ミアキス・シンフォニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミアキス・シンフォニーは、加藤シゲアキによる連作短編小説

概要[編集]

女性向けファッション雑誌『an・an』(マガジンハウス)にて2018年(2097号)から不定期連載している[1]

ミアキス」とは犬と猫の祖先と言われている動物。書名には、ミアキスをあらゆる登場人物の分岐点に重ねながら、交響曲のような壮大な物語を描くと同時に、この作品が著者自身にとっても新たな分岐点となるよう願いが込められている[1]

タイトル・掲載号一覧[編集]

話数 発売日 タイトル 号数
01 2018年04月4日 とびらはどちらから開く 2097
02 2018年06月20日 わたしのともだち 2107
03 2018年09月5日 アジサイ 2117
04 2018年012月19日 シンボル 2132
05 2019年02月27日 わたしの景色 2141
06 2019年07月17日 断れない条件 2160
07 2019年011月27日 はしわたし 2178
08 2020年07月29日 エコロケーション 2211
09 2020年012月16日 インニョン 2230
010 2021年03月31日 砂の城 2244
0最終章 第一回 2022年01月5日 愛のようなもの 2281
第二回 2022年02月2日 2285

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b NEWS『anan』表紙に初登場! 加藤シゲアキの新連載もスタート” (日本語). マイナビニュース (2018年3月27日). 2022年1月15日閲覧。

外部リンク[編集]