAR 2015.4-2016.3』(学研)
  150. ^ ジャニーズJr.安井謙太郎、所属ユニット・Love-tune全員事務所退所&異例の発表理由に言及”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年12月1日). 2018年12月2日閲覧。
  151. ^ a b c d e f キスマイ玉森裕太「見どころはパワーアップしたクライマックス」”. TV LIFE (2016年9月2日). 2016年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月30日閲覧。

関連項目[編集]