K.K.Kity

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

K.K.Kity(ケー・ケー・キティー)は、日本男性アイドルグループである。ジャニーズ事務所に所属する、ジャニーズJr.で構成される。旧名は「J-Support」(ジェイ・サポート)。2001年10月から約2年間活動した。

メンバー[編集]

概要[編集]

2001年10月、バラエティ番組『ジャパン☆ウォーカー』の企画の一環として、堂本光一KinKi Kids)プロデュースのもと、メンバーが集められ、「J-Support」を結成。本人たちの意向で、リーダーは小山、サブリーダーは加藤が務める。「光一計画」と名付けられた同企画は、新たなユニットを作り、番組からデビューさせることを目的とし、同番組ではメンバー招集からオリジナル曲「Private Hearts」を披露するに至るまでの様子を、全17回に渡って放送した。

のちに、ユニット名をメンバーのイニシャルから1文字ずつ取り、「K.K.Kity」に改名し、チョナン・カンの「愛の唄〜チョンマル サランヘヨ〜」や、タッキー&翼の「夢物語」のバックダンサーを務めたり、バラエティ番組『Ya-Ya-yah』や『ザ少年倶楽部』に出演する。

2003年9月、小山・加藤・草野がNEWSのメンバーに選ばれ、しばらくはK.K.Kityとの両立を図るも頓挫。残った飯田・武内・横尾がityとして活動するが、その後、飯田・横尾がKis-My-Ft.(のちのKis-My-Ft.2)、武内がM.A.D.として活動していくこととなり、K.K.Kityとしての活動を終えた。

オリジナル曲[編集]

Private Hearts
結成時に堂本光一がK.K.Kityのために作った楽曲。のちにNEWSの曲として、シングル『NEWSニッポン』に収録される。NEWSの初のコンサート「A Happy "NEWS" year 2004新春」で披露した際に、バックダンサーとして飯田・武内・横尾が参加した映像は、DVD『NEWSニッポン0304』で見ることが出来る。また、2006年には堂本自身が「UNBREAKABLE」というタイトルでセルフカバーしている他、2012年6月発売の『NEWS BEST』初回盤Disc2『UNRELEASED BEST』に小山のソロ曲として収録されている。
Stand Up
ライト・セッド・フレッドen:Right Said Fred)「Stand Up For The Champion?」のカバー曲。『ワールドカップバレーボール2003』でタイムアウトの間に使用される。翌年、NEWSの曲として『第35回春の高校バレー全国大会』イメージソングに選ばれ、シングル『希望〜Yell〜』やアルバム『touch』に収録される。
千年のLove Song
後にサビや間奏部分にラップが加えられ、Kis-My-Ft2が歌うようになる。

関連項目[編集]

  • 堂本光一 - グループ結成のきっかけとなった人物。オリジナル曲「Private Hearts」を提供。
  • NEWS - 小山・加藤が所属する。
  • Kis-My-Ft2 - 横尾が所属する。